190年【漢:初平しょへい元年】に起こった主な出来事をまとめ、それをもとに群雄勢力図を作成しました。人員配置は前年から変更が記されていない官職と、新たに確認できた官職のみ記載しています。

スポンサーリンク

190年の主な人員配置

後宮

天子・皇后 人物
天子(皇帝) 劉協りゅうきょう献帝けんてい
皇太后
皇后

朝廷

官職 人物
相国しょうこく 董卓とうたく
太傅たいふ 袁隗えんかい → (劉虞りゅうぐ
司徒しと 楊彪ようひょう → 王允おういん
司空しくう 荀爽じゅんそう → 種拂しゅふつ
太尉たいい 黄琬こうえん → 趙謙ちょうけん
大司馬だいしば 劉虞りゅうぐ(〜4月)
光禄勲こうろくくん 趙謙ちょうけん(〜2月)
太僕たいぼく 王允おういん → 袁基えんき
右車騎将軍ゆうしゃきしょうぐん 朱儁しゅしゅん
後将軍こうしょうぐん 袁術えんじゅつ
左将軍さしょうぐん 皇甫嵩こうほすう
奮武将軍ふんぶしょうぐん 曹操そうそう
降虜校尉こうりょこうい 公孫瓚こうそんさん

地方官

官職 人物
幽州牧ゆうしゅうぼく 劉虞りゅうぐ
冀州牧きしゅうぼく 韓馥かんふく
益州牧えきしゅうぼく 劉焉りゅうえん
兗州刺史えんしゅうしし 劉岱りゅうたい
豫州刺史よしゅうしし 孔伷こうちゅう孫堅そんけん
青州刺史せいしゅうしし 焦和しょうか
徐州刺史じょしゅうしし 陶謙とうけん
荊州刺史けいしゅうしし 王叡おうえい劉表りゅうひょう
揚州刺史ようしゅうしし 陳温ちんおん
交阯刺史こうししし 朱符しゅふ
遼東太守りょうとうたいしゅ 公孫度こうそんど
河内太守かだいたいしゅ 王匡おうきょう
勃海太守ぼっかいたいしゅ 袁紹えんしょう
東郡太守とうぐんたいしゅ 橋瑁きょうぼう王肱おうこう
山陽太守さんようたいしゅ 袁遺えんい
陳留太守ちんりゅうたいしゅ 張邈ちょうばく
陳湣王ちんびんおう 劉寵りゅうちょう
潁川太守えいせんたいしゅ 李旻りびん
広陵太守こうりょうたいしゅ 張超ちょうちょう
済北相せいほくしょう 鮑信ほうしん
南陽太守なんようたいしゅ 張咨ちょうし(〜3月)
江夏太守こうかたいしゅ 劉祥りゅうしょう
長沙太守ちょうさたいしゅ 孫堅そんけん蘇代そだい
九江太守きゅうこうたいしゅ 劉邈りゅうばく
丹楊太守たんようたいしゅ 周昕しゅうきん
廬江太守ろこうたいしゅ 陸康りくこう
豫章太守よしょうたいしゅ 周術しゅうじゅつ

スポンサーリンク


190年の主な出来事

出来事
1月

山東さんとうの州郡が反董卓とうたく連合を結成し、董卓とうたく討伐の兵を起こす。

・天下に大赦たいしゃする。

董卓とうたく弘農王こうのうおうを殺害する。

白波賊はくはぞく東郡とうぐんに侵攻する。

2月

太尉たいい黄琬こうえん司徒しと楊彪ようひょう罷免ひめんされる。

董卓とうたく城門校尉じょうもんこうい伍瓊ごけい督軍校尉とくぐんこうい周毖しゅうひを殺害する。

光禄勲こうろくくん趙謙ちょうけん太尉たいいに、太僕たいぼく王允おういん司徒しとに任命される。

長安ちょうあん遷都せんとし、董卓とうたく自身は洛陽らくよう郊外の畢圭苑ひつけいえんに駐屯する。

・白い虹が日輪をつらぬいた。

3月

献帝けんてい長安ちょうあん未央宮びおうきゅうに到着する。

董卓とうたく洛陽らくようの宮殿、祖廟そびょう、民家をことごとく焼き払う。

董卓とうたく太傅たいふ袁隗えんかい太僕たいぼく袁基えんきを殺害し、その一族を処刑する。

長沙太守ちょうさ孫堅そんけん荊州刺史けいしゅうしし王叡おうえい南陽太守なんようたいしゅ張咨ちょうしを殺害し、袁術えんじゅつと合流する。

北軍中候ほくぐんちゅうこう劉表りゅうひょう荊州刺史けいしゅうししに任命される。

劉表りゅうひょう南陽郡なんようぐんを除く荊州けいしゅう諸郡を平定し、州治所を武陵郡ぶりょうぐんから南郡なんぐん襄陽県じょうようけんに移す。

曹操そうそう徐栄じょえいに大敗する。

曹操そうそう揚州ようしゅうで募兵し、河内郡かだいぐんに向かう。

・兵糧が尽きたため酸棗さんそうの諸侯が撤兵を開始する。

劉岱りゅうたい橋瑁きょうぼうを殺害する。

劉岱りゅうたい王肱おうこう東郡太守とうぐんたいしゅに任命する。

青州せいしゅうで黄巾賊の勢いが強くなる。

青州刺史せいしゅうしし焦和しょうかが反董卓とうたく連合を離脱する。

4月

幽州牧ゆうしゅうぼく劉虞りゅうぐ太傅たいふに任命されるが、みことのりは届かず。

5月

司空しくう荀爽じゅんそうが亡くなる。

6月

光禄大夫こうろくたいふ種拂しゅふつ司空しくうに任命される。

董卓とうたくが反董卓とうたく連合の諸侯への和睦の使者を派遣する。

董卓とうたく五銖錢ごしゅせんを改鋳し、小錢を鋳造する。

孫堅そんけん魯陽県ろようけんの東で宴会を開く。

河内太守かだいたいしゅ王匡おうきょう河陽津かようしん孟津もうしん)で董卓とうたくに大敗する。

公孫度こうそんど遼東太守りょうとうたいしゅに任命される。


スポンサーリンク


190年の群雄勢力図

190年1月

190年1月の群雄勢力図

凡例

190年1月の群雄勢力図

190年12月

190年12月の群雄勢力図

凡例

190年12月の群雄勢力図

190年の情勢

山東さんとう地方(反董卓とうたく連合)

1月、山東さんとうの州郡が反董卓とうたく連合を結成して、董卓とうたく討伐の兵を起こしました。

この年を群雄割拠の元年として、独立勢力だけでなく、かん後漢ごかん)に従っている諸侯も群雄として扱います。

荊州けいしゅう

3月、長沙太守ちょうさたいしゅ孫堅そんけんが反董卓とうたく連合に参加するために北上し、その途上、荊州刺史けいしゅうしし王叡おうえい南陽太守なんようたいしゅ張咨ちょうしを殺害。荊州けいしゅう南陽郡なんようぐん魯陽県ろようけん袁術えんじゅつと合流しました。


その後、王叡おうえいの後任として荊州刺史けいしゅうししに任命された劉表りゅうひょうが、南陽郡なんようぐんを除く荊州けいしゅうの諸郡を平定します。

司隷しれい

冬、董卓とうたく荊州けいしゅう南陽郡なんようぐん魯陽県ろようけん孫堅そんけん司隷しれい河内郡かだいぐん王匡おうきょうを迎撃し、河陽津かようしん王匡おうきょうを打ち破りました。

特記事項

董卓とうたく連合の結成

1月、山東さんとうの州郡が反董卓とうたく連合を結成し、董卓とうたく討伐の兵を起こします。

董卓とうたく弘農王こうのうおう劉辯りゅうべんが反董卓とうたく連合のにしき御旗みはたとなるのを恐れて、郎中令ろうちゅうれい李儒りじゅに命じて服毒自殺を強要しました。

関連記事

正史『三国志』における反董卓連合の結成

袁紹はなぜ盟主になれたのか?名門袁氏の影響力と反董卓連合の正体

長安に遷都せんとする

2月、董卓とうたく洛陽らくようから長安ちょうあんみやこうつすことを提案します。

また董卓とうたくは、遷都せんとに反対した城門校尉じょうもんこうい伍瓊ごけい督軍校尉とくぐんこうい周毖しゅうひを、2人が推薦すいせんした人物の多くが反旗をひるがえしたことを理由に処刑してしまいました。


董卓とうたくは、洛陽らくようの富豪たちに罪を着せてその財産を没収。呂布りょふに命じて歴代皇帝や公卿こうけいたちの墓をあばいてその副葬品の宝物を奪い、洛陽らくようの宮殿、民家などをことごとく焼き払うと、自身は洛陽らくよう郊外の畢圭苑ひつけいえんに駐屯します。


3月、献帝けんてい長安ちょうあんに到着すると、反董卓とうたく連合の盟主となった袁紹えんしょうへの見せしめとして、太傅たいふ袁隗えんかい太僕たいぼく袁基えんきと、幼児を含むその一族50人余りを処刑しました。

関連記事

弘農王の殺害と長安遷都。反董卓連合の決起に対する董卓の反応

孫堅そんけんの挙兵

3月、長沙太守ちょうさたいしゅ孫堅そんけん董卓とうたく討伐の兵を挙げると、洛陽らくように向けて北上を開始します。

途中、孫堅そんけんは同じく董卓とうたく討伐をかかげていた荊州刺史けいしゅうしし王叡おうえいと、自分への協力を断った南陽太守なんようたいしゅ張咨ちょうしを殺害し、荊州けいしゅう南陽郡なんようぐん魯陽県ろようけん袁術えんじゅつと合流しました。

関連記事

董卓討伐に起ち上がった孫堅の『三国志演義』では隠されていた黒歴史

劉表りゅうひょうによる荊州けいしゅう平定

孫堅そんけん荊州刺史けいしゅうしし王叡おうえいを自害に追い込んだため、荊州けいしゅうの諸郡は宗賊そうぞく*1の勢いが増していました。

新たに荊州刺史けいしゅうししに任命された劉表りゅうひょうは、言葉たくみに宗賊そうぞく*1の指導者をまねくと、利益につられてやってきた55人の指導者を処刑し、彼らの軍勢を手中におさめました。

関連記事

劉表、荊州刺史に任命される。劉表の鮮やかな荊州平定戦

脚注

*1 江南(長江以南)の地方を荒らした一揆のこと。有力者を中心に結集して各地で反乱を起こした。

汴水べんすいの戦い

兗州えんしゅう陳留郡ちんりゅうぐん酸棗県さんそうけんに駐屯していた曹操そうそうが、司隷しれい河南尹かなんいん成皋県せいこうけんの要害攻略に向けて進軍を開始しました。

ですがその途中、汴水べんすいを渡ったところで董卓とうたく配下の徐栄じょえいの軍と遭遇し、大敗北をきっしてしまいます。


そして、なんとか酸棗県さんそうけんに逃げ帰った曹操そうそうは次なる策を提案しますが、董卓とうたくを恐れた酸棗県さんそうけんの諸侯は動こうとせず、ついには兵糧が底を突いたことを理由に解散してしまいました。

その後曹操そうそうは、揚州ようしゅうで新たに兵をつのって河内郡かだいぐん袁紹えんしょうと合流します。

関連記事

汴水(べんすい)の戦い。曹操の敗北と酸棗(さんそう)諸侯の解散

董卓とうたく連合に和睦の使者を送る

6月、董卓とうたくが反董卓とうたく連合の諸侯への和睦の使者として、大鴻臚だいこうろ韓融かんゆう少府しょうふ陰脩いんしゅう執金吾しつきんご胡母班こぼはん将作大匠しょうさくたいしょう呉修ごしゅう越騎校尉えっきこうい王纓おうえいを派遣します。

ですが、反董卓とうたく連合の盟主・袁紹えんしょうはこれを許さず、河内太守かだいたいしゅ王匡おうきょうに使者を殺害させました。

この使者の1人である胡母班こぼはんは、王匡おうきょう娘婿むすめむこでした。


また董卓とうたくは、これまで流通していた貨幣かへいである五銖銭ごしゅせんをつぶし、洛陽らくよう長安ちょうあんの銅像類をかして、従来の五銖銭ごしゅせんよりも薄く小さく、刻印も輪郭もなく、みがかれてもいない粗悪な貨幣かへい鋳造ちゅうぞうします。

関連記事

失敗した反董卓連合との和睦。董卓はなぜ袁隗・袁基を殺害したのか?

董卓による五銖銭改鋳の真意とは?後漢の通貨と粗悪な董卓五銖の影響

河陽津かようしんの戦い

冬、董卓とうたく荊州けいしゅう南陽郡なんようぐん魯陽県ろようけんに駐屯する孫堅そんけんに兵を向け、また、河陽津かようしん孟津もうしん)に軍を進めた河内太守かだいたいしゅ王匡おうきょうを迎撃して打ち破ります。

董卓とうたくに敗北した王匡おうきょうは、故郷の兗州えんしゅう泰山郡たいざんぐんに逃げ帰り、新たに募兵して陳留太守ちんりゅうたいしゅ張邈ちょうばくとの合流をはかりますが、以前王匡おうきょうが殺害した胡母班こぼはんの親族と共謀した曹操そうそうによって殺害されてしまいました。


王匡おうきょうが殺害された時期は不明ですが、王匡おうきょうが任地を離れているため「190年12月の群雄勢力図」では、河内郡かだいぐん曹操そうそうの支配地域として扱っています。またこの時、河内郡かだいぐんには袁紹えんしょうも駐屯していました。

関連記事

董卓軍を退けた孫堅の胆力と河内太守・王匡が敗北した河陽津の戦い


この年、董卓とうたくに反発する山東さんとうの諸侯が反董卓とうたく連合を結成。

これに董卓とうたくは、洛陽らくようから長安ちょうあんに都をうつして守りを固め、2度に渡る反董卓とうたく連合の攻撃を退しりぞけました。

そして、兵糧がきた酸棗県さんそうけんの諸侯は解散し、早くも反董卓とうたく連合の結束にほころびが見え始めます。

他の年を見る場合はこちら

三国志年表