正史『三国志』『三国志演義』に登場する人物たちの略歴、個別の詳細記事、関連記事をご案内しています。

索引

    

    

    

    

    

    

    

    

    

    

袁紹えんしょう本初ほんしょ
袁紹(えんしょう)

生没年 ?年〜202年
出身地 豫州よしゅう汝南郡じょなんぐん汝陽県じょようけん
所属勢力 霊帝れいてい少帝しょうてい→独立

4代にわたって三公さんこうを輩出した名門・汝南じょなん袁氏えんしの出身で、若い頃から人望を集めた。

霊帝れいてい崩御の混乱に乗じて腐敗の元凶である宦官2,000人あまりを殺害するが、董卓とうたくが朝廷の実権を握ると冀州きしゅうに逃亡して反董卓連合の盟主となる。

その後河北かほく一体におよぶ一大勢力を築くが、官渡かんとの戦いで曹操そうそうに敗れると勢いは失われ、しばらくして病死する。




袁術えんじゅつ公路こうろ
袁術(えんじゅつ)

生没年 ?年〜199年
出身地 豫州よしゅう汝南郡じょなんぐん汝陽県じょようけん
所属勢力 霊帝れいてい少帝しょうてい献帝けんてい→独立

4代にわたって三公さんこうを輩出した名門・汝南じょなん袁氏えんしの出身で、袁紹えんしょう従弟いとこ

董卓とうたくが権力を握ると、南陽郡なんようぐんで挙兵して反董卓とうたく連合に参加するが、やがて袁紹えんしょうと対立する。

その後揚州ようしゅうに勢力を拡大した袁術えんじゅつは、天子を僭称せんしょうして国号を「ちゅう」とさだめるも、諸侯の反発を受け、孫策そんさくが離反。曹操そうそうに敗北した袁術えんじゅつ袁紹えんしょうの元に身を寄せようとするが、その途中に発病して亡くなった。



王允おういん子師しし
王允(おういん)

生没年 137年〜192年
出身地 幷州へいしゅう太原郡たいげんぐん祁県しけん
所属勢力 桓帝かんてい霊帝れいてい少帝しょうてい献帝けんてい

若くから経典を手放さず節義を重んじ、名儒の郭泰かくたいに「王佐の才」と評された。
誰に対しても臆さずいさめたために任官と解任を繰り返していたが、洛陽らくように入って権力を握った董卓とうたく司徒しとに任命された。

董卓とうたくの傍若無人な振る舞いを憂慮した王允おういん董卓とうたくの暗殺に成功するが、李傕りかく郭汜かくしらの降伏を退けたため、逆に攻められて処刑されてしまった。





何氏かし
何氏(かし)

生没年 ?〜189年
出身地 荊州けいしゅう南陽郡なんようぐん宛県えんけん
所属勢力 霊帝れいてい少帝しょうてい

後漢ごかん第12代皇帝・霊帝れいてい皇后こうごう

屠殺業を営む身分の低い家柄であったが、兄の何進かしんが賄賂を贈ったことにより宮中に入り、霊帝れいていの寵愛を受けて少帝しょうていべんを生んだ。

非常に嫉妬深く、献帝けんていきょうを生んだ王美人おうびじんを毒殺。

さらに政敵である董太后とうたいごうを追放したが、そのことによって董卓とうたくの怒りを買い、幽閉後に殺害されてしまった。



何進かしん遂高すいこう
何進(かしん)

生没年 ?〜189年
出身地 荊州けいしゅう南陽郡なんようぐん宛県えんけん
所属勢力 霊帝れいてい少帝しょうてい

屠殺業を営む身分の低い家柄であったが、賄賂を贈って異母妹を宮中に入れたために出世し、黄巾の乱が勃発すると大将軍だいしょうぐんとなった。

霊帝れいていが崩御すると、何皇后かこうごうの子劉辯りゅうべんを即位させ、王美人おうびじんの子劉協りゅうきょうを推していた宦官の一掃を企てる。

反対する何皇后かこうごうに圧力をかけるため、袁紹えんしょうの献策によって、董卓とうたくら諸豪族を呼び寄せるが、その到着を前に十常侍じゅうじょうじの謀略によって殺害された。



華雄かゆう葉雄しょうゆう
華雄(かゆう)/葉雄(しょうゆう)

生没年 ?〜191年
出身地 不明。『三国志演義』では関西かんせい
所属勢力 霊帝れいてい少帝しょうてい献帝けんてい董卓とうたく

董卓とうたく配下の都尉とい

董卓とうたくが朝廷で権力を握ると反董卓とうたく連合が決起。胡軫こしんに従って陽人聚ようじんじゅに侵出した孫堅そんけんを迎撃に出るが、胡軫こしんを嫌った呂布りょふが偽情報を流したため胡軫こしん軍は敗北。混乱の中で華雄かゆうは斬られ、獄門ごくもん(さらし首)にかけられた。

『三国志演義』では、鮑忠ほうちゅう祖茂そも兪渉ゆしょう潘鳳はんほうを次々に討ち取る活躍を見せるが、その後関羽かんうに瞬殺され、関羽かんうの強さを強調する役目をになう。



関羽かんう雲長うんちょう
関羽(かんう)

生没年 ?〜220年
出身地 司隷しれい河東郡かとうぐん解県かいけん
所属勢力 劉備りゅうび

解県かいけんで暴利を貪る塩商人を殺して幽州ゆうしゅうに逃げてきたところで劉備りゅうび張飛ちょうひと出会い、劉備りゅうびに仕えて挙兵した。

曹操そうそうに捕らえられた際は、厚遇されても劉備りゅうびへの忠誠を忘れず、曹操そうそうの敵であった袁紹えんしょう配下の猛将、顔良がんりょうを討って恩を返してから曹操そうそうのもとを去った。

劉備りゅうびが蜀の地を得ると荊州けいしゅうを任されるが、傲慢で敵をあなどる性格が災いし、魏を攻めている最中、呉に背後を突かれて敗死した。



韓馥かんふく文節ぶんせつ
韓馥(かんふく)

生没年 ?〜?(191年7月以降)
出身地 豫州よしゅう潁川郡えいせんぐん
所属勢力 霊帝れいてい少帝しょうてい

朝廷の実権を握った董卓とうたくにより冀州牧きしゅうぼくに任命されるが、その後反董卓とうたく連合に参加する。

董卓とうたくが即位させた献帝けんていを認めず、袁紹えんしょうと共に幽州牧ゆうしゅうぼく劉虞りゅうぐを天子に擁立ようりつしようとしたが、劉虞りゅうぐ本人の反対により失敗した。

公孫瓚こうそんさん冀州きしゅうにに侵攻すると、保身のために袁紹えんしょう冀州きしゅうゆずるが、すべての権力を剥奪はくだつされてしまう。その後、陳留太守ちんりゅうたいしゅ張邈ちょうばくの元に身を寄せるが、袁紹えんしょうに命を狙われていると思い込み、自害してしまった。



献帝けんてい
献帝(けんてい)

生没年 181年〜234年
出身地 司隷しれい河南尹かなんいん洛陽県らくようけん
所属勢力 後漢ごかん

いみな劉協りゅうきょう霊帝れいていの次子で少帝しょうてい異母弟いぼていにあたる。母の王美人おうびじんは、劉協りゅうきょうを生むと何皇后かこうごうの嫉妬により毒殺された。

霊帝れいていの死後、朝廷で権力を握った董卓とうたく擁立ようりつされて天子に即位する。

その後、董卓とうたく長安ちょうあんへの遷都せんとを強行し、長安ちょうあんを脱出した献帝けんていは、曹操そうそうに保護されて都を豫州よしゅう潁川郡えいせんぐん許県きょけんに移した。

220年、曹操そうそうの跡を継いだ曹丕そうひに帝位を禅譲ぜんじょうし、400年に渡る漢王朝はその幕を閉じた。


皇甫嵩こうほすう義真ぎしん
皇甫嵩(こうほすう)

生没年 ?〜195年
出身地 涼州りょうしゅう安定郡あんていぐん朝那県ちょうなけん
所属勢力 霊帝れいてい少帝しょうてい献帝けんてい

若い頃から真面目で慈悲深く、詩書を好んで弓馬術の習得に励んでいた。

黄巾の乱が勃発すると、党錮とうこの禁の解禁と霊帝れいていの私財の放出を提案。左中郎将さちゅうろうしょうに任命され、朱儁しゅしゅんと共に潁川えいせん方面の黄巾討伐を担当する。

黄巾の乱が終結した後も各地の反乱鎮圧に活躍した。
その後、朝廷の実権を握った董卓とうたくと反目して冷遇されたが、董卓とうたくの死後は再び栄達し、その最期は病死だった。



蔡邕さいよう伯喈はくかい
蔡邕(さいよう)

生没年 132 or 133〜192年
出身地 兗州えんしゅう陳留郡ちんりゅうぐん圉県ぎょけん
所属勢力 桓帝かんてい霊帝れいてい少帝しょうてい董卓とうたく

若い頃から博学で、書物や算術、天文を好み、音楽にも精通していた。

霊帝れいていに宦官の悪行を報告したことで十常侍じゅうじょうじの恨みを買って官位を剥奪されたが、高名を聞いた董卓とうたくに召し出され、その後は董卓とうたくに仕えた。

董卓とうたく王允おういんに殺された際、嘆くような素振りを見せたことから、怒った王允おういんによって罪に問われる。その後、王允おういんが悔いて容疑を取り下げようとしたが間に合わず、獄中で没した。




朱儁しゅしゅん公偉こうい
朱儁(しゅしゅん)

生没年 ?〜195年
出身地 揚州ようしゅう会稽郡かいけいぐん上虞県じょうぐけん
所属勢力 霊帝れいてい少帝しょうてい献帝けんてい

黄巾の乱が起こると右中郎将ゆうちゅうろうしょうに任命され、皇甫嵩こうほすうらと各地を転戦してその鎮圧に貢献した。

黄巾の乱後に実権を握った董卓とうたく李傕りかく郭汜かくしらにも高く評価されて表面上は従ったが、最期まで献帝けんていの復権を願っていた。

吉川英治よしかわえいじの小説『三国志』や、これを原作とした横山光輝よこやまみつてるの漫画『三国志』では、傲慢ごうまん凡庸ぼんような将軍として描かれているため、無能なイメージがついてしまった可哀想な人。




鄒靖すうせい
鄒靖(すうせい)

生没年 不明
出身地 不明
所属勢力 霊帝れいてい(→少帝しょうてい献帝けんてい

黄巾の乱が起こると、挙兵した劉備りゅうびを従えてその討伐にあたった。

翌年の185年、皇甫嵩こうほすうと共に「韓遂かんすい辺章へんしょうの乱」の鎮圧に向かった際、烏桓うがん兵3,000人の増援の案に対し「烏桓うがん兵は弱いので鮮卑せんぴ兵を採用すべきだ」と提案したものの「鮮卑せんぴ兵は野蛮で戦地で略奪を働くから」と反対されて却下された。

鄒靖すうせいは辺境近くで暮らしていた経験があり、異民族たちの実態をよく知っていたらしい。



曹操そうそう孟徳もうとく
曹操(そうそう)

生没年 155年〜220年
出身地 豫州よしゅう沛国はいこく譙県しょうこく
所属勢力 霊帝れいてい少帝しょうてい献帝けんてい

父・曹嵩そうすう中常侍ちゅうじょうじ曹騰そうとうの養子となったためそう氏を継ぐ。

董卓とうたくが朝廷を支配すると洛陽らくようを脱出し、私財を投じて挙兵した。
董卓とうたくの死後、長安ちょうあんを脱出した献帝けんていを迎えると着々と中原の支配を固め、官渡の戦いで袁紹えんしょうを破ると、華北一帯に及ぶ一大勢力を築く。

216年に魏王ぎおうに封じられるが、最後まで帝位にはつかず、後漢ごかん丞相じょうしょうとしてその生涯を閉じる。




孫堅そんけん文台ぶんだい
孫堅(そんけん)

生没年 155年〜191年
出身地 揚州ようしゅう呉郡ごぐん富春県ふしゅんけん
所属勢力 霊帝れいてい少帝しょうてい献帝けんてい

17歳の時に銭塘県せんとうけんで海賊退治をしたことで名を挙げ、その後は会稽郡かいけいぐんで起こった許昌きょしょうの乱をはじめとする各地の反乱の鎮圧で活躍した。

また、袁紹えんしょうを盟主とする反董卓とうたく連合軍に応じて挙兵し、袁術えんじゅつの下で積極的に戦って華雄かゆうを討ち取った。

袁紹えんしょう袁術えんじゅつの対立が深まると、袁術えんじゅつの命によって袁紹えんしょう派の劉表りゅうひょうを攻めるが、黄祖こうその部下が放った矢によって命を落とした。




張角ちょうかく
張角(ちょうかく)

生没年 ?〜184年
出身地 冀州きしゅう鉅鹿郡きょろくぐん
所属勢力 独立勢力

道教の一派である太平道たいへいどうの開祖。自ら大賢良師たいけんりょうしと称し、8つの州にまたがり40〜50万人の信者を抱えていた。

表面的には善道を説いていたが、信者を36の「ほう」に分け、それぞれに将軍を配置してまとめさせると、信者による一斉蜂起をうながして後漢ごかん転覆てんぷくを企てた。

宗教家としての太平道人たいへいどうじん大賢良師たいけんりょうしに続いて、黄巾の乱を引き起こした際は、天公将軍てんこうしょうぐんと称するなど、肩書きが大好きな人。黄巾の乱の最中に病死する。


張飛ちょうひ益徳えきとく
張飛(ちょうひ)

生没年 ?〜221年
出身地 幽州ゆうしゅう涿郡たくぐん
所属勢力 劉備りゅうび

劉備りゅうびの挙兵以来、関羽かんうと共に兄弟のように仕えた万夫不当ばんぷふとうの豪傑。

長坂ちょうはんの戦いでは、曹操そうそう軍から逃げる劉備りゅうびを守るために殿軍しんがりつとめ、一喝して曹操そうそう軍を退けるなど、その勇名は敵味方にとどろいていた。

目上の者はうやまうが、部下に対する苛烈な刑罰を改めることができず、関羽かんうとむらい合戦の前に恨みを抱いていた部下の范彊はんきょう張達ちょうたつに殺害された。『三国志演義』でのあざな翼徳よくとく



張宝ちょうほう
張宝(ちょうほう)

生没年 ?〜184年
出身地 冀州きしゅう鉅鹿郡きょろくぐん
所属勢力 張角ちょうかく

太平道たいへいどうの開祖・張角ちょうかくの弟。張梁ちょうりょうの兄。張角ちょうかくが黄巾の乱を起こすと地公将軍ちこうしょうぐんと称してこれに従った。

朝廷より討伐軍が派遣されると、病床の張角ちょうかくの代わりに指揮をとった。兄の張角ちょうかくが病死し弟の張梁ちょうりょうが戦死する中、冀州きしゅう鉅鹿郡きょろくぐん下曲陽かきょくように籠城して最後まで抵抗したが、皇甫嵩こうほすう率いる討伐軍に敗れて討たれた。

『三国志演義』では妖術を使って官軍を苦しめた。



張梁ちょうりょう
張梁(ちょうりょう)

生没年 ?〜184年
出身地 冀州きしゅう鉅鹿郡きょろくぐん
所属勢力 張角ちょうかく

太平道たいへいどうの開祖・張角ちょうかくの末弟。張角ちょうかくが黄巾の乱を起こすと兄の張宝ちょうほうとともに人公将軍じんこうしょうぐんと称してこれに従った。

朝廷より討伐軍が派遣されると冀州きしゅう鉅鹿郡きょろくぐん広宗県こうそうけんで迎え撃ち、緒戦しょせんを勝利するなど官軍を苦しめるが、最後は皇甫嵩こうほすう軍の奇襲を受け、敗れて斬り殺された。


董卓とうたく仲穎ちゅうえい
董卓(とうたく)

生没年 ?〜192年
出身地 涼州りょうしゅう隴西郡ろうせいぐん臨洮県りんとうけん
所属勢力 桓帝かんてい霊帝れいてい少帝しょうてい献帝けんてい

若い頃から武芸に秀で、羌族きょうぞくなどの異民族と交流を持った。

黄巾の乱では盧植ろしょくの後任として討伐に当たるも敗退して職を解かれる。

何進かしんの宦官一掃に協力して洛陽らくように入ると反対勢力を駆逐して実権を掌握。少帝しょうていを廃して献帝けんていを擁立すると、みずか相国しょうこくとなって暴虐の限りを尽くした。

打倒董卓とうたくを掲げる「反董卓とうたく連合」を退けるが、配下の呂布りょふに殺された。


南華老仙なんかろうせん
南華老仙(なんかろうせん)

生没年 不明
出身地 不明
所属勢力 なし

『三国志演義』のみに登場する仙人。張角ちょうかく太平要術たいへいようじゅつしょさずける。

「これを使って民を助けよ。ただし、悪しきことに使えば天罰が下る」と忠告するも、張角ちょうかく太平要術たいへいようじゅつしょで習得した妖術を頼りに太平道たいへいどうを開き、黄巾の乱を引き起こした。

南華老仙なんかろうせんは、戦国時代の思想家である荘周そうしゅう荘子そうし)が仙人になった姿と考えられており、青い目を持つ子供のような顔をした老人として描かれている。



劉焉りゅうえん君郎くんろう
劉焉(りゅうえん)

生没年 ?〜194年
出身地 荊州けいしゅう江夏郡こうかぐん竟陵県きょうりょうけん
所属勢力 霊帝れいてい少帝しょうてい献帝けんてい

前漢の魯恭王ろきょうおうであった劉余りゅうよ景帝けいていの第4子)の末裔まつえいに当たる。

霊帝れいていの時代、政治の腐敗や黄巾の乱の影響によって刺史しし太守たいしゅの支配力が弱体化していることを理由に、軍権と民政権を兼ねた「州牧しゅうぼく」の復活を提案し、みずから益州えきしゅうぼくとなる。劉璋りゅうしょうの父。

『三国志演義』では、黄巾の乱の時に幽州太守ゆうしゅうたいしゅとして登場するが、正史にその記録はなく、後に益州えきしゅうを治めることになる劉備りゅうびとの因果関係を強める演出である。


劉表りゅうひょう景升けいしょう
劉表(りゅうひょう)

生没年 142年〜208年
出身地 兗州えんしゅう山陽郡さんようぐん高平県こうへいけん
所属勢力 霊帝れいてい少帝しょうてい献帝けんてい

前漢の景帝けいていの第4子・魯恭王ろきょうおう劉余りゅうしょうの第6子、郁桹侯いくろうこう劉驕りゅうきょうの子孫。若い頃から清流派の党人として名声を得る。

孫堅そんけんによって荊州刺史けいしゅうしし王叡おうえいが殺害されると、その後任に任命される。また、劉表りゅうひょうは学問を奨励しょうれいしたため、戦乱を逃れた名士や学者の多くが荊州けいしゅうに移住した。

河北かほくを平定した曹操そうそうが南下の姿勢を見せると、領土を失った劉備りゅうびを受け入れて最前線の新野県しんやけんを守らせるが、間もなく亡くなった。



劉備りゅうび玄徳げんとく
劉備(りゅうび)

生没年 161年〜223年
出身地 幽州ゆうしゅう涿郡たくぐん涿県たくけん楼桑里ろうそんり
所属勢力 霊帝れいてい少帝しょうてい献帝けんてい蜀漢しょくかん建国

前漢の景帝けいていの第9子、中山靖王ちゅうざんせいおう劉勝りゅうしょうの庶子、劉貞りゅうていの末裔というが、定かではない。

黄巾の乱の時に挙兵。以来各地を転戦するも確たる地盤を持てずにいたが、軍師ぐんし諸葛亮しょかつりょうを迎えると「天下三分の計」に従って益州えきしゅうの地に地盤を築いた。

献帝けんてい曹魏そうぎ禅譲ぜんじょうすると、皇帝に即位して「蜀漢しょくかん」を建国する。配下の関羽かんう仇討かたきうちにに攻め込むが、陸遜りくそんの火計に敗退し、病を患って白帝城はくていじょう諸葛亮しょかつりょうに後事を託して没する。



呂布りょふ奉先ほうせん
呂布(りょふ)

生没年 ?年〜199年
出身地 幷州へいしゅう五原郡ごげんぐん
所属勢力 丁原ていげん董卓とうたく→独立

丁原ていげんに仕えていたが、董卓とうたく洛陽らくように入ると丁原ていげんを殺して董卓とうたくに従い、父子のちぎりを結ぶ。「人中に呂布りょふあり、馬中に赤兎せきとあり」と賞された万夫不当の豪傑。

その後、司徒しと王允おういんらと結んで董卓とうたくを殺害するが、李傕りかく郭汜かくしに敗れて各地を放浪、自分を受け入れてくれた劉備りゅうびが治める徐州じょしゅうを奪う。

劉備りゅうびと結んだ曹操そうそうに包囲されると、部下の裏切りによって捕らえられ、曹操そうそうに処刑された。

 


霊帝れいてい
霊帝(れいてい)

生没年 156〜189年
出身地 冀州きしゅう河間国かかんこく
所属勢力 後漢ごかん

いみな劉宏りゅうこう。先帝の桓帝かんていには男子がなく、第3代皇帝章帝しょうていの玄孫にあたる劉宏りゅうこうがわずか12歳で即位した。

即位してすぐに「第二次党錮とうこの禁」が起こり、十常侍じゅうじょうじを筆頭とする宦官が権力を握ると、その傀儡かいらいとなって良将賢臣を遠ざける。

また、皇帝自らが「売官」を行い賄賂を横行させたため、民衆は重い賦役に一層苦しむようになり、「黄巾の乱」の一因となった。




盧植ろしょく子幹しかん
盧植(ろしょく)

生没年 ?〜192年
出身地 幽州ゆうしゅう涿郡たくぐん涿県たくけん
所属勢力 霊帝れいてい少帝しょうてい袁紹えんしょう

鄭玄じょうげんとともに馬融ばゆうに師事して儒学を学び、故郷幽州ゆうしゅう涿郡たくぐん涿県たくけんで近隣の子弟に学問を教えていた。門下には劉備りゅうび公孫瓚こうそんさんがいる。

黄巾の乱が起こると北中郎将ほくちゅうろうしょうに任命されて討伐軍の一翼を担ったが、軍の監察に来た左豊さほうに賄賂を求められ、これを断ったために罪を着せられて免官された。

黄巾の乱が終結すると、皇甫嵩こうほすう冤罪えんざいを証明したために復職したが、董卓とうたく献帝けんてい擁立ようりつに反対したために再び免官された。
晩年は袁紹えんしょう軍師ぐんしとなって病死した。