兗州えんしゅうをほぼ手中におさめた曹操そうそうが最後に残った雍丘県ようきゅうけんを包囲すると、これを救援しようとする臧洪ぞうこうと、それを許さない袁紹えんしょうの間に亀裂が生じました。

雍丘県ようきゅうけんの陥落と、その後臧洪ぞうこう袁紹えんしょうとの関係を断ち、袁紹えんしょうに攻められて処刑されるまでをまとめています。

スポンサーリンク

張超の希望

曹操が雍丘県を包囲する

興平こうへい2年(195年)、兗州えんしゅうの争奪戦で曹操そうそうに敗れた呂布りょふ陳宮ちんきゅう張邈ちょうばくらは、徐州じょしゅう劉備りゅうびを頼って東にのがれましたが、いま張邈ちょうばくの弟・張超ちょうちょうは、一族を引き連れて兗州えんしゅう陳留郡ちんりゅうぐん雍丘県ようきゅうけんに駐屯していました。


雍丘県(ようきゅうけん)

雍丘県ようきゅうけん


そしてこの年の8月、兗州えんしゅうをほぼ手中におさめた曹操そうそうが、ついに雍丘県ようきゅうけんを包囲します。

この時、徐州じょしゅうに逃れていた張邈ちょうばく袁術えんじゅつの元に救援の要請に向かいますが、その途上で部下に殺害されてしまいました。

関連記事

曹操の兗州平定。曹操に敗れた呂布が徐州の劉備を頼る

張超の希望

兗州えんしゅうにただ1人取り残され、曹操そうそうに包囲された張超ちょうちょうですが、それでも、


臧洪ぞうこうだけが頼みだ。きっとわしを救いに来てくれるはずだ」


と、一縷いちるの希望を口にしました。

するとこの張超ちょうちょうの言葉を聞いた人々は、


袁紹えんしょう曹操そうそうは友好関係にある上に、臧洪ぞうこうは今、袁紹えんしょうによって取り立てられているのだから、両者の友好を損ない災難をまねいてまで、遠路はるばるここへやって来るはずがない」


と主張します。

ですが張超ちょうちょうは、


子源しげん臧洪ぞうこうあざな)は天下の義士であり、あくまで最初に引き立ててくれた者を裏切らない男だ。心配があるとすれば、ただ袁紹えんしょうに足止めされて間に合わなくなることだけだ」


と言って、臧洪ぞうこうの救援を待ち続けました。


臧洪ぞうこうとは、張超ちょうちょう広陵太守こうりょうたいしゅだった時にまねいて功曹こうそうに任命した人物で、張超ちょうちょう臧洪ぞうこう全幅ぜんぷくの信頼を寄せ、臧洪ぞうこうもその信頼によくこたえていました。

初平しょへい2年(191年)1月、臧洪ぞうこうは「劉虞りゅうぐ天子てんし擁立ようりつにする」ために幽州ゆうしゅうに派遣されましたが、河間国かかんこくまで来たところで公孫瓚こうそんさん袁紹えんしょうが交戦しているところに出くわしたため、その使命を果たせませんでした。

そしてこの時、臧洪ぞうこうと会見して彼を気に入った袁紹えんしょうは、彼と友好関係を結んで青州せいしゅうを任せ、曹操そうそう雍丘県ようきゅうけんを包囲した興平こうへい2年(195年)8月には、袁紹えんしょうによって東郡太守とうぐんたいしゅに任命されて東武陽県とうぶようけんに住んでいました。


スポンサーリンク


臧洪が袁紹と絶縁する

雍丘県の陥落

張超ちょうちょうが駐屯する雍丘県ようきゅうけん曹操そうそうに包囲されていることを知った臧洪ぞうこうは、号泣しながら裸足で飛び出して配下の兵を勢揃いさせ、さらに袁紹えんしょうに「兵馬を貸して欲しい」と頼み込んで、張超ちょうちょうの救援に向かうことを願い出ますが、袁紹えんしょうはあくまで許可しませんでした。


その結果、12月には雍丘県ようきゅうけんが陥落。

張超ちょうちょうは自害して、張超ちょうちょうに預けられていた張邈ちょうばくの三族(父母・兄弟・妻子)は曹操そうそうに処刑されました。


このことがあってから、臧洪ぞうこう袁紹えんしょううらんで関係を断ち、袁紹えんしょうは軍隊を出動して東武陽県とうぶようけんを包囲しましたが、年をても陥落させることはできませんでした。


兗州・東郡・東武陽県

兗州えんしゅう東郡とうぐん東武陽県とうぶようけん

袁紹の説得を拒む

そこで袁紹えんしょうは、臧洪ぞうこうと同郷の陳琳ちんりんに書簡を書かせ、抵抗する場合と帰順する場合の利害について教えさとし、恩義にそむいたと避難します。

するとこれに対して臧洪ぞうこうは、次のような返書を返します。


「私はつまらない人間で、もともと使者として当地に参ったえんから、大きな州(青州せいしゅう)を分不相応にも治めさせていただき、こうむったご恩は深く、待遇は手厚かったのです。どうして今日になって、自分の方から逆に刀をまじえることを願いましょうか。

任務をお受けした当初は、大事をやり抜き、共に王室を尊崇そんすうするものと思っておりました。

ところが思いもかけず、故郷の徐州じょしゅう曹操そうそうの攻撃を受け、張超ちょうちょうが駐屯する雍丘県ようきゅうけんが包囲され、また陳留太守ちんりゅうたいしゅ張邈ちょうばくは暗殺のたくらみに倒れました。

大恩ある張超ちょうちょうの救援計画が遅れれば『忠孝』の名を失うことになり、袁紹えんしょうの下を去れば『交友』の義理に欠けることになります。この2つのことを比較して、どちらかを犠牲にするのがやむを得ない状況で、私は張超ちょうちょうとの『忠孝』を選び、涙をぬぐって絶交を宣言したのです。

城に登って兵を指揮するたびに、袁紹えんしょうの軍旗と陣太鼓を望み見て、旧友(陳琳ちんりん)の斡旋あっせんに心を動かされ、つるをさすり矢をつかみつつ、知らないうちに思わず涙が顔いっぱいにあふれ出ています。

ですが、今またあなた(陳琳ちんりん)との『交友』の道をまっとうして説得に応じれば、重ねて『忠孝』の名を失うことになるでしょう。

さらば孔璋こうしょう陳琳ちんりんあざな)よ。あなた(陳琳ちんりん)は故郷の外に出て利益をあげるつもりらしいが、私は天子てんしさまと親に命をささげます。あなたは盟主(袁紹えんしょう)にその身をたくしておられるが、私は長安ちょうあん天子てんし)にお仕えしているのです。

あなたは私が殺されて名前も残らないと思っておられるだろうが、私の方でもあなたが生きていようが死んでしまおうが、一向に名をあげることができないことを笑っています。悲しいことです。

根本ねもとは同じでも、こずえになると離れてしまうとは。一所懸命努力されよ。もうこれ以上、何も言うことはありません」

臧洪の陳琳への返書全文
タップ(クリック)すると開きます。

ご無沙汰を続けておりますが、寝てもめても忘れたことはありません。

幸いなことに、お互い(臧洪ぞうこう陳琳ちんりん)の距離はほんのわずかに過ぎません。しかしながら、生き方に対する基本的な態度をことにしておりまして、あいまみえることのかなわぬのが痛恨の至り、気にかけずにはいられません。

先達せんだっては、私のことをお忘れにならず、かたじけなくも何度も玉簡ぎょっかん(手紙)をたまわって、利害についてご説明くだされ、公私両面に渡って行き届いたご配慮をお示しくださいました。

すぐにご返事を差し上げなかったのは、浅学鈍才にして詰問きつもんに充分お答えすることができない上に、あなたは側室をともなって主人(袁紹えんしょう)の厄介になられ、家族を東方の州に置かれつつ、私とは仇敵の間柄になってしまわれたからでございます。

こういう事情(家族を徐州じょしゅうに置いていること)にありながら、他人ひと袁紹えんしょう)に仕えられた場合には、たとえ事情を披瀝ひれき(つつみかくさず打ち明けること)し、肝胆かんたんをさらけ出したとしても、なお我が身は遠ざけられて罪を受け、気に入られるような発言をしても疑惑をまねくことになるものです。

そうなれば、まったく対処に苦しむことになりますのに、どうして人のことなど構っていられるのでしょうか。

それにあなたは優れた才能をお持ちの上に、典籍を広くきわめておられるのですから、一体、大道理が分からず、私の意向をご明察なさらぬはずがありましょうか。ところがなお、かくかくしかじかとおっしゃっておられます。

私はこのことから、足下(陳琳ちんりん)の言葉が実際は衷心ちゅうしん(まごころの奥底)から出たものではなく、自分に降りかかる恐れのある災難から逃れるためのものと判断いたしました。

あくまで損得を計算して是非を弁別(見分けること)しようとなさるならば、是非の議論は天下に満ち渡るほど多様であって、これに対して説明いたせばいたすほど不明確となり、何も語らなくても差し支えがないことになりましょう。

また発言すれば絶交状の建前を破る結果となり、私にとって、なすに忍びないことでございました。こういう訳で、紙筆を放り出してまったくご返事いたさなかったのです。

また、私の心をはるかにおみ取りくださり、「私の気持ちはもう決まっていて、二度と変わらないのだ」ということをご承知くださるよう願っておりました。

にもかかわらず、重ねてお手紙を頂戴いたし、延々6枚に渡って古今の事例を引用しておられるに及んでは、何も言わずにおこうと思っても、どうしてそのままにしておかれましょうか。


私はつまらない人間でございまして、もともと使者として当地に参った因縁から、大きな州(青州せいしゅう)を分不相応にも治めさせていただき、こうむったご恩は深く、待遇は手厚かったのです。どうして今日になって、自分の方から逆に刀をまじえることを願いましょうか。

城に登って兵を指揮するたびに、ご主人(袁紹えんしょう)の軍旗と陣太鼓を望み見て、旧友(陳琳ちんりん)の斡旋あっせんに心を動かされ、つるをさすり矢をつかみつつ、知らないうちに思わず涙が顔いっぱいにあふれ出ている次第です。

なぜならば、みずかかえりみますに、ご主人(袁紹えんしょう)をお助けして働いたことには、何のいもございませんし、ご主人(袁紹えんしょう)の私への待遇も、同輩よりはるかに抜きん出ていたからでございます。

任務をお受けした当初は、大事をやり抜き、共に王室を尊崇そんすうするものと思っておりました。

ところが思いもかけず、天子てんしのご不興を買って故郷の州が攻撃を受け(曹操そうそう徐州じょしゅう侵攻)、郡将(張超ちょうちょう)は「牖里ゆうり災禍さいかしゅう文王ぶんおう紂王ちゅうおうによって幽閉されたこと:曹操そうそう雍丘県ようきゅうけん包囲)」にい、陳留太守ちんりゅうたいしゅ張邈ちょうばく)は暗殺のたくらみに倒れました。

張超ちょうちょう救援の)計画が遅れれば、忠孝の名を失うことになり、鞭をつえついて主人(袁紹えんしょう)の下を離れ去れば、交友の義理に欠けることになります。

この2つのことを比較いたし、どちらかを犠牲にするのがやむを得ないとなれば、忠孝の名を失うことと交友の道に欠けることとでは軽重まったく異なり、親疎しんそ画然かくぜんと異なります。それゆえ、涙をぬぐって絶交を宣言したのです。

もしもあの時、ご主人(袁紹えんしょう)が友人に少しでも思いやりを持たれ、泊まる者には席を外して敬意を示され、去りゆく者には自分の感情をおさえてこころよく見送られ、離れ去った友人に対してこだわりを持たれず、刑罰をその場の感情に任せずはっきりとされてみずからのおぎないとされましたならば、私は、春秋しゅんじゅう時代、国をゆずり渡した季札きさつのごとき謙譲けんじょうの志を高くかかげて、今日の戦争をすることはなかったでありましょう。

どうしてこんなことになったのか。昔、張景明ちょうけいめい張導ちょうどう)はみずかだんに登って血をすすって誓い、ご主人(袁紹えんしょう)の命を受けて東奔西走とうほんせいそうし、とうとう韓馥かんふくから冀州牧きしゅうぼくの印をゆずらせることに成功いたし、ご主人(袁紹えんしょう)は領土を手に入れられたのでした。

その後張導ちょうどうは、ただ任命を受けて天子てんしの元に参内し、爵位をたまわり子孫に伝える資格を得たという理由だけで、ほんのわずかの間に、過失を大目に見るという情をこうむることなく、一族皆殺しの災難を受けたのです。

呂奉先りょほうせん呂布りょふ)は董卓とうたくを討ち取って出奔して来た際、軍兵の貸与を申し入れて断られ、辞去したのに何の罪があったのでしょうか。しかるに再度に渡って主人(袁紹えんしょう)からの刺客に追われ、あやうく生命を落とすところでした。

劉子璜りゅうしこう劉勲りゅうくん)は使者として派遣され、その季節が過ぎても使命を果たすことができず、ご威光を恐れ肉親をしたって、嘘をついてまで帰国を願ったのですから、忠孝の心をいだき、覇道に何の差しさわりもない者だと申せます。ところが、たちまち御旗みはたの下に死骸しがいとなって横たわり、減刑のご無沙汰を受けませんでした。

私はおろか者である上に、もともとはじめにさかのぼって結末を予測し、わずかな兆候を見て明白な結末を予知したりすることはできない人間ですが、ひそかにご主人(袁紹えんしょう)の気持ちを推測いたしますに、一体この3人の者(張導ちょうどう呂布りょふ劉勲りゅうくん)は死が当然であり、死刑に該当すると申せましょうか。

実際、山東さんとう地域(東中国)を統一し、兵を増強して仇敵を討とうと望まれましても、兵士たちが狐疑逡巡こぎしゅんじゅん(疑って躊躇ちゅうちょすること)して、悪をとどめ善を勧めることにならない心配があります。

そのため、天子てんしのご命令を廃して独断専行権を尊重されまして、ご主人(袁紹えんしょう)の原則に同調する者は栄達をこうむり、羈絆きはん(束縛)から脱することを待ち望んでいる者は、処刑を受けることになりました。

これらのことは、ご主人(袁紹えんしょう)にとっては利益ではありますが、固定した主君を持ちたくない人間にとっては、願うところではございません。それ故、私は前人(張導ちょうどうら)の例を自己のいましめとし、追いめられながら必死になって戦っているのでございます。

私は救いようのないおろか者ではございますが、それでもかつて君子の言葉を聞いたことがあります。

このような仕儀しぎ(事のなりゆき)に立ちいたりましたのは私の本意ではなく、ご主人(袁紹えんしょう)のせいであります。大体、私が国家にそむき民衆をて、この城に命令権を行使しておりますのは、まさしく『君子は亡命しても、敵国におもむかない』からであります。これがために、ご主人(袁紹えんしょう)からおとがめを受け、3ヶ月以上に渡る攻撃をこうむっておるのです。

ところが、足下(陳琳ちんりん)はさらに恩義にそむいたというこの道理を引き合いに出されて、私への警告としておいでですが、言葉は同じでも内容は異なっておりまして、君子が心をさぶられるようなものとは言えますまい。

私が聞きますには、義とは親にそむかないこと、忠とは君を裏切らないことであるとか。それ故私は、東の方は郷里の州(徐州じょしゅう)を本家として後ろ盾とたのみ、中央は広陵郡こうりょうぐんの郡将を助けて国家を安定させんとしているのです。

1つの行動で2つの利益、つまり忠と孝の両方を求めていることになります。これのどこが悪いのでしょうか。しかるに、足下(陳琳ちんりん)は私に、根本を軽んじ、家を破壊させようとするおつもりのようです。

足下(陳琳ちんりん)と私とは同じくご主人(袁紹えんしょう)を主君とあおいだわけですが、ご主人(袁紹えんしょう)と私の関係は、年齢的には兄にあたられ、身分としては親友にあたります。

したがって、ご主人(袁紹えんしょう)が道理にもとれば、辞去して天子てんしと両親をやすんずることは道義にかなった行動と申せましょう。

もしもあなた(陳琳ちんりん)のおっしゃる通りだとすれば、申包胥しんほうしょは友人の伍員ごうんに生命を差し出すのが当然であり、国のために秦宮しんきゅうの庭先で号泣するのは不当ということになります。

いやしくも災いを振り払うことに汲々きゅうきゅうとしておられ、おっしゃっていることが、道理に外れていることにお気づきではないのでしょう。

足下(陳琳ちんりん)はもしかすると、城の包囲が解かれず救援軍が到達しないのを見て、姻戚間の義理に心を動かし、平素の友愛を思い、生き方を曲げてなんとか生きびた方が、義を守って破滅することよりずっと勝っているとお考えかもしれません。

春秋しゅんじゅう時代の昔、せい晏嬰あんえいは、せい荘公そうこうを殺害した崔杼さいちょ白刃しらはを突きつけられながら屈服せず、南史なんし(史官)は崔杼さいちょ弑逆しいぎゃくを直筆し、筆を曲げてまで生を求めませんでした。これがためにこそ、彼らは絵図にその姿をえがかれ、名声を後世に伝えたのです。

まして私は、鉄壁の城に立てもり、兵士・市民の力を駆り立て、3年分のたくわえをばらまいて、1年分のもとでとし、困窮こんきゅうした者を救済し、貧しい者に補給してやって、天下の人々から喜ばれているのです。今さらどうして兵士を田野に分散して耕作させ、長期駐留しようとなさるのですか。

包囲は覚悟の上で行動しているのです。ただおそらく、秋風が路上のちりを吹き上げる頃になると、伯珪はくけい公孫瓚こうそんさんあざな)が馬首を南に向けて攻め寄せ、張楊ちょうよう張燕ちょうえんが強力を振るってあばれ出し、北方の辺境地帯から緊急の知らせが入り、股肱ここうの臣は救助に帰国したいと懇請こんせい(熱心に頼み込むこと)するでありましょう。

ご主人(袁紹えんしょう)は、まさに私どもの例を反省の材料として、軍隊を撤退せられ、鄴都ぎょうとの守りに兵を配置しておかれるべきであります。どうして、いつまでもくだらぬことに腹を立て続け、我が城下で兵威を振るっていていいことがありましょうか。

足下(陳琳ちんりん)は私が黒山賊こくざんぞくを後ろ盾としてたのみにしていると非難なさるが、主人(袁紹えんしょう)が黄巾の賊と連合した事実だけをどうして無視されるのですか。それに張燕ちょうえんやからもすべて天子てんしの任命を受けているのですぞ。

昔、かん高祖こうそ劉邦りゅうほう)は(兗州えんしゅう山陽郡さんようぐん・)鉅野県きょやけん沼沢しょうたく地帯から、盗賊を働いていた彭越ほうえつを取り立て、光武帝こうぶてい劉秀りゅうしゅう)は緑林りょくりんの賊徒の時期においてその基礎を築き、最後はよく中興ちゅうこうかんの再興)の主として(天子てんしの)くらいにつき、帝業を成就されたのです。

かりにも天子てんしを補佐して教化をおこすことができるなら、何を盗賊だからといって嫌う必要がありましょうや。ましてや私は自身詔勅しょうちょくほうじて彼らと行動を共にしているのです。何の非難すべきことがありましょう。


さらば孔璋こうしょう陳琳ちんりんあざな)よ。足下(陳琳ちんりん)は故郷の外に出て利益をあげるつもりらしいが、臧洪ぞうこう天子てんしさまと親より命令を受けているのです。あなたは盟主(袁紹えんしょう)にその身をたくしておられるが、臧洪ぞうこう長安ちょうあん天子てんし)にお仕えしているのです。

根本ねもとは同じでも、こずえになると離れてしまうとは。一所懸命努力されよ。一体これ以上、何を言うことがありましょうや。


袁紹えんしょう臧洪ぞうこう陳琳ちんりんへの返書を読んで降伏の意志がないことを知ると、兵を増強して激しく臧洪ぞうこうを攻め立てました。

東武陽県の陥落

城中では兵糧が底を突き、外からの強力な救援もなかったので、絶対に助からないと覚悟した臧洪ぞうこうは、官吏と兵士たちを呼び集めて言いました。


袁氏えんしは無道であり、その意図するところは大それたことである。その上、私と同郷の張超ちょうちょうを救援しなかった。

私は大義の上から言って、死をまぬかれるわけにはいかないが、諸君たちには何の因縁もないのに、この災禍を引き被ることになる。

城が落ちる前に、妻子を連れて脱出するがよかろう」


すると、これを聞いた将軍しょうぐん・官吏・兵士・民衆たちはみな涙を流して言います。


「殿は袁氏えんしと本来何の怨恨えんこん仲違なかたがいもなかったのに、今、朝廷と張超ちょうちょうさまのことから、みずから破滅をまねかれました。

どうして我々に、殿を見捨てて立ち去ることができましょうか」


彼らは、最初はねずみを掘り出したり、動物のすじつのを煮て食べていましたが、その内に食べることができるものはまったくなくなってしまいました。

その時になって主簿しゅぼが、


「まだ内向きの台所に米が3あります。半分に分けて少しずつかゆをつくりましょう」


と言上しましたが、臧洪ぞうこうはため息をついて、


わしだけがこれを食べてなんとする」


と言い、薄いかゆをつくらせてみんなに分け与え、さらに自分の愛妾あいしょうを殺して将兵たちに食べさせました。


将兵たちはみな涙を流して顔を上げられる者はなく、その後食糧がなくなって、男女7、8千人が枕を並べて死亡しましたが、離反した者は1人もいませんでした。


臧洪ぞうこうは城が陥落する前に、2人の司馬しばを城外に脱出させて、呂布りょふに救援を要請させていましたが、彼らが帰ってきた頃には、城はすでに陥落していたため、2人とも敵陣に突入して討ち死にしました。


スポンサーリンク


2人の烈士の死

臧洪の死

城が陥落すると、袁紹えんしょう臧洪ぞうこうを生けりにしました。

袁紹えんしょうはかねてから臧洪ぞうこうと親しかったので、盛大に幔幕まんまくを張りめぐらし、諸将を大勢集めて臧洪ぞうこうと会見し、


臧洪ぞうこうよ、どうしてこれほどまでに反抗したのだ?今日こそ屈服しただろうな」


と問いかけます。

すると臧洪ぞうこうは、どっかと地面に腰をおろし、かっと目を見開いていました。


えん一族はかん王朝に仕えて、4代に渡って5人の三公さんこうを出し、ご恩を受けたと言って良い。

それを今、王室が衰弱している時にお助けする気持ちもなく、この機会につけ込んで大それた野心をいだき、多くの忠臣・良吏を殺害してよこしまな権威を打ち立てようとしておるではないか。

わしはお前が張陳留ちょうちんりゅう張邈ちょうばく)を兄と呼んでいたのを目の前で見ている。であるならば、わしの主君(張超ちょうちょう)も弟となるはずだ。

一緒に努力して国家のために害毒を除き去るのが当たり前なのに、どうして軍勢を抱えながら、人(張超ちょうちょう)が破滅するのを傍観ぼうかんしていたのだ。

残念なのは、わしの力が弱く、やいばをつき刺して天下のためにあだを討つことができなかったことである。何が屈服だ」


袁紹えんしょうはもともと臧洪ぞうこうを愛していたので、屈服させて許してやりたいと考えていましたが、臧洪ぞうこうの激しい言葉を聞いて絶対に自分の役には立たないとさとり、彼を処刑しました。

陳容の死

臧洪ぞうこうと同郷の陳容ちんようは、若い時に書生となってから、臧洪ぞうこうを親のようにしたっていました。

陳容ちんようは、臧洪ぞうこうの共をして東郡とうぐんじょうつとめていましたが、城がまだ陥落しないうちに臧洪ぞうこうによって城外に出され、臧洪ぞうこうが引き出されてきた時も、袁紹えんしょうによって同席を命じられていました。

臧洪ぞうこうが処刑されるのを見た陳容ちんようは、立ち上がって袁紹えんしょうに向かって言いました。


将軍しょうぐん袁紹えんしょう)は大事業をおこされ、天下のために無法者を除き去るおつもりのはず。

ところがもっぱら真っ先に処刑されるのは忠義な人物。いったいこれが天の意志に合致したことでしょうか。

臧洪ぞうこうが事を起こしたのは、郡将(張超ちょうちょう)のためです。どうして彼を殺されるのですか」


これを聞いた袁紹えんしょうは、内心自分の行いを恥じて後悔しましたが、もう後には退けず、側近に命じて陳容ちんようを表に引きずり出させ、


「お前は臧洪ぞうこうの仲間でもないのに、いい加減にそんな態度を取るのかっ!」


と言うと、陳容ちんようは振り向いて、


「そもそも仁義の形は1つではない。これを実行すれば君子になり、これにそむけば小人しょうじんになるのだ。

むしろ今日、臧洪ぞうこうと同時に殺されたとしても、将軍しょうぐん袁紹えんしょう)と同時に生きようとは思わぬっ!」


き捨てたので、袁紹えんしょう陳容ちんようの処刑を命じました。


この場にいた者たちはそろってため息をついて、


「何たることか。1日のうちに2人の烈士を殺してしまうとは…」


と、こっそり言い合いました。


興平こうへい2年(195年)8月、曹操そうそう雍丘県ようきゅうけんを包囲すると、臧洪ぞうこう袁紹えんしょう張超ちょうちょうの救援に向かうことを願い出ますが、袁紹えんしょうはこれを許可しませんでした。

そして雍丘県ようきゅうけんが陥落すると、臧洪ぞうこうは旧主(張超ちょうちょう)の危難を救えなかったことを恥じ、袁紹えんしょうとの関係を断ってその身を滅ぼしました。

ですが、張邈ちょうばく張超ちょうちょうらは勝手に呂布りょふ兗州えんしゅうまねき入れて反乱を起こしたのですから、曹操そうそうが彼らを討伐し、袁紹えんしょうがこれを救援しなかったことを、道理に外れているとは言えないでしょう。