建安けんあん5年(200年)、曹操そうそう袁紹えんしょう官渡かんとで戦いを繰り広げていた時のこと。曹操そうそうの背後に当たる汝南郡じょなんぐんで起こった黄巾こうきん劉辟りゅうへきらの反乱と、劉備りゅうび関羽かんうの動向についてまとめています。

スポンサーリンク

汝南黄巾・劉辟の反乱

建安5年(200年)の情勢

劉備りゅうび袁紹えんしょうを頼る

建安けんあん5年(200年)春正月、曹操そうそう徐州刺史じょしゅうしし車冑しゃちゅうを殺害して徐州じょしゅうで独立した劉備りゅうびを征討するためみずから出陣します。

この時、冀州きしゅう別駕べつが田豊でんほうは「曹操そうそうの背後を襲うように」と袁紹えんしょうに進言しましたが、袁紹えんしょうは「息子の病気」を理由にこれを拒絶し、出陣を許可しませんでした。

曹操そうそうに敗れた劉備りゅうび袁紹えんしょうを頼って冀州きしゅうに逃亡し、後方の徐州じょしゅう下邳国かひこく下邳県かひけんの守備を任されていた関羽かんう曹操そうそうに降伏します。

関連記事

白馬はくばの戦いと延津えんしんの戦い

建安けんあん5年(200年)2月、ついに袁紹えんしょう許県きょけん攻撃に乗り出しますが、黄河こうがを渡って白馬県はくばけんを攻撃した顔良がんりょう関羽かんうに斬られ、延津えんしん曹操そうそうを追った文醜ぶんしゅうも討死。たった2度の戦闘で、袁紹えんしょう軍は双璧とも言える2人の大将を失ってしまいました。

関連記事

孫策そんさくの死

ちょうど九江郡きゅうこうぐんを除く揚州ようしゅうの平定を終えた孫策そんさくは、曹操そうそう袁紹えんしょう官渡かんとで戦いを繰り広げている隙に許都きょと許県きょけん)を襲撃しようと計画し、背後をおびやかす広陵太守こうりょうたいしゅ陳登ちんとうの討伐に出陣します。

ですがその途上、以前私怨しえんにより処刑した許貢きょこう食客しょっかくによる襲撃を受けた孫策そんさくは、その時受けた傷が元で命を落としてしまいました。建安けんあん5年(200年)4月のことです。

関連記事

劉辟の反乱と劉備の出陣

この頃、豫州よしゅう予州よしゅう)・汝南郡じょなんぐん黄巾こうきん劉辟りゅうへき*1らが曹操そうそうに反旗をひるがえし、袁紹えんしょうに呼応しました。

すると袁紹えんしょうは、劉備りゅうびに軍兵を指揮させて、劉辟りゅうへき*1らと共に許都きょと許県きょけん)の周辺を荒らし回らせます。


豫州(予州)・汝南郡

豫州よしゅう予州よしゅう)・汝南郡じょなんぐん


また袁紹えんしょうは、豫州よしゅう予州よしゅう)の諸郡を味方につけようと誘いの手を伸ばし、多くの郡がその誘いを受け入れました。

脚注

*1魏書ぎしょ武帝紀ぶていぎでは「汝南じょなんの降伏した賊将ぞくしょう劉辟りゅうへき」。また、建安けんあん元年(196年)2月、「太祖たいそ曹操そうそう)は軍を進めて彼らを撃破し、劉辟りゅうへき黄邵こうしょうらを斬った」とあり、同名の別人の可能性もあるが、劉辟りゅうへきは斬られたのではなく降伏していたものと思われる。

関連記事

李通と趙儼

李通りつうの忠義

袁紹えんしょう陽安都尉ようあんとい*2李通りつうにも使者を派遣して征南将軍せいなんしょうぐんに任命し、(袁紹えんしょうと結んでいる)劉表りゅうひょうもまた秘かに彼を誘いましたが、李通りつうはどちらも拒絶しました。

これを知った李通りつうの親戚や配下の者は涙を流して言いました。


「今、孤立し危険な状況の中で1人守備しており、強力な援助もありません。滅亡はたちまちのうちにおとずれましょう。早く袁紹えんしょうに従う方がよろしいと存じます」


すると李通りつうは、剣のつかに手をかけて彼らを叱りつけると、


曹公そうこう曹操そうそう)は賢明な方で、必ず天下を平定される。袁紹えんしょうは強力で威勢が良いが、任用がでたらめだ。最後はとの曹操そうそう)に捕らえられることになるだろう。わしは死んでも裏切らぬ」


と言って袁紹えんしょうの使者を斬り、(袁紹えんしょうが送った征南将軍せいなんしょうぐんの)印綬いんじゅ曹操そうそうに送り届けました。

脚注

*2汝南郡じょなんぐんから2県を分割して設置された陽安郡ようあんぐん太守たいしゅ代行。

趙儼ちょうげん諫言かんげん

また李通りつうは、曹操そうそうに対して二心ふたごころがないことを示すため、徴収して得た綿・絹を送ろうと、戸調こちょう(家ごとに割り当てられた税)を取り立てます。

これを知った朗陵県長ろうりょうけんちょう趙儼ちょうげんは、李通りつうに会って言いました。


「現在天下はまだ安定を見ず、諸郡はいずれも反逆しております。お味方としてなついている者たちからさらに綿や絹を取り立てるとなれば、小人しょうじんは混乱を願い、遺恨いこんを持たずにはいられないでしょう。遠近を問わず厄介事やっかいごとが多い現状、充分に気を配る必要があります」


これに李通りつうが、


との曹操そうそう)は袁紹えんしょうと対峙し、事態は差しせまって、近隣の郡県もすでに反逆している。

もし綿や絹を取り立てて送らなければ、周囲は我々が日和見ひよりみをして形勢がはっきりするのを待っているのだと受け取るに違いない」


と答えると趙儼ちょうげんは、


「まことにあなたの心配される通りでしょう。ですが、それでも取り立てを緩和するべきです。私があなたの懸念けねんを解消してみせましょう」


と言い、そこで荀彧じゅんいくに文書を送って言いました。


「今、陽安郡ようあんぐんでは綿や絹を送るべきところでありますが、道が険阻けんそですから被害をまねくに違いありません。民衆は困窮こんきゅうし、近隣の城はすべてそむいており、崩壊しやすい状況でございまして、まさに一方面の安危の分かれる時です。

その上、この郡の民衆は忠節を保持し、危険な状況下にあって二心ふたごころいだいておりません。わずかな善でも必ずめるならば、道義を行う者のはげみになります。

国を立派に治める者は、国のために徴収するのではなく、民衆に所蔵させるものです。考えますに、国家はいたわりの心を示され、取り立てました綿と絹はすべて返還させるのがよろしいかと存じます」


趙儼ちょうげんの文書を受けた荀彧じゅんいくはすぐさま曹操そうそうに報告し、徴収された綿と絹は民衆に返還されました。その結果、陽安郡ようあんぐんでは上も下も歓喜し、郡内は安定しました。


その後李通りつうは、郡にいるぞく瞿恭くきょう江宮こうきゅう沈成しんせいらを攻撃して徹底的に撃ち破り、淮水わいすい汝水じょすいの地域を平定すると、彼らの首を曹操そうそうに送りました。

何夔の進言

またこの頃、曹操そうそうは初めて新しい条例を制定して州郡に下し、また租税と綿絹を取り立てました。

この時、長広太守ちょうこうたいしゅ*3何夔かきは、郡がもうけられたばかりであるし、出兵した後であることから、急に法律で取り締まるべきでないと考え、「3年ほどして民が各自の生業なりわいに落ち着いた頃を見計みはからい、改めて彼らを法律によって取り締まる」ように進言し、曹操そうそうはこれに従いました。

何夔の進言・全文
タップ(クリック)すると開きます。

戦乱よりこの方、民衆は生活の場を失いました。今、少しは落ち着きましたが、教えに服した日数はまだ少のうございます。

くだしおかれました新しい条例は、すべて罰を明らかにし法をつつしませることによって、大いなる徳化にひとしくよくさせるものです。

治めております6県は境界が確定したばかりの上に、飢饉ききんが加わっております。

もしすべてをひとしく条例をもって取り締まれば、あるいは教えに従わない者があるかと心配されます。教えに従わない者があれば処罰しないわけにはいかず、民衆を観察して教えをもうけ、時代の状況に対応するという趣旨に反します。

先王(古代の名君)は九服きゅうふく*4の貢納を区別して遠くと近くを分け、三典さんてん*5の刑を制定して治と乱をおさめました。

やつがれ(私)が思いますに、この郡は遠隔地や新設の地域に適応すべき法典に準拠するのが妥当かと存じます。民間での小さな事件は、その時々に応じて首長しゅちょう適宜てきぎ処置させますと、上は正法に違反せず、下は民衆の心に従うこととなります。

3年ほどして、民が各自の生業なりわいに落ち着いた頃を見計みはからって、はじめて彼らを法律によって取り締まりましたならば、文句のつけようのない状態となりましょう。

脚注

*3資治通鑑しじつがん胡三省注こさんせいちゅうに「青州せいしゅう東萊郡とうらいぐん長広県ちょうこうけん。当時、曹操そうそう楽進がくしん青州せいしゅうに侵入させ、長広県ちょうこうけんを収めて郡とした」とある。

*4千里四方の王畿を中心に、その外を五百里ごとに1服とした九つの区域のこと。中心から侯服こうふく甸服でんぷく男服だんぷく采服さいふく衛服えいふく蛮服ばんぷく夷服いふく鎮服ちんぷく藩服はんぷくの9つとし、それぞれ税をことにさせた。周礼しゅらい職方氏しょくほうしにみえる。

*5新しくできた国は軽典けいてん(軽い法律)、平和に続いている国は中典ちゅうてん(通常の法律)、クーデターや反逆が起こった国は重典じゅうてん(重い法律)をもちい、その国の状況に応じて3つの法律を使い分けたこと。周礼しゅらい大司寇だいしこうにみえる。


スポンサーリンク


関羽の帰還

関羽の降伏

これより以前のこと。

建安けんあん5年(200年)春正月、みずから出陣して豫州よしゅう予州よしゅう)・沛国はいこく沛県はいけん小沛しょうはい)の劉備りゅうびを敗走させた曹操そうそうは、そのまま徐州じょしゅう下邳国かひこく下邳県かひけんに侵攻。劉備りゅうび下邳県かひけんの守備を任されていた関羽かんうを捕虜にして帰り、偏将軍へんしょうぐんに任命して大変手厚く礼遇しました。

関連記事

曹操の徐州奪還戦。劉備が袁紹の下に逃亡し、関羽が曹操に降伏する

関羽の忠義

曹操そうそう関羽かんうの立派な人柄を高く評価していましたが、関羽かんうの心に「長くとどまる意思いしがない」ことを察して張遼ちょうりょうを呼び、


「個人的に彼(関羽かんう)の気持ちを聞いてみてはくれまいか」


と頼みました。

これを受け、張遼ちょうりょうがそれとなく関羽かんうたずねてみると、関羽かんう嘆息たんそくして、


曹公そうこう曹操そうそう)が私を厚遇してくださるのはよく知っていますが、しかし、私は劉将軍りゅうしょうぐん劉備りゅうび)から厚い恩誼おんぎを受けており、一緒に死のうと誓った仲です。あの方を裏切ることはできません。

私は絶対にとどまりませんが、私は必ず手柄を立てて、曹公そうこう曹操そうそう)に恩返ししてから去るつもりです」


と言いました。

張遼ちょうりょう関羽かんうの言葉を曹操そうそうに報告しようとしましたが、曹操そうそうが思い通りにならない関羽かんうを殺すのではないかと恐れ、また一方で、報告しなかったならば「君臣の道」にそむくことになることを恐れました。

結局張遼ちょうりょうは「曹公そうこう曹操そうそう)君であり父であり、関羽かんうは兄弟に過ぎぬ」と曹操そうそうに報告したところ、曹操そうそうは、「君主に仕えてその根本を忘れないのは、天下の義士である」と言い、「いつ頃立ち去ると思うか?」とたずねたので、張遼ちょうりょうは、


関羽かんうとの曹操そうそう)のご恩を受けておりますゆえ、必ず手柄を立ててとの曹操そうそう)に恩返しをしてから立ち去るでありましょう」


と答えました。

関羽の帰還

白馬はくばの戦い」で関羽かんう顔良がんりょうを斬ると、曹操そうそうは彼が去ってしまうのではないかと思い、即刻上表して関羽かんう漢寿亭侯かんじゅていこうに封じ、重い恩賞を与えました。

ですが関羽かんうは、それらの贈り物にことごとく封印をし、手紙をささげて訣別けつべつを告げ、言葉通り袁紹えんしょうの軍にいる劉備りゅうびもとに逃げ帰ってしまいます。

側近の家来たちは関羽かんうを追跡しようとしましたが、曹操そうそうは、


「彼は彼なりに主君のために尽くしているのだ。追ってはならない」


と言い、その志をよみし(良しとする。誉める)、立ち去っても追っ手を差し向けず、その道義を成就じょうじゅさせました。


三国志演義さんごくしえんぎでは許昌きょしょう許都きょと)から鄴県ぎょうけんを目指した関羽かんうですが、おそらくこの時関羽かんう曹操そうそうと供に官渡かんとにおり、劉辟りゅうへきらと許都きょと許県きょけん)の周辺を荒らし回っていた劉備りゅうびもとに帰ったものと思われます。

また、5つの関所で6人の守将を斬って劉備りゅうびもとに帰ったというエピソードは、三国志さんごくし演義えんぎの創作になります。

関連記事

スポンサーリンク


汝南郡の攻防

曹仁が劉備を破る

劉備りゅうび汝南郡じょなんぐん㶏彊国いんきょうこくを攻め取ると、多くの県が挙兵してこれに呼応しました。そのため、許都きょと許県きょけん)以南の官民は動揺し、曹操そうそうはこれを憂慮ゆうりょしました。


豫州(予州)・汝南郡・㶏彊国

豫州よしゅう予州よしゅう)・汝南郡じょなんぐん㶏彊国いんきょうこく


そこへ曹仁そうじんが、


「南方では『我が大軍は目前の急務があるから救援できない情勢にある』と判断しております。そこを劉備りゅうびが強力な軍隊をようして向かって来たのですから、彼らが叛旗はんきひるがえすのも当然です。

ですが、劉備りゅうび袁紹えんしょうの軍隊をひきいてから日も浅く、まだ思いのままに動かせるまでにはなっておりませんから、今これを攻撃すれば撃ち破ることができます」


と進み出ると、曹操そうそうはもっともだとうなずいて、曹仁そうじんに騎兵をひきいて劉備りゅうびを攻撃させ、これを敗走させました。

その後曹仁そうじんは、叛旗はんきひるがえした諸県をすべて取り戻して帰還します。

劉備が蔡陽を斬る

曹仁そうじんに敗れた劉備りゅうび袁紹えんしょうの軍営に帰りつきましたが、秘かに袁紹えんしょうもとから離れたいと思うようになり、袁紹えんしょうに「南方の荊州牧けいしゅうぼく劉表りゅうひょうと連合するように」と進言します。

これを受け、袁紹えんしょう劉備りゅうびに本来の部下たちを指揮させて再び汝南郡じょなんぐんに向かわせると、劉備りゅうびぞく軍の龔都きょうとらと合流し、その軍勢は数千人になります。

曹操そうそう蔡陽さいよう蔡楊さいよう)を派遣してこれを攻撃させましたが、蔡陽さいよう蔡楊さいよう)は劉備りゅうびによって殺されました。


建安けんあん5年(200年)、豫州よしゅう予州よしゅう)・汝南郡じょなんぐん黄巾こうきん劉辟りゅうへきらが曹操そうそうに反旗をひるがえして袁紹えんしょうに呼応すると、袁紹えんしょう劉備りゅうびを派遣して、劉辟りゅうへきらと供に許都きょと許県きょけん)の周辺を荒らし回らせました。

この時、曹操そうそうくだっていた関羽かんう曹操そうそうもとを去り、劉備りゅうびと合流しています。

その後曹仁そうじんに敗れた劉備りゅうびは「袁紹えんしょうもとから離れたい」と思うようになり、再度汝南郡じょなんぐんぞく龔都きょうとらと合流して、曹操そうそうが討伐に派遣した蔡陽さいよう蔡楊さいよう)を斬りました。

建安けんあん5年(200年)4月から7月頃のことです。