173年【漢:熹平きへい2年】に起こった主な出来事をまとめ、それをもとに群雄勢力図を作成しました。人員配置は前年から変更が記されていない官職と、新たに確認できた官職のみ記載しています。

スポンサーリンク

173年の主な人員配置

後宮

天子・皇后 人物
天子(皇帝) 劉宏りゅうこう霊帝れいてい
皇太后 董太后とうたいごう孝仁董皇后こうじんとうこうごう
皇后 宋皇后そうこうごう

朝廷

官職 人物
司徒しと 袁隗えんかい
司空しくう 宗倶そうく楊賜ようし唐珍とうちん
太尉たいい 李咸りかん段熲だんけい(〜12月)
太常たいじょう 唐珍とうちん(〜7月)
光禄勲こうろくくん 楊賜ようし(〜2月)
執金吾しつきんご 宋酆そうほう
諫議大夫かんぎたいふ 劉猛りゅうもう
五官中郎将ごかんちゅうろうしょう 董重とうちょう
使匈奴中郎将しきょうどちゅうろうしょう 張奐ちょうかん
度遼将軍とりょうしょうぐん 皇甫規こうほき
破羌将軍はきょうしょうぐん 段熲だんけい

地方官

官職 人物
司隷校尉けいしゅうしし 段熲だんけい(〜3月)
楊州刺史ようしゅうしし 臧旻ぞうびん
玄菟太守げんとたいしゅ 公孫琙こうそんよく
丹陽太守たんようたいしゅ 陳夤ちんいん
鬱林太守うつりんたいしゅ 谷永こくえい
会稽太守かいけいたいしゅ 尹端いんたん

スポンサーリンク


173年の主な出来事

出来事
1月

・疫病が流行ったため、薬を配布する。

司空しくう宗倶そうくが亡くなる。

2月

・天下に大赦たいしゃする。

光禄勲こうろくくん楊賜ようし司空しくうに任命される。

3月

太尉たいい李咸りかん罷免ひめんされ、司隷校尉しれいこうい段熲だんけい太尉たいいに任命される。

6月

北海国ほっかいこくに地震があり、東萊郡とうらいぐん北海国ほっかいこくに津波が起こる。

7月

司空しくう楊賜ようし罷免ひめんされ、太常たいじょう唐珍とうちん司空しくうに任命される。

12月

太尉たいい段熲だんけい罷免ひめんされる。

鮮卑せんぴ幽州ゆうしゅう幷州へいしゅうに侵攻する。

・日食があった。

不明

甘陵王かんりょうおう劉恢りゅうかいが亡くなる。

会稽太守かいけいたいしゅ尹端いんたんが賊徒・許昭きょしょうに敗れる。


スポンサーリンク


173年の群雄勢力図

173年の群雄勢力図

凡例

173年の群雄勢力図

173年の情勢

173年の時点では、漢の領内にまだ独立勢力はありません。

特記事項

会稽郡かいけいぐんの反乱

前年の11月に許生きょしょう許昌きょしょう許韶きょしょう許昭きょしょう)らが会稽郡かいけいぐんで起こした反乱はまだ続いていました。

この年、反乱の討伐にあたった会稽太守かいけいたいしゅ尹端いんたんが賊徒・許昭きょしょうに敗れ、討伐に失敗してしまいます。そして、賊徒に敗北した尹端いんたんは州の弾劾だんがいを受け、公衆の面前で打ち首にし、その死体を市中にさらす、棄市きし刑相当の罪であるとされてしまいました。

当時彼の下で主簿しゅぼをしていた朱儁しゅしゅんは、粗末な衣服を身につけてひそかに洛陽らくように向かうと、担当の役人に賄賂を贈って州からの弾劾だんがいの上奏文を抜き取ります。

これにより、尹端いんたん棄市きし刑をまぬかれ、左校さこうに移されることで許されました。また、朱儁しゅしゅんは自分が尹端いんたんの減刑のために動いたことを、生涯他言しなかったと言います。


左校さこうとは、宗廟そうびょう正殿せいでん陵園りょうえんなどの土木工事をつかさど将作大匠しょうさくたいしょうの下に置かれた、強制労働をさせる機関のことです。

関連記事

【三国志年表詳細】172年の主な出来事と群雄勢力図

やっぱり無鉄砲!?戦いに明け暮れた孫堅の青年期


173年【漢:熹平きへい2年】は、大きな出来事が少ない1年でした。

後漢書ごかんじょ孝霊帝紀こうれいていぎには、董太后とうたいごう皇太后こうたいごうの位についたという記載はありませんが、後漢書ごかんじょ孝仁董皇后紀こうじんとうこうごうきには「竇太后とうたいごうが崩御すると朝政を始めた」とあるため、董太后とうたいごう皇太后こうたいごうの扱いにしています。

他の年を見る場合はこちら

三国志年表