十常侍じゅうじょうじ張讓ちょうじょうたちに連れ去られた少帝しょうてい陳留王ちんりゅうおうを保護し、朝廷で権力を握った董卓とうたくが次に行ったこととは…。

スポンサーリンク

少帝の廃位計画


タカオタカオ

前回は、少帝しょうてい陳留王ちんりゅうおうを保護して洛陽らくように入った董卓とうたくが、何進かしん何苗かびょうの兵を取り込んだところまででしたよね。

マリコマリコ

これからどうなっちゃうのかな?

王先生王先生

そうですね!
今回は、朝廷で権力を手に入れた董卓とうたくが、何をおこなったのかについてお話しします。

ご確認

この記事は『三国志演義』に基づいてお話ししています。正史『三国志』における董卓とうたくの入洛については、こちらをご覧ください。

諸豪族の入洛。董卓はどのようにして権力を手中に収めたのか

董卓と丁原の対立


王先生王先生

洛陽らくようで最大の軍事力を手に入れた董卓とうたくは、なんと少帝しょうていを廃位することを考えます。


董卓とうたく参謀さんぼう李儒りじゅの進言に従って宴会を開くと、少帝しょうてい無能惰弱むのうだじゃくであるからと、聡明そうめい陳留王ちんりゅうおうを天子に即位させたいむねを伝え、百官に意見を求めました。

あたりは静まりかえり、董卓とうたくを恐れて誰も声を出せずにいましたが、ただ1人前に進み出る者がいました。荊州けいしゅう*1刺史しし丁原ていげんです。

丁原ていげんが、「今上きんじょう皇帝(現在の皇帝)には何の過失もないのになぜ廃位を口にするのだ?簒奪さんだつの下心が見え見えだっ!」と言うと、董卓とうたくは怒って剣を抜き、丁原ていげんを斬ろうとします。

この時、丁原ていげんの後ろにひかえる屈強な男のただならぬ気配に気づいた李儒りじゅは、危険をさっして2人の間に割って入り、丁原ていげんを下がらせました。

董卓とうたくが「あの後ろの男は何者だ?」と問うと、李儒りじゅは「あれは丁原ていげんの養子で、呂布りょふという者です」と答えました。



タカオタカオ

出た!呂布りょふっ!

マリコマリコ

呂布りょふはわたしも知ってる!凄い強いんだよね。

王先生王先生

『三国志』の登場人物のなかでも、呂布りょふは特に有名ですね。

脚注

*1 幷州へいしゅうの誤植だと思われます。

董卓と盧植の対立


王先生王先生

この時、董卓とうたくによる天子廃立に反対した者は、丁原ていげんだけではありませんでした。


丁原ていげんが去った後、丁原ていげんと同様に少帝しょうていの廃位に反対した盧植ろしょくも、董卓とうたくに殺されそうになります。

これに議郎ぎろう彭伯ほうはくが進み出て、「人望のある盧植ろしょくを殺しては、天下を動揺させてしまいます」と董卓とうたくをなだめました。

そして、司徒しと王允おういんが「天子の廃立のような大事は酒宴の席で話すことではありません。日を改めて協議しましょう」と言ったので、その場はなんとかおさまって散会となりました。



タカオタカオ

やりたい放題だな、董卓とうたく

マリコマリコ

でもなんで董卓とうたく少帝しょうていを廃位しようとしているのかな?かしこい皇帝の方が良いから?

タカオタカオ

少帝しょうていが無能だったとしても、臣下として盛り立てるべきというのが丁原ていげん盧植ろしょくの意見だね。

王先生王先生

少帝しょうていの後見人である何太后かたいごうの権力を奪い、自分が新帝の後見人となることで権力を掌握するのが狙いですね。

マリコマリコ

なるほどっ!


スポンサーリンク


呂布の裏切り

呂布

董卓と丁原の戦い


王先生王先生

次の日、丁原ていげんは軍勢をひきいて董卓とうたくに戦いをいどみます。


董卓とうたく李儒りじゅと共に丁原ていげんを迎え撃つと、呂布りょふ颯爽さっそうと進み出て言い放ちました。

「宦官が権力をもてあそんだために万民は苦しんだ。宦官は誅殺ちゅうさつされたが、お前は何の手柄もないというのに天子の廃立をくわだてるのかっ!」

呂布りょふは、董卓とうたくが言葉を返す間もなくおそいかかり、董卓とうたく軍は30里も後退する大敗北をきっしました。



タカオタカオ

出た!呂布りょふっ!

マリコマリコ

呂布りょふ凄い!強いっ!

王先生王先生

ではここで『三国志演義』に描かれた呂布りょふの特徴を確認してみましょう。

呂布りょふの特徴

呂布

姓はりょ、名はあざな奉先ほうせん

『三国志演義』には、身のたけ1じょう(約230cm)。手には方天画戟ほうてんがげき唐猊鎧甲とうげいがいこう獅蛮宝帯ししもようのいしおびを身に付け、頭には束髪金冠そくはつきんかん百花戦袍ひゃっかのひたたれをまとった姿で描かれています。



王先生王先生

また、中国の連環画や京劇では、ヤマドリの羽根飾りがついた鶡冠かつかんというかんむりをつけた姿がトレードマークとなっていますね。

マリコマリコ

なんか豪華でカッコ良いですね。

タカオタカオ

てか身長デカ過ぎっ!こんなにデカかったら、素早い動きができないでしょ(笑)

王先生王先生

かなり誇張されてますね。ちなみに正史『三国志』には、呂布りょふの身長や風貌ふうぼうについての記載はありません。

呂布の裏切り


王先生王先生

丁原ていげん配下の呂布りょふに打ち負かされた董卓とうたくは、配下を集めて作戦を立て直します。


命からがら逃げのびた董卓とうたくは、呂布りょふの強さを恐れると共に「もし味方につけることができたなら、これほど心強いことはない」と言いました。

すると、配下の虎賁中郎将こほんちゅうろうしょう李粛りしゅくが進み出て言います。

「私は呂布りょふと同郷ですので、彼のことをよく知っています。呂布りょふは勇気はあっても知恵はなく、利益のためには義理を忘れる男です。私の弁舌をもって、呂布りょふを味方に引き入れてみせましょう」

董卓とうたくは大いに喜んで、李粛りしゅくの言うとおり、名馬「赤兎せきと」に黄金千両、真珠数十粒、玉の帯一筋ひとすじを与えて呂布りょふのもとに送り込みました。



タカオタカオ

李粛りしゅく、何気に呂布りょふのことかなりディスってるね(笑)

マリコマリコ

李儒りじゅ李粛りしゅく…。なんだかゴッチャになりそう…。

王先生王先生

ちょっとややこしいですね。


李粛りしゅくはみごとに呂布りょふの心をつかみ、丁原ていげんの首を手土産として董卓とうたくに仕えるように誘います。呂布りょふは刀を手に丁原ていげんの幕舎を訪ねると、有無を言わせずに丁原ていげんを斬り殺してしまいました。

董卓とうたくは大いに喜んで、呂布りょふに金の鎧甲よろいにしき戦袍ひたたれを贈り、騎都尉きとい中郎将ちゅうろうしょう都亭侯とていこうに封じると、呂布りょふ董卓とうたくに父子の誓いを立てました。



タカオタカオ

確か、呂布りょふ丁原ていげんとも父子のちぎりを結んでたんだよね。

王先生王先生

そうです。呂布りょふは義理の父親を殺して董卓とうたくに仕えたことになりますね。

マリコマリコ

なんか最低…。でも董卓とうたくとはお似合いかも。

董卓と袁紹の対立

王先生王先生

呂布りょふを味方につけ、丁原ていげんを殺害させたことで、董卓とうたくに対抗できる者はいなくなってしまいました。

タカオタカオ

あれ?袁紹えんしょうは何してたんだ?

マリコマリコ

袁紹えんしょうさんって頼りになるのかならないのか、よく分からないですね。

王先生王先生

そうですねぇ…。
ここで董卓とうたくはまた、百官の前で少帝しょうていの廃位を切り出します。


董卓とうたくは百官を招いて酒宴を開くと、ふたたび天子の廃立をし返し、「従わぬ者は斬るっ!」と剣を抜いて百官を威嚇いかくしました。百官はみな董卓とうたくを恐れて何も言い出せません。

そこへ、百官たちをかき分けながら1人の男が進み出て言いました。

今上きんじょう皇帝は位につかれてまだ日も浅く、何のあやまちもない。お前が長子を廃して庶子を立てようとするのは、謀反以外の何ものでもないっ!」

中軍校尉ちゅうぐんこうい袁紹えんしょうです。



マリコマリコ

うわさしてたら袁紹えんしょうさんっ!

タカオタカオ

丁原ていげんと同じこと言ってるよ。あの時より状況は悪くなってるのに。

王先生王先生

怒った董卓とうたくが剣を抜くと、袁紹えんしょうも剣を抜き、2人は宴会の席でにらみ合いました。はたして袁紹えんしょうの運命は…?

というところで、『三国志演義』の第3回が終わります。

タカオタカオ

これ、勝算あってやってるのかな?

マリコマリコ

いつも良いとこで終わりますねっ!袁紹えんしょうさん、ここで殺されたりしないよね…。

殺された何進かしん何苗かびょうの兵を取り込んだ董卓とうたくは、百官を前に少帝しょうていを廃位して陳留王ちんりゅうおうを天子に即位させると言い出します。

これに反対した丁原ていげんは養子の呂布りょふの裏切りによって殺され、朝廷には董卓とうたくに対抗できる人物はいなくなってしまいました。



王先生王先生

次回はついに董卓とうたくによって少帝しょうていが廃位され、陳留王ちんりゅうおうが天子に即位することになります。

次回

少帝を廃位して献帝を擁立した董卓の暴虐非道な行い

三国志演義の解説を順番に読もう!

 三国志演義教室【目次】