劉備りゅうび呂布りょふの仲を裂く『駆虎呑狼くこどんろうの計』が失敗に終わった曹操そうそうは、続いて『二虎競食にこきょうしょくの計』を仕掛けますが…。

スポンサーリンク

劉備の出陣

劉備の出陣

画像出典:ChinaStyle.jp


タカオタカオ

前回は、曹操そうそう劉備りゅうびに『駆虎呑狼くこどんろうの計』を仕掛けたところまででしたよね。

マリコマリコ

劉備りゅうびさんと袁術えんじゅつさんを戦わせる計略ですねっ!

タカオタカオ

その前の『二虎競食にこきょうしょくの計』は見破ったけど、今度はどうかな?

王先生王先生

どうでしょうねぇ?今回は、劉備りゅうびのところに曹操そうそうの使者が到着したところから始まります。

ご確認

この記事は三国志演義さんごくしえんぎに基づいてお話ししています。正史せいし三国志さんごくしにおける「呂布りょふの裏切り」については、こちらをご覧ください。

関連記事

これまでのあらすじ


王先生王先生

まず、『駆虎呑狼くこどんろうの計』について簡単におさらいしておきましょう。


呂布りょふ劉備りゅうび徐州じょしゅうで手を結んでいることを危険視した曹操そうそうは、荀彧じゅんいくの進言によって、

劉備りゅうび徐州牧じょしゅうぼくに任命すると同時に、劉備りゅうび呂布りょふを攻めるように密命を下す『二虎競食にこきょうしょくの計』

を実行に移しました。ですが、曹操そうそうの思惑に気づいた劉備りゅうびは、その密書を呂布りょふに見せて身の潔白を証明したので、呂布りょふ劉備りゅうびの仲を裂くことはできませんでした。


駆虎呑狼くこどんろうの計』が失敗に終わると荀彧じゅんいくは、

劉備りゅうび袁術えんじゅつ討伐の勅命ちょくめいを下す一方で、袁術えんじゅつにそのことを知らせる『駆虎呑狼くこどんろうの計』

を進言します。劉備りゅうび袁術えんじゅつが戦えば呂布りょふのこと、必ず二心ふたごころいだき、劉備りゅうびを裏切るだろうという計略です。

曹操そうそうはこれに従って袁術えんじゅつ劉備りゅうびに使者を派遣しました。



タカオタカオ

今度は勅命ちょくめいだから、無視するわけにはいかない。

マリコマリコ

後は呂布りょふさんが裏切らないことを祈るしかないですね。

王先生王先生

そうですね。

張飛の約束


王先生王先生

では、今回のお話を始めましょう。


使者が到着したと聞いた劉備りゅうびは、城外に出迎えて詔書しょうしょを開いてみると、「袁術えんじゅつを討て」とのこと。劉備りゅうびおおせをうけたまわり、まず使者を送り返しました。

使者が帰った後、糜竺びじくが、


「これもやはり曹操そうそうの計略でしょう」


と言うと劉備りゅうびも、


「これもやはり曹操そうそうはかりごとであろうが、勅命ちょくめいとあってはそむくわけにはいかぬ」


と言い、そこで勢揃せいぞろいをして日にちを決めて出陣することにしました。


その軍議の席で、まず孫乾そんけんが「城を守備する者を決める」ことを提案します。

これに劉備りゅうびが、


「弟たちのどちらが守備をするか…」


と考えていると、


「私がこの城を守りましょう」


関羽かんうが名乗り出ました。ですが劉備りゅうびは、


「私は毎日、お前を相談相手にしようと思っているのに、別々になってしまっては困る」


と言うので、今度は張飛ちょうひが、


「俺が守ることにしましょうぞ」


と進み出ます。ですがこれも劉備りゅうびは、


「お前には守りおおせまい。1つには酒グセが悪くて兵士をむち打つくせがあるし、2つには軽はずみで人の忠告を聞こうとしないから、安心して任せることはできぬ」


と言いました。すると張飛ちょうひは、


「それならば、今日から酒も飲まず、兵士をなぐることもせず、また人の忠告をよく聞くことにしましょう」


と宣言します。そしてこれに糜竺びじくが、


「口先だけでは済みませぬぞ」


と釘を刺すと、張飛ちょうひは腹を立て、


「俺は兄貴に仕えて久しいが、約束をたがえたことは1度もないぞ。なぜ俺を見くびるのだっ!」


と言うので劉備りゅうびは、


「そうは言っても、どうも安心できぬ。やはり陳元龍ちんげんりょう陳登ちんとう)どのに補佐を頼むことにしよう」


と言い、陳登ちんとうに「酒を飲み過ごさぬよう監督し、間違いをしでかさないように」頼むと、いよいよ騎兵歩兵3万をひきいて徐州じょしゅうを出発し、南陽なんように向かって進軍を開始しました。



マリコマリコ

あぁ〜、これじゃ曹操そうそうさんの思うつぼだ…。

タカオタカオ

張飛ちょうひ、これ絶対約束破るぞ(笑)

マリコマリコ

これだけ強く約束したんだから、大丈夫でしょっ!

王先生王先生

ちなみに南陽なんようというのは、荊州けいしゅう南陽郡なんようぐんのことです。

関羽が荀正を斬る


王先生王先生

では、もう一方の袁術えんじゅつの陣営の方を見てみましょう。


袁術えんじゅつは、劉備りゅうび南陽郡なんようぐんに侵攻していると知ると大いに腹を立て、


「むしろをみ、くつを作っていた下郎めが、大城を我がものにして諸侯の列に加わるだけでも過分じゃ。わしの方から征伐しようと思っていたところへ、手前の方から押し寄せて来るとはっ!憎々しいやつめっ!」


と言って大将の紀霊きれいに10万の兵をつけ、徐州じょしゅうに攻め込ませました。

両軍は徐州じょしゅう下邳国かひこく盱眙県くいけんで遭遇し、兵数が少ない劉備りゅうび軍は、山陰の川沿いを選んで陣取ります。


紀霊きれい山東さんとうの人で、1振りの三尖さんせん薙刀なぎなた、5千きんの重さの得物を使っていました。

この日紀霊きれいは兵をひきいて出陣すると、


劉備りゅうびの土百姓め、よくも領分に入り込みおったなっ!」


と大声にののしります。

そして、これに劉備りゅうびが、


「私は天子てんし献帝けんてい)のみことのりを受けて不忠者を征伐するのじゃ。それをこばむとあっては、ますます罪が重いぞっ!」


と言い返すと、紀霊きれいは怒りたけり、馬を蹴立てて薙刀なぎなたを振り回して、まっすぐに劉備りゅうびに打ちかかります。


「下郎め、無礼を働くなっ!」


これにすかさず関羽かんうが馬を乗り出して紀霊きれいと打ち合うこと30合、なかなか勝負がつかず、紀霊きれいが「しばらく待てっ!」と大声で叫んだので、関羽かんうは陣に戻って様子を見ていました。

すると紀霊きれいは、副将の荀正じゅんせいという者を出してきます。

これを見た関羽かんうが、


紀霊きれいを出せっ!あいつと勝負をつけるのだっ!」


と呼ばわると、荀正じゅんせいは、


「貴様のような名もない男が、紀将軍きしょうぐん紀霊きれい)の相手になれぬわっ!」


と言い返します。

これに大いに腹を立てた関羽かんうは真っ直ぐ荀正じゅんせいいどみかかり、馬がせ違ったかと思うと、一刀のもとに荀正じゅんせいを斬って落としました。

これを合図に、劉備りゅうびが兵に攻撃を命じたので紀霊きれいは大敗し、退却して下邳国かひこく淮陰県わいいんけんの河口を守り、出撃はせず両軍にらみ合いとなりました。



タカオタカオ

さすが関羽かんうっ!

マリコマリコ

兵の少なさを物ともしていませんね。

王先生王先生

そうですねっ!


この時、正史せいし三国志さんごくしでは、袁術えんじゅつ曹操そうそうに敗れて本拠地を揚州ようしゅう九江郡きゅうこうぐん寿春県じゅしゅんけんに移しており、徐州じょしゅうと領地を接していました。

三国志演義さんごくしえんぎでは、袁術えんじゅつは反董卓とうたく連合に参加した時のまま荊州けいしゅう南陽郡なんようぐんを領地としており、ここでは先に袁術えんじゅつ徐州じょしゅうに侵入し、徐州じょしゅうが戦場になっています。


スポンサーリンク


張飛の失態

張飛の失態

画像出典:ChinaStyle.jp

張飛が禁酒を破る


王先生王先生

ではここで、張飛ちょうひが守る下邳県かひけんの様子を見てみましょう


劉備りゅうびたちが出陣してからというもの、張飛ちょうひは事務仕事は陳登ちんとうに任せ、軍事に関わる重要事項だけを自分で処理していました。


ある日、張飛ちょうひが宴会を開いて下邳県かひけんの官吏たちをまねきました。

そこで張飛ちょうひは、


「出陣する時、兄貴は俺に『酒をつつしみ間違いを起こさぬように』と言いつけられた。

各々方おのおのがた、今日は存分に飲んで、明日からは禁酒して、俺の守備を助けてもらいたい。だから今日はみんな、飲めるだけ飲んでくれっ!」


と言い、言い終わると、立ち上がって1人1人に酒を勧め始めます。

張飛ちょうひが元陶謙とうけん配下の大将・曹豹そうほうの前まで来ると、


「私は禁酒の誓いを立てましたゆえ、飲むことはできません」


と、曹豹そうほう張飛ちょうひが勧める酒を断りました。

ですが張飛ちょうひは、


いくさ商売の男が、どうして酒を飲まぬということがあるっ!どうしてもお前に、1杯は飲んでもらうぞっ!」


と言って聞かないので、仕方なく曹豹そうほうは1杯飲み干します。


全員に酒を勧め終わった張飛ちょうひは、自分は大杯になみなみと酒をいで、あれよあれよという間に数十杯を飲み干してしまいました。



マリコマリコ

あぁ〜、飲んじゃったっ!

タカオタカオ

やっぱりな(笑)

マリコマリコ

まぁ、飲み過ぎなければ…。

王先生王先生

もう大杯で数十杯も飲んでますよ(笑)

張飛が曹豹を鞭打つ


王先生王先生

酔いが回ってくると、張飛ちょうひはまた、みなに酒を勧め始めました。


すると張飛ちょうひは、真っ先に曹豹そうほうのところに向かいます。


「もう飲めませんっ!」


ですが今度は、曹豹そうほうはなんと言っても飲まないので、張飛ちょうひはついに酒グセの悪さが出て怒り出し、


「俺の命令にそむいたからには、棒打ち100回だっ!」


と、足軽に命じて曹豹そうほうを縛り上げさせました。

これを見た陳登ちんとうは、


玄徳げんとく劉備りゅうびあざな)どのが出陣の際に、言い残していかれたお言葉をお忘れか?」


と止めに入りますが、


「お前は文官だから文官のことだけやっておれ、俺に構うな」


と言って聞きません。

そこで仕方なく曹豹そうほうは、


翼徳よくとく張飛ちょうひあざな)どの、私の婿むこの顔に免じて許してくだされ…」


張飛ちょうひに哀願しました。

すると、婿むこという言葉に反応した張飛ちょうひは、婿むこの名前をたずねます。


呂布りょふでござる」


呂布りょふの名前を聞いた張飛ちょうひは大いに腹を立て、曹豹そうほうに言いました。


「俺は本当にお前を打たせるつもりではなかった。なのに呂布りょふの名前を出しておどそうとするとはっ!これはお前を打つのではない。呂布りょふを打っておるのだっ!」


そう言うと張飛ちょうひは、ついに曹豹そうほうを打ちすえさせます。

そして50回ほど打たせた時、皆が必死で止めるのを聞いて、張飛ちょうひはやっと曹豹そうほうを許しました。



タカオタカオ

最悪の状況だな…。

マリコマリコ

本当、だから飲むなって言われてたのに…。

タカオタカオ

こりゃ、曹豹そうほううらんでるぞぉ〜(笑)

王先生王先生

ちなみに、呂布りょふの先妻が曹豹そうほうの娘だったとされています。


スポンサーリンク


劉備、徐州を失う

劉備、徐州を失う

画像出典:ChinaStyle.jp

呂布の裏切り


王先生王先生

さて、張飛ちょうひに棒打たれた曹豹そうほうが家に帰って来ました。


曹豹そうほうは骨のずいまで張飛ちょうひうらみ、その夜のうちに小沛しょうはい豫州よしゅう予州よしゅう)・沛国はいこく沛県はいけん]の呂布りょふに手紙を届けさせます。

その手紙には、張飛ちょうひの無礼を詳しくべた上、


劉備りゅうび淮南わいなんに出掛けているから、今夜、張飛ちょうひが酔っ払っているうちに兵を出して徐州じょしゅうを取れ。この機会を外したら、後悔してもしきれないぞ」


とありました。

この手紙を見た呂布りょふは、早速陳宮ちんきゅうを呼んで相談すると、


小沛しょうはいは長く留まるべきところではありません。徐州じょしゅうに隙がある今をのがしては、2度と好機は巡ってこないでしょう」


と言います。

そこで呂布りょふは、ただちによろいかぶとに身を固め、赤兎馬せきとばまたがって、方天画戟ほうてんがげきを手に5百騎をひきいて出陣し、その後から陳宮ちんきゅう高順こうじゅんが大軍をひきいて続きました。



マリコマリコ

え〜っ!呂布りょふさんっ!それはないよ…。

タカオタカオ

だって呂布りょふだよ(笑)

マリコマリコ

劉備りゅうびさんは曹操そうそうさんからの密命を断って、呂布りょふさんを守ったんだよっ!

タカオタカオ

これが呂布りょふだよ(笑)

王先生王先生

確かに。これを警戒して袁紹えんしょう袁術えんじゅつ呂布りょふを受け入れませんでしたからね。

呂布に徐州を奪われる


王先生王先生

呂布りょふの軍勢は、すぐに徐州じょしゅう下邳県かひけん)に到着しました。


呂布りょふの軍勢が徐州じょしゅうに着いたのは夜の四更(午前1時〜3時頃)、月の光はみ渡り、城内は静まりかえっています。

呂布りょふが城門の前まで進み出て、


劉使君りゅうしくん劉備りゅうび)どのより内密の使者じゃ。城に登って来られい」


と呼ばわると、知らせを聞いた曹豹そうほうが城壁に登って顔を出し、すぐに城門を開きました。


この時張飛ちょうひは屋敷で酔いつぶれていましたが、そばの者があわててり起こされ、


呂布りょふが城門を開けさせて、攻め込んで参りました」


と聞いて大いに怒り、あわててよろいを身につけると、1丈8尺の蛇矛だぼうを引っさげ、やっと屋敷の門まで出て馬にまたがります。

この時すでに呂布りょふの軍勢が殺到しており、張飛ちょうひはこれを迎え撃ちますが、まだ酔いが冷めておらず、配下の強者つわもの18騎に守られて、東門から逃げ出しました。

また、屋敷には劉備りゅうびの妻子がいましたが、彼女らを助け出す余裕はありませんでした。


この時曹豹そうほうは、張飛ちょうひがわずか十数人しか連れておらず、まだ酔いが冷めていないことをあなどって、百人余りをひきいて追って来ました。

追っ手の中に曹豹そうほうを見つけた張飛ちょうひは馬をてて曹豹そうほうに襲いかかり、3合ばかり打ち合って、曹豹そうほうはやはりかなわないと逃げ出します。

張飛ちょうひがこれを追って川岸で追いつくと背中を一突き、曹豹そうほうは馬もろとも川に落ちて死んでしまいました。


張飛ちょうひは城を脱出した兵を集めると、劉備りゅうびたちのいる淮南わいなんに向かい、呂布りょふは城内で住民たちを安堵あんどさせ、百人の足軽に劉備りゅうびの屋敷の門を守らせて、勝手に人が入れないようにしました。



タカオタカオ

やっぱり城を取られたか…。

マリコマリコ

劉備りゅうびさんの妻子まで捕まっちゃいましたね。

タカオタカオ

曹豹そうほうはまあ、予想通りだね(笑)

王先生王先生

これで劉備りゅうびは、帰るところがなくなってしまったことになりますね。

張飛の懺悔


王先生王先生

さて、徐州じょしゅうを奪われた張飛ちょうひは、劉備りゅうびたちのいる盱眙県くいけんに到着しました。


劉備りゅうびに対面した張飛ちょうひは、曹豹そうほうが裏切って呂布りょふを引き入れ、徐州じょしゅうを奪われた経緯を詳しく話します。

その場にいた者はみな言葉を失いましたが、劉備りゅうびは大きく息をついて、


「手に入れたからといって嬉しくもない城を失ったからといって、気を落とすことはない」


と言いました。

続いて関羽かんうが、


「姉上(劉備りゅうびの妻)はどこにおられる?」


たずね、張飛ちょうひが、


「みな城内に生け捕りになった」


と答えると、劉備りゅうびは黙って一言も発しませんでしたが、関羽かんう地団駄じだんだんで口惜くちおしがり、


「おいっ、お前が城の守備と決まった時、お前は何と言った?兄上はお前に何を言いつけられたっ!?

今、城は取られ、姉上は生け捕られ、それでどの面下げてここへやって来たのだっ!」


と、張飛ちょうひに怒鳴りつけました。

張飛ちょうひは穴があったら入りたい心地で聞いていましたが、突然剣を抜いたかと思うと、自分の首に当てて自害しようとします。



タカオタカオ

そら関羽かんうも怒るよ。てか劉備りゅうびも怒れよ(笑)

マリコマリコ

まだ袁術えんじゅつさんとの戦いも終わってないんだよね。

タカオタカオ

うん。それに劉備りゅうび呂布りょふが敵対して、曹操そうそうの思うつぼだな。

王先生王先生

そうですね。そして「張飛ちょうひ生命いのちはいかになりましょうや」というところで、三国志演義さんごくしえんぎの第14回が終わります。

タカオタカオ

まあ、張飛ちょうひの自害はないだろうけど、袁術えんじゅつ呂布りょふの2人を敵に回して大変だな…。


曹操そうそうの計略により、袁術えんじゅつと戦うはめになった劉備りゅうびは、寡兵かへい(少ない兵)ながら互角の戦いを進めていました。

ですが、後の守りに残した張飛ちょうひの失態により、呂布りょふ徐州じょしゅうを奪われてしまいます。

これにより劉備りゅうびは帰る場所を失い、前面には袁術えんじゅつ、後方には呂布りょふの2人を敵に回すことになってしまいました。



王先生王先生

次回も、徐州じょしゅうを奪った呂布りょふと、劉備りゅうび袁術えんじゅつの戦いが続きます。

三国志演義の解説を順番に読もう!

 三国志演義教室【目次】