建安けんあん2年(197年)秋9月に起こった袁術えんじゅつ豫州よしゅう予州よしゅう)・陳国ちんこく侵攻と、それに対する曹操そうそうの東征、その後の人事や孔融こうゆうの進言についてまとめています。

スポンサーリンク

袁術の豫州(予州)・陳国侵攻

陳王・劉寵

陳王ちんおう劉寵りゅうちょうは武芸にすぐれ、を射ることを得意とし、十発十中、全て同じところに当てる程の腕前がありました。

中平ちゅうへい年間(184年〜189年)、黄巾の乱が起こると、郡県の長はみな城をてて逃亡しましたが、劉寵りゅうちょう強弩きょうど・数千張を有して軍を進め、みずか都亭とていの守りを固めます。

陳国ちんこくの人々は劉寵りゅうちょうの武勇を聞き知っていたので、あえて離反する者もなく、陳国ちんこくだけは賊徒ぞくとから守り通すことができました。

当時、王侯おうこうたちは収入がなくなり、しばしば略奪を受けていたため、2日に1度しか食事ができず、荒野で野垂のたれ死にする者もいましたが、陳国ちんこくだけは富強で、隣郡の人々が多く帰順したため、十数万人以上の民衆が集まっていました。


初平しょへい元年(190年)、反董卓とうたく連合が決起すると、劉寵りゅうちょうは軍をひきいて陽夏県ようかけんに駐屯し、みずか輔漢大将軍ほかんだいしょうぐんを称しました。

陳相・駱俊

揚州ようしゅう会稽郡かいけいぐん出身の陳相ちんしょう陳国ちんこく太守たいしゅ)・駱俊らくしゅんは、すべての人々をいつくしみ育ててその安全を守り、天災も起こることなく、年ごとに豊かなみのりがありました。


袁術えんじゅつが皇帝を僭称せんしょうして袁紹えんしょうとの間に争いが起こると、天下はかなえき立つようにさわがしくなり、賊徒ぞくとたちが各地で蜂起しました。

陳国ちんこくはそうした騒乱の地と境を接し、奸悪かんあくの一味が四方八方にいましたが、駱俊らくしゅんは軍事力の増強につとめて郡境をしっかり守ったので、賊徒ぞくとたちも侵犯してこようとはしませんでした。

袁術の陳国侵攻

建安けんあん2年(197年)、飢饉ききんのため、長江ちょうこうから淮水わいすいにかけての地域の民が互いに食らい合う有り様となりました。


秋9月、袁術えんじゅつの軍勢が食糧の欠乏に苦しんだので、陳相ちんしょう駱俊らくしゅんの所に食糧を分けて欲しいと申し込んできましたが、駱俊らくしゅん袁術えんじゅつにくんでいたので、まったく相手にしませんでした。

これに腹を立てた袁術えんじゅつは、秘かに刺客を送って駱俊らくしゅん陳王ちんおう劉寵りゅうちょうを暗殺させ、豫州よしゅう予州よしゅう)・陳国ちんこくに侵攻しました。


袁術の陳国侵攻関連地図

袁術えんじゅつ陳国ちんこく侵攻関連地図


スポンサーリンク


曹操の東征

袁術の沛国侵攻

陳国ちんこくに侵攻した袁術えんじゅつは、さらに豫州よしゅう予州よしゅう)・沛国はいこく蘄県きけん*1を攻撃・包囲します。

袁術えんじゅつは、何夔かきがその郡の出身*2であることから、彼を脅迫して蘄県きけんを説得させようとしましたが、この時何夔かきは、袁術えんじゅつの謀臣・李業りぎょうに向かって、


「昔(春秋しゅんじゅう時代)、柳下恵りゅうかけいは国を討つ計画を聞いて憂色ゆうしょくを示して、『国を討つことは仁者に相談しないものだと私は聞いておりますのに、この言葉(国を討つ計画)がどうして私のところに届いたのでしょう』と申したとか」


と言い、揚州ようしゅう廬江郡ろこうぐん灊山せんざんに逃れ隠れました。

袁術えんじゅつは、何夔かきがあくまでも自分のために働かないと知ったので、蘄県きけんを説得させることをあきらめました。

脚注

*1 魏書ぎしょ何夔伝かきでん資治通鑑しじつがん共に、原文は「蘄陽きよう」とされていますが、資治通鑑しじつがん胡三省注こさんせいちゅうに、「『蘄陽きよう』は『蘄県きけん』が正しく、沛国はいこくに属す」とあります。

*2 蘄県きけん沛国はいこくにありますが、袁術えんじゅつが説得させようとした何夔かきは、陳国ちんこく陽夏県ようかけんの出身です。

袁術の逃走

袁術えんじゅつ豫州よしゅう予州よしゅう)に侵攻すると、司空しくう曹操そうそう袁術えんじゅつ討伐の軍を起こします。


曹操そうそうみずから兵をひきいて東征して来たことを聞いた袁術えんじゅつは、配下の将、

  • 橋蕤きょうずい
  • 李豊りほう
  • 梁綱りょうこう
  • 楽就がくしゅう

らを豫州よしゅう予州よしゅう)・沛国はいこく蘄県きけんに残して自分は軍をて、淮水わいすいを南に渡って逃走しました。


袁術の沛国侵攻関連地図

袁術えんじゅつ沛国はいこく侵攻関連地図

赤線淮水わいすい


曹操そうそう蘄県きけんに到着すると橋蕤きょうずいらを撃破してすべて斬り、許県きょけんかえりました。これを機に、袁術えんじゅつは衰退していくことになります。


新たな人材

何夔かき

袁術について問われる

曹操そうそう豫州よしゅう予州よしゅう)・陳国ちんこく陽夏県ようかけん出身の何夔かき辟召まねいて司空しくう掾属えんぞく(属官)としました。

またその頃、袁術えんじゅつ軍が混乱していると言う者があったので、曹操そうそうが「君は本当だと思うかね?」とたずねると、何夔かきは次のように答えます。


「天が援助する者は『順(天道に従うこと)』であり、人が援助する者は『信(誠実)』であります。

袁術えんじゅつは『順』と『信』がないのに天と人の援助を期待しております。これでは天下に志を得ることはできますまい。

大体、道義に外れた君主には、親戚もそむくものです。まして左右に仕えている者においては言うまでもありません。わたくしがみるに、その混乱は必定です」


すると曹操そうそうは、


「国を治めながら賢者をのがせば滅亡する。君は袁術えんじゅつもちいるところとはならなかった。混乱も当然のことではあるまいか」


と言いました。

毒薬を持ち歩く

曹操そうそうは厳しい性格だったので、掾属えんぞく(属官)は職務で過失をおかすと、しばしば杖で叩かれることがありました。

そこで何夔かきは、常に毒薬を持ち歩き、死んでも恥辱を受けまいと決意していたので、最後まで罰を加えられることはありませんでした。


孫盛そんせいは、何夔かきが毒薬を持ち歩いたことについて、次のように言っています。

何夔かきは時の制約を知りながら、その恩寵おんちょうに甘んじ、薬を所持して主君を牽制けんせいし、それによって小さな恥辱を避けた。

詩に『ただせまき心』と言う。何夔かきはそれに当てはまるのだ」

許褚きょちょ

豫州よしゅう予州よしゅう)・沛国はいこく譙県しょうけん出身の許褚きょちょは、若者と一族数千家を集め、一緒に城壁を固めてぞくの侵略を防いでいました。また、その容貌は雄々おおしく毅然きぜんとし、武勇・力量は人並み外れていたので、淮南わいなん汝南よしゅう陳国ちんこく梁国りょうこくの辺りでは、みな許褚きょちょおそはばかりました。

曹操そうそう淮南わいなん汝南よしゅうを攻めとすと、許褚きょちょは軍勢を連れて曹操そうそうに帰順します。


曹操そうそうは、許褚きょちょを一目見てその勇壮さに感心し、


「こいつはわし樊噲はんかい高祖こうそ劉邦りゅうほう)の侍衛]じゃ」


と言って即日都尉といに任命し、宿直警護の役につけ、許褚きょちょに従っていた侠客きょうかくたちをすべて虎士こし近衛兵このえへい)としました。


スポンサーリンク


孔融の進言

楊彪をかばう

太尉たいい楊彪ようひょうの妻は袁氏えんしの女性(袁術えんじゅつの姉妹)で、楊彪ようひょう袁術えんじゅつは姻戚関係にありました。

楊彪ようひょうの子・楊脩ようしゅう楊修ようしゅう)は、袁術えんじゅつおいに当たります。


曹操そうそうはこれを嫌い、「楊彪ようひょう天子てんし(皇帝)の廃立をはかろうとしている」と誣告ぶこく(わざと事実をいつわって告げること)すると、逮捕して獄に下すように上奏し、大逆の罪として弾劾だんがいしました。


そのことを聞いた将作大匠しょうさくたいしょう魏書ぎしょ満寵伝まんちょうでんでは少府しょうふ)の孔融こうゆうは、朝服に着替える時間もしんで曹操そうそうに会いに行き、次のように言いました。


楊公ようこう楊彪ようひょう)が4世(楊震ようしん楊秉ようへい楊賜ようし楊彪ようひょう)に渡って清徳なことは、天下のよく知るところです。

周書しゅうしょにも『父子兄弟の間で互いに罪が及ぶことはない』とあり、ましてや袁氏えんしを理由に楊公ようこう楊彪ようひょう)を罪に問うなど もってのほか でございます」


曹操そうそうはこれに、


「これは天子てんし献帝けんてい)の意志である」


と答えましたが、孔融こうゆうは重ねて言いました。


「もし成王せいおう邵公しょうこうを殺したなら、周公しゅうこうは知らない振りをできますでしょうか(いいえ、できません)」


つまり孔融こうゆうは、


「もし天子てんし献帝けんてい)が楊彪ようひょうを罪に問うたなら、曹操そうそうは知らない振りをできますでしょうか(いいえ、できません)」


と言ったのです。

ですが曹操そうそうは結局、許令きょれい豫州よしゅう予州よしゅう)・潁川郡えいせんぐん許県きょけん県令けんれい]の満寵まんちょうに命じて楊彪ようひょうを逮捕させて県の牢獄に預けさせました。


この時、孔融こうゆう尚書令しょうしょれい荀彧じゅんいく満寵まんちょうに、


「ただ罪状についての説明を聞くにとどめるべきで、痛めつけることのないように」


と頼みましたが、満寵まんちょうはこれには答えず、法にのっとって訊問じんもんを行いました。

そして数日後、満寵まんちょう曹操そうそうに面会を求めて報告します。


楊彪ようひょう訊問じんもんいたしましたが、今までと変わった弁明はありませんでした。死刑に処すべき者は執行の前にその罪を明らかにするのが当然であります。

この人(楊彪ようひょう)は四海の内に名声がありますから、もし罪が明確でないならば、必ずや大いに人望を失うことになりましょう。心中、明公めいこう曹操そうそう)のために残念に存じます」


満寵まんちょうの報告を受けた曹操そうそうは、その日のうちに楊彪ようひょうゆるして釈放しました。


最初、孔融こうゆう荀彧じゅんいく楊彪ようひょうが痛めつけられていると聞いて腹を立てていましたが、この結果に納得して改めて満寵まんちょうに感謝しました。

豆知識

楊彪ようひょう漢室かんしつが衰退して政治の実権が曹氏そうしにあるのを見て、脚攣きゃくれん(脚の病気)と称して十数年間朝廷を離れていたので、これ以降、わざわいを受けることはありませんでした。


魏書ぎしょ満寵伝まんちょうでんの中で裴松之はいしょうしは、

楊公ようこう楊彪ようひょう)は徳を重ねた家柄の出であり、彼自身は名臣である。たとえ過失があったとしても、なおかばってやらなければならない。まして行き過ぎた刑罰を乱用して、むち打ちにするのが良いことであろうか。

もし裁判によって取り調べるのが当然であるならば、荀彧じゅんいく孔融こうゆうの2賢者がどうしてむやみに依頼することがあろう。

満寵まんちょうはこのことのために有能とされたが、酷吏こくり心配こころくばりに過ぎず、後に善行があったとしても、以前の残虐な行いを帳消しにはできない」

と言っています。

馬日磾の亡骸(なきがら)

馬日磾ばびつてい亡骸なきがら京師けいし許県きょけん)に戻って来ると、朝廷では議論が行われ、「馬日磾ばびつてい亡骸なきがらを特別な礼をもってほうむる」という意見が優勢となっていました。

この時孔融こうゆうはただ1人、


馬日磾ばびつてい太傅たいふという上公じょうこうとうとい地位にあり、髦節ぼうせつ(水牛の尾をつけた杖)を持って使者となったのに、姦臣(袁術えんじゅつ)にびへつらい、その掣肘せいちゅう(干渉)を受けることになりました。

王室の大臣たる物、どうして脅迫されたからといって、これを言い訳にして良いものでしょうか。

陛下は旧臣である馬日磾ばびつていあわれんで、その罪を追って問うに忍びないと思われますが、何卒なにとぞ、礼をお加えになりませぬように」


と主張し、朝廷はこれに従いました。

孔融の進言全文
タップ(クリック)すると開きます。

馬日磾ばびつてい太傅たいふという上公じょうこうとうとい地位にあり、髦節ぼうせつ(水牛の尾をつけた杖)を持って使者となり、勅命ちょくめいを奉じて任務に邁進まいしんし、東方を安寧にさせようとしました。

ですが彼は、姦臣(袁術えんじゅつ)にびへつらい、その掣肘せいちゅう(干渉)を受け、(袁術えんじゅつたてまつった)上奏や(袁術えんじゅつによる人材の)任用書は、すべて馬日磾ばびつていの名が筆頭にあがっており、下の者にへつらい上の者をないがしろにし、よこしまな心で君主に仕えておりました。

昔、せい国佐こくさしん軍に当たって和平を求めにおもむひるむことがなく、宜僚ぎりょうは白刃を突きつけられても顔色を変えませんでした。王室の大臣たる物、どうして脅迫されたからといって、これを言い訳にして良いものでしょうか。

しかも袁術えんじゅつの謀叛の兆しは、一朝一夕のことではありませんのに、馬日磾ばびつてい袁術えんじゅつにつき従い、数年に渡り交際しております。漢律かんりつかんの基本法)によれば、罪人と3日以上交際すれば、みなその罪人の内情を知っているに違いないと見なされます。

春秋公羊伝しゅんじゅうくようでん宣公せんこう五年に、叔孫得臣しゅくそんとくしんそっした(亡くなった)とあります。叔孫得臣しゅくそんとくしん東門襄仲とうもんじょうちゅう弑逆しいぎゃくの罪をおおやけにしなかったことによって、彼をおとしめて、そっした日付を書かないのです。

ていの人々は先に子家しか幽公ゆうこう弑殺しいさつしたことを罰して、子家しかひつぎけずりました。

陛下は旧臣である馬日磾ばびつていあわれんで、その罪を追って問うに忍びないと思われますが、何卒なにとぞ、礼をお加えになりませぬように。


また、元兗州刺史えんしゅうしし金尚きんしょう亡骸なきがら京師けいし許県きょけん)に戻って来ましたが、金尚きんしょう亡骸なきがらに対し、献帝けんていみことのりを下して百官に弔祭ちょうさいさせ、彼の子の金瑋きんい郎中ろうちゅうに任命しました。

関連記事

袁術の皇帝僭称。陳珪・陳登父子の暗躍による袁術と呂布の戦い


建安けんあん2年(197年)秋9月、飢饉ききんのため困窮こんきゅうした袁術えんじゅつは、陳相ちんしょう駱俊らくしゅんに食糧の援助を求めますが、袁術えんじゅつにくんでいた駱俊らくしゅんはこれを拒否しました。

これに腹を立てた袁術えんじゅつは、秘かに刺客を送って駱俊らくしゅん陳王ちんおう劉寵りゅうちょうを暗殺させ、豫州よしゅう予州よしゅう)・陳国ちんこくに侵攻します。


袁術えんじゅつ豫州よしゅう予州よしゅう)に侵入すると、司空しくう曹操そうそうみずから兵をひきいて袁術えんじゅつ討伐の軍を起こし、袁術えんじゅつの将・橋蕤きょうずいらを撃破してすべて斬り、許県きょけんかえりました。これを機に、袁術えんじゅつは衰退していくことになります。