建安けんあん9年(204年)秋7月、袁尚えんしょう冀州きしゅう魏郡ぎぐん鄴県ぎょうけん救援から、鄴県ぎょうけんが陥落するまでをまとめています。

スポンサーリンク

曹操の鄴県(鄴城)攻撃

審配の防衛

袁譚えんたんの降伏を受け入れた曹操そうそうが、袁尚えんしょう攻撃のため冀州きしゅう魏郡ぎぐん黎陽県れいようけんに進軍すると、袁尚えんしょう平原県へいげんけんの包囲をいて冀州きしゅう魏郡ぎぐん鄴県ぎょうけんに帰還しました。

ですが、建安けんあん9年(204年)2月*1、まだ曹操そうそう鄴県ぎょうけんに攻め寄せて来る前に、袁尚えんしょう鄴県ぎょうけんの守備に審配しんぱい蘇由そゆうを残して、再び青州せいしゅう平原国へいげんこく平原県へいげんけん袁譚えんたんを攻撃します。


鄴県の防衛

鄴県ぎょうけんの防衛


鄴県ぎょうけんを守る審配しんぱいは、蘇由そゆう審配しんぱいの大将・馮礼ふうれいの内応がありながらも城を固守。曹操そうそうは力攻めをあきらめて周辺の諸城を攻略すると、鄴県ぎょうけんの周囲に塹壕ざんごうを掘って漳水しょうすいの水をそそぎ込み、鄴県ぎょうけんを孤立させました。

脚注

*1後漢書ごかんじょ袁譚伝えんたんでんでは3月。

関連記事

袁尚の救援

秋7月、袁尚えんしょう冀州きしゅう魏郡ぎぐん鄴県ぎょうけんの救援に引き返して来ました。

これに曹操そうそう軍の諸将はみな、


「これは本拠(鄴県ぎょうけん)に帰る軍なので、各自が自発的に戦います。けた方がよろしいでしょう」


と主張しましたが、曹操そうそうは、


袁尚えんしょうが大道から来ればけなければならないが、もし西山せいざんを通ってくれば、それは負けに来ることだ」*2


と言いました。


果たして袁尚えんしょうは、西山せいざんづたいに進んで鄴県ぎょうけんから東に17里(約7.31km)の地点、陽平亭ようへいていに到着し、滏水ふすいのぞんで狼煙のろしを上げて城中に援軍の到着を知らせました。


滏水(ふすい)

滏水ふすい


ちょうどその頃、曹操そうそうが派遣した物見の者がみな、


袁尚えんしょうは間違いなく西道(西山せいざん)を進み、すでに邯鄲かんたん冀州きしゅう趙国ちょうこく邯鄲県かんたんけん)にいます」


と報告すると、曹操そうそうは大いに喜び、諸将を集めて言いました。


わしはすでに冀州きしゅうを手に入れたぞ。諸君はそれを知っているか?」


みなが「知りません」と答えると曹操そうそうは、


「諸君は間もなく、それをの当たりに見るだろう」


と言いました。

脚注

*2資治通鑑しじつがん胡三省こさんせい注に「大道から来るならば、人は勝敗をかえりみず必死のこころざしをもって本拠を救おうとする。もし山を通って来るならば、戦いの際に進むことも退くこともできるので、人は身の安全を優先し、命をけて戦おうとしない。曹操そうそう袁尚えんしょうが後者を選ぶと予測した」とある。


スポンサーリンク


鄴県(鄴城)の陥落

袁尚の敗北

袁尚えんしょう滏水ふすいのぞんで狼煙のろしを上げて城中に援軍の到着を知らせると、城中からもまた狼煙のろしを上げて答え、審配しんぱいは城(鄴県ぎょうけん)の北門から出撃して、袁尚えんしょうと呼応して包囲を破ろうとしましたが、曹操そうそうに迎撃されて敗北し、城中に逃げ戻りました。

袁尚えんしょうの方でもまた敗れて逃走し、漳水しょうすいの曲がりかど沿って陣を構えると、曹操そうそうはこれを追って包囲しようとします。

これにじ気づいた袁尚えんしょうは、まだ包囲の輪が完成する前に陰夔いんき陳琳ちんりんつかわして降伏をいましたが、曹操そうそうはそれを許しませんでした。

しかたなく袁尚えんしょうは、夜陰にまぎれて濫口らんこう*3に逃走しますが、曹操そうそうは前進して再びこれを厳しく包囲します。

すると、袁尚えんしょうの将・馬延ばえん張顗ちょうぎらが戦闘を前にして降伏。軍勢は総崩れとなり、袁尚えんしょう冀州きしゅう中山国ちゅうざんこくに逃走しました。


中山国(ちゅうざんこく)の場所

冀州きしゅう中山国ちゅうざんこく


この時曹操そうそうは、袁尚えんしょう軍の輜重しちょう(輸送物資)をことごとく捕獲し、袁尚えんしょう印綬いんじゅ節鉞せつえつ、衣服、器物を手に入れました。

脚注

*3魏書ぎしょ袁紹伝えんしょうでん後漢書ごかんじょ袁譚伝えんたんでんでは濫口らんこう魏書ぎしょ武帝紀ぶていぎ資治通鑑しじつがんでは祁山きざん

曹操の危機

曹操そうそう袁尚えんしょう軍の降兵を城中の家族たちに見せると、城中では戦意を喪失そうしつしました。

ですが審配しんぱい士卒しそつに命令を下して、


「城を堅く守り、命をしまずに戦えっ!曹操そうそう軍は疲弊ひへいしている上、まもなく幽州ゆうしゅう袁熙えんき)の援軍が到着する。あるじ袁尚えんしょう)がおらぬことをうれうことはないっ!」


叱咤しったし、弩兵どへいを伏せて、包囲陣を巡察中の曹操そうそうに射かけ、もう少しで命中するところでしたが、外してしまいました。

鄴県(鄴城)の陥落

8月、審配しんぱいが守る冀州きしゅう魏郡ぎぐん鄴県ぎょうけんの城中では、半分以上の者が餓死がししていました。

この時、審配しんぱいの兄の子・審栄しんえいが、夜中に守備していた東門を開け、曹操そうそうの兵を城内に引き入れました。審配しんぱいは城中で迎え撃って戦いますが、敗れて曹操そうそうの兵に生けりにされてしまいました。

辛評しんぴょう審配しんぱい

審栄しんえいが城門を開いて曹操そうそうの兵を引き入れた時、審配しんぱいは城の東南のすみ望楼ぼうろうの上からそれを見て、「辛毗しんぴ郭図かくと冀州きしゅうを破滅に追い込んだのだっ!」と激怒します。

以前、袁尚えんしょう袁譚えんたんたもとを分かった時、袁譚えんたんに従った辛毗しんぴ郭図かくとの家族はみな呼び寄せて脱出することができましたが、辛毗しんぴの兄・辛評しんぴょうの家族だけは袁譚えんたんに捕らえられてしまいました。

曹操そうそうの軍中にいた辛毗しんぴは、城門が開いたと聞くとすぐさま監獄に駆けつけますが、すでに辛評しんぴょうの家族は審配しんぱいの命令により殺害された後でした。


この日、審配しんぱいが生け捕りにされ、幕下に引き出されようとする途中で、辛毗しんぴらが迎え出てむちで彼の頭を打ちながら、


「この野郎、貴様は今日こそ生命がないぞっ!」


ののしると、審配しんぱいは振り返って、


「犬めっ!まったく貴様らのために我が冀州きしゅうは負けたのだ。貴様をぶち殺せないのが残念だ。大体貴様に今、わしを殺したり生かしたりできるのかっ!」


と言い返しました。

曹操そうそう審配しんぱい

しばらくして引見した曹操そうそうが、審配しんぱいに向かって問いかけました。


「誰が君の城門を開けたのか知っておるか?」


審配しんぱいは「知らぬ」と答えます。曹操そうそうが、


「君の兄の子の審栄しんえいだぞ」


と言うと審配しんぱいは、


「小僧め、役立たずのくせにそんなことをしおって…」


くやしがりました。そして曹操そうそうがさらに、


「先日、わしが包囲した時、なぜいしゆみをたくさんかけたのか」


と問うと審配しんぱいは、


「その少なかったのが残念だ」


と答えました。

曹操そうそう審配しんぱいを生かしておきたいと思い、


「お前は袁氏えんし父子に忠義であったゆえ、当然そうするしか仕方がなかったのであろう」


と言いましたが、審配しんぱいがまったく弱音をかない上に、辛毗しんぴらが号泣ごうきゅうしてやまないので、結局審配しんぱいを殺害することにしました。

審配しんぱいの忠義

これより先に曹操そうそうに降伏していた冀州きしゅう出身の張子謙ちょうしけんは、かねてから審配しんぱいと不仲であったため、嘲笑ちょうしょうして審配しんぱいに言いました。


正南せいなん審配しんぱいあざな)よ、あなたは結局、わしとどう違いますかな?」


すると審配しんぱいは声を荒げて、


「貴様は降人。審配しんぱいは忠臣だ。死んだとしても、お前の生きているのとはわけが違うのだ」


と言いました。

そして刑の執行にあたり審配しんぱいは、刀を持っている者を怒鳴どなりつけ、自分の身体を北に向かせて言いました。


「我が君は北にいらっしゃるのだっ!」


審配しんぱい声音こわねと気迫は壮烈であり、最後まで弱音をくことがなかったので、この有り様を見た者で感嘆かんたん吐息といきらさない者はいませんでした。

こうして審配しんぱいは斬刑に処され、鄴県ぎょうけん曹操そうそうによって平定されました。

豆知識

鄴県ぎょうけんが平定されると、張遼ちょうりょうは別軍を連れて冀州きしゅう趙国ちょうこく常山国じょうざんこくを攻め落とし、やま沿いのぞくたちと黒山賊こくざんぞく孫軽そんけいらを誘って降伏させました。


スポンサーリンク


袁紹の墓を祭る

曹操が袁紹を祭る

鄴県ぎょうけんを平定した曹操そうそうは、袁紹えんしょうの墓におもむいて祭り、こくして涙を流しました。

また、袁紹えんしょうの妻をいたわり、その下僕と宝物を返してやり、きぬきぬ)・わた綿わた)の類をさずけ、官から扶持米ふちまいを与えました。

豆知識

裴松之はいしょうしは、ここで孫盛そんせいの言葉を注に引いています。


昔、先王が刑罰と恩賞を行ったのは、悪をらしめ善を奨励し、後々までも鑑戒かんかいいましめとすること)を明らかにしようとしたためである。

袁紹えんしょうは世の中の危難を利用してついに反逆のたくらみをいだき、上は伝国の宝物について取り沙汰ざたし、下は国家の紀綱きこう(政治を行なう上で根本となる重要な制度や規則)をおかした。天子てんし宗廟そうびょうに首をささげ、袁紹えんしょうの邸宅をはずかしめるのが古代の制度である。

それをなんと、逆臣の墓で哀悼あいとうを尽くし、悪人の家に恩恵を加えている。政治を行う道は、この結果頓挫とんざした。そもそもうらみの念を友人に隠して平然としているのは、過去の賢人が恥としたことである。

旧邸きゅうていに車をとどめても、道理としてそら涙を流しはしないものだ。仮にも生き方が異なり友好関係がち切れた以上、どうしてこくする必要があろう。

昔、かん高祖こうそ劉邦りゅうほう)は項羽こううに対して間違った態度を取り、武帝ぶてい曹操そうそう)はそのあやまりをてこの行為を行った。どうして「百慮ひゃくりょ一失いっしつ」*4でないと言えよう。

脚注

*4一般には「千慮せんりょ一失いっしつ」。色々考えをめぐらせたのに防げなかった、たった一つの間違いのこと。
ちょう広武君こうぶくん李左車りさしゃ)を生けりにしたかん将軍しょうぐん韓信かんしんが、彼のいましめをいて教えをうた時、広武君こうぶくん李左車りさしゃ)は「智者ちしゃにも千慮せんりょに必ず一失いっしつあり、愚者ぐしゃにも千慮せんりょに必ず一得いっとくあり(頭の良い人だってたまには間違った判断をすることがあるし、おろか者だってたまには良い判断をすることがあるものです)」と言ったことから生まれた故事成語。

袁紹の野心

魏書ぎしょ武帝紀ぶていぎではここで、曹操そうそう袁紹えんしょうの過去のやり取りをせています。


その昔、袁紹えんしょう曹操そうそうと共に兵をげた時、袁紹えんしょう曹操そうそうに、


「もし事が成就じょうじゅしなかったなら、るべき所はどの方面だろうな?」


たずねると、曹操そうそうは「貴殿の意見はどうですかな?」と聞き返しました。


これに袁紹えんしょうは、


わしは南方は黄河こうがに頼り、北方はえんだいをたのみとし、戎狄じゅうてき(北方の蛮族ばんぞく)の軍勢を合わせ、南に向かって天下の覇権を争う。そうすれば、おそらく成功できるだろう」


と答えます。すると曹操そうそうは、


「私は天下の智者・勇者に任せ、道義をもって彼らを制御します。うまくいかないことはないでしょう」


と言い、また続けて、


「(いんの)湯王とうおう・(西周せいしゅうの)武王ぶおうといった天子てんしは、天下を支配する前に、根拠地を1ヶ所に固定していた訳ではありません。もし険固さをり所とするならば、機に応じて変化する事は不可能ですぞ」


と言いました。


建安けんあん9年(204年)2月、審配しんぱいが守る冀州きしゅう魏郡ぎぐん鄴県ぎょうけんの力攻めに失敗した曹操そうそうは、城の周囲に塹壕ざんごうを掘って漳水しょうすいの水をそそぎ込み、鄴県ぎょうけんを孤立させて包囲しました。

秋7月、袁尚えんしょう青州せいしゅう平原国へいげんこく平原県へいげんけんから引き返し、鄴県ぎょうけんの救援に向かいますが、曹操そうそうに敗北。曹操そうそうに降伏を申し入れますが、受け入れられなかったため冀州きしゅう中山国ちゅうざんこくに逃走します。

8月、審配しんぱいの兄の子・審栄しんえいが城門を開いて曹操そうそう軍を引き入れたため鄴県ぎょうけんは陥落。守将であった審配しんぱいは、袁尚えんしょうへの忠義をつらぬいて処刑されました。