董卓とうたく誅殺ちゅうさつ後の新政権発足と、董卓とうたくが信任した蔡邕さいようの死についてまとめています。

スポンサーリンク

王允・呂布政権の誕生

董卓の死

初平しょへい3年(192年)4月、司徒しと王允おういん尚書僕射しょうしょぼくや士孫瑞しそんずい董卓とうたくの将・呂布りょふらの共謀によって、董卓とうたく誅殺ちゅうさつされました。

関連記事

貂蝉のモデルは董卓の侍女だった!?正史『三国志』での董卓の最期

王允・呂布政権の誕生

その後、録尚書事ろくしょうしょじを加えられた司徒しと王允おういんは、山東さんとう(反董卓とうたく連合)に張种ちょうちゅうを派遣して人心の安定をはかります。

そして、董卓とうたくを直接殺害した呂布りょふ奮威将軍ふんいしょうぐんに任命してせつを与え、三公さんこうと同じ儀礼を許し、温侯おんこうに封じて共に朝政を取り仕切りました。


スポンサーリンク


蔡邕の死

蔡邕の死

画像出典:六图吧
(引用元が常時SSL化されていないためリンクを張っていません。ご了承下さい)

蔡邕の失態

ある時、左中郎将さちゅうろうしょう蔡邕さいようは、王允おういんの席に列していながら董卓とうたく誅殺ちゅうさつを話題にし、ため息をついて表情をくもらせました。

これを見とがめた王允おういんは声を荒げ、


董卓とうたくは国家の大賊、危うく漢室を滅ぼすところであった。君は王家の臣として怒りを共にすべきなのに、私的に厚遇されたことを懐かしみ、節操なく董卓とうたく哀悼あいとうするとはっ!それでは董卓とうたくと共に反逆をしたことと同じではないかっ!」


と叱責して蔡邕さいようを捕え、廷尉ていいに身柄を引き渡して罪状を取り調べさせます。

すると蔡邕さいようは、


「この身は不忠とは言え、やはり大義はわきまえております。また、歴史における存亡安危の実例については、耳にたこができるほど聞いており、口がすっぱくなるほど申してもおります。どうして国家にそむいて董卓とうたくに荷担するはずがありましょうか。誤って無知な言葉が口をついて出てしまい、お耳をけがしてしまったのです」


と言葉を尽くして謝罪し、


「どうか首に黥刑げいけい*1ほどこし、足に刖刑げつけい*2ほどこしてでも、かんの歴史を編纂へんさんすることをお許しいただきたい」


と、漢書かんじょの後を引き継いで後漢ごかんの歴史の編纂へんさんを続けるため、死罪だけはまぬかれるよう請願します。


この時、士大夫たちの多くが蔡邕さいようあわれんで救おうとしましたが、王允おういんは彼らの意見を聞き入れようとしませんでした。

脚注

*1 額に刺青をする刑罰のこと。黥首(げいしゅ)とも。

*2 足を切断する刑罰のこと。

馬日磾の説得

蔡邕さいようの投獄を聞きつけた太尉たいい馬日磾ばびつていは、王允おういんの元に駆けつけて言いました。


蔡邕さいようは当世に並ぶ者のない逸材であり、かんの事跡を数多く知っているので、漢書かんじょの後の歴史の編纂へんさんを続けさせ、比類なき大典とするべきです。しかも蔡邕さいようは、平素から忠と孝を明らかにしており、罪状には大義名分がありません。もし蔡邕さいよう誅殺ちゅうさつしたならば、人望を失うことになるのではないでしょうか」


すると王允おういんは、


「昔、(前漢ぜんかんの)武帝ぶてい司馬遷しばせんを殺さなかったため、司馬遷しばせんかん誹謗ひぼうする書(史記しき)を作らせて後世に残すことになった。今、国家は衰退して帝位は堅固ではない。佞臣ねいしんに筆をらせることは、天子てんしの徳にとって利益はなく、必ずや我が一党に非難を浴びせるであろう」


と言い、馬日磾ばびつていの進言を退けました。


王允おういんの元を退出した馬日磾ばびつていは、


王公おうこう王允おういん)の時代は長くは続かないだろう。善人は国家の模範であり、著作は国家の典範である。模範を除き典範を破棄したならば、どうして久しく繁栄できるだろうか」


と人にらしました。

蔡邕の死

多くの人の助命嘆願を退けた王允おういんですが、やはり後悔して考え直し、蔡邕さいようの取り調べを取りやめようとしましたが、時すでに遅く、その時にはもう蔡邕さいようは獄死した後でした。


蔡邕さいよう・享年61歳。

紳士と儒者の中に涙を流さない者はなく、蔡邕さいようの死を聞いた北海国ほっかいこく鄭玄ていげんは「かんの世の事は誰と共に正せば良いのか」となげき悲しみました。


また、蔡邕さいようの本籍である兗州えんしゅう陳留郡ちんりゅうぐんの辺りでは、みな肖像画を描いて蔡邕さいようの功績をしのび合ったと言われています。

関連記事

「蔡邕伝」自分の名声に翻弄され続けた悲劇の人


スポンサーリンク


蔡邕の死について

『魏書』董卓伝

ここまでの内容は、魏書ぎしょ董卓伝とうたくでんの注に引かれている謝承しゃしょう後漢書ごかんじょと、范曄はんよう後漢書ごかんじょ蔡邕伝さいようでんの記述を基に構成していますが、魏書ぎしょ董卓伝とうたくでんの本文には、


長安ちょうあんの士人や庶民はみな互いに慶賀しあい、董卓とうたくに迎合していた者はすべて獄に下され処刑された」


とあるだけで、蔡邕さいようの死については直接言及されていません。


謝承しゃしょう後漢書ごかんじょと、范曄はんよう後漢書ごかんじょ蔡邕伝さいようでんの記述はほぼ同じですが、范曄はんよう後漢書ごかんじょ蔡邕伝さいようでんでは蔡邕さいようの謝罪の言葉が省略され、馬日磾ばびつていの進言が追記されています。

裴松之の所感

裴松之はいしょうし魏書ぎしょ董卓伝とうたくでんの注に謝承しゃしょう後漢書ごかんじょを引いた上で、次のように言っています。

  • 蔡邕さいよう董卓とうたくに信任されていたが、心情においてはは、決してその一味ではなかった。
  • 蔡邕さいよう董卓とうたくの凶悪ぶりを知らないはずはなく、董卓とうたくの死を聞いて哀惜の念を抱く道理がない。
  • 例えそうであったとしても、王允おういんの目の前でわざわざそんな発言をするはずがない。
  • 王允おういんの忠義公正にはやましいところがなく、まったく誹謗ひぼうを恐れる必要などない。

以上のことから、王允おういんが自分が誹謗ひぼうされることを恐れて蔡邕さいようを処刑したというのは、謝承しゃしょうのデタラメな作り話で、つじつまが合わぬことはなはだしい。


董卓とうたく誅殺ちゅうさつされた後、蔡邕さいようが「董卓とうたくの一党」として処刑されたことは間違いないようです。

裴松之はいしょうしは「蔡邕さいようの死」に関する一連のエピソードを否定していますが、どのような罪状で処刑されたのかについては言及していません。


洛陽らくようで権力を握った董卓とうたく天子てんしの廃立を行った後、広く天下の名士を招いて信任した蔡邕さいようの意見をよく聞き、朝廷の腐敗を正す政策を行おうとしていました。

董卓とうたくが親族や直属の部下を高位に就け、暴虐非道な行いが目立つようになるのは、反董卓とうたく連合の決起を受けて長安ちょうあん遷都せんとした後のことです。

蔡邕さいようが、董卓とうたく誅殺ちゅうさつされたことそれ自体は仕方のないことだが、遷都せんとの後に変わってしまったことをなげいたのであれば、あり得ないことではないと思います。