興平こうへい元年(194年)3月に、李傕りかくらに降伏した馬騰ばとう韓遂かんすいが反乱を起こした「長平観ちょうへいかんの戦い」についてまとめています。

スポンサーリンク

馬騰の挙兵

馬騰と韓遂

初平しょへい3年(192年)、李傕りかく郭汜かくしらが朝廷の実権を握ると、韓遂かんすい馬騰ばとうは軍勢をひきいて長安ちょうあんおもむいて降伏を申し出ます。

すると李傕りかくらは、韓遂かんすい鎮西将軍ちんぜいしょうぐんに任命して涼州りょうしゅうに帰らせ、馬騰ばとう征西将軍せいせいしょうぐんに任命して司隷しれい右扶風ゆうふふう郿県びけんに駐屯させました。

関連記事

李傕・郭汜政権の誕生と周辺の群雄の反応

馬騰の上奏

興平こうへい元年(194年)3月、穀物が不足して窮乏きゅうぼうする将兵が多いことから、馬騰ばとうみずから上奏して司隷しれい左馮翊さひょうよく池陽県ちようけんに行って穀物を得たいと願い出て、長安ちょうあんの東の霸橋はきょうに駐屯します。

ですが、李傕りかく馬騰ばとうの要求を拒否したため、馬騰ばとうは激怒しました。


司隷(しれい)

長安(ちょうあん)周辺地図

長安ちょうあん周辺地図

馬騰の挙兵

馬騰ばとうは、李傕りかくらが専横を極め、朝政(朝廷の政治)を乱していたことから、益州牧えきしゅうぼく劉焉りゅうえんに使者を派遣して、共に李傕りかくらを誅殺ちゅうさつすることを提案します。

すると劉焉りゅうえんは、長安ちょうあんにいる息子・左中郎将さちゅうろうしょう劉範りゅうはんに兵をひきいて馬騰ばとうに味方するように伝えました。

かくして、

  • 左中郎将さちゅうろうしょう劉範りゅうはん
  • 侍中じちゅう馬宇ばう
  • 諫議大夫かんぎたいふ*1种劭ちゅうしょう种邵ちゅうしょう

らは、馬騰ばとう長安ちょうあんを攻めたならば、城内から呼応して李傕りかくらを誅殺ちゅうさつすることを約束します。

豆知識

諫議大夫かんぎたいふ*1种劭ちゅうしょう种邵ちゅうしょう)は、李傕りかくらが長安ちょうあんを陥落させた時に戦死した衛尉えいい*2种拂ちゅうふつの子で、父のかたきつためにこの戦いに参加したのでした。

関連記事

王允・呂布政権の迷走と李傕・郭汜の逆襲

脚注

*1 袁宏『後漢紀』献帝紀では元の涼州刺史『後漢書』献帝紀では前の益州刺史

*2 袁宏『後漢紀』献帝紀では太常


スポンサーリンク


長平観の戦い

長平観の戦い

韓遂かんすいの上洛

馬騰ばとう李傕りかくらが衝突したことを知った韓遂かんすいは、彼らを和睦わぼくさせようと長安ちょうあんに向かいます。

ですが事情を知った韓遂かんすいは、両者を和睦わぼくさせるのではなく、馬騰ばとうと合流しました。

計画の発覚

馬騰ばとう韓遂かんすいが兵をひきいて長平観ちょうへいかんまで来た時、馬宇ばうらの計画が発覚してしまいます。

中郎将ちゅうろうしょう杜稟とひん賈詡かくと仲が悪く、司隷しれい右扶風ゆうふふうの役人を脅迫して、馬騰ばとうのために槐里県かいりけんを守って共に李傕りかくを攻めようとしていたので、馬宇ばうらは槐里県かいりけんに逃げ込みました。


長平観(ちょうへいかん)と槐里県(かいりけん)

長平観ちょうへいかん槐里県かいりけん


長平観ちょうへいかんは、司隷しれい左馮翊さひょうよく池陽県ちようけんの南、長安ちょうあんから50里(約21km)の位置にあります。

池陽県ちようけんは、池陽侯ちようこうである李傕りかくに与えられた封邑ほうゆうであり、馬騰ばとうの上奏文にあるように、穀物の集積場となっていたようです。

馬騰ばとう韓遂かんすいは、李傕りかく軍の兵糧の供給を絶つために、まずは池陽県ちようけんを攻撃目標としたのだと思われます。

長平観の戦い

馬騰ばとう韓遂かんすい池陽県ちようけんに向かっていることを知った李傕りかくは、兄の子・李利りり郭汜かくし樊稠はんちゅうを派遣しました。

馬騰ばとう韓遂かんすい李利りりらは、池陽県ちようけんの南に位置する長平観ちょうへいかんで戦いとなります。

そして、この「長平観ちょうへいかんの戦い」で1万人余りの犠牲を出して敗れた馬騰ばとう韓遂かんすいは、涼州りょうしゅうに撤退しました。

樊稠への疑惑

その後、李利りり樊稠はんちゅうは、馬騰ばとう韓遂かんすい司隷しれい右扶風ゆうふふう陳倉県ちんそうけんまで追撃します。

すると韓遂かんすいは、樊稠はんちゅうに使者を送って次のように伝えてきました。


「天下はひっくり返ってどうなるか分からない。我らは同郷人だ。今は些細ささいな食い違いはあるが、大きくとらえれば、きっと同じ思いであろう。ぜひ一度、共に語り合いたいものだ」


すると樊稠はんちゅうはこの申し出にこたえ、韓遂かんすいと馬を並べてしばらくの間親しく語り合います。


この様子を見ていた李利りりは、長安ちょうあんに戻った後、

樊稠はんちゅう韓遂かんすいは馬を並べて談笑していました。その内容までは聞こえませんでしたが、その様子はとても親密でした」

と、李傕りかくに告げました。

これにより李傕りかくは、樊稠はんちゅう韓遂かんすいと秘かに和議を結び、異心をいだいているのではないかと疑うようになりました。

槐里県の陥落

その後李利りり樊稠はんちゅうは、馬宇ばうらが逃げ込んだ槐里県かいりけんを数万の軍勢で包囲すると、夜中に城壁に梯子はしごをかけて攻め入り、杜稟とひん馬宇ばう劉範りゅうはん种劭ちゅうしょう种邵ちゅうしょう)らを斬ってさらし首にしました。

馬騰と韓遂を赦す

4月、献帝けんていみことのりを発して馬騰ばとうらをゆるし、馬騰ばとう安狄将軍あんてきしょうぐんに、韓遂かんすい安降将軍あんこうしょうぐんに任命します。

また、この2つの将軍号は一時的にもうけられたもので、以降、この他に置かれることはありませんでした。


興平こうへい元年(194年)3月、馬騰ばとう李傕りかくの間に亀裂が生じると、李傕りかく政権に反感を持っていた者たちが、馬騰ばとうと共に兵を挙げました。

元々いくさをするために上洛したわけではない馬騰ばとうの兵は、決して多くはありませんでしたが、韓遂かんすいの援軍と長安ちょうあん城内にいる馬宇ばうらが内応を約束したことで、馬騰ばとうにとって十分勝機のある戦いのはずでした。

ですが、馬宇ばうらの内応の計画が事前に発覚したことで、数の上で圧倒的に不利な戦いをいられることとなった馬騰ばとう韓遂かんすい長平観ちょうへいかん樊稠はんちゅうらに敗れ、涼州りょうしゅうに撤退します。

李傕りかくらはそのまま馬騰ばとう韓遂かんすいに追撃をかけますが、本拠地に戻った彼らを完全に討伐する余力はないと判断し、2人をゆるしてそれぞれ安狄将軍あんてきしょうぐん安降将軍あんこうしょうぐんに任命して懐柔かいじゅうすることにしました。


スポンサーリンク


長平観の戦いについて

歴史書における記述

長平観ちょうへいかんの戦い」に関する記述は、史料によって内容が異なっています。

上記は、異なる内容をなるべく無理のないようにまとめたものですが、以下にそれぞれの内容をご紹介しておきます。

後漢書ごかんじょ献帝紀けんていぎ

興平こうへい元年3月、韓遂かんすい馬騰ばとうが、郭汜かくし樊稠はんちゅうらと長平観ちょうへいかんに戦い、韓遂かんすい馬騰ばとうたちは大敗し、左中郎将さちゅうろうしょう劉範りゅうはんさき益州刺史えきしゅうしし种劭ちゅうしょう种邵ちゅうしょう)は戦歿せんぼつ(戦死)した。

ポイント
  • 韓遂かんすい馬騰ばとう劉範りゅうはん种劭ちゅうしょう种邵ちゅうしょう)らが郭汜かくし樊稠はんちゅうらと長平観ちょうへいかんで戦って敗れた。
  • 劉範りゅうはんらは長平観ちょうへいかんで戦死した。

漢書音義かんじょおんぎ

長平ちょうへいは坂の名で、池陽県ちようけんの南にある。長平観ちょうへいかんがあり、それは長安ちょうあんから50里(約21km)の位置にある。

後漢書ごかんじょ董卓伝とうたくでん

興平こうへい元年、馬騰ばとうはと隴右ろうゆうより来朝し、進軍して霸橋はきょうに駐屯した。

この時馬騰ばとうは、李傕りかくに要求したことが受け入れられなかったことに怒り、ついに侍中じちゅう馬宇ばう右中郎将ゆうちゅうろうしょう劉範りゅうはんさき涼州刺史りょうしゅうしし种劭ちゅうしょう种邵ちゅうしょう)・中郎将ちゅうろうしょう杜稟とひんたちと兵を合わせて李傕りかくを攻めたが、数日経っても勝敗は決まらなかった。

韓遂かんすいがこれを聞き、軍勢をひきいてやって来て馬騰ばとう李傕りかく和睦わぼくさせようとしたが、やがて馬騰ばとうの軍と合流した。


李傕りかくは兄の子の李利りりを派遣して郭汜かくし樊稠はんちゅうと共に馬騰ばとうたちと長平観ちょうへいかんのもとで戦わせた。韓遂かんすい馬騰ばとうは敗れ、1万人余りを斬首され、种劭ちゅうしょう种邵ちゅうしょう)・劉範りゅうはんたちはみな戦死した。

韓遂かんすい馬騰ばとうは逃げて涼州りょうしゅうに帰還し、樊稠はんちゅうたちはこれを追った。

韓遂かんすいは人を派遣して樊稠はんちゅうに語らせ、「天下はひっくり返り、どうなるか分からない。我らは同郷人だ。今はいささか意見をたがえているが、大きな部分ではきっと同じであろう。共に一度語り合いたいものだ」と言った。

そこで馬を並べ、腕をまじえ合って、しばらくの間談笑した。

軍が戻ると、李利りり李傕りかくに、

樊稠はんちゅう韓遂かんすいは馬を並べて談笑していました。その内容は不明ですが、その様子はとても親密でした」

と告げた。かくて李傕りかく樊稠はんちゅう猜疑さいぎし合った。

ポイント
  • 馬騰ばとう霸橋はきょうに駐屯した。
  • 馬騰ばとう馬宇ばう劉範りゅうはん种劭ちゅうしょう种邵ちゅうしょう)・杜稟とひんらが李傕りかくを攻めるが決着がつかなかった。
  • 馬騰ばとう韓遂かんすいらが長平観ちょうへいかん李利りり郭汜かくし樊稠はんちゅうに敗れ、种劭ちゅうしょう种邵ちゅうしょう)・劉範りゅうはんらが戦死した。
  • 劉範りゅうはんらは長平観ちょうへいかんで戦死した。
  • 韓遂かんすい馬騰ばとう涼州りょうしゅうに撤退。樊稠はんちゅうらが追撃し、韓遂かんすい樊稠はんちゅうが語り合った。
  • 李傕りかく樊稠はんちゅう猜疑さいぎし合うようになった。

後漢紀ごかんき献帝紀けんていぎ

この時、李傕りかくらが専横し朝政を乱していた。

馬騰ばとう李傕りかくに要求したことが受け入れられなかったことに怒り、益州刺史えきしゅうしし劉焉りゅうえんが宗室出身の大臣であることから、使者を派遣して味方にまねき、共に李傕りかく誅殺ちゅうさつしようと提案した。

劉焉りゅうえんは子の劉範りゅうはんを派遣し、兵ををひきいて馬騰ばとうにつかせた。

元の涼州刺史りょうしゅうしし种劭ちゅうしょう种邵ちゅうしょう)は、太常たいじょう种拂ちゅうふつの子である。种拂ちゅうふつ李傕りかくに殺されていたため、种劭ちゅうしょう种邵ちゅうしょう)はかたきを報じようとして、ついにここで戦った。

韓遂かんすいがこれを聞き、軍勢をひきいてやって来て馬騰ばとう李傕りかく和睦わぼくさせようとしたが、やがて馬騰ばとうの軍と合流した。


馬騰ばとう韓遂かんすい長平観ちょうへいかんに駐屯して長安ちょうあんを攻めようとした。李傕りかく樊稠はんちゅう郭汜かくしおよび兄の子・李利りりを派遣して馬騰ばとう韓遂かんすいを破り、种劭ちゅうしょう种邵ちゅうしょう)・劉範りゅうはんらはみな戦死した。

韓遂かんすいは西に逃走し、樊稠はんちゅうが追撃した。韓遂かんすい樊稠はんちゅうに言う。

「天下はひっくり返り、どうなるか分からない。元々この争いの原因は私怨しえんではなく国家にある。貴殿とは同郷人であり、小さな意見の相違はあっても思いは同じはずだ。

この後顔を合わせることがあるかも分からぬのだから、共に一度語り合いたいものだ」

そこで2人は、馬を並べてしばらく談笑して別れた。

ポイント
  • 馬騰ばとう劉焉りゅうえんに援軍を要請した。
  • 馬騰ばとう韓遂かんすいらが長平観ちょうへいかん李利りり郭汜かくし樊稠はんちゅうに敗れ、种劭ちゅうしょう种邵ちゅうしょう)・劉範りゅうはんらが戦死した。
  • 劉範りゅうはんらは長平観ちょうへいかんで戦死した。
  • 韓遂かんすい馬騰ばとう涼州りょうしゅうに撤退。樊稠はんちゅうらが追撃し、韓遂かんすい樊稠はんちゅうが語り合った。

蜀書しょくしょ劉焉伝りゅうえんでん

劉焉りゅうえんの子の劉範りゅうはん左中郎将さちゅうろうしょう劉誕りゅうたん治書御史ちしょぎょし劉璋りゅうしょう奉車都尉ほうしゃといとなって、いずれも献帝けんていに付き従って長安ちょうあんにいた。

(中略)

この頃、征西将軍せいせいしょうぐん馬騰ばとうに駐屯していたが、朝廷に反逆した。劉焉りゅうえん劉範りゅうはん馬騰ばとうと手を組んで、兵を引き連れて長安ちょうあんを襲撃した。

劉範りゅうはんは計略が外にれたため、槐里かいりへ逃亡し、馬騰ばとうは敗北して涼州りょうしゅうに逃げ帰った。

劉範りゅうはんただちに殺され、同時に劉誕りゅうたんは捕らえられて処刑された。

ポイント
  • 劉範りゅうはんらは槐里県かいりけんで戦死した。
  • 韓遂かんすいの記述なし。

献帝紀けんていぎ

杜稟とひん賈詡かくと不和であり、扶風ふふうの役人を脅迫して馬騰ばとうのために槐里県かいりけんを守り、共に李傕りかくを攻めようとした。

李傕りかく樊稠はんちゅうおよび兄の子の李利りりを派遣し、数万人の軍勢をもって攻撃させて槐里県かいりけんを包囲し、夜中に城に梯子はしごをかけて攻め入り、城は陥落した。杜稟とひんを斬ってさらし首にした。

ポイント
  • 李傕りかく樊稠はんちゅう李利りりを派遣して槐里県かいりけんを落とした。

魏書ぎしょ董卓伝とうたくでん

侍中じちゅう馬宇ばう諫議大夫かんぎたいふ*1种劭ちゅうしょう种邵ちゅうしょう)、左中郎将さちゅうろうしょう劉範りゅうはんらとはかって馬騰ばとう長安ちょうあんを襲撃させ、自分が内から呼応して、李傕りかくらを誅殺ちゅうさつしようとした。

馬騰ばとうが軍隊を引き連れて長平観ちょうへいかんまで到達した時、馬宇ばうらの計画が露見ろけんし、馬宇ばうらは槐里かいりに逃亡した。

樊稠はんちゅう馬騰ばとうを攻撃し、敗北した馬騰ばとう涼州りょうしゅうに逃げ帰った。さらに樊稠はんちゅう槐里かいりを攻撃し、馬宇ばうらは敗死した。

ポイント
  • 馬宇ばう馬騰ばとう長安ちょうあんを襲撃させ、自分が内から呼応する計画を立てる。
  • 馬騰ばとう長平観ちょうへいかんまで来た時、馬宇ばうらの計画が露見ろけんし、馬宇ばうらは槐里かいりに逃亡した。
  • 馬宇ばうらは槐里かいりで戦死した。
  • 樊稠はんちゅうに敗れた馬騰ばとうが敗北し、馬騰ばとう涼州りょうしゅうに逃げ帰った。
  • 韓遂かんすいの記述なし。
  • 追撃の記述なし。

魏書ぎしょ董卓伝とうたくでんの注『九州春秋きゅうしゅうしゅんじゅう

馬騰ばとう韓遂かんすいが敗北した時、樊稠はんちゅうは彼らを陳倉ちんそうまで追撃した。

韓遂かんすい樊稠はんちゅうに、

「天下はひっくり返り、先行きがどうなるか分からない。この抗争の原因は元々私怨しえんではなく、国家の事なのだ。貴殿と私は同郷人であり、今些細ささいな食い違いはあるが、きっと大きい立場では同一であろう。一緒に仲良く語り合った上で別れよう。万一思い通りに出会えなかったなら、後々二度と顔を合わせられるかどうか」

と言い、共に供回りの騎兵を遠ざけて進みより、くつわを並べて互いのかいなを握り合い、しばらく語り合ってから別れた。

李傕りかくの兄の子・李利りり樊稠はんちゅうに随行していたが、帰還してから李傕りかくに、

韓遂かんすい樊稠はんちゅうくつわを並べて語り合い、何を話したかは分からないが、大変親密そうだった」

と報告した。

李傕りかくはこのことによって、樊稠はんちゅう韓遂かんすいと秘かに和議を結び、異心をいだいているのではないかと疑った。

ポイント
  • 樊稠はんちゅう馬騰ばとう韓遂かんすい陳倉ちんそうまで追撃し、韓遂かんすい樊稠はんちゅうが語り合った。
  • 李傕りかく樊稠はんちゅうを疑うようになった。

蜀書しょくしょ馬超伝ばちょうでんの注『典略てんりゃく

この頃西州せいしゅう涼州りょうしゅう)では穀物が不足していたので、馬騰ばとうみずから上奏して、

「軍人に窮乏きゅうぼうする者が多いので、池陽ちように行って穀物を得たい」

と願い出た。かくて長平ちょうへいの岸辺に駐屯地を移した。

ところが、将軍しょうぐん王承おうしょうらは馬騰ばとうの存在が自分たちにとって害になるのではないかと恐れ、馬騰ばとうの軍営を攻撃した。

その時、馬騰ばとうは付近に外出していて無防備であったため、結局敗走して西方へのぼった。

ポイント
  • 馬騰ばとうの挙兵は李傕りかくに穀物の援助を断られたことが原因。
  • 馬騰ばとう将軍しょうぐん王承おうしょうに敗れて涼州りょうしゅうに敗走した。

まとめ

以上をまとめると、大きく分けて次の3通りとなります。

  • 馬騰ばとう馬宇ばうらと長安ちょうあんを攻めるが落とせず。
  • 馬騰ばとう韓遂かんすいと合流し、長平観ちょうへいかんに陣を移す。
  • 馬騰ばとう韓遂かんすい長平観ちょうへいかん樊稠はんちゅうらに敗れ、馬宇ばうらが戦死する。
  • 馬騰ばとう韓遂かんすい涼州りょうしゅうに敗走する。
  • 樊稠はんちゅうらが馬騰ばとう韓遂かんすいを追撃する。

2

  • 馬騰ばとう韓遂かんすい馬宇ばうらが長平観ちょうへいかん樊稠はんちゅうらに敗れ、馬宇ばうらが戦死する。
  • 馬騰ばとう韓遂かんすい涼州りょうしゅうに敗走する。
  • 樊稠はんちゅうらが馬騰ばとう韓遂かんすいを追撃する。

3

  • 馬騰ばとう長安ちょうあんを攻め、馬宇ばうらが内応する計画を立てる。
  • 内応の計画が発覚し、馬宇ばうらが槐里県かいりけんに逃亡する。
  • 馬騰ばとう長平観ちょうへいかんで敗れ、涼州りょうしゅうに敗走する。
  • 追撃の記述なし。
  • 樊稠はんちゅうらが槐里県かいりけんを落とし、馬宇ばうらを処刑する。

今回の記事では、3 をベースに樊稠はんちゅうらが馬騰ばとう韓遂かんすいを追撃したことを加えて構成しています。