187年【漢:中平ちゅうへい4年】に起こった主な出来事をまとめ、それをもとに群雄勢力図を作成しました。人員配置は前年から変更が記されていない官職と、新たに確認できた官職のみ記載しています。

スポンサーリンク

187年の主な人員配置

後宮

天子・皇后 人物
天子(皇帝) 劉宏りゅうこう霊帝れいてい
皇太后 董太后とうたいごう孝仁董皇后こうじんとうこうごう
皇后 何皇后かこうごう霊思何皇后れいしかこうごう

朝廷

官職 人物
司徒しと 崔烈さいれつ許相きょしょう
司空しくう 許相きょしょう丁宮ていきゅう
太尉たいい 張温ちょうおん崔烈さいれつ曹嵩そうすう
大司農だいしのう 曹嵩そうすう(〜11月)
光禄勲こうろくくん 丁宮ていきゅう(〜5月)
侍御史じぎょし 桓典かんてん
議郎ぎろう 曹操そうそう
尚書しょうしょ 盧植ろしょく
大将軍だいしょうぐん 何進かしん
車騎将軍しゃきしょうぐん 何苗かびょう(3月〜)
右車騎将軍ゆうしゃきしょうぐん 朱儁しゅしゅん
東中郎将とうちゅうろうしょう 董卓とうたく
五官中郎将ごかんちゅうろうしょう 董重とうちょう
護烏桓校尉ごうがんこうい 公綦稠こうきちゅう(〜6月)

地方官

官職 人物
河南尹かなんいん 何苗かびょう
交阯刺史こうししし 賈琮かそう
荊州刺史けいしゅうしし 王敏おうびん
涼州刺史りょうしゅうしし 耿鄙こうひ(〜4月)
右北平太守ゆうほくへいたいしゅ 劉政りゅうせい(〜6月)
遼東太守りょうとうたいしゅ 陽終ようしゅう(〜6月)
玄菟太守げんとたいしゅ 公孫琙こうそんよく
汝南太守じょなんたいしゅ 趙謙ちょうけん
長沙太守ちょうさたいしゅ 孫堅そんけん
丹陽太守たんようたいしゅ 陳夤ちんいん
廬江太守ろこうたいしゅ 陸康りくこう
巴郡太守えきしゅうたいしゅ 曹謙そうけん
益州太守えきしゅうたいしゅ 李顒りぎょう
漢陽太守かんようたいしゅ 傅燮ふしょう(〜4月)
鬱林太守うつりんたいしゅ 谷永こくえい

スポンサーリンク


187年の主な出来事

出来事
1月

・天下に大赦たいしゃする。

2月

滎陽県けいようけんの賊が中牟県令ちゅうぼうけんれいを殺害する。

・南宮内殿の罘罳ふし(門の周りに置く格子状のへい)が自壊した。

韓遂かんすい北宮伯玉ほっきゅうはくぎょく李文侯りぶんこう辺章へんしょうを殺害する。

3月

河南尹かなんいん何苗かびょう滎陽県けいようけんの反乱を鎮圧し、車騎将軍しゃきしょうぐんに任命される。

4月

涼州刺史りょうしゅうしし耿鄙こうひ韓遂かんすいに敗れる。

韓遂かんすい冀県きけんを攻め、漢陽太守かんようたいしゅ傅燮ふしょうが戦死する。

馬騰ばとう王国おうこく三輔さんぽ地方に侵攻する。

太尉たいい張温ちょうおん罷免ひめんされ、司徒しと崔烈さいれつ太尉たいいに任命される。

5月

司空しくう許相きょしょう司徒しとに任命される。

光禄勲こうろくくん丁宮ていきゅう司空しくうに任命される。

6月

洛陽らくようの民が両頭共身の男の子を生んだ。

張純ちょうじゅん張挙ちょうきょ烏桓族うがんぞく大人たいじん丘力居きゅうりききょと共に幽州ゆうしゅうで反乱を起こす。

9月

・天下に令を下し、罪が確定していない囚人に絹を納めることであがなわせる。

10月

長沙郡ちょうさぐん区星おうせい将軍しょうぐんを自称して反乱を起こす。

零陵れいりょう桂陽けいよう周朝しゅうちょう郭石かくせきが反乱を起こす。

孫堅そんけん長沙太守ちょうさたいしゅに任命され、反乱を鎮圧する。

11月

太尉たいい崔烈さいれつ罷免ひめんされ、大司農だいしのう曹嵩そうすう太尉たいいに任命される。

12月

南匈奴みなみきょうど休屠各胡きゅうとかくこが反乱を起こす。

不明

霊帝れいてい関内侯かんだいこうと仮の金印紫綬きんいんしじゅを売り、500万銭を得る。


スポンサーリンク


187年の群雄勢力図

187年の群雄勢力図

凡例

187年の群雄勢力図

187年の情勢

187年の時点では、漢の領内にまだ独立勢力はありません。

特記事項

滎陽県けいようけんで賊が蜂起する

2月、司隷しれい河南尹かなんいん滎陽県けいようけんで賊が蜂起し、中牟県令ちゅうぼうけんれいが殺害されます。

3月、大将軍だいしょうぐん何進かしんの弟で河南尹かなんいん何苗かびょうがこの反乱を討伐して、車騎将軍しゃきしょうぐんに任命されました。

関連記事

「何進伝」董卓を洛陽に呼び入れ、後漢王朝に引導を渡した大将軍

涼州りょうしゅうの情勢

韓遂が仲間を殺す

2月、韓遂かんすい北宮伯玉ほっきゅうはくぎょく李文侯りぶんこう辺章へんしょうを殺害して彼らの兵を手に入れます。

4月、韓遂かんすい王国おうこくが10万余りの軍で隴西郡ろうせいぐんに侵攻すると、隴西太守ろうせいたいしゅ李相如りしょうじょは戦わずに降伏してしまいました。

涼州刺史りょうしゅうしし耿鄙こうひは新たに兵を募集すると、漢陽太守かんようたいしゅ傅燮ふしょうが止めるのを無視して韓遂かんすい)と王国おうこくがと王国おうこく王国おうこくの討伐に向かいます。この時募集された兵の中に、のちに群雄の1人となる馬騰ばとうがいました。


狄道

耿鄙こうひ軍の進軍経路

傅燮の忠義

その後、韓遂かんすい)と王国おうこくがと王国おうこく王国おうこくと対峙した耿鄙こうひは配下の州別駕しゅうべつがの内応によって敗死。韓遂かんすい)と王国おうこくがと王国おうこく王国おうこくはそのまま漢陽太守かんようたいしゅ傅燮ふしょうが守る冀県きけんに軍を進めました。

傅燮ふしょうは少ない兵で固く守りますが、兵糧もつき果てて落城間近となります。

冀県きけんを囲む賊の中にも傅燮ふしょうの恩徳をしたう者は多く、彼らは城外で叩頭こうとうして、傅燮ふしょうを故郷の北地郡ほくちぐんに帰すように願い出ました。


「国は乱れて朝廷に居場所なく、漢陽かんようを守ろうにも兵が足りません。ここは羌族きょうぞく胡族こぞくの勧めに従って故郷に帰りましょう」

と言う息子・傅幹ふかんの言葉をさえぎって傅燮ふしょうは言います。

「私は長年朝廷のろくを食んできた。今更せつを曲げることはできない。私はここで死ぬが、お前には才智がある。主簿しゅぼ楊会ようかいはお前を助けてくれるはずだ。生きびて努力せよ」

この時息子の傅幹ふかんは13歳。のちに馬騰ばとう曹操そうそうに仕え、扶風太守ふふうたいしゅにまで昇りました。


傅燮ふしょうからの返答がなかったので、王国おうこくは元酒泉太守しゅせんたいしゅ黄衍こうえんを使者に立てました。

「天下はすでに漢にはありません。我々の将帥になっていただけないでしょうか?」

傅燮ふしょうは剣を抜き、

「お前は朝廷に仕える身でありながら、賊のために説得に来たのか!」

と一喝すると、傅燮ふしょうは最後の戦いを挑んで見事な最期をげました。

馬騰ばとう王国おうこく三輔さんぽ地方に侵攻

4月、涼州刺史りょうしゅうしし耿鄙こうひの死後、耿鄙こうひの下で軍司馬ぐんしばを務めていた馬騰ばとうは反乱軍に身を投じ、王国おうこくを大将に推戴すいたいして、韓遂かんすい)と王国おうこくがと王国おうこくと共に三輔さんぽ地方に侵攻を開始しました。

関連記事

黄巾の乱の影に隠れて目立たない涼州の反乱「辺章・韓遂の乱」とは

張純ちょうじゅんの乱

6月、張純ちょうじゅん張挙ちょうきょを誘い、烏桓族うがんぞく大人たいじん丘力居きゅうりききょと共に反乱を起こして、護烏桓校尉ごうがんこうい公綦稠こうきちゅう右北平太守ゆうほくへいたいしゅ劉政りゅうせい遼東太守りょうとうたいしゅ陽終ようしゅうらを殺害。

張挙ちょうきょは天子、張純ちょうじゅん弥天将軍みてんしょうぐん安定王あんていおうを自称して、漢の天子の退位と公卿こうけい張挙ちょうきょを迎えに来ることを要求し、青州せいしゅう徐州じょしゅう幽州ゆうしゅう冀州きしゅうの4州に侵攻しました。

関連記事

幽州の反乱「張純の乱」とは。公孫瓚の台頭と劉虞との確執

長沙ちょうさ区星おうせいが反乱

10月、長沙郡ちょうさぐん区星おうせい将軍しょうぐんを自称し、零陵れいりょう桂陽けいようでは周朝しゅうちょう郭石かくせきが反乱を起こします。

これに議郎ぎろう孫堅そんけん長沙太守ちょうさたいしゅに任命され、1ヶ月も経たないうちに反乱を鎮圧しました。

またこの時孫堅そんけんは、賊に攻撃を受けた揚州ようしゅう予章郡よしょうぐん宜春県ぎしゅんけん県長けんちょうを独断で救援しています。

区星おうせいの反乱を鎮圧した功績により、孫堅そんけん烏程侯うていこうに封じられました。

関連記事

やっぱり無鉄砲!?戦いに明け暮れた孫堅の青年期

廬江郡の反乱について

180年に起こった江夏蛮こうかばん黄穣こうじょうによる廬江郡ろこうぐんの反乱は、廬江太守ろこうたいしゅに任命された陸康りくこうが鎮圧しますが、それがいつのことなのかははっきり記されていません。

呉書ごしょ孫堅伝そんけんでんの注が引く呉録ごろくに「宜春県ぎしゅんけん県長けんちょう廬江太守ろこうたいしゅ陸康りくこうおい」とあることから、この時すでに陸康りくこう廬江太守ろこうたいしゅになっていたものと思われます。

当サイトでは、この年187年に廬江郡ろこうぐんの反乱が鎮圧されたものとして扱います。

関連記事

【三国志年表詳細】180年の主な出来事と群雄勢力図


この年、涼州りょうしゅうでは韓遂かんすい)と王国おうこくがと王国おうこくによって北宮伯玉ほっきゅうはくぎょく李文侯りぶんこう辺章へんしょうらが殺害され、韓遂かんすい馬騰ばとう推戴すいたいされた王国おうこくが再度三輔さんぽ地方に侵攻します。

また、幽州ゆうしゅうでは張純ちょうじゅん張挙ちょうきょ丘力居きゅうりききょらが、長沙郡ちょうさぐんでは区星おうせいが反乱を起こすなど、黄巾の乱以降、毎年のように新たな反乱が起こっています。

そんな中、霊帝れいていは相変わらず自身の蓄財にいそしんでいました。

他の年を見る場合はこちら

三国志年表