秣陵ばつりょう劉繇りゅうようを撃ち破った孫策そんさくは、太史慈たいしじを追って涇県けいけんに向かいますが…。

スポンサーリンク

太史慈の帰順

太史慈の帰順

画像出典:ChinaStyle.jp


タカオタカオ

前回は、孫策そんさく秣陵ばつりょう劉繇りゅうようをボコボコにして敗走させたところまででしたよね。

マリコマリコ

それで劉繇りゅうようさんと笮融さくゆうさんは、劉表りゅうひょうさんを頼って豫章郡よしょうぐん予章郡よしょうぐん)に落ち延びたんですよね。

王先生王先生

そうですね。今回は孫策そんさくが、太史慈たいしじが逃亡した涇県けいけんに向かいます。

ご確認

この記事は三国志演義さんごくしえんぎに基づいてお話ししています。正史せいし三国志さんごくしにおける「孫策そんさく江東こうとう進出」については、こちらをご覧ください。

関連記事

生け捕られた太史慈


王先生王先生

それでは今回のお話を始めましょう。


さて、涇県けいけんに向かった太史慈たいしじは、新たに屈強な若者2千人余りを集めて孫策そんさく軍の来襲に備えていました。


そこで孫策そんさく周瑜しゅうゆは、太史慈たいしじを生け捕りにしようと「涇県けいけんを3方向から攻撃し、東門だけはわざとけておき、城(涇県けいけん)から25里(約10.7km)離れた3ヶ所にそれぞれ伏兵を置く」ように命じます。


太史慈たいしじが立てもる涇県けいけんの城壁はあまり高くありませんでした。そこでその夜、孫策そんさく陳武ちんぶに軽装の兵をひきいさせると、真っ先に城壁に登らせて火をかけさせました。

焼き討ちにあったと見るや、太史慈たいしじは手薄な東門から逃げ出します。

後ろからは孫策そんさく軍が追って来ましたが、太史慈たいしじが30里(約12.9km)程走った頃には、その姿は見えなくなっていました。

そして、さらに50里(約21.5km)進んで馬も人も疲れ果てた時、どっとときの声が上がったかと思うと、両側のあしの茂みの中からかぎなわが投げ出されます。かぎなわに馬がつまずいて地面に投げ出された太史慈たいしじは、生け捕りにされてしまいました。



マリコマリコ

あっけなく捕まっちゃった…。

タカオタカオ

孫策そんさくだったら、あくまでも一騎打ちで決着をつけたがると思ったけど(笑)

王先生王先生

これは周瑜しゅうゆの作戦でしょうね。

太史慈の帰順


王先生王先生

さて、捕らえられた太史慈たいしじが、本陣に護送されてきました。


太史慈たいしじが縛られているのを見た孫策そんさくはすぐさま兵士をしかりつけると、手ずからいましめをいて、自分が着ていたにしき戦袍ひたたれを脱いで太史慈たいしじに着せ、陣屋に案内します。


「私はずっと、子義しぎ太史慈たいしじあざな)どのはまことだいじょう(立派な男子)であると思っておった。おろかな劉繇りゅうようがあなたを重くもちいることができなかったことが、今回の敗因なのだ」


孫策そんさくがこう声をかけると太史慈たいしじは、孫策そんさくの態度がとても丁寧で礼儀正しいのを見て、「降参したい」と言いました。

その言葉を聞いた孫策そんさくは大いに喜んで、


神亭しんていとうげの合戦の折、もしあなたが私を捕らえていたら、やはり私は殺されていたかな?」


と笑ってたずねると、太史慈たいしじも笑いながら「それは分かりませぬ」と答えます。

これを聞いた孫策そんさくは、大笑いして太史慈たいしじを本陣にまねき入れると彼に上座を勧め、宴会を開いて大いにもてなしました。



タカオタカオ

神亭しんていとうげの合戦っていうのは、孫策そんさく太史慈たいしじが一騎打ちをした時のことだねっ!

マリコマリコ

孫策そんさくさんは、太史慈たいしじさんを配下にしたかったから戦わなかったんだっ!

王先生王先生

劉繇りゅうようとは扱いが大違いですからね。太史慈たいしじも素直に降参しました。


スポンサーリンク


孫策の快進撃

孫策の快進撃

画像出典:ChinaStyle.jp

太史慈との約束


王先生王先生

さて、太史慈たいしじを歓迎する宴会の席で、太史慈たいしじが口を開きます。


劉繇りゅうようどのは敗戦の後で、兵士らの中には孫策そんさくどのに心変わりしている者も多いと思われますが、散り散りになってしまった後では2度と呼び戻すことはできません。

私が行って彼らを呼び集め、孫策そんさくどのの手助けをいたしたく思いますが、お心にかないますでしょうか?」


すると孫策そんさくは座を立って例をべ、


「それは望むところです。だが1つ約束して欲しい。どうか明日の正午に帰って来ていただきたい」


と言うと、太史慈たいしじはこれを承諾して出発しました。

その場にいた大将たちは口々に、


太史慈たいしじは帰って来ないでしょう」


と言い、孫策そんさくが、


太史慈たいしじは信義を重んじる立派な男だ。決して私を裏切ることはない」


と言っても、彼らはまだ信じ切ってはいませんでした。



マリコマリコ

みんなが疑う気持ちも分かるけど、太史慈たいしじさんは信用できる人だよっ!

タカオタカオ

落ち目の劉繇りゅうようもとに戻るより、快進撃の孫策そんさくについた方が得だもの。

マリコマリコ

そういう理由!?

王先生王先生

まあとにかく、孫策そんさく太史慈たいしじが戻るのを待ちました。

太史慈の帰還


王先生王先生

孫策そんさくは陣屋の入口にたけ竿ざおを立て、日時計をつくって太史慈たいしじを待ちます。


そして日時計が正午をそうとする時、約束通り太史慈たいしじが千人余りの兵を引き連れて戻って来たので、孫策そんさくはいたく喜び、人々もみな彼の忠義心に感服しました。


当時、孫策そんさく江東こうとうの住民に「孫郎そんろう孫家そんけの若君)」と呼ばれていました。

はじめは「孫郎そんろうの軍勢が来たっ!」と聞くと、老いも若きもきもをつぶして逃げ去り、官吏も城をてて山奥に逃げ込んだものでした。

ですが、実際に孫策そんさくの軍勢が来てみると、1人も略奪する者はなく、鶏や野菜に手をつけることすら許されなかったので、人々はみな満足し、陣屋を慰問いもんして牛や酒を献上しにやって来ました。

また、孫策そんさくはそのお返しに金や反物たんものを渡したので、人々の喜びの声は野に満ちあふれました。


劉繇りゅうようの軍に所属していた者も、帰順を望む者は受け入れて税を免除してやり、そうでない者には、米などを与えて家に帰し生業なりわいいそしませたので、その仁政は他所よそうらやむほどで、孫策そんさくの勢力は非常に盛んになりました。


揚州(ようしゅう)の情勢

揚州ようしゅうの情勢


そこで孫策そんさくは、母親や、弟たちをむかえて曲阿県きょくあけんに帰って弟の孫権そんけん周泰しゅうたい宣城郡せんじょうぐん揚州ようしゅう丹楊郡たんようぐん丹陽郡たんようぐん)・宣城県せんじょうけん]を守らせると、兵をひきいて南に進み、呉郡ごぐん厳白虎げんはくこを攻略することにしました。



マリコマリコ

わあ、孫権そんけんさんだっ!

王先生王先生

はい。この時はまだ15歳ですね。

マリコマリコ

孫権そんけんくんだっ!(笑)

王先生王先生

そうですね(笑)少し分かりづらいですが、この時孫策そんさく豫章郡よしょうぐん予章郡よしょうぐん)まで平定しました。

タカオタカオ

太史慈たいしじが先に敗残兵をまとめておいたのが功を奏したんだろうねっ!

王先生王先生

それもありますねっ!でもまだ孫策そんさくの快進撃は止まりませんよ。


劉繇りゅうようを撃ち破った孫策そんさくは、太史慈たいしじを追って涇県けいけんに向かい、計略をもちいて太史慈たいしじを生け捕りにします。

そして、孫策そんさくに丁重に迎えられた太史慈たいしじ孫策そんさくに帰順。劉繇りゅうようの敗残兵千人余りを集めて戻りました。

その後孫策そんさくは、軍を進めて豫章郡よしょうぐん予章郡よしょうぐん)を平定すると、呉郡ごぐん曲阿県きょくあけんに帰って次の目標を呉郡ごぐんを根城にする厳白虎げんはくこに定めました。



王先生王先生

次回は、孫策そんさく呉郡ごぐん厳白虎げんはくこの攻略に取りかかります。

三国志演義の解説を順番に読もう!

 三国志演義教室【目次】