三国志関連の年表です。
年代に対応したリンクもありますので、年代別に記事を探したい場合にもこちらをご利用いただくと便利です。

※ スマートフォンでご覧の方は、スマートフォンを横向きにしていただくと、改行が減って見やすくなります。

西暦 出来事 関連記事
166年

党人とうじんの弾圧

日南郡にちなんぐん大秦国王だいしんこくおう安敦あんとんから使者が来る。

【三国志年表詳細】166年の主な出来事と群雄勢力図

権力を握った宦官と第一次党錮の禁

167年

・第一次党錮とうこの禁

桓帝かんていが崩御する

【三国志年表詳細】167年の主な出来事と群雄勢力図

168年

霊帝れいていの即位

竇武とうぶ陳蕃ちんはん宦官かんがんやぶれる

竇太后とうたいごうが幽閉される

【三国志年表詳細】168年の主な出来事と群雄勢力図

霊帝の即位と第二次党錮の禁

169年

・第二次党錮とうこの禁

【三国志年表詳細】169年の主な出来事と群雄勢力図

170年

董太后とうたいごうの兄、董寵とうちょうが獄死する

【三国志年表詳細】170年の主な出来事と群雄勢力図

171年

宋氏そうし霊帝れいてい皇后こうごうに立てられる

【三国志年表詳細】171年の主な出来事と群雄勢力図

172年

会稽郡かいけいぐん許昌きょしょうの乱が起こる

【三国志年表詳細】172年の主な出来事と群雄勢力図

173年

会稽太守かいけいたいしゅ尹端いんたん許昌きょしょうらに敗れる

【三国志年表詳細】173年の主な出来事と群雄勢力図

174年

許昌きょしょうの乱が鎮圧される

【三国志年表詳細】174年の主な出来事と群雄勢力図

やっぱり無鉄砲!?戦いに明け暮れた孫堅の青年期

175年

熹平石経きへいせきけいを建てる

【三国志年表詳細】175年の主な出来事と群雄勢力図

176年

党錮とうこの禁が強化される

【三国志年表詳細】176年の主な出来事と群雄勢力図

177年

霊帝れいてい鴻都門こうともん下に人材を集める

【三国志年表詳細】177年の主な出来事と群雄勢力図

178年

鴻都門学こうともんがくを設置する

宋皇后そうこうごうが廃位される

霊帝れいてい売官ばいかんを開始する

【三国志年表詳細】178年の主な出来事と群雄勢力図

179年

巴郡はぐん板楯蛮ばんじゅんばんが反乱を起こす。

【三国志年表詳細】179年の主な出来事と群雄勢力図

180年

何貴人かきじん霊帝れいてい皇后こうごうに立てられる

【三国志年表詳細】180年の主な出来事と群雄勢力図

霊帝は本当に無能だったのか?売官と西園八校尉の真意とは

演義 十常侍に操られた霊帝の銅臭政治

181年

何皇后かこうごう王美人おうびじんを毒殺する

大長秋だいちょうしゅう曹節そうせつが亡くなる

【三国志年表詳細】181年の主な出来事と群雄勢力図

182年

巴郡はぐん板楯蛮ばんじゅんばんくだる。

【三国志年表詳細】182年の主な出来事と群雄勢力図

183年

日南郡にちなんぐんに南方諸国から使者が来る。

【三国志年表詳細】183年の主な出来事と群雄勢力図

184年

・黄巾の乱が起こる

党錮とうこの禁を解く

涼州りょうしゅう羌族きょうぞくが反乱を起こす

・黄巾の乱が鎮圧される

【三国志年表詳細】184年の主な出来事と群雄勢力図

黄巾賊が掲げたスローガンと五行思想(五行説)の謎

正史における黄巾の乱を時系列で確認。劉備はどこで何してた?

演義 太平道の広まりと黄巾の乱

演義 桃園の誓いと義勇軍の旗揚げ

演義 【黄巾賊討伐】劉備・関羽・張飛の義勇軍と若き日の英雄たちの活躍

演義 【黄巾賊討伐2】孫堅の登場と黄巾の乱の終結

185年

劉備りゅうび安熹県あんきけん県尉けんいになる

黒山賊こくざんぞくが蜂起する。

辺章へんしょう韓遂かんすいの乱

【三国志年表詳細】185年の主な出来事と群雄勢力図

黄巾の乱の影に隠れて目立たない涼州の反乱「辺章・韓遂の乱」とは

督郵をムチ打ったのは劉備だった!?謎だらけの劉備の青年期

演義 黄巾の乱の終結。劉備、安熹県の県尉に任命される

186年

武陵蛮ぶりょうばんが反乱を起こす

【三国志年表詳細】186年の主な出来事と群雄勢力図

187年

張純ちょうじゅんの乱

区星おうせいの乱

【三国志年表詳細】187年の主な出来事と群雄勢力図

幽州の反乱「張純の乱」とは。公孫瓚の台頭と劉虞との確執

演義 黄巾の乱以後も続く各地の反乱と十常侍たちの暗躍

188年

馬相ばしょうの乱

州牧しゅうぼくの設置

西園八校尉さいえんはつこういの創設

【三国志年表詳細】188年の主な出来事と群雄勢力図

益州の反乱「馬相の乱」、入蜀した劉焉の野望と五斗米道

189年

霊帝れいていが崩御する

少帝しょうていの即位

何皇后かこうごう皇太后こうたいごうに立てられる

董太后とうたいごうが亡くなる

何進かしんが殺害される

袁紹えんしょうが宦官を一掃する

董卓とうたく洛陽らくように入る

袁紹えんしょう洛陽らくようから逃亡する

献帝けんていが即位する

曹操そうそう陳留ちんりゅうで旗揚げする

【三国志年表詳細】189年の主な出来事と群雄勢力図

なぜ何進は董卓を洛陽に呼び寄せたのか?霊帝の崩御と朝廷の混乱

なぜ袁紹の宦官一掃は成功したのか?何進の死と袁紹による宦官の一掃

諸豪族の入洛。董卓はどのようにして権力を手中に収めたのか

暴君になったのは○○のせい!?朝廷で権力を握った董卓の思惑とは

演義 霊帝の死。後継者争いによる朝廷の混乱と宦官一掃計画

演義 十常侍たちの謀略にハマった何進と決行された宦官一掃計画

演義 連れ去られた少帝と陳留王のゆくえと董卓による朝廷支配

演義 董卓の少帝廃位に反対した丁原と呂布の裏切り

演義 連れ去られた少帝と陳留王のゆくえと董卓による朝廷支配

演義 王允と旧臣たちの密会と曹操による董卓暗殺未遂事件

演義 「我人に背くとも人我に背かせじ」呂伯奢を殺害した曹操に戸惑う陳宮

190年

・反董卓とうたく連合が挙兵する

董卓とうたく弘農王こうのうおうを殺害する

長安ちょうあん遷都せんとする

孫堅そんけん袁術えんじゅつと合流する

劉表りゅうひょう荊州刺史けいしゅうししに任命される

曹操そうそう徐栄じょえいに敗れる

酸棗県さんそうけんの諸侯が解散する

董卓とうたく五銖銭ごしゅせん改鋳かいちゅうする

王匡おうきょう董卓とうたくに敗れる

【三国志年表詳細】190年の主な出来事と群雄勢力図

正史『三国志』における反董卓連合の結成

袁紹はなぜ盟主になれたのか?名門袁氏の影響力と反董卓連合の正体

弘農王の殺害と長安遷都。反董卓連合の決起に対する董卓の反応

董卓討伐に起ち上がった孫堅の『三国志演義』では隠されていた黒歴史

劉表、荊州刺史に任命される。劉表の鮮やかな荊州平定戦

汴水(べんすい)の戦い。曹操の敗北と酸棗(さんそう)諸侯の解散

失敗した反董卓連合との和睦。董卓はなぜ袁隗・袁基を殺害したのか?

董卓による五銖銭改鋳の真意とは?後漢の通貨と粗悪な董卓五銖の影響

董卓軍を退けた孫堅の胆力と河内太守・王匡が敗北した河陽津の戦い

演義 曹操の旗揚げと十八路諸侯(十八鎮諸侯)の集結

191年

袁紹えんしょう劉虞りゅうぐを天子に推戴する

陽人ようじんの戦い

董卓とうたく長安に入る

反董卓連合が劉虞を天子に推戴する。袁紹と袁術の間に生まれた亀裂

董卓軍の敗因は呂布の裏切りだった!?陽人の戦いと孫堅の洛陽入り