建安けんあん4年(199年)秋8月、曹操そうそう袁紹えんしょう官渡かんとで対峙した際の、関中かんちゅうの諸将、荊州牧けいしゅうぼく劉表りゅうひょう長沙太守ちょうさたいしゅ張羨ちょうせんの反応についてまとめています。

スポンサーリンク

関中が曹操に帰順する

官渡の戦いの開戦

建安けんあん4年(199年)春に幽州ゆうしゅう公孫瓚こうそんさんを滅ぼした袁紹えんしょうは、曹操そうそうの本拠地である豫州よしゅう予州よしゅう)・潁川郡えいせんぐん許県きょけんを攻撃するため、冀州きしゅう魏郡ぎぐん黎陽県れいようけんにおいて兵を整え、延津えんしんに宿営します。

一方、徐州じょしゅう呂布りょふを滅ぼして後顧こうこうれいを断った曹操そうそうは、秋8月、袁紹えんしょう雌雄しゆうを決すべく、冀州きしゅう魏郡ぎぐん黎陽県れいようけんに軍を進め、臧覇ぞうはらを青州せいしゅうに進入させて斉国せいこく北海国ほっかいこく東安とうあん*1を撃ち破り、于禁うきん黄河こうがの河岸に駐屯させました。


曹操と袁紹の布陣

曹操そうそう袁紹えんしょうの布陣


そして12月、許県きょけんに帰還していた曹操そうそうは、再び兵を進めて官渡かんとに陣を取ります。

脚注

*1東安とうあんの詳細不明。北海国ほっかいこく東安平県とうあんぺいけん楽安国らくあんこくの誤記か。上記地図は楽安国らくあんこくとして作成しています。(斉国せいこく北海国ほっかいこくが郡単位のため)

関連記事

「官渡の戦い」の開戦と張繡の帰順

関中諸将の反応

袁紹えんしょう曹操そうそうが争っている間、関中かんちゅう函谷関かんこくかんの西側の地域)の諸将はみな、中立の立場をとり、戦況を傍観ぼうかんしていました。

涼州従事りょうしゅうじゅうじ楊阜ようふの見解

この頃、涼州りょうしゅう従事じゅうじ楊阜ようふ涼州牧りょうしゅうぼく韋端いたんの使者として許県きょけんおもむき、涼州りょうしゅう安定郡あんていぐん長史ちょうしに任命されました。

楊阜ようふが帰還すると、関西かんせい陝西せんせい)の諸将はみな、楊阜ようふに「袁紹えんしょう曹操そうそうの勝敗の行方ゆくえ」をたずねます。

すると楊阜ようふは、


袁公えんこう袁紹えんしょう)は寛大ではありますが果敢さがなく、策謀好きですが決断に欠けます。果敢さがなければ威厳はなく、決断に欠ければ後の事が上手く行きません。今は強大ではありますが、最終的に大事業を成功させることはできないでしょう。

曹公そうこう曹操そうそう)は雄大な才能と遠大な知略を持ち、機を逃さず決断してためらわず、法令は一貫し軍兵は精鋭、よく考えも及ばない人物を起用しますが、任命された者はそれぞれその力を充分に発揮しております。必ずや大事業を成しげることができるでしょう」


と答えました。

衛覬えいきの提案

袁紹えんしょう曹操そうそうが戦火をまじえると、荊州牧けいしゅうぼく劉表りゅうひょう袁紹えんしょうの味方をし(後述)、関中かんちゅう函谷関かんこくかんの西側の地域)の諸将もまた中立の立場をとっていました。

益州牧えきしゅうぼく劉璋りゅうしょうは以前から劉表りゅうひょうと仲が悪かったので、曹操そうそう衛覬えいき治書侍御史ちしょじぎょしとして益州えきしゅう劉璋りゅうしょうに派遣し、劉表りゅうひょう牽制けんせいさせることにしました。


ですが、衛覬えいき長安ちょうあんまで来てみると益州えきしゅうへの道は通じておらず、そのまま関中かんちゅうに留まります。


当時関中かんちゅうには四方から帰郷中の民衆がたくさんおり、関中かんちゅうの諸将の多くは彼らを部下として引き入れていました。

そこで衛覬えいきは、荀彧じゅんいくに手紙を送って関中かんちゅうの様子を伝え、司隷校尉しれいこうい関中かんちゅうを統治させることを提案します。

衛覬の手紙全文
タップ(クリック)すると開きます。

関中かんちゅう肥沃ひよくな地域ですが、先頃飢饉ききんや騒乱に遭遇し、荊州けいしゅうに流れ込んだ民衆10万余家は、郷土の安定を聞いて、みな関中かんちゅうに帰りたいと願っております。

ところが、帰還した者には生業なりわいもなく、諸将はそれぞれ競い合って彼らをまねき寄せては部下にしています。いったん変事や騒動があれば、必ず将来の禍根かこんとなりましょう。

そもそも塩は国の大切な宝ですが、動乱以来放置されています。以前のように使者を置いて売買を監督させるのが当然で、その利益をもって農牛を買い、もし帰郷の民がいれば、それを彼らに供給して農耕を奨励し、穀物を備蓄して関中かんちゅうを豊かにするべきです。そうすれば、遠方にいる民衆も、必ずや競い合って帰郷するでしょう。

また、司隷校尉しれいこうい関中かんちゅうを統治させて彼らのあるじとすれば、諸将の力は日に日にけずられ、官民は日に日に盛んになりましょう。これはもとを強めて敵を弱める有利な策です。


そして、荀彧じゅんいくがこの内容を曹操そうそうに報告すると、曹操そうそうはこれに従って初めて謁者僕射えっしゃぼくやを派遣して塩官えんかん*1を監督させ、司隷校尉しれいこうい鍾繇しょうよう)の治所を司隷しれい弘農郡こうのうぐんに置くことにしたので、関中かんちゅうの諸将はみな曹操そうそうに服従しました。

脚注

*1司隷しれい河東郡かとうぐんに塩池があり、ここに塩官えんかんが置かれました。


スポンサーリンク


劉表が袁紹に味方する

袁紹よりの使者

一方この頃袁紹えんしょうも、曹操そうそうの背後に位置する荊州牧けいしゅうぼく劉表りゅうひょうに使者を派遣して援軍を求めましたが、劉表りゅうひょうはこれを承諾しておきながら兵を出さず、また曹操そうそうに味方するでもなく、長江ちょうこう漢江かんこう一帯の地域を支配して天下の形勢の変化を静観していました。

そこで従事中郎じゅうじちゅうろう韓嵩かんすう別駕べつが劉先りゅうせんは、


「このまま態度を明らかにしなければ、両者からうらまれることになります。きっと曹操そうそう袁紹えんしょうを滅ぼすに違いありません。その次に狙われるのは荊州けいしゅうです。

ここは曹操そうそうに従うのが最良と存じます。曹操そうそうはきっと将軍しょうぐん劉表りゅうひょう)を大事にし、感謝するでしょう」


劉表りゅうひょうに進言します。

韓嵩と劉先の進言全文
タップ(クリック)すると開きます。

豪傑が互いに抗争し、両雄が対峙し合っております今、天下がどちらに傾くかは将軍しょうぐん劉表りゅうひょう)の態度にかかっています。

もし将軍しょうぐん劉表りゅうひょう)が大事を成すお気持ちをお持ちならば、立ち上がって彼らの疲弊ひへいにつけこむべきです。もしそうでないならば、当然服属する相手を選択なさってください。

将軍しょうぐん劉表りゅうひょう)は10万の軍勢をようし、安閑あんかんとして座ったまま成り行きを静観しておられます。そもそも賢者を見ながら応援の手を差し伸べもせず、和睦わぼくうてきているのにそれもなさらないなら、この2つのうらみは必ずや将軍しょうぐん劉表りゅうひょう)に集中するでありましょう。将軍しょうぐん劉表りゅうひょう)は中立でおられることは不可能です。

そもそも曹公そうこう曹操そうそう)は英智を持たれ、天下の優れた人物はすべて帰順しております。その形勢から申して、袁紹えんしょうを滅ぼすに違いありません。その後で、軍勢をげて長江ちょうこう漢江かんこうの地域(荊州けいしゅう)に向かって来たならば、おそらく将軍しょうぐん劉表りゅうひょう)は防ぎとめることができないでしょう。

それゆえ将軍しょうぐん劉表りゅうひょう)のために計画いたしますならば、荊州けいしゅうげて曹公そうこう曹操そうそう)に従うのが最良と存じます。曹公そうこう曹操そうそう)はきっと将軍しょうぐん劉表りゅうひょう)を大事にし感謝するでしょう。将軍しょうぐん劉表りゅうひょう)は永久とこしえに幸いを享受きょうじゅされ、これを後の代まで伝えることになりましょう。これこそ万全の対策と存じます。


すると、劉表りゅうひょうの大将・蒯越かいえつも彼らの意見に同意しました。

韓嵩を許県に派遣する

劉表りゅうひょうは散々悩んだ結果、韓嵩かんすうを呼んで言いました。


「現在天下は乱れに乱れ、誰の手に落ち着くか分からない。曹公そうこう曹操そうそう)は天子てんしようして許県きょけんみやこを置いている。君はわしのために彼の弱点を見てきてくれ」


すると韓嵩かんすうは、


「私は将軍しょうぐん劉表りゅうひょう)の臣として名をつらね、主君とあおぐ以上、たとえ熱湯をくぐり火を踏むことさえいとわず、将軍しょうぐん劉表りゅうひょう)の命令に従う覚悟です。

ですが私が観察しますに、曹公そうこう曹操そうそう)はきっと天下を救済されるに違いありません。将軍しょうぐん劉表りゅうひょう)が、上は天子てんしに、下は曹公そうこう曹操そうそう)に帰服なされるならば、必ずや百代ののちまでも利益を享受きょうじゅされるでしょう。

もしそうでないのならば、私がみやこに使者として出向き、天子てんしさまが私に官職を授与された場合、私は天子てんしさまの家来となり、将軍しょうぐん劉表りゅうひょう)の故吏こり(旧臣)に過ぎなくなります。

どうか将軍しょうぐん劉表りゅうひょう)には充分お考えになり、私の気持ちを裏切らないでくださいますように」


と言いましたが、劉表りゅうひょうはそのまま韓嵩かんすうみやこ許県きょけん)に派遣しました。

韓嵩の返答全文
タップ(クリック)すると開きます。

聖人は時代の変化に従った柔軟な生き方をわきまえ、それに次ぐ人間はかたくなに生き方を守り抜くものです。

私は自分の生き方を守り抜く人間です。そもそも主君にお仕えすれば、主君のおんためはかるのが原則で、君臣の名義が定まったならば、命をかけてその原則を守り抜くものです。

今、将軍しょうぐん劉表りゅうひょう)の臣として名をつらね主君とあおぐ以上、たとえ熱湯をくぐり火を踏むことさえいとわず、将軍しょうぐん劉表りゅうひょう)の命令に従います。

ですが私が観察しますに、曹公そうこう曹操そうそう)はきわめて英明な方でして、きっと天下を救済されるでしょう。将軍しょうぐん劉表りゅうひょう)には、上は天子てんしに帰順され、下は曹公そうこう曹操そうそう)に帰服されましたならば、必ずや百代ののちまでも利益を享受きょうじゅされ、楚国そこく荊州けいしゅう)も実際そのお陰をこうむることになります。

そのようなおつもりで私を使者としてつかわされるのならよろしゅうございます。もしまだご計画を決めておられないのならば、私がみやこに使者として出向き、天子てんしさまが私に官職を授与された場合、私は天子てんしさまの家来となり、将軍しょうぐん劉表りゅうひょう)の故吏こり(旧臣)に過ぎなくなります。

主君のおんためはかるという原則からすると、私は天子てんしのご命令を守り抜き、道義的にもう将軍しょうぐん劉表りゅうひょう)のおんために死ぬことはできなくなります。

どうか将軍しょうぐん劉表りゅうひょう)には充分お考えになり、私の気持ちを裏切らないでくださいますように。


すると案の定、献帝けんてい韓嵩かんすう侍中じちゅうに任命し、零陵太守れいりょうたいしゅに昇進させました。

そして帰還した韓嵩かんすうは、曹操そうそうの威光と恩徳について充分に説明し、劉表りゅうひょうの子供を人質として送るように進言します。

これを聞いた劉表りゅうひょうは「韓嵩かんすう二心ふたごころいだいたのだ」と思い込み激怒して、幕僚数百人を集め、軍兵をつらねて韓嵩かんすうを引見し、せつ(処罰権を示す旗)を持って彼を斬り捨てようとして、


韓嵩かんすうよくも裏切ったなっ!」


詰問きつもんしました。

人々はみな恐れ、韓嵩かんすうに謝罪させようとしましたが、韓嵩かんすうは身動き 1つせずに、劉表りゅうひょうに向かって、


将軍しょうぐん劉表りゅうひょう)が私を裏切られたのであり、私が将軍しょうぐん劉表りゅうひょう)を裏切ったのではありません」


と言い、もう一度前の発言について詳細に説明します。

劉表りゅうひょうの怒りはおさまりませんでしたが、劉表りゅうひょうの妻の蔡氏さいしが彼をいさめて、


韓嵩かんすう楚国そこく荊州けいしゅう)の名門です。その上、彼の言葉は率直そっちょくであり、彼を処刑なさるだけの理由がございません」


と言ったので、劉表りゅうひょうは処刑を取りやめましたが、韓嵩かんすう拘禁こうきんしました。


スポンサーリンク


長沙太守・張羨が曹操につく

張羨の反乱

これより以前の建安けんあん3年(198年)、長沙太守ちょうさたいしゅ張羨ちょうせんが、

  • 長沙郡ちょうさぐん
  • 零陵郡れいりょうぐん
  • 桂陽郡けいようぐん

の3郡をげて劉表りゅうひょうに反乱を起こしており、劉表りゅうひょうはこれを包囲していましたが、いまだに陥落させることができずにいました。


建安4年(199年)の勢力図

建安けんあん4年(199年)の勢力図

豆知識

南陽郡なんようぐん出身の張羨ちょうせんは以前、零陵郡れいりょうぐん桂陽郡けいようぐんの管轄下にある県の県長けんちょうとなり、長江ちょうこう湘江しょうこう一帯の民心をつかんでいました。

ですが、張羨ちょうせんは強情で人に屈することがなかったので、劉表りゅうひょうは彼の人物を軽んじ、あまり礼遇しませんでした。

張羨ちょうせんはこのために遺恨いこんいだき、結局劉表りゅうひょう叛旗はんきひるがえしたのです。

桓階の進言

曹操そうそう袁紹えんしょう官渡かんとにおいて対峙して、劉表りゅうひょうが州をげて袁紹えんしょうに呼応すると、長沙郡ちょうさぐん桓階かんかい張羨ちょうせんに、


曹公そうこう曹操そうそう)は弱いとはいえ、道義に従ってち上がっています。誰があえて服従しないでおれましょうか」


と、曹操そうそうにつくことを勧めました。

桓階の進言全文
タップ(クリック)すると開きます。

そもそも行動を起こしても道義にもとづかない場合、失敗しない者はありません。それゆえ、春秋しゅんじゅう時代の桓公かんこうは諸侯を統率してしゅうを尊重し、しん文王ぶんおう王子おうじ叔帯しゅくたい放逐ほうちくして周王しゅうおうを都に入れました。

今、袁氏えんしはそれと反対の態度を取っているのに、劉牧りゅうぼく劉表りゅうひょう)がそれに呼応されますのは、災難をまねくやり方です。

明府めいふ張羨ちょうせん)には必ず功業を打ち立て道義を明らかにし、福禄ふくろくまっとうし災禍さいかを遠ざけたいと願われますならば、彼と同調してはいけません」


張羨ちょうせんが「そうなれば、どちらに向かえばよかろう」とたずねると桓階かんかいは、


曹公そうこう曹操そうそう)は弱いとはいえ、道義に従ってち上がり、朝廷の危機を救い、王命をかしこみ罪ある者を討伐しておりまして、誰があえて服従しないでおれましょうか。

今もし4つの郡と3つのかわを保持してその到来を待ち、彼のために内応するならば、よろしいではございませんか。


桓階かんかいの進言に「なるほど」とうなずいた張羨ちょうせんは、長沙郡ちょうさぐん零陵郡れいりょうぐん桂陽郡けいようぐんの3郡をげて曹操そうそうに使者を派遣し、劉表りゅうひょうに抵抗しました。

曹操そうそうは大層喜び、後に荊州けいしゅうを平定した曹操そうそうは、桓階かんかい張羨ちょうせんのために画策した(張羨ちょうせん曹操そうそうにつくように勧めた)と聞き、桓階かんかいし出して丞相じょうしょうえん主簿しゅぼとし、趙郡太守ちょうぐんたいしゅに昇進させました。

張羨ちょうせんの反乱のその後

劉表りゅうひょう張羨ちょうせんを包囲しましたが、幾年も陥落させることができませんでした。

ですが、その間に張羨ちょうせんは病死。長沙郡ちょうさぐんでは張羨ちょうせんの子・張懌ちょうえき太守たいしゅに立てて抵抗を続けましたが、袁紹えんしょうとの戦いが続いていたため曹操そうそうは援軍を出すことができず、劉表りゅうひょうはそのまま攻撃を続けて張懌ちょうえきを併合しました。

※この張羨ちょうせんの反乱については、いつ平定されたのかは明記されていません。


曹操そうそう袁紹えんしょう官渡かんとで対峙すると、周辺の諸将は曹操そうそう袁紹えんしょうのどちらにつくか、態度を鮮明にする必要にせまられました。

結果、関中かんちゅう函谷関かんこくかんの西側の地域)の諸将は曹操そうそうにつき、荊州けいしゅう劉表りゅうひょう袁紹えんしょうにつくことを決めます。

一方、前年から荊州けいしゅう南部で劉表りゅうひょう叛旗はんきひるがえしていた張羨ちょうせんは、曹操そうそうに使者を派遣して内応しましたが、曹操そうそうには彼のために援軍を出す余裕はありませんでした。