袁紹えんしょうたちによる宦官一掃を受けて、少帝しょうてい陳留王ちんりゅうおうは宦官たちに連れられて洛陽らくようを脱出してしまいました。
そして、少帝しょうてい陳留王ちんりゅうおうを保護して洛陽らくように入った董卓とうたくは、あっという間に権力を掌握します。
では、董卓とうたくはどのようにして権力を掌握したのでしょうか。

スポンサーリンク

董卓の洛陽入り

董卓の動向

霊帝れいていが崩御する少し前、皇甫嵩こうほすうと共に「辺章へんしょう韓遂かんすいの乱」の鎮圧にあたっていた董卓とうたくは、右扶風ゆうふふうに駐屯していました。

関連記事

黄巾の乱の影に隠れて目立たない涼州の反乱「辺章・韓遂の乱」とは



そして188年、董卓とうたく少府しょうふに任命され「軍官と兵士を皇甫嵩こうほすうに預けて任官せよ」という命令を受けます。ですが、董卓とうたくはこの命令を無視して軍勢を手放しませんでした。

また、翌年(霊帝れいてい崩御の年)にも改めて幷州牧へいしゅうぼくに任命され、同様に軍を手放すよう命令されますが、董卓とうたくはまたも命令を無視して、軍勢を率いたまま任地の幷州へいしゅうに向かっています。

何進かしんによって洛陽らくよう召喚しょうかんされたのは、ちょうどこの時だったのです。

宦官たちの最期

霊帝れいていの崩御後、宦官たちの謀略によって何進かしんが殺されると、宦官たちは袁紹えんしょうらによって滅ぼされました。

ですが、難をのがれた中常侍ちゅうじょうじ張讓ちょうじょう段珪だんけいらは、少帝しょうてい陳留王ちんりゅうおうを連れて洛陽らくようを脱出し、北の小平津しょうへいしんに向かいます。

そして、尚書しょうしょ盧植ろしょく河南中部掾かなんちゅうぶえん閔貢びんこうがこれを追って数人を斬ると、張讓ちょうじょうらは黄河に身を投げてみずから命を絶ちました。

少帝しょうてい陳留王ちんりゅうおうは、洛陽らくように戻るためほたるの光を頼りに南へ進み、ようやく2人を追ってきた公卿こうけい(大臣)たちと出会うことができました。


閔貢びんこうの官職・河南中部掾かなんちゅうぶえんとは河南尹かなんいんの属官で、各県を巡察する監察官(督郵とくゆう)の1人です。

督郵とくゆう管轄かんかつは東・西・南・北・中の5部に分かれており、河南中部掾かなんちゅうぶえんは、河南尹かなんいんの中部を管轄する督郵とくゆうということになります。

董卓の洛陽入り

何進かしん召喚しょうかんに従って洛陽らくよう西部の顕陽苑けんようえんに駐屯していた董卓とうたくは、少帝しょうてい洛陽らくようの北にいるという報告を受けると軍勢を率いて北上し、北芒阪ほくぼうはんの下で少帝しょうていたちを出迎えました。

すると、董卓とうたくの軍勢を見た少帝しょうていおびえて泣き出したので、公卿こうけいたちは董卓とうたくに「勅命ちょくめいである。兵を下げよ」と命じます。

ですが董卓とうたくは、

「あなた方は大臣でありながら王室を守ることもできず、天子を流浪させている。どうして兵を退くことなどできようか!」

と一喝し、少帝しょうてい陳留王ちんりゅうおうを連れ、軍勢を率いたまま洛陽らくように入城しました。


この時、董卓とうたく少帝しょうてい陳留王ちんりゅうおうの2人と言葉を交わしましたが、少帝しょうていはうまく答えることができず、逆に陳留王ちんりゅうおうはよどみなく答えました。

このことから、董卓とうたくは暗愚な少帝しょうていを廃位して、新たに陳留王ちんりゅうおうを帝位につける考えに至ったとされています。

また、この一連の朝廷の混乱の中で、天子が持つ6種類の印璽いんじのうち、最も大切な伝国璽でんこくじが紛失してしまいました。



スポンサーリンク


董卓による権力の掌握

軍事権の掌握

少帝しょうてい洛陽らくように帰還すると、朝廷は大赦たいしゃを行い、年号を「昭寧しょうねい」に改め、董卓とうたくと同様に洛陽らくように入城した武猛都尉ぶもうとい丁原ていげん執金吾しつきんごに任命しました。


そしてちょうどこの頃、何進かしんの命令によって軍兵を募集していた鮑信ほうしん洛陽らくように帰ってきます。

関連記事

なぜ袁紹の宦官一掃は成功したのか?何進の死と袁紹による宦官の一掃



董卓とうたくの権勢が強まっているのを見て取った鮑信ほうしんは、袁紹えんしょうに進言しました。

董卓とうたくは二心を抱いて強兵をようしております。今手を打たなければ、朝廷は必ずや董卓とうたくによって支配されてしまうでしょう」

ですが、袁紹えんしょう董卓とうたくを恐れて行動を起こさなかったので、あきれた鮑信ほうしんは郷里に帰ってしまいました。


袁紹えんしょうが行動を起こせずにいるうちに、董卓とうたくが先手を打ちます。

董卓とうたく夜陰やいんまぎれて軍兵を洛陽らくようの外に出し、翌日には軍旗を押し立て陣太鼓を打ち鳴らしながら、また洛陽らくように入城させたのです。

これを4、5日おきに行うと、洛陽らくようの人々は董卓とうたくの大軍が続々と到着していると錯覚し、所属不明となっていた何進かしん何苗かびょうの兵たちは、こぞって董卓とうたくの下に身を寄せました。


洛陽らくように入城した時点で、董卓とうたくの兵は歩騎合わせて3,000人に過ぎません。

当時の洛陽らくようには、丁原ていげんが率いてきた兵に加え、混乱によって殺害された大将軍だいしょうぐん何進かしん車騎将軍しゃきしょうぐん何苗かびょうが率いていた兵が、所属不明のまま存在していました。

この時、袁紹えんしょう王允おういんらがいち早くこれらの兵をまとめ上げることができれば、圧倒的な兵力を背景に、董卓とうたくの手から少帝しょうてい陳留王ちんりゅうおうを奪い返すことができたかもしれません。

執金吾・丁原を殺害

何進かしん何苗かびょうの兵を自軍に組み入れた董卓とうたくにとって、権力を掌握するために障害となるのは、執金吾しつきんご丁原ていげんの軍勢のみとなります。

この丁原ていげんは粗野な性格で、役人としての能力に欠けるところがありましたが、いくさの際には常に先頭に立って戦う勇猛な人物でしたので、董卓とうたくもあなどれません。


そこで董卓とうたくは、丁原ていげん配下の猛将・呂布りょふに目をつけます。

董卓とうたく呂布りょふ懐柔かいじゅうして丁原ていげんを殺害させ、丁原ていげんの軍勢を手に入れることに成功しました。これによって、洛陽らくようにおいて軍事権を握る者は、董卓とうたくただ1人となったのです。


呂布りょふ丁原ていげんの首を持ってやって来ると、董卓とうたくは大いに喜んで呂布りょふ騎都尉きといに任命し、父子のちぎりを結びました。

自ら司空となる

その後、長らく雨が降らなかったことを理由に司空しくう劉弘りゅうこう罷免ひめんされ、董卓とうたくみずからその後任にきました。



スポンサーリンク


なぜ袁紹は動かなかったのか?

この時の董卓とうたくの権力掌握の手腕には目を見張るものがあります。

ですがこの時、袁紹えんしょうたちが董卓とうたくの動きを傍観ぼうかんせざるを得なかったのはなぜなのでしょうか。

天子の存在

何進かしんが宦官に殺されたあと何進かしんの兵たちは袁紹えんしょうらに従って宦官を討ち滅ぼしました。

董卓とうたく洛陽らくよう入りした時、宮中の兵権は袁紹えんしょうたちの手にあり、わずか3,000人の兵力に過ぎない董卓とうたくなど問題にならなかったはずです。

ですが、洛陽らくよう入りした董卓とうたくの手中には、張讓ちょうじょうらと共に洛陽らくようを脱出した少帝しょうてい陳留王ちんりゅうおうが握られていました。

もし董卓とうたくと対峙した場合、少帝しょうていが「董卓とうたくちんたちを助けてくれた恩人であるぞ」と言えば、袁紹えんしょうたちが逆賊にされてしまう可能性があります。

このことから、袁紹えんしょうたちに迷いが生まれ、董卓とうたくがつけ入る隙ができました。

董卓の周到な計画

これより以前、董卓とうたくは2度に渡って朝廷の命令を無視し、朝廷から与えられた兵を私兵化していました。これは、霊帝れいていが崩御する前からすでに、董卓とうたくにその兵力を背景にして独自の勢力圏を形成する意思があったことに他なりません。

董卓とうたくは、洛陽らくように火の手が上がった時点で好機の到来を感じ、少帝しょうてい陳留王ちんりゅうおうを保護した時点で、それは確信に変わります。

董卓とうたく洛陽らくように入る前から「どのようにして権力を掌握するか」に考えを巡らし、迷うことなく即座に実行に移しました。


董卓とうたくの権勢が増大し、袁紹えんしょうたちが危機感を抱くころには、すでに洛陽らくようには董卓とうたくに対抗し得る勢力はいなくなってしまったのです。


朝廷の高官たちは、口々に「董卓とうたくを招くこと」を危険だと警告していました。

そして、諸豪族を招いたことによって董卓とうたくが朝廷の実権を握ったことは、当然の結果であるように語られています。

ですが、董卓とうたくが率いる3,000の兵だけで朝廷の実権を握ることは不可能に近く、少帝しょうてい洛陽らくようを脱出するという偶然と、董卓とうたくの迅速な行動がなければ成し得なかったことだと言えるでしょう。