建安けんあん13年(208年)当時、荊州けいしゅう侵攻の布石として豫州よしゅう予州よしゅう)・潁川郡えいせんぐんに配置されていた、于禁うきん楽進がくしん張遼ちょうりょうの3人の将軍しょうぐんについてまとめています。

スポンサーリンク

長社県の反乱と張遼

建安けんあん13年(208年)当時、荊州けいしゅうはまだ平定されていなかったので、曹操そうそう盪寇将軍とうこうしょうぐん張遼ちょうりょう豫州よしゅう予州よしゅう)・潁川郡えいせんぐん長社県ちょうしゃけんに駐屯させることにしました。


豫州(予州)・潁川郡・長社県

豫州よしゅう予州よしゅう)・潁川郡えいせんぐん長社県ちょうしゃけん


ですがその出発に際して、張遼ちょうりょうの軍中に反乱を計画した者があって、夜間にさわぎ立てて火を放ったので、軍全体が混乱してしまいます。

すると張遼ちょうりょうそばにいる者に向かって、


「動く出ないぞ。これは陣営全体が反乱を起こしたのではない。必ず異変を引き起こした者があり、人を動揺・混乱させようとしているだけだ」


と言い、また軍中に「反乱と関係ない者は、落ち着いて座っておれ」と命令して、みずからは親衛兵・数十人をひきいて陣営の真ん中に堂々と立っていました。


しばらくして軍中が落ち着くと、すぐに首謀者は捕まって処刑されました。


タイトルを「長社県ちょうしゃけんの反乱」としていますが、実際は「張遼ちょうりょうが任地の長社県ちょうしゃけんに出発する時」に反乱が発生していますので、長社県ちょうしゃけんで反乱が起こった訳ではありません。


スポンサーリンク


于禁・楽進・張遼をまとめた趙儼

この頃、豫州よしゅう予州よしゅう)・潁川郡えいせんぐんには、

  • 潁陰県えいいんけんには虎威将軍こいしょうぐん于禁うきん
  • 陽翟県ようたくけんには折衡将軍せっしょうしょうぐん楽進がくしん
  • 長社県ちょうしゃけんには盪寇将軍とうこうしょうぐん張遼ちょうりょう

が駐屯していましたが、彼らはおのおのが気力に任せて思いのままに振るまい、互いに協調することがありませんでした。


于禁・楽進・張遼の配置

于禁うきん楽進がくしん張遼ちょうりょうの配置


そこで曹操そうそうは、司空しくう掾属えんぞく主簿しゅぼ趙儼ちょうげんに、同時に3つの軍の参軍さんぐんを兼ねさせ、事あるごとに教えさとさせた結果、于禁うきん楽進がくしん張遼ちょうりょうの3人の将軍しょうぐんは、互いに親しみむつみ合うようになりました。


前年の建安けんあん12年(207年)、曹操そうそう塞外さいがい(国境の外)の烏丸うがん族を征伐すると、幽州ゆうしゅう遼東郡りょうとうぐん公孫康こうそんこうは逃げ込んで来た袁煕えんき袁尚えんしょうの首を斬り、曹操そうそうに送り届けました。

河北かほくを平定し、袁紹えんしょうの勢力を滅ぼした曹操そうそうは、次の攻略目標を荊州けいしゅう劉表りゅうひょうに定め、豫州よしゅう予州よしゅう)・潁川郡えいせんぐん長社県ちょうしゃけん盪寇将軍とうこうしょうぐん張遼ちょうりょうを駐屯させます。

潁川郡えいせんぐんに駐屯する于禁うきん楽進がくしん張遼ちょうりょうらは協調性を欠いていましたが、司空しくう主簿しゅぼ趙儼ちょうげんの働きかけによって親睦を深めました。

注意

上記は魏書ぎしょ張遼伝ちょうりょうでん魏書ぎしょ趙儼伝ちょうげんでんもとにしています。どちらも年代を特定できる情報はありませんが、資治通鑑しじつがんには「建安けんあん13年(208年)6月、三公さんこうが廃止されて曹操そうそう丞相じょうしょうに就任した後」にしるされています。

ですが、「司空しくう主簿しゅぼ趙儼ちょうげん」とあることから、三公さんこうが廃止される前のことであると判断し、当サイトでは「曹操そうそう丞相じょうしょう就任」前の出来事としています。