曹操そうそう軍の来襲に、青州せいしゅう北海国ほっかいこく孔融こうゆうに援軍を求めた陶謙とうけんですが、北海国ほっかいこくでも反乱が起こり、陶謙とうけんを救援する余裕はなくなってしまいました。

孔融こうゆうの救援に駆けつけて敵を敗走させた劉備りゅうびは、今度は陶謙とうけんの救援を約束しましたが…。

スポンサーリンク

公孫瓚に兵と趙雲を借りる

公孫瓚に兵と趙雲を借りる

画像出典:ChinaStyle.jp


タカオタカオ

前回は劉備りゅうびの援軍によって、青州せいしゅうの反乱が鎮圧されたところまででしたよね。

マリコマリコ

うん。劉備りゅうびさんも陶謙とうけんさんの援軍に来てくれることになったし、糜竺びじくさんも安心ですねっ!

王先生王先生

そうですね。劉備りゅうびはまず、公孫瓚こうそんさんの元に兵を借りに行きました。

ご確認

この記事は三国志演義さんごくしえんぎに基づいてお話ししています。正史せいし三国志さんごくしにおける「兗州えんしゅうの反乱」については、こちらをご覧ください。

関連記事

前回までのおさらい


王先生王先生

では少し、前回までのおさらいをしておきましょう。

曹操そうそう徐州じょしゅう侵攻

兗州えんしゅうに地盤を得た曹操そうそうは、戦乱を避けて徐州じょしゅうにいた父・曹嵩そうすう兗州えんしゅうに迎えるため、応劭おうしょうを派遣します。

そのことを知った徐州太守じょしゅうたいしゅ陶謙とうけん曹嵩そうすうを丁重にもてなし、都尉とい張闓ちょうがいを護衛につけて送り出しました。

ですがその途中、待遇に不満を持っていた張闓ちょうがい曹嵩そうすうを殺害し、財物を奪って逃亡してしまったのです。

これに激怒した曹操そうそうはこれを陶謙とうけんの責任とし、3万の軍で徐州じょしゅうに侵攻を開始。民衆を虐殺しながら進軍して、陶謙とうけんもる徐州城じょしゅうじょうを包囲します。

孔融こうゆうに援軍を要請する

城にもった陶謙とうけんは、援軍を求めるため孔融こうゆうの元に糜竺びじくを派遣しますが、孔融こうゆうが治める青州せいしゅう北海郡ほっかいぐん北海国ほっかいこく)では、ちょうど黄巾賊の残党・管亥かんがいが反乱を起こし、陶謙とうけんに援軍を出すどころではなくなってしまいました。

そこで孔融こうゆうは、救援に来た豪傑・太史慈たいしじ平原国へいげんこく劉備りゅうびに派遣して援軍を求めます。

劉備りゅうび関羽かんう張飛ちょうひ太史慈たいしじの活躍で管亥かんがいを敗走させた孔融こうゆうは、劉備りゅうび糜竺びじくを紹介し、共に陶謙とうけんの救援に向かうことを説得したのでした。



王先生王先生

ここまではよろしいですか?

マリコマリコ

はい。陶謙とうけんさんを助けに行くために、劉備りゅうびさんは公孫瓚こうそんさんさんに兵を借りに行ったんですよね。

タカオタカオ

でも、太史慈たいしじ揚州ようしゅう劉繇りゅうようのところに行っちゃったんだよね。

王先生王先生

そうですね。今回は劉備りゅうび公孫瓚こうそんさんのところへ行ったところから始まります。

劉備、徐州に向かう


王先生王先生

幽州ゆうしゅうに着いた劉備りゅうびは、公孫瓚こうそんさん徐州じょしゅう救援の経緯を詳しく話しました。


ですが公孫瓚こうそんさんは、


曹操そうそうは、別にお前にとって仇敵きゅうてきという訳でもないのに、他人のために力を貸して何になるというのだ?」


と、あまり乗り気ではありません。

それでも劉備りゅうびは、


「一度約束した上は、たがえることなどなどできませぬっ!」


と言うので、公孫瓚こうそんさん劉備りゅうびに騎兵歩兵2千人を貸し与えることにしました。


また劉備りゅうびは、公孫瓚こうそんさんから趙子龍ちょうしりょう子龍しりょう趙雲ちょううんあざな)も借り受け、関羽かんう張飛ちょうひと3千人を先手さきてとし、趙雲ちょううんは2千人の兵をひきいて後押あとおさえとして徐州じょしゅうに向かいます。



マリコマリコ

趙雲ちょううんさんっ!

タカオタカオ

騎兵歩兵2千人なんて、公孫瓚こうそんさんもシケてんなぁ(笑)

マリコマリコ

趙雲ちょううんさんが加わっただけでも、百人力だよっ!

王先生王先生

そうですねっ!


スポンサーリンク


曹操に和睦の使者を送る

曹操に和睦の使者を送る

画像出典:ChinaStyle.jp

劉備、徐州城に入る


王先生王先生

さて、陳登ちんとうが援軍要請に向かった青州せいしゅう田楷でんかいも二つ返事で援軍を出します。


ですが、先に到着した孔融こうゆう田楷でんかい曹操そうそうの軍隊の勇猛さに恐れをなし、はるか山際やまぎわに陣を取って動こうとしませんでした。

そこへ劉備りゅうびが到着して孔融こうゆうに面会すると、孔融こうゆう劉備りゅうびに言いました。


曹操そうそうは多勢の上に謀略にけているから、軽々しく動くことはできない」


それでも劉備りゅうびは、「城中が兵糧不足で長くは持ちこたえられない」と、みずか曹操そうそう軍の包囲を突破して徐州城じょしゅうじょうに入り、陶謙とうけんと会って作戦をりたいと申し出ます。

孔融こうゆうは喜んで、左翼には孔融こうゆう、右翼には田楷でんかい、中央には関羽かんう趙雲ちょううんが4千の兵で陣を敷いて援護をすると、劉備りゅうび張飛ちょうひと共に千の人馬をひきいて曹操そうそうの陣に斬り込んで徐州城じょしゅうじょうを目指しました。


すると(曹操そうそう軍の)于禁うきんは、


「どこから来た気違い野郎っ!どこへせおるっ!」


張飛ちょうひに打ちかかりますが、数合も打ち合わないうちに敗走し、劉備りゅうび徐州じょしゅう城下にたどり着くことができました。

城下の軍の中に「平原へいげん劉玄徳りゅうげんとく玄徳げんとく劉備りゅうびあざな)」と書かれた軍旗を見つけた陶謙とうけんは、急いで城門を開かせます。



タカオタカオ

孔融こうゆう田楷でんかいも何しに来たんだよ、まったく〜っ!

マリコマリコ

やっぱり曹操そうそうさんが相手だと、軽々しく動けないよ…。

王先生王先生

下手に戦って敗走するより、そこに居続けるだけでも牽制けんせいになりますからね(笑)

陶謙が徐州を譲ろうとする


王先生王先生

劉備りゅうびまねき入れた陶謙とうけんは、酒宴を開いて劉備りゅうび張飛ちょうひと兵たちをねぎらいます。


その席上、劉備りゅうびの人品、世の常ならず、言語もさわやかなのを見てとった陶謙とうけんは、糜竺びじくに命じて徐州じょしゅうの長官のいんを持ってこさせ、劉備りゅうびゆずろうとしました。

つまりこれは、徐州じょしゅうの長官の地位を劉備りゅうびゆずろうということです。

突然のことに驚いている劉備りゅうびに、陶謙とうけんは言います。


「ただいま天下は乱れに乱れ、帝王は惰弱だじゃく奸臣かんしんが権力をもてあそんでおる。

貴殿こそは漢室の御一門であるからには、力の限り国家を護持ごじされるべき御方おんかたと存ずる。

愚老ぐろう陶謙とうけん)などはよわい60を越え、徳も能力もない者ゆえ、この徐州じょしゅうをおゆずりしたい。どうかお断りなされるな。

わしみずか表文ささげぶみを書いて、朝廷にこのよしを上奏いたそう」


これを聞いた劉備りゅうびは、席を離れて地にひれ伏して、


「私は漢室の末裔まつえいではございますが、功も徳もなく、今の平原相へいげんしょう青州せいしゅう平原国へいげんこく太守たいしゅ)でさえ、身に余るものと考えております。

このたびは大義のためにお助けに参りましたが、そのようなお言葉は、私がこの国を奪う野心をいだいているとお疑いでございましょうか。

万が一にもそのような野心を持ちましたならば、天のとがめをこうむりましょう」


と丁重にこれを断りましたが、それでも陶謙とうけん劉備りゅうびの説得を続けようとしています。

これを見た糜竺びじくが、


「今は敵兵が城下を囲んでいます。まずは敵を退しりぞかせる工夫が第一でございましょう。

平和になったその上で、おゆずりになるのがよろしいでしょう」


と言ってこの話を終わらせると、劉備りゅうびは、


「私が曹操そうそうに書面を送って和睦わぼくを勧めましょう。もし彼が従わなかったなら、その時合戦に及んでも遅くはありますまい」


と言って、しばらく兵に待機を命じて曹操そうそうに使者を送りました。



タカオタカオ

くれるっていうなら、もらっちゃえば良いのに(笑)

マリコマリコ

それが劉備りゅうびさんの良いところなんだよ。

タカオタカオ

でも、今にも曹操そうそうに落とされそうな徐州じょしゅうもらってもしょうがないか(笑)

王先生王先生

なんにせよ、まずは徐州じょしゅうを守ることが先ですね。

劉備からの使者


王先生王先生

さて、曹操そうそうが軍議をしているところへ、劉備りゅうびの使者がやって来ます。


劉備りゅうびの書面には、次のようにありました。


「以前、関外でご尊顔を拝してから、おたずねする機会もなく時が過ぎてしまいました。

先頃、御尊父ごそんぷ曹侯そうこう曹嵩そうすう)のわざわいは、ひとえに張闓ちょうがいの罪であり、決して陶恭祖とうきょうそ恭祖きょうそ陶謙とうけんあざな)の罪ではありません。

ただ今、外には黄巾の残党、内には董卓とうたくの旧兵が乱をなしております。

願わくは尊公そんこう曹操そうそう)、朝廷の危急を救うことを先とし、私事わたくしごとあだむくいることを後として徐州じょしゅうから軍を引きげ、国難を救うことを優先してください。

これは徐州じょしゅうの幸いのみにあらず、天下の幸いにございます。」


これを読んだ曹操そうそうは、


「身の程を知らぬ劉備りゅうびめっ!よくも忠告などほざきおったな。そればかりか、冷やかし文句まで入れておるっ!」


と激怒して、「使者を斬り捨て、全力をげて城を攻めろ」と命じました。

すると郭嘉かくかが、


劉備りゅうびは はるばる救援に来たので、礼儀を先にして合戦を後にしたのでございます。

我が君も、物柔らかな返事を送って彼を油断させ、そのすきに兵を進めて攻撃すれば、たやすく落城させることができましょう」


いさめたので、曹操そうそうは思い直し、使者をねぎらって返事を書くのを待たせておきました。



マリコマリコ

劉備りゅうびさんと曹操そうそうさんは、 十八路諸侯じゅうはちろしょこうが解散して以来ですね。

王先生王先生

そうですね。

タカオタカオ

曹操そうそうにしてみれば「劉備りゅうびごときが何を言うかっ!」って感じなんだろうな。

マリコマリコ

でも郭嘉かくかさんが止めてくれたから良かった…。

王先生王先生

怒っていても、ちゃんと配下の意見に耳を傾けるところが曹操そうそうの良いところですね。


スポンサーリンク


兗州の反乱と曹操軍の撤退

兗州の反乱と曹操軍の撤退

画像出典:ChinaStyle.jp

呂布と兗州の反乱


王先生王先生

そこへ、曹操そうそうのところに兗州えんしゅうから急な知らせが舞い込みます。


早馬が言うには、「呂布りょふ兗州えんしゅうを占拠して、東郡とうぐん濮陽県ぼくようけんに駐屯した」とのことでした。



マリコマリコ

呂布りょふさんっ!?

タカオタカオ

呂布りょふって董卓とうたくを殺した後、何してたんだっけ?

王先生王先生

では、董卓とうたく殺害後の呂布りょふについてお話しておきましょう。


袁術えんじゅつを頼る

呂布りょふ李傕りかく郭汜かくしらに敗れた後、武関ぶかんから荊州けいしゅう南陽郡なんようぐんに逃れ、袁術えんじゅつの元に身を寄せようとしましたが、袁術えんじゅつ呂布りょふを警戒して彼の入国をこばみました。

袁紹えんしょうを頼る

そこで呂布りょふ袁紹えんしょうの元に行き、袁紹えんしょうに協力して冀州きしゅう常山国じょうざんこく張燕ちょうえんを撃ち破ります。

ですが呂布りょふはその手柄を鼻にかけ、傲慢ごうまんな態度をとるようになったので、とうとう袁紹えんしょうこらえ切れず、彼を亡きものにしようとはかりました。

張楊ちょうようを頼る

袁紹えんしょうの元から逃れた呂布りょふは、今度は司隸しれい河内郡かだいぐん太守たいしゅ張楊ちょうようを頼ります。

そしてこの時、長安ちょうあんの城中にいた龐舒ほうじょが、かくまっていた呂布りょふの妻子らを送り届けて来ました。

するとそのことを知った李傕りかく郭汜かくし龐舒ほうじょを斬り殺し、張楊ちょうように手紙を送って呂布りょふを殺害させようとしたので、呂布りょふ張楊ちょうようの元を去り、兗州えんしゅう陳留郡ちんりゅうぐん太守たいしゅ張邈ちょうばくを頼ります。

張邈ちょうばくを頼る

呂布りょふ張邈ちょうばくを頼ったこの時は、ちょうど曹操そうそう徐州じょしゅうに遠征に出た後のことでした。

張邈ちょうばくの弟・張超ちょうちょうに紹介された陳宮ちんきゅうが、張邈ちょうばくに進言します。


「ただ今、天下は瓦解して豪傑が群がり起こっております。

殿は千里に余る広大な土地がお有りになりながら、他人(曹操そうそう)の言いなりになっておられるのは恥ずかしいことではございませぬか。

現在、曹操そうそうは東征に出ているので、兗州えんしゅうはがら空きとなっております。

ところで、呂布りょふこそは当代の勇士。殿が彼と共に兗州えんしゅうを攻略なされれば、天下に覇をとなえる手始めとなりましょう」


張邈ちょうばくはこれに喜んで同意し、早速呂布りょふに命じて兗州えんしゅうを襲撃させ、濮陽県ぼくようけんを占拠したのでした。

この時、

  • 済陰郡せいいんぐん鄄城県けんじょうけん
  • 東郡とうぐん范県はんけん
  • 東郡とうぐん東阿県とうあけん

の3県だけは、荀彧じゅんいく程昱ていいくが死守しましたが、その他の城はみな撃破されてしまいます。


鄄城県・范県・東阿県

鄄城県けんじょうけん范県はんけん東阿県とうあけん


その後、たびたび曹仁そうじんが戦いをまじえましたが勝利を得ることができず、曹操そうそうに急を告げてきたのです。



タカオタカオ

笑えるほど嫌われてるな呂布りょふ(笑)

マリコマリコ

陳宮ちんきゅうさん、止めたのに聞いて貰えなかったから、反乱を起こしちゃったんですね…。

王先生王先生

そうですね。曹操そうそうにとっては絶体絶命のピンチです。

曹操軍が撤退する


王先生王先生

では、知らせを受けた曹操そうそうの方にお話を戻します。


兗州えんしゅうを失っては帰るべき家がなくなってしまう。何とかせねばなるまい…」


呂布りょふ兗州えんしゅうを占拠した」という知らせを聞いて大いに驚いている曹操そうそうに、郭嘉かくかが言いました。


「我が君、これこそ良い機会でございます。

劉備りゅうびの顔を立ててやって軍を引き、兗州えんしゅうを取り返すのがよろしいでしょう」


曹操そうそうはうなずいて、ただちに劉備りゅうびへの返事をしたため、陣を払って引きげました。



マリコマリコ

劉備りゅうびさんからの使者を殺してなくて良かったですねっ!

タカオタカオ

そうだね。しかも陶謙とうけんの追撃を受けずに退却できるからね。

王先生王先生

その通りですねっ!

再度劉備に徐州を譲る


王先生王先生

さて、次は曹操そうそう軍が撤退した後の徐州城じょしゅうじょうのお話です。


曹操そうそう軍が撤退すると陶謙とうけんは大宴会を開き、城外の孔融こうゆう田楷でんかい関羽かんう趙雲ちょううんらもみな招待します。

そして宴会が終わると、陶謙とうけん劉備りゅうびを上座に座らせて、みなに向かってうやうやしく挨拶あいさつをして言いました。


愚老ぐろう陶謙とうけん)はこのように老いぼれ、また2人の息子は不才にて、とても国家の重責に耐えられないと思われる。

劉備りゅうびどのは皇室の御一門であり、徳高く才広く、徐州じょしゅうを領するに相応ふさわしいお方です。

この愚老ぐろう陶謙とうけん)は職をし、ゆるゆると余生を過ごしたいと願うばかりです」


これを聞いた劉備りゅうびは、


「私が孔文挙こうぶんきょ文挙ぶんきょ孔融こうゆうあざな)どののおおせで徐州じょしゅうの救援に参ったのは、ひとえに『義』のためにございます。

徐州じょしゅうを我が物としては、天下の人々は私を『不義のやから』とそしるでしょう」


とまた、陶謙とうけんの申し出を断ります。

すると糜竺びじくは、


「今、漢室はおとろえ、天下がくつがえらんとしています。功績を立てるのは、今この時をおいてございません。

徐州じょしゅうは富み栄えた土地。戸数百万、劉玄徳りゅうげんとく玄徳げんとく劉備りゅうびあざな)どのに領していただきたい。

決してご辞退なさいますな」


と言い、陳登ちんとうも、


陶府君とうふくん陶謙とうけん)は多病ゆえ政事まつりごとをみることも難しい。ご辞退なされぬよう」


劉備りゅうびを説得しますが、劉備りゅうびは「このことばかりは何としてもおおせには従いかねまする」と言い、


袁術えんじゅつどのは4代続いて三公さんこうにのぼられた家柄で、天下の人望が集まり、しかも程近い(揚州ようしゅう九江郡きゅうこうぐん・)寿春県じゅしゅんけんにおられます。何ゆえ彼に徐州じょしゅうをおゆずりにならないのですか?」


と問いました。

すると今度は孔融こうゆうが、


袁公路えんこうろ公路こうろ袁術えんじゅつあざな)は、墓にめられた骸骨がいこつ同然。口のにのぼせるにも足りぬ者。

徐州じょしゅうを受け取らないで、後でやんでも追いつきませぬぞ」


と、劉備りゅうびを説得しましたが、劉備りゅうびは固く辞退して聞き入れませんでした。



マリコマリコ

陶謙とうけんさんはどうしても劉備りゅうびさんに徐州じょしゅうゆずりたいみたいですね。

タカオタカオ

そうだな、糜竺びじく陳登ちんとうも賛成してるみたいだし。

マリコマリコ

あれっ!?袁術えんじゅつさんは南陽郡なんようぐんにいたんじゃなかったっけ?

王先生王先生

実は、三国志演義さんごくしえんぎでは描かれていないのですが、袁術えんじゅつ寿春県じゅしゅんけんに拠点を移していたんです。

タカオタカオ

ややこしいなぁ、まったく〜っ!

関連記事

【匡亭の戦い】袁術が曹操に大敗し、寿春に拠点を移す

劉備が小沛に駐屯する


王先生王先生

さて、この様子を見ていた関羽かんう張飛ちょうひが、劉備りゅうびに意見します。


「もしわしを見捨てて去られると言うのなら、死んでも目を閉じられませぬ…」

どうしても徐州じょしゅうを引き受けようとしない劉備りゅうびに、陶謙とうけんは涙を流して言いました。

この様子を見ていた関羽かんうは、


「兄上、陶謙とうけんどのがここまでゆずろうとなさるからには、臨時に徐州じょしゅうを領せられるが良いと存じます」


と言い、張飛ちょうひも、


「こっちから無理にもらおうと言ってるんじゃねぇ、向こうが望んでゆずりたいと言ってるんだ、それほど断ることはあるめぇ」


劉備りゅうび口添くちぞえします。

すると劉備りゅうびは、


「お前たちは私を不義に落としたいのかっ!」


と言い、剣を抜いて自害しようとしますが、これは趙雲ちょううんが すかさず剣を奪い取ったので、事なきを得ました。

これを見た陶謙とうけんはついにあきらめ、


「どうしても従われぬとあらば、ここから程近い里に小沛しょうはいという小城がある。玄徳げんとく劉備りゅうびあざな)どの、もしわしをお見捨てなくば、この小沛しょうはいに軍を駐屯して徐州じょしゅうの保護をお願い致したいが、いかがでござろう?」


と言い、みなも劉備りゅうびに「小沛しょうはいとどまる」ことを勧めたので、劉備りゅうびはこれに従って小沛しょうはいに行くことになりました。


豫州・沛国・沛県(小沛)

豫州よしゅう予州よしゅう)・沛国はいこく沛県はいけん小沛しょうはい


この話が終わると、趙雲ちょううん劉備りゅうびいとまを告げ、劉備りゅうび趙雲ちょううんの手を取って、涙を流しつつ見送ります。

そして、孔融こうゆう田楷でんかいも軍をひきいて引きげ、小沛しょうはいに着いた劉備りゅうびは、城壁を修理して住民をいたわりました。



タカオタカオ

小沛しょうはいって、徐州じょしゅうじゃないんだねっ!ずっと徐州じょしゅうだと思ってた…。

王先生王先生

そうですねっ!実は豫州よしゅう予州よしゅう)なんです(笑)

マリコマリコ

自害って劉備りゅうびさん…。

タカオタカオ

徐州じょしゅうゆずられて他人にそしられるくらいなら、死んだ方がマシってか(笑)

マリコマリコ

それよりっ!趙雲ちょううんさん帰っちゃったのぉ〜、なんでっ!?

タカオタカオ

徐州じょしゅう救援のために借りてた公孫瓚こうそんさんの将だから、目的を達して帰ったんでしょ。

マリコマリコ

でも『レッドクリフ』劉備りゅうびさんの配下だったじゃん…。

王先生王先生

また再会する機会があるってことですよ(笑)


公孫瓚こうそんさんから兵と趙雲ちょううんを借りて徐州じょしゅうに到着した劉備りゅうびは、曹操そうそう軍の包囲を突破して陶謙とうけんもる徐州城じょしゅうじょうに入りました。

そして陶謙とうけんと面会した劉備りゅうびは、戦う前に まずは和睦わぼくの道をさぐるように進言し、曹操そうそうに使者を送ります。


ちょうどその頃、曹操そうそうの本拠地・兗州えんしゅう張邈ちょうばく陳宮ちんきゅう呂布りょふらが反乱を起こしていました。

徐州じょしゅうよりも兗州えんしゅうを奪還したい曹操そうそうは、タイミング良くやって来た劉備りゅうびの「和睦わぼくの勧め」を受け入れて、全軍で兗州えんしゅうに引き返します。


一方、曹操そうそうの脅威が去った徐州じょしゅうでは、陶謙とうけん劉備りゅうび徐州じょしゅうゆずろうとしましたが、劉備りゅうびは「義に反する」とがんとして聞き入れず、一先ひとま小沛しょうはいに駐屯することになりました。



王先生王先生

次回は、引き返して来た曹操そうそうと、兗州えんしゅうを占拠した呂布りょふたちの戦いのお話になります。

三国志演義の解説を順番に読もう!

 三国志演義教室【目次】