188年に鎮圧された益州の黄巾賊の反乱「馬相ばしょうの乱」と、みずから提案した州牧しゅうぼくとして益州えきしゅうに入った劉焉りゅうえんの野望、漢中かんちゅうに独立勢力を築いた五斗米道について考えてみます。

スポンサーリンク

後漢末期の益州事情

2つの五斗米道

後漢末期、熹平きへい年間から光和こうわ年間(172年〜184年)にかけて、張角ちょうかくの「太平道」をはじめ、各地で新興宗教が乱立しました。

そしてこの頃、益州えきしゅうには2つの「五斗米道ごとべいどう」が存在していたと言われています。

張陵ちょうりょうの「五斗米道ごとべいどう

張陵ちょうりょう沛国はいこくの生まれで元は太学生たいがくせいでしたが、125年頃から仙道を学び始めて長生の術を習得し、益州えきしゅう鶴鳴山かくめいざんに移り住んで道書24篇をあらわしました。

その後142年、鶴鳴山かくめいざん太上老君たいじょうろうくんのお告げを受けたとし、黄老道を奉じた天師道てんしどうを創始して布教を開始します。

後漢末期の益州えきしゅうには、古くから呪術を中心とする巫鬼道ふきどうの信仰が根付いていましたが、この布教によって次第に巫鬼道ふきどうすたれ、人々は天師道てんしどうを信奉するようになっていきました。

張脩ちょうしゅうの「五斗米道ごとべいどう

157年に張陵ちょうりょうが亡くなると、子の張衡ちょうこうが教団を引き継ぎましたが、179年にはその張衡ちょうこうも亡くなってしまいます。

すると巫鬼道ふきどうが再び盛んになって、巴郡はぐんの人・張脩ちょうしゅうが、巫鬼道ふきどう天師道てんしどうの制度を取り入れた新しい教えの布教を始め、漢中かんちゅう巴郡はぐんに信者を増やしていきました。

そして、184年に太平道の張角ちょうかくによる黄巾の乱が起こると、張脩ちょうしゅうはこれに呼応して巴郡はぐんで蜂起します。この張脩ちょうしゅうの軍は「五斗米師」と呼ばれました。

張脩ちょうしゅうは郡県を攻め落としますが、のち益州牧えきしゅうぼくとして赴任してきた劉焉りゅうえんに帰順することになります。


 張陵ちょうりょうおこした天師道てんしどう張脩ちょうしゅうおこした巫鬼道ふきどうは、それぞれ別の教団になりますが、共に信者に5斗の米を供出させていたことから、朝廷からはどちらも「五斗米道ごとべいどう」と呼ばれていたということになります。

馬相の乱

馬相ばしょうの乱とは、みずから「黄巾」を称した馬相ばしょう益州えきしゅうで起こした反乱のことで、

典略てんりゃくには、益州えきしゅうで蜂起した黄巾・馬相ばしょう益州刺史えきしゅうしし郤倹げきけんを殺して天子を僭称せんしょうしたこと、巴郡はぐん)太守に侵攻して巴郡太守はぐんたいしゅ趙部ちょうぶを殺したが、益州従事えきしゅうじゅうじ賈龍かりょうに鎮圧されたことが記されています。

典略てんりゃくでは188年の出来事とされていますが、華陽国志かようこくしに詳しく記されています。


184年、黄巾を名乗る馬相ばしょう趙祗ちょうしらは綿竹県めんちくけんで人を集めて反乱を起こし、綿竹県令めんちくけんれい李升りしょうを殺害。続いて雒県らくけんを陥落させ、益州刺史えきしゅうしし郤倹げきけんを殺しました。

略奪は広漢郡こうかんぐん蜀郡しょくぐん犍為郡けんいぐんの3郡におよび、反乱軍が10万人を超えると、馬相ばしょうみずから天子を名乗るようになります。

一方、益州従事えきしゅうじゅうじ賈龍かりょうは数百の兵を率いて犍為郡けんいぐんの東まで来ると、さらに兵を募って千余りとし、馬相ばしょうらに戦いを挑んで数日で敗退させました。


益州

益州えきしゅう地図


このことから、「馬相ばしょうの乱」は184年に蜂起し、188年に賈龍かりょうによって鎮圧されたことが分かります。

また、典略てんりゃくにある巴郡はぐん)太守侵攻は、184年に張脩ちょうしゅうが起こした反乱と同一視されたものと考えることができます。



劉焉の入蜀

州牧の設置

184年に起こった「黄巾の乱」の後、益州えきしゅうの「馬相ばしょうの乱」の他にも、涼州りょうしゅうでは辺章へんしょう韓遂かんすいが、幽州ゆうしゅうでは張純ちょうじゅんが反乱を起こすなど、後漢の支配体制は不安定なものとなっていました。

188年、劉焉りゅうえんは後漢の支配体制を強化するため、これまで監察権しかなかった州刺史しゅうししの代わりに、軍権や統治権を持った州牧しゅうぼくの設置を霊帝れいていに提案します。

関連記事

黄巾の乱の影に隠れて目立たない涼州の反乱「辺章・韓遂の乱」とは

幽州の反乱「張純の乱」とは。公孫瓚の台頭と劉虞との確執

劉焉の入蜀

当初劉焉りゅうえんは、中央の混乱を避けるために洛陽らくようから遠く離れた交州牧こうしゅうぼくに任命されることを望んでいましたが、侍中じちゅう董扶とうふが「益州えきしゅうには天子の気がある」ことを告げたので、益州牧えきしゅうぼくを希望するようになりました。

そして丁度この頃、益州えきしゅうでは益州刺史えきしゅうしし郤倹げきけんが重税を取り立てて民を苦しめているという噂が洛陽らくように届きます。

こうして劉焉りゅうえんは、郤倹げきけんを取り調べるという名目で、希望通り益州えきしゅうに赴任することになりました。

その際、劉焉りゅうえん監軍使者かんぐんししゃ益州牧えきしゅうぼくを兼任し、陽城侯ようじょうこうに封ぜられています。


ですが劉焉りゅうえん益州えきしゅうに向かったその時、当の郤倹げきけん馬相ばしょうによって殺されており、また馬相ばしょうの反乱は賈龍かりょうによって鎮圧された後でした。

劉焉りゅうえんは反乱を鎮圧した賈龍かりょうに迎えられると、綿竹県めんちくけんを拠点として敵対者を手懐てなずけ、益州えきしゅうの安定に着手します。


劉焉りゅうえん益州牧えきしゅうぼくを希望するように勧めた董扶とうふは、益州えきしゅう広漢郡こうかんぐん綿竹県めんちくけんの出身でした。

董扶とうふ益州えきしゅうの反乱の状況を詳しく把握しており、馬相ばしょうらを討伐することによって、たやすく民心を得ることができると分かっていたのかもしれません。もちろん董扶とうふ劉焉りゅうえんに同行して益州えきしゅうに入りました。



劉焉の野望

東州兵の創設

劉焉りゅうえんが、益州牧えきしゅうぼくに着任した翌年(189年)、霊帝れいていが亡くなると、皇位継承の混乱に乗じて洛陽らくように入った董卓とうたくによって、朝廷は混乱を極めるようになります。

そしてこの混乱は、南陽郡なんようぐん三輔さんぽ地方(右扶風ゆうふふう左馮翊さひょうよく京兆尹けいちょういんの3郡)の民数万戸が、戦乱を避けるために益州えきしゅうに流入する結果となりました。

劉焉りゅうえんは彼らを積極的に迎え入れると、軍に編成して「東州兵とうしゅうへい」と名づけ、自軍の中核をになわせたのです。

中央との遮断

張魯ちょうろの母との関係

蜀書しょくしょ劉焉伝りゅうえんでんには、張魯ちょうろの母、つまり、天師道てんしどうを創始した張陵ちょうりょうの子・張衡ちょうこうの妻が、劉焉りゅうえんの屋敷を頻繁ひんぱんに訪れていたことが記されています。

張陵ちょうりょうの跡を継いだ張衡ちょうこうが亡くなると、天師道てんしどうは没落してしまいました。

張魯ちょうろの母は、家の再興、子の張魯ちょうろの栄達のため、新たな権力者である劉焉りゅうえんに取り入ったのです。

また、張魯ちょうろの母は鬼道を行っていつまでも若い容貌を保っていたとあり、長生術の1つとされていた房中術ぼうちゅうじゅつ(性技)を駆使して劉焉りゅうえんを誘惑していたのかもしれません。

漢中かんちゅうへの侵攻

その後、劉焉りゅうえん張魯ちょうろ督義司馬とくぎしば)に任命に任命張脩ちょうしゅう別部司馬べつぶしばに任命して漢中かんちゅうに侵攻させます。

漢中太守かんちゅうたいしゅ蘇固そこは城を捨てて主簿しゅぼ趙嵩ちょうすうの元に身を寄せますが、追ってきた張脩ちょうしゅうの手勢によって殺されてしまいました。

趙嵩ちょうすう蘇固そこの食客だった陳調ちんちょうは反撃を試み、張脩ちょうしゅうをあと一歩のところまで追いつめますが、2人とも戦死して漢中かんちゅう張魯ちょうろ張脩ちょうしゅうの手に落ちてしまいます。

そして劉焉りゅうえんは、張魯ちょうろに中央に通じる斜谷やこく閣道かくどうに架けられた橋を切って道を遮断させると、朝廷には「米賊(五斗米道ごとべいどう)のために連絡が取れなくなった」として、以後独自の行動を取るようになりました。

劉焉りゅうえんは、子の栄達のために近づいてきた張魯ちょうろの母を逆に利用して、中央との連絡を遮断することに成功したのです。

五斗米道ごとべいどうの教祖・張魯ちょうろの誕生

張魯ちょうろは裏では劉焉りゅうえんと通じながら、表向きは独立勢力として漢中かんちゅうを治めることになりました。

ですが、ここで1つ問題が浮上します。

もともと漢中かんちゅう張脩ちょうしゅうが創始した「五斗米道ごとべいどう」の勢力下であり、部下である張脩ちょうしゅうが教祖としてあがめられるのは、張魯ちょうろにとって面白くありません。

張魯ちょうろ張脩ちょうしゅうを殺害すると、張脩ちょうしゅうの「五斗米道ごとべいどう」と祖父・張陵ちょうりょうの「天師道てんしどう」の教義を融合させた新しい教団を設立し、やはり「天師道てんしどう」と称しました。

つまり、張魯ちょうろの「五斗米道ごとべいどう」という名前は通称であると言えます。

さらに、張魯ちょうろ張脩ちょうしゅうの存在を排除するため、祖父・張陵ちょうりょうを「天師てんし」、父・張衡ちょうこうを「嗣師しし」、みずからを「師君しくん」と名乗り、旧五斗米道ごとべいどうの信者を取り込んで、漢中かんちゅうに道教王国を打ち立てました。

また、当時の朝廷には張魯ちょうろを討伐する力はなく、張魯ちょうろ鎮夷中郎将ちんいちゅうろうしょう漢寧太守かんねいたいしゅに任命して懐柔かいじゅうせざるを得ませんでした。

豆知識

張魯ちょうろ漢中かんちゅうを手中に収めると、漢中郡かんちゅうぐんの郡治である南鄭県なんていけん漢寧県かんねいけんと改名していました。

張魯ちょうろ漢中太守かんちゅうたいしゅではなく漢寧太守かんねいたいしゅに任命されたのは、この改名によるものでしょう。のち張魯ちょうろ曹操そうそうに降伏すると、漢寧県かんねいけんの県名はまた南鄭県なんていけんに戻されました。


張魯ちょうろ漢中かんちゅうに地盤を築いた後も、張魯ちょうろの母と弟は人質として劉焉りゅうえんの元にとどめ置かれています。

そして劉焉りゅうえんの死後、跡を継いだ劉璋りゅうしょう張魯ちょうろが従わなかったため、張魯ちょうろの母と弟は劉璋りゅうしょうによって処刑されてしまいました。

益州の支配強化

張魯ちょうろ漢中かんちゅうに割拠させて中央との連絡を遮断した劉焉りゅうえんは、支配体制を強化するため、益州えきしゅう土着の有力豪族の粛正に取りかかり、王咸おうかん李権りけんら十数人に罪を着せて殺害します。

かつて劉焉りゅうえん益州えきしゅう入りを出迎えた賈龍かりょうもこれにはたまりかね、191年、犍為太守けんいたいしゅ任岐じんきらと共に挙兵して劉焉りゅうえんに反旗をひるがえしますが、逆に鎮圧されて2人とも殺されてしまいました。


191年と言えば、中央では反董卓とうたく連合が挙兵した年です。

劉焉りゅうえん賈龍かりょう任岐じんきらが起こした反乱の鎮圧のため、反董卓とうたく連合には参加できなかったということになります。


反対勢力を押さえ込み、支配体制を盤石にした劉焉りゅうえんは、千乗せんじょうの豪華な馬車をつくってその威勢を示しました。(じょうは馬車の単位)

また、このことを知った荊州牧けいしゅうぼく劉表りゅうひょうが、「劉焉りゅうえんは天子のまねごとをしている」と、劉焉りゅうえんの野心を朝廷に上奏していたことが蜀書しょくしょ劉焉伝りゅうえんでんに記されています。


劉焉りゅうえんはこの数年後、194年に背中に悪性腫瘍をわずらって亡くなってしまいます。

『三国志演義』では幽州太守ゆうしゅうたいしゅとして登場し、義勇軍を結成した劉備りゅうびたちを優しく見守る劉焉りゅうえんですが、実際は相当な策士であり、野心家でもあったことがうかがえます。

劉焉りゅうえんがもう少し長く生きていたら、その後の歴史の展開は大きく変わっていたかもしれませんね。