183年【漢:光和こうわ6年】に起こった主な出来事をまとめ、それをもとに群雄勢力図を作成しました。人員配置は前年から変更が記されていない官職と、新たに確認できた官職のみ記載しています。

スポンサーリンク

183年の主な人員配置

後宮

天子・皇后 人物
天子(皇帝) 劉宏りゅうこう霊帝れいてい
皇太后 董太后とうたいごう孝仁董皇后こうじんとうこうごう
皇后 何皇后かこうごう霊思何皇后れいしかこうごう

朝廷

官職 人物
司徒しと 袁隗えんかい
司空しくう 張済ちょうせい
太尉たいい 楊賜ようし
諫議大夫かんぎたいふ 劉猛りゅうもう
侍御史じぎょし 桓典かんてん
議郎ぎろう 曹操そうそう
五官中郎将ごかんちゅうろうしょう 董重とうちょう

地方官

官職 人物
玄菟太守げんとたいしゅ 公孫域こうそんいき
丹陽太守たんようたいしゅ 陳夤ちんいん
巴郡太守えきしゅうたいしゅ 曹謙そうけん
益州太守えきしゅうたいしゅ 李顒りぎょう
鬱林太守うつりんたいしゅ 谷永こくえい

スポンサーリンク


183年の主な出来事

出来事
1月

日南郡にちなんぐんに南方諸国から使者が来る。

3月

・天下に大赦たいしゃする。

大旱魃だいかんばつが起こった。

何皇后かこうごうの母を舞陽君ぶようくんに封じる。

涼州りょうしゅう金城郡きんじょうぐんで黄河が氾濫はんらんした。

幷州へいしゅう五原郡ごげんぐんで崖崩れが起こった。

青州せいしゅう東萊郡とうらいぐん徐州じょしゅう琅邪国ろうやこく東海郡とうかいぐんの井戸に24cm以上の氷が張った。


スポンサーリンク


183年の群雄勢力図

183年の群雄勢力図

凡例

183年の群雄勢力図

183年の情勢

183年の時点では、漢の領内にまだ独立勢力はありません。

特記事項

妖賊ようぞくの乱立

熹平きへい年間(172〜178年)から光和こうわ年間(178〜184年)にかけて妖賊ようぞくが盛んにおこり、東方では張角ちょうかくおこした「太平道たいへいどう」が、漢中かんちゅうでは張脩ちょうしゅうおこした「五斗米道ごとべいどう」が勢力を拡大していました。


太平道たいへいどうの教祖・張角ちょうかく冀州きしゅう鉅鹿郡きょろくぐんの人で、建寧けんねい年間(168~171年)に黄老道こうろうどうを起源とする「太平道たいへいどう」をおこします。

太平道たいへいどうの教えは、物事の吉凶禍福は日々の行いに起因するとし、善行を積み重ねることでわざわいを回避することができるというもので、自分の罪を告白させ、符水ふすいを飲ませることで病人を治療して回りました。

郡県の官吏たちの中には「張角ちょうかくが民衆を教化している」と称賛する者もいたため、太平道たいへいどうは急激に信者を増やしていきます。

太平道たいへいどうの動向

張角ちょうかくは各地に弟子を派遣して太平道たいへいどうの教えを広め、その信者は数十万にふくれ上がり、青州せいしゅう幽州ゆうしゅう徐州じょしゅう冀州きしゅう荊州けいしゅう揚州ようしゅう兗州えんしゅう豫州よしゅうの8州にまで広がりました。

この頃になると、張角ちょうかくに従うために家財を投げ売って流民となる者や、道中で死ぬ者が続出したため、朝廷にも太平道たいへいどうを危険視するものが現れます。

朝廷の反応

司徒・楊賜

176年、司徒しとを務めていた楊賜ようしは、

張角ちょうかくは民衆をまどわし、日々勢いを増しています。ですが、もし今すぐ州郡に討伐を命じたならば、騒乱が大きくなるのは必定です。

まずは、刺史しし二千石にせんせき太守たいしゅ)に命じて流民を本籍に帰らせるべきです。そうやって張角ちょうかくの勢力を弱めたならば、反乱を未然に防ぐことができるでしょう」

と、拡大しつつある太平道たいへいどうの危険性を指摘していましたが、翌177年末に楊賜ようし司徒しと罷免ひめんされたため、この上奏が取り上げられることはありませんでした。

司徒掾・劉陶

また、司徒掾しとえん劉陶りゅうとうも、

張角ちょうかくらがここ洛陽らくように密偵を放ち、朝政を観察していることは明らかです。また、州郡はこれを知りながら見て見ぬ振りをしています。

張角ちょうかくらを捕えた者に爵位を与えることを約束し、張角ちょうかくかばう者は同罪とするみことのりを下しましょう」

と上奏しましたが、霊帝れいていは取り合いませんでした。

反乱の準備

この頃になると、張角ちょうかくは信者たちを大方だいほう小方しょうほう、合わせて36のほうに分け、それぞれを渠帥きょすいと呼ばれる将軍にまとめさせて、口々に「蒼天已死 黄天当立 歲在甲子 天下大吉」という合い言葉を唱えながら、官府の門に「甲子こうし」と書いて回りました。

また、張角ちょうかく大方だいほう馬元義ばげんぎに命じて荊州けいしゅう揚州ようしゅうで新たに数万人を集め、鄴城ぎょうじょうで蜂起する準備を進めます。

また、何度も洛陽らくように行き来させて中常侍ちゅうじょうじ封諝ほうしょ徐奉じょほうらの内応を取り付けると、蜂起の日を翌年3月5日とし、洛陽らくようの内外で一斉に蜂起することが決められました。

関連記事

黄巾賊が掲げたスローガンと五行思想(五行説)の謎


183年【漢:光和こうわ6年】は、表立おもてだっては大きな出来事が少ない1年でした。

ですが、水面下では太平道たいへいどうの教祖・張角ちょうかくによる反乱の計画が着々と進められていました。

他の年を見る場合はこちら

三国志年表