建安けんあん4年(199年)、孫策そんさく揚州ようしゅう豫章郡よしょうぐん予章郡よしょうぐん)平定と、呉郡ごぐん厳白虎げんはくこ討伐についてまとめています。

スポンサーリンク

揚州の平定

孫策の西進

建安けんあん4年(199年)6月、袁術えんじゅつが没落して病死すると、その旧領では廬江太守ろこうたいしゅ劉勲りゅうくんが力をつけました。

これを危険視した孫策そんさくは、劉勲りゅうくんに贈り物をおくって油断させると、劉勲りゅうくんが出陣した隙を突いて彼の本拠地である皖県かんけん皖城かんじょう)を降伏させ、引き返して来た劉勲りゅうくんを撃ち破ります。

そして、そのまま荊州けいしゅう江夏郡こうかぐんに進出した孫策そんさくは、沙羡県さいけんに陣をいた劉表りゅうひょう配下の黄祖こうそを散々に撃ち破り、敗走させました。


孫策と周辺地域の情勢

孫策そんさくと周辺地域の情勢

関連記事

孫策が劉勲・黄祖を攻め、孫策・周瑜が大橋・小橋を妻に迎える

華歆の降伏

黄祖こうそを討伐した孫策そんさくは、その帰還の途上、豫章郡よしょうぐん予章郡よしょうぐん)をまわってそこを手に入れようと考え、そこで虞翻ぐはん虞翻ぐほん)1人だけをし寄せて言いました。


華子魚かしぎょ華歆かきん)はそれなりの評判を得てはいるが、聞けば兵器の準備もとぼしいとのことだ。私の敵ではない。

もし彼が城門を開いてまちを明け渡さぬ時には、戦闘の合図のかねや太鼓が鳴らされて、死傷する者が出ることは避けられぬ。

あなたは先に行って私のこころを彼にはっきりと伝えて欲しい」


虞翻ぐはんはすぐに出発して豫章郡よしょうぐん予章郡よしょうぐん)の役所に到着すると、ひとえの着物と葛布くずぬのの頭巾を着けて華歆かきんとの会見を申し入れます。

華歆かきんがこれに応じると、虞翻ぐはんは「孫策そんさくに服従することと逆らうことの利害」についていて聞かせ、次の日の日中まで返答を待つことを伝えて戻りました。

虞翻の説得全文
タップ(クリック)すると開きます。

華歆かきんと会見した虞翻ぐはんは言いました。


「あなたは名声が天下に聞こえているという点で、ご自身と我が郡(会稽郡かいけいぐん)の元の太守たいしゅ王朗おうろう)さまと、どちらがまさるとお考えになりますか?」


これに華歆かきんが「私の方が及ばない」と答えると虞翻ぐはんは、


「では、食糧のたくわえの量、兵器の精鋭さ、兵士や民衆たちの勇敢さの点で、我が郡と豫章郡よしょうぐん予章郡よしょうぐん)、どちらが優れているでありましょうか」


と続け、これにも華歆かきんは「私の方が及ばない」と答えました。

そこで虞翻ぐはんは、


討逆将軍とうぎゃくしょうぐん孫策そんさく)さまは、智略の点で世に並ぶ者なく、用兵のたくみさは神のごとくであります。

先に劉揚州りゅうようしゅう劉繇りゅうよう)どのを逃亡させたことについては、あなたご自身が目にされたところであり、また南に進んで我が郡を平定されたことについても、あなたが聞いておられるところです。

ただ今、孤立無援のまちに立て籠もろうとしておられますが、食糧のことだけを考えてみましても、死守することなど不可能であることが知られるのであります。

すみやかに将来への策を定められるべきであって、後で後悔されても取り返しはつきません。

現在、の大軍はすでに椒丘しょうきゅうに宿営しております。私はこのまま戻りますが、明日の日中までに我が軍を迎え入れるとの返答がなければ、あなたとはの別れとなります」


そして虞翻ぐはんが去った次の日の朝、華歆かきんは城を出ると役人を派遣して降伏を申し入れ、孫策そんさくを迎え入れました。

豆知識

魏書ぎしょ華歆伝かきんでんが注に引く華嶠かきょう譜叙ふじょには、この華歆かきんの降伏について別の説が紹介されています。


孫策そんさく揚州ようしゅうを攻略して我が物とすると、強大な兵力で豫章郡よしょうぐん予章郡よしょうぐん)に向かった。

郡全体は恐れおののき、官僚たちは郊外まで出迎えることを願い出たが、華歆かきんは「出迎える出ないぞ」と命令した。

孫策そんさく軍が次第に進軍して来ると、官僚たちは今度は兵を出すことを進言したが、また許さなかった。

孫策そんさくが到着すると、役所中の者がみな官邸に来て、役所を出て彼を避けるよう請願した。

そこで華歆かきんは笑って、「今に自分から来るだろう。どうして慌てて彼を避けるのかね?」と言った。

しばらくして門客もんかくが、「孫将軍そんしょうぐん孫策そんさく)が参られまして、会見を求めております」と告げた。

そこで孫策そんさくは、進みよって華歆かきんと同座し、しばらくの間談論し、夜になったので辞去した。

道義ある人士はそれを聞いてみなかんたんの吐息を長くつき、おのずと心服した。孫策そんさくはかくて自分から子弟の礼をとり、上客として礼遇した」


豫章郡よしょうぐん予章郡よしょうぐん)の華歆かきんを降伏させた孫策そんさくは、元揚州刺史ようしゅうしし劉繇りゅうようひつぎを引き取って遺族の元に返すと、その家族の者たちを手厚く処遇しました。

豫章郡(予章郡)の平定

廬陵県ろりょうけん僮芝とうしを討つ

この時、廬陵県ろりょうけんにはまだ丹楊郡たんようぐん出身の僮芝とうしがいて勝手に廬陵太守ろりょうたいしゅを名乗っていました。

華歆かきんを降伏させた孫策そんさくは、従兄の孫賁そんふんとその弟の孫輔そんほに兵を預けて南昌県なんしょうけんとどまらせると、孫賁そんふんに言いました。


あなたが今豫章郡よしょうぐん予章郡よしょうぐん)に根拠地を置かれるのは、僮芝とうしのどもとを押さえ、その門戸を見張るものであります。

ひたすら形勢をうかがい、もし有利だと見たならば、国儀こくぎ孫輔そんほ)どのに命じて兵器を取って攻め込み、公瑾こうきん周瑜しゅうゆ)どのにはその助勢を命じられますように。

そうすれば一挙に僮芝とうしを平らげることができるのです」


後に僮芝とうしが病気にかかったとの情報を得ると、孫賁そんふんはすぐさま孫策そんさくはかりごとの通りに事を運び、周瑜しゅうゆ巴丘県はきゅうけんまで軍を進め、孫輔そんほはそのまま進撃を続けて廬陵県ろりょうけんを占拠しました。


僮芝とうしを討った孫策そんさくは、豫章郡よしょうぐん予章郡よしょうぐん)の南部を分けて廬陵郡ろりょうぐんを設置し、

  • 孫賁そんふん豫章太守よしょうたいしゅ
  • 孫輔そんほ廬陵太守ろりょうたいしゅ

に任命しました。

関連記事

呉夫人ごふじんの機転

この頃、会稽郡かいけいぐん功曹こうそう魏騰ぎとうが主君(孫策そんさく)の気持ちに逆らったため、孫策そんさくは彼を処刑しようとしました。士大夫したいふたちはこれを心配して恐れましたが、すべを知りません。

そんな時、これを聞いた孫策そんさくの母・呉夫人ごふじんは、大きな井戸のふちに身を寄せて孫策そんさくに言いました。


「お前は江南こうなんの経営を始めたばかり。今こそ賢者や非凡な人物たちを礼遇し、欠点には目をつぶって功績を高く評価すべき時ではありませんか。

魏功曹ぎこうそう魏騰ぎとう)どのは、その職務に全力を尽くしております。お前が今その魏功曹ぎこうそう魏騰ぎとう)どのを殺せば、明日にはみなそろってお前に背を向けるでしょう。

私はわざわいがやって来るのを見たくはありません。その前にこの井戸に身を投げるのです」


これを見た孫策そんさくは、驚きあわてて魏騰ぎとうを釈放しました。


スポンサーリンク


呉郡の平定

興平こうへい2年(195年)、孫策そんさく配下の朱治しゅち呉郡太守ごぐんたいしゅ許貢きょこうを撃ち破って以降、彼が呉郡ごぐんを統治していましたが、呉郡ごぐんにはまだ孫策そんさくに従わない勢力が存在していました。

鄒他・銭銅・王晟を討つ

当時呉郡ごぐんには、

  • 烏程県うていけん鄒他すうた鄒佗すうた)や銭銅せんどう
  • 嘉興県かこうけん由拳県ゆうけんけん)のさき合浦太守がっぽたいしゅ王晟おうせい

らがそれぞれ1万余人、あるいは数千人の軍勢を集めて割拠かっきょしていました。


揚州・呉郡の様子

揚州ようしゅう呉郡ごぐんの様子


孫策そんさくは兵をひきいて彼らをみな撃ち破りましたが、この時、孫策そんさくの母・呉夫人ごふじんは、


王晟おうせいは、お前の父上(孫堅そんけん)とは奥座敷に通り妻と挨拶あいさつするような親しい間柄でした。

今、その子らや兄弟たちはみな斬首誅滅ちゅうめつされて、年寄り(王晟おうせい)1人が残っているだけです。何のおそれることがありましょう」


王晟おうせいを助命するように言ったので、孫策そんさくは母の言葉に従って王晟おうせいだけは見逃し、他はすべて一家皆殺しとしました。

厳白虎を討つ

呉郡太守ごぐんたいしゅ許貢きょこう

以前、呉郡太守ごぐんたいしゅ盛憲せいけん呉郡ごぐん出身の高岱こうたい孝廉こうれんに推挙しました。

その後、許貢きょこうがやって来て郡(呉郡ごぐん)を乗っ取ると、高岱こうたい盛憲せいけん許昭きょしょうの家に案内して難を避けさせ、自分は徐州牧じょしゅうぼく陶謙とうけんの元におもむいて救援を求めましたが、陶謙とうけんはすぐには救援に応じませんでした。

興平こうへい2年(195年)、孫策そんさく配下の朱治しゅちに敗れた許貢きょこうは、南に逃げて山越さんえつ揚州ようしゅうの山岳地帯に住む異民族)の不服従民、厳白虎げんはくこ厳虎げんこ)の元に身を寄せていました。

関連記事

孫策の江東進出。袁術の下を離れた孫策が劉繇を破って呉郡に入る

厳白虎げんはくこの使者・厳輿げんよを殺す

鄒他すうた鄒佗すうた)らを討った孫策そんさくが、さらに兵を進めてみずか厳白虎げんはくこ厳虎げんこ)の討伐に向かうと、厳白虎げんはくこ厳虎げんこ)はとりでを高くして守りを固めたまま、弟の厳輿げんよを派遣して和睦わぼくを求めて来ました。

孫策そんさくがこれに同意すると、厳輿げんよは「孫策そんさくと1対1で合って和約を結びたい」と申し出て来たので、孫策そんさくは2人で合う席を用意しました。

その席上、2人が席に着くと、孫策そんさくはいきなりやいばを抜き放ってしきものを斬りつけます。

驚いた厳輿げんよがビクリと身体を震わせると、孫策そんさくは笑って言いました。


「あなたが即座に立ち上がり、非常に素早い立ち回りができると聞きましたので、少しふざけたまでです」


これに厳輿げんよが、


「刃物を見るとそんな風にできるのです」


と答えたのを聞いた孫策そんさくは、間髪入れず今度は手戟しゅげきを投げつけます。厳輿げんよはこれを避けることができず、命を落としてしまいました。


厳白虎げんはくこ厳虎げんこ)の弟・厳輿げんよは、勇猛なことで知られていました。

この時、孫策そんさくがすでに和睦わぼくに同意したにもかかわらず、厳輿げんよが「孫策そんさくとの1対1での会見」を望んだのは、隙を見て孫策そんさくを斬るつもりだったのかもしれません。

厳白虎げんはくこを討伐する

孫策そんさくが軍を進めると、「勇猛な厳輿げんよが殺された」と聞いてひどくじ気づいた厳白虎げんはくこ厳虎げんこ)の一味はあっけなく敗退し、厳白虎げんはくこ厳虎げんこ)は呉郡ごぐん余杭県よこうけん許昭きょしょうの元に身を寄せます。

この時程普ていふは「このまま許昭きょしょうを討伐しましょう」と願い出ましたが、孫策そんさくは、


許昭きょしょうは元の主君(盛憲せいけん)への忠義を忘れず、古い友人(厳白虎げんはくこ)にもまことを尽くしている。これは大丈夫たる者が心掛けるべきところだ」


と言い、許昭きょしょうへの攻撃を差しひかえました。

許貢を殺害する

以前呉郡太守ごぐんたいしゅであった許貢きょこうは、


孫策そんさくは武芸にけた英傑で、しん末に天下を争った項籍こうせき項羽こうう)と似ております。よろしく恩寵おんちょうを加え、京邑みやこかえされますように。もしみことのりを受ければ京邑みやこかえらぬわけにはゆきますまい。もし地方に放置されますれば、必ずや世のわざわいとなりましょう」


という上表をしていましたが、孫策そんさく斥候せっこう(偵察隊)がこの上表文を手に入れて、孫策そんさくに届けていました。


厳白虎げんはくこを敗走させた孫策そんさくは、彼の元に身を寄せていた許貢きょこうに会見を申し入れ、この上表のことを責めました。

それでも許貢きょこうは「上表などしていない」と弁解するので、孫策そんさくはその場で力のある兵士に許貢きょこう絞殺こうさつさせました。

厳白虎討伐の時期について

厳白虎げんはくこ討伐の時期について、呉書ごしょ孫策伝そんさくでんには「会稽かいけいに根拠地を置いて東冶城とうやじょうを落とし、その後で厳白虎げんはくこたちを撃ち破った」とあり、その後に「袁術えんじゅつの皇帝僭称せんしょう」のくだりが続きます。

ですが、「袁術えんじゅつの皇帝僭称せんしょう」の後にも厳白虎げんはくこが登場し、対孫策そんさくのために陳瑀ちんう厳白虎げんはくこに調略を行っています。

孫策そんさく王朗おうろうを降伏させたのは建安けんあん元年(196年)、袁術えんじゅつの皇帝僭称せんしょう陳瑀ちんうの調略は建安けんあん2年(197年)です。

関連記事

そのため、この記事では資治通鑑しじつがんに従って建安けんあん4年(199年)、豫章郡よしょうぐん予章郡よしょうぐん)平定の後としています。

ですがその場合、孫策そんさくの上奏文に「黄祖こうそを敗走させたのは建安けんあん4年(199年)12月11日」とありますので、その後約20日間で華歆かきんを降伏させ、少なくとも厳白虎げんはくこへの攻撃を開始していたことになります。

関連記事

孫策が劉勲・黄祖を攻め、孫策・周瑜が大橋・小橋を妻に迎える


建安けんあん4年(199年)、劉勲りゅうくんから廬江郡ろこうぐんを奪取し、荊州けいしゅう江夏郡こうかぐん沙羡県さいけん黄祖こうそを撃ち破った孫策そんさくは、その帰還の途上、豫章郡よしょうぐん予章郡よしょうぐん)の華歆かきんを降伏させ、呉郡ごぐん厳白虎げんはくこを敗走させました。

袁術えんじゅつもとを離れてから約5年、孫策そんさく九江郡きゅうこうぐんを除く揚州ようしゅう全域と荊州けいしゅう江夏郡こうかぐんの一部を支配下に収めたことになります。