袁紹えんしょう討伐を口にした曹操そうそうに、郭嘉かくか荀彧じゅんいく)が列挙した「袁紹えんしょうの10の敗因と曹操そうそうの10勝因」についてまとめています。

スポンサーリンク

袁紹からの手紙

袁紹からの手紙

曹操の敗北

建安けんあん2年(197年)春正月、曹操そうそうは、東方(徐州じょしゅう)では呂布りょふに神経をつかい、南方(荊州けいしゅう)では張繡ちょうしゅうを目標に定めていました。

曹操そうそうが南征して淯水いくすいに陣を置くと、張繡ちょうしゅうは戦わずに曹操そうそうに降伏しますが、自分の叔母おば側妾そくしょうにした曹操そうそううらみに思った張繡ちょうしゅう曹操そうそうを強襲。曹操そうそうは大敗北をきっして許県きょけんかえりました。

関連記事

袁紹からの手紙

曹操そうそうが彼の本拠地である豫州よしゅう予州よしゅう)・潁川郡えいせんぐん許県きょけん献帝けんていを迎えて以降、袁紹えんしょうは内心曹操そうそうに対して反感をいだいていました。

また、袁紹えんしょう河北かほく併合へいごうした後、天下の人々はその強大さを恐れはばかるようになっていました。


そして曹操そうそう張繡ちょうしゅうに敗れると、袁紹えんしょうはますますつけ上がり、曹操そうそうに手紙を送りつけます。

その文章ときたら、礼に反して人を馬鹿にした内容だったので、曹操そうそうは今までにないほど激怒しました。


スポンサーリンク


袁紹の10敗・曹操の10勝

袁紹えんしょうの手紙を読んで激怒した曹操そうそうは、「袁紹えんしょうを討伐したい」と思い、魏書ぎしょ荀彧伝じゅんいくでんでは荀彧じゅんいくに、魏書ぎしょ郭嘉伝かくかでんが注に引く傅子ふしでは郭嘉かくかに相談しました。

その時2人はそれぞれ、「袁紹えんしょう曹操そうそうおとる点と、曹操そうそう袁紹えんしょうに勝る点」を列挙しています。

『魏書』荀彧伝

曹操そうそうの怒りが並々ならないのを見た人々は、みな張繡ちょうしゅうに負けたせいだと考えていました。

鍾繇しょうよう荀彧じゅんいくにその理由わけたずねると荀彧じゅんいくは、


との曹操そうそう)は聡明なお方で、決して済んだことを後からくよくよお考えにならない。

多分、何か他に気に掛かることがおありなのだろう」


と言い、曹操そうそうに会って理由わけたずねたところ、曹操そうそうは初めて袁紹えんしょうの手紙を荀彧じゅんいくに見せ、


「今、道義に反する者を征伐しようとしても、力ではとてもかなわない。どうしたらよかろう?」


たずねました。すると荀彧じゅんいくは次のように答えます。


「過去における勝敗を見ますと、本当に才能を持っている人物ならば、弱くとも必ず強くなり、仮に不適当な人物ならば、強くとも簡単に弱くなっております。劉邦りゅうほう前漢ぜんかん高祖こうそ)と項羽こううの存亡の例を観察すれば十分でありましょう。

現在、との曹操そうそう)と天下を争っている者は、ただ袁紹えんしょうのみです。

1. 度量

袁紹えんしょうは、外は寛大に見えますが内心は猜疑心さいぎしんが強く、人に仕事を任せておきながら、その心を疑うような人物です。

これに対し、との曹操そうそう)はご聡明にして他のことに拘泥こうでい(こだわる)されることなく、ただ適材適所だけを心掛けておられます。これは『度量』の勝っている点です。

2. 計略

袁紹えんしょうは鈍重で決断にとぼしく、機会を見過ごす欠点があります。

これに対し、との曹操そうそう)は大事を決断することがおできになり、変化に対して自在に対応されます。これは『計略』の勝っている点です。

3. 武力

袁紹えんしょうの軍の統率振りは締まりがなく、軍法軍令は実施されておりません。兵卒の数は多くとも、実際には使いこなせずにおります。

これに対し、との曹操そうそう)の軍法軍令は明白である上に、賞罰もきちんと実行されております。兵卒の数は少なくとも、みな先を争って生命を投げ出します。これは『武力』の勝っている点です。

4. 徳義

袁紹えんしょうは先祖のつちかってきた元手に寄りかかり、もっともらしい態度で知恵者の振りをして名声を集めております。そのために、能力にとぼしく議論好きの人間が多く彼に身を寄せているのです。

これに対し、との曹操そうそう)はこの上ない仁愛をもって人々を扱われ、誠実な態度をとられ、表面だけきれいに取りつくろうことはなさらず、ご自分の行動は謹直節倹きんちょくせっけんつつしみ深く正直で倹約家)でありながら、功績のある者に対しては物しみをなさいません。

そのために、天下の忠誠をささげ実務に貢献する人物は、みなとの曹操そうそう)のためにお役に立ちたいと願っているのです。これは『徳義』の勝っている点です。


そもそも4つの勝っているものを持ちつつ、天子てんし献帝けんてい)を補佐し、正義によりながら征伐を行った場合、誰が思いきって反抗しましょうか。袁紹えんしょうの強大さは、一体何の役に立ちましょうぞ」


これを聞いた曹操そうそうは大変喜びました。

『魏書』郭嘉伝 注『傅子』

曹操そうそう郭嘉かくかに言いました。


本初ほんしょ袁紹えんしょう)は冀州きしゅうの軍勢をようし、青州せいしゅう幷州へいしゅう并州へいしゅう)を従属させ、領地は広く兵力は強い上に、たびたび天子てんし献帝けんてい)に対して不遜ふそんな行為をとっている。わしは奴を討伐したいのだが、力では相手にならない。どうじゃ?」


すると郭嘉かくかは、次のように答えます。


劉邦りゅうほう前漢ぜんかん高祖こうそ)と項羽こううの力が同じでなかったことは、との曹操そうそう)のご存知のところ。漢祖かんそ劉邦りゅうほう)はただ智力に勝っていただけです。

項羽こううは強大でありながら、結局は捕らえられました。わたくしは秘かに考えますに、しょう袁紹えんしょう)には10の敗北の種があり、との曹操そうそう)には10の勝利の因(要因)がおありです。袁紹えんしょうは兵力強大とは申せ、打つ手を持たないでしょう。

1. 道(法則)

しょう袁紹えんしょう)は面倒な礼式・作法を好んでおりますが、との曹操そうそう)は自然の姿に任せておられます。これは『道(法則)』のすぐれた面で、第1点です。

2. 義(正義)

しょう袁紹えんしょう)は逆[天子てんし献帝けんてい)に逆らうこと]をもって行動し、との曹操そうそう)は順[天子てんし献帝けんてい)に従うこと]を奉じて天下を従えておられます。これは『義(正義)』のすぐれた面で、第2点です。

3. 治(政治)

かんの末期はかん(締まりのなさ)で政治が失敗しました。しょう袁紹えんしょう)はかんもちいてかんを救おうとしております。だからうまくいきません。

との曹操そうそう)はもう(厳しさ)でもってそれをただし、ために上下ともにおきてをわきまえております。これは『治(政治)』のすぐれた面で、第3点です。

4. 度(度量)

しょう袁紹えんしょう)は外は寛大でも内心は猜疑心さいぎしんが強く、人をもちいる場合、その者を信用しきれません。信任しているのは親戚や子弟ばかりです。

との曹操そうそう)は外は簡略、心の働きは明晰めいせき、人をもちいる場合疑いを持たれず、ふさわしい才能を持っているかどうかだけが問題で、親戚・他人を分けへだてされません。これは『度(度量)』のすぐれた面で、第4点です。

5. 謀(策謀)

しょう袁紹えんしょう)は策謀のみ多くて決断にとぼしく、失敗は時期を失する点にあります。

との曹操そうそう)は方策が見つかればすぐ実行され、変化に対応して行きまるところがありません。これは『謀(策謀)』のすぐれた面で、第5点です。

6. 徳(人徳)

しょう袁紹えんしょう)は累代るいだいに渡って積み重ねた基礎をもとに、高尚な議論と謙虚な態度で評判を勝ち得ました。議論を好み、外見を飾る人物は多く彼に身を寄せました。

との曹操そうそう)は真心を持って他人を待遇し、誠意を貫いて実行されます。上辺だけを飾ることをなさらず、つつましさをもって下を従えられ、功績のある者にはしむところなく賞賜しょうしを下さります。誠実で将来を見透みとおす見識を持ち中身のある人物は、みなお役に立ちたいと希望しております。これは『徳(人徳)』のすぐれた面で、第6点です。

7. 仁(愛情)

しょう袁紹えんしょう)は他人のえやこごえを見ると、あわれみの気持ちを顔色に表しますが、眼に触れないことに対しては考慮が及ばないといった風です。いわゆる『婦人の仁愛』に過ぎません。

との曹操そうそう)は眼の前の小さな事について、時にはないがしろにされることがありますが、大きな事になると、四海の内の人々と接し、恩愛をほどこされ、すべて期待以上であります。眼に触れないことに対してさえも、周到に考慮され、処置されないことはございません。これは『仁(愛情)』のすぐれた面で、第7点です。

8. 明(聡明)

しょう袁紹えんしょう)は、大臣どもが権力を争い合い、讒言ざんげん(他人をおとしいれるため、ありもしない事を目上の人に告げること)に混乱しております。

との曹操そうそう)は道義をもって下を統御され、水のみ込むごとく讒言ざんげんみ込むことは行われておりません。これは『明(聡明)』のすぐれた面で、第8点です。

9. 文(法政)

しょう袁紹えんしょう)のしの判断ははっきりといたしません。

との曹操そうそう)はしとする場合、礼をもってそれをし進め、しとしない場合、法をもってそれを正されます。これは文(法政)のすぐれた面で、第9点です。

10. 武(軍事)

しょう袁紹えんしょう)は好んで虚勢を張りますが、軍事の要点は知りません。

との曹操そうそう)は少数をもって多数に勝ち、用兵は神のごとく、味方の軍人はそれをたのみとし、敵はそれを恐れております。これは武(軍事)のすぐれた面で、第10点です」


スポンサーリンク


目標を呂布に定め、関中を慰撫する

袁紹えんしょう曹操そうそうおとる点と、曹操そうそう袁紹えんしょうに勝る点」を列挙した荀彧じゅんいく郭嘉かくかは、それぞれ今後の方針を献策しています。

『魏書』荀彧伝

袁紹えんしょう曹操そうそうおとる点と、曹操そうそう袁紹えんしょうに勝る点」を列挙した荀彧じゅんいくは、続けて言いました。


「ですが、まず呂布りょふを攻め取らなければ、河北かほく袁紹えんしょう)に対しても簡単には手を下せません」


すると曹操そうそうは、荀彧じゅんいくに次のように問います。


「しかし、わしが迷っているのは、やはり袁紹えんしょう関中かんちゅう函谷関かんこくかんより西の長安ちょうあんを中心とする地域)に侵入して荒らしまわり、羌族きょうぞく叛旗はんきひるがえさせ、南方の蜀漢しょくかんに誘いの手を伸ばすのが心配なためだ。

そうなると、わしはただ兗州えんしゅう豫州よしゅう予州よしゅう)だけを頼りに、天下の5/6と対抗することになる。一体どんな手を打てるのだ」


これに荀彧じゅんいくは答えて言いました。


関中かんちゅうの頭目は十単位の数にのぼりますが、とても1つにまとまることは不可能です。

その内、韓遂かんすい馬超ばちょう(おそらく馬騰ばとうの誤記)が最も強いのですが、彼らは山東さんとう(東中国)で戦争が始まったのを見れば、各自軍勢をかかえたまま自分の勢力を保とうとするに違いありません。

今、もし恩徳によって彼らを慰撫いぶし、使者をつかわして同盟を結んだならば、長期間にわたって安定した状態を保つことはできなくとも、との曹操そうそう)が山東さんとうを平定なさる期間ぐらいは、充分釘付くぎづけにしておけます。

鍾繇しょうように西方のことをお任せになれば、との曹操そうそう)のご心配はなくなります」

『魏書』郭嘉伝 注『傅子』

郭嘉かくかが「袁紹えんしょう曹操そうそうおとる点と、曹操そうそう袁紹えんしょうに勝る点」を列挙すると、曹操そうそうは笑いながら、


きみの言うことに耐えられるほどの徳を、わしは持っているだろうか」


と言いました。すると郭嘉かくかはまた答えて言いました。


しょう袁紹えんしょう)は今、北方に公孫瓚こうそんさんを攻撃しております。彼の遠征を利用し、東方(徐州じょしゅう)におもむ呂布りょふを捕まえるのがよろしいでしょう。

呂布りょふ)を捕まえずにおいて、もししょう袁紹えんしょう)が侵入し、呂布りょふ)が彼に援助をすれば、それこそ大きな害です」


これに曹操そうそうは、


「その通りだ」


うなずきました。

馬騰・韓遂と同盟を結ぶ

当時、関中かんちゅう将軍しょうぐん馬騰ばとう韓遂かんすいらは、それぞれ強力な軍隊をかかえて互いに抗争していました。


曹操そうそうは上奏して侍中じちゅう尚書僕射しょうしょぼくや鍾繇しょうよう侍中じちゅうのまま司隷校尉しれいこういを兼務させると、持節じせつとして関中かんちゅうの諸軍の総指揮をらせ、後の事を委任して、特に法令に拘束されず自由に裁量することを許します。

鍾繇しょうよう長安ちょうあんに到着すると、馬騰ばとう韓遂かんすいらに文書をまわし、禍福利害を説明してやったので、馬騰ばとう韓遂かんすいはそれぞれ人質として子供を参内させ、天子てんし献帝けんてい)に仕えさせました。


建安けんあん2年(197年)春正月、曹操そうそう荊州けいしゅう南陽郡なんようぐん宛県えんけん張繡ちょうしゅうに敗北すると、袁紹えんしょう曹操そうそうに無礼な手紙を送りつけてきました。これに曹操そうそうは激怒します。

すると荀彧じゅんいく郭嘉かくかは、「袁紹えんしょう曹操そうそうおとる点と、曹操そうそう袁紹えんしょうに勝る点」を列挙し、「袁紹えんしょう、恐るるに足らず」と説いた上で、関中かんちゅう慰撫いぶし、後顧こうこうれいを断って、まず呂布りょふを討つことを勧め、曹操そうそうはこれに従いました。