呂布りょふ劉備りゅうび袁術えんじゅつ徐州じょしゅうを巡る争いから、劉備りゅうび曹操そうそうを頼るまでをまとめています。

スポンサーリンク

呂布、轅門に戟を射る

呂布の裏切り

建安けんあん元年(196年)6月、劉備りゅうびが治める徐州じょしゅう袁術えんじゅつが侵攻すると、この時劉備りゅうびを頼って徐州じょしゅうにいた呂布りょふは、


下邳県かひけんを攻撃するならば兵糧を援助する」


という袁術えんじゅつの密書を受け、張飛ちょうひが留守を守る徐州じょしゅう下邳国かひこく下邳県かひけんを奪い取り、劉備りゅうびの妻子や軍需品、配下の将兵や官吏の家族などを捕虜にしました。


袁術の徐州侵攻

袁術えんじゅつ徐州じょしゅう侵攻


そして、本拠地を失い袁術えんじゅつに敗北を重ねて飢餓きがおちいった劉備りゅうびは、なんと自分から下邳県かひけんを奪った呂布りょふ和睦わぼくを求めます。

すると「袁術えんじゅつが兵糧を送ってこないこと」に怒りを覚えていた呂布りょふは、劉備りゅうびの妻子を返して豫州刺史よしゅうししに任命し、豫州よしゅう予州よしゅう)・沛国はいこく沛県はいけん小沛しょうはい)に駐屯させて、力を合わせて袁術えんじゅつを討つことにしました。

関連記事

袁術の徐州侵攻と呂布の裏切り。劉備が徐州を失い呂布に投降する

呂布が劉備を救援する

劉備りゅうび沛県はいけん小沛しょうはい)に駐屯すると、袁術えんじゅつ将軍しょうぐん紀霊きれいらに歩兵・騎兵合わせて3万人を統率させて劉備りゅうびを攻撃しようとし、これを知った劉備りゅうび呂布りょふに救援を求めます。


すると呂布りょふ将軍しょうぐんたちは、


将軍しょうぐん呂布りょふ)はつねづね劉備りゅうびを殺そうと思っておいでなのですから、ここは袁術えんじゅつに手を貸すべきです」


と言いました。ですが呂布りょふは、


「それは違う。もし今 袁術えんじゅつ劉備りゅうびを撃ち破れば、袁術えんじゅつは北方泰山たいざん太山たいざん)の諸将軍しょうぐん臧覇ぞうはら)と連合戦線を結ぶだろう。そうなれば、わしは包囲網の中に封じ込められてしまう。

そうならないためには、劉備りゅうびを救援しないわけにはいかないのだ」


と言って、すぐさま歩兵千人・騎兵2百人に武装を整えさせて、みずか劉備りゅうびの元に駆けつけます。

すると、呂布りょふが到着したことを知った紀霊きれいらはみな軍勢を取りまとめ、それ以上思い切って攻撃をかけようとはしませんでした。

呂布、轅門に戟を射る

沛県はいけん小沛しょうはい)に到着した呂布りょふは、沛県はいけん小沛しょうはい)の西南1里(約430m)の地点に陣営を置きます。

そして、呂布りょふが護衛の兵卒をって紀霊きれいらを招待すると、紀霊きれいらの方でも「呂布りょふと食事を共にしたい」と申し入れてきます。


そこで呂布りょふは宴席をもうけ、紀霊きれいらに向かって言いました。


劉玄徳りゅうげんとく劉備りゅうび)はわしの弟だ。弟が諸君らのために苦しめられていると聞き、助けに来たのだ。

わしは争いごとが嫌いで、め事の仲裁をするのが大好きなんだ」


そして呂布りょふは、門番の役人に命じて轅門えんもん(陣営の門)の中に1本のげきかかげさせ、


「諸君、今からわしげきの小枝を射るから見ていなさい。もし1発で命中したなら、諸君は戦闘を中止して引きげてくれ。もし命中しなかったなら、ここにとどまって勝負を決するが良い」


と言い、弓を手にげきを目がけて射かけると、果たしてその矢は見事にげきの小枝に命中しました。


将軍しょうぐん呂布りょふ)は天のご威光をそなえておいでですっ!」


その場に居合わせた諸将はみな仰天して呂布りょふの意向に従い、次の日も宴会を楽しんで、その後双方とも引きげました。


この三国志演義さんごくしえんぎの名シーンの1つである「呂布りょふ轅門えんもんに立てたげきを射る」エピソードは、一見、呂布りょふの武勇を印象づけるための創作のように思えますが、実は魏書ぎしょ呂布伝りょふでんの本文にしるされています。

もしかしたら呂布りょふは、本当にげきを射当てたのかもしれません。現代のライフルならまだしも、まさに神業ですね。


スポンサーリンク


劉備が曹操を頼る

劉備が曹操を頼る

劉備りゅうび沛県はいけん小沛しょうはい)に戻ってから、再び兵を集めて1万余人を手に入れていました。

すると、これをまわしく思った呂布りょふは、みずから兵を出して劉備りゅうびを攻め、敗走した劉備りゅうび曹操そうそうの元に身を寄せます。

曹操そうそうはそんな劉備りゅうびを手厚く処遇しょぐうして、豫州牧よしゅうぼく予州牧よしゅうぼく)に任命しました。


その後曹操そうそうは、劉備りゅうびと共に沛県はいけん小沛しょうはい)に行き、散り散りになった兵卒を受け入れ、さらに兵員を増加し、兵糧を補給して、東の呂布りょふへのそなえとしました。

曹操陣営の反応

郭嘉かくか

『魏書』郭嘉伝 注 『魏書』

ある人が太祖たいそ曹操そうそう)に言いました。


劉備りゅうび)は英雄としての志を持っております。今のうちに早く始末しなければ、後に必ずわざわいをなすでしょう」


太祖たいそ曹操そうそう)がこれを郭嘉かくかに問うと、郭嘉かくかはこう答えました。


「確かにその通りです。

しかしながらこう曹操そうそう)は、剣を引っげて正義の兵を起こされ、民衆のために暴虐を取り除かれているのです。誠意を貫き信義に頼って英傑をまねいても、まだ不十分かと心配されます。

今、劉備りゅうびには英雄の評判があり、追いめられて我が方に身を寄せた彼を殺害するとなると、それこそ賢者を殺害したと評判になるでしょう。

そうなれば、智謀の士は猜疑心さいぎしんを抱き、心を変えて別の主君を選ぶようになるでしょう。

こう曹操そうそう)は誰と一緒に天下を平定するのですか。そもそも1人の心配な男を除くことによって、かえって四海の内の期待をくじくことになるのです。安危の切っ掛けになることを察知しなければなりません」


すると太祖たいそ曹操そうそう)は笑いながら「君はよく分かっているな」と言いました。

『魏書』郭嘉伝 注 『傅子(ふし)』

郭嘉かくか太祖たいそ曹操そうそう)に進言しました。


劉備りゅうびは人並みはずれた才能を持っている上に、人々の心を大変よくつかんでおり、またその部下の張飛ちょうひ関羽かんうは、万人を相手に出来る英雄であり、彼のために決死の働きをします。

私の観察によると、劉備りゅうびは結局人の下位に立つようなことはせず、その計略は予測できません。

いにしえの人は『1日敵を野放しにすれば、数代のわざわいである』と申しております。早く処置をなさるがよろしいでしょう」


ですがこの時太祖たいそ曹操そうそう)は、天子てんし献帝けんてい)を奉戴ほうたいして天下に号令しており、英雄を味方にまねき寄せ、それによって大いなる信義を明らかにしようとしているところでしたので、郭嘉かくかの計略に従うことができませんでした。


後に太祖たいそ曹操そうそう)が劉備りゅうびに命じて袁術えんじゅつを迎撃させようとした時、郭嘉かくか程昱ていいくと共に車で駆けつけて、


劉備りゅうびを自由にすれば、変事が起こりますぞっ!」


太祖たいそ曹操そうそう)をいさめました。

ですがこの時、劉備りゅうびはすでに立ち去っており、2人の言った通り兵をげてそむいたので、太祖たいそ曹操そうそう)は郭嘉かくかの進言を採用しなかったことを後悔しました。


魏書ぎしょ傅子ふしでは、郭嘉かくかの意見が正反対になっています。

程昱ていいく

『魏書』武帝紀

程昱ていいくこう曹操そうそう)に進言しました。


劉備りゅうびを観察しますに、ずば抜けた才能を持っている上にはなはだ人心をつかんでおります。最後まで人の下にいる人物ではありません。早く始末されるが良いと存じますが」


こう曹操そうそう)、


「今は英雄を収攬しゅうらん(うまくとらえること)する時期である。1人を殺して天下の人心を失うのはいかん」

『魏書』程昱伝

程昱ていいく太祖たいそ曹操そうそう)に劉備りゅうび殺害を進言したが太祖たいそ曹操そうそう)は聞き入れませんでした。

後にまた、劉備りゅうび徐州じょしゅうに派遣して袁術えんじゅつを迎え撃たせると、程昱ていいく郭嘉かくか太祖たいそ曹操そうそう)に進言しました。


こう曹操そうそう)には先日劉備りゅうびに手を下されず、わたくし程昱ていいく)たちは実際理解に苦しみました。

今、彼に兵を貸されましたが、彼は必ずや異心を抱きましょう」


太祖たいそ曹操そうそう)は後悔して彼を追いかけさせましたが、間に合いませんでした。

たまたま袁術えんじゅつが病死し、劉備りゅうび徐州じょしゅうに行き着くと結局車冑しゃちゅうを殺し、兵をげて太祖たいそ曹操そうそう)にそむきました。

陳郡(陳国)の袁渙

以前、劉備りゅうび豫州よしゅう予州よしゅう)にいた時のこと。劉備りゅうび陳郡ちんぐん陳国ちんこく)出身の袁渙えんかん茂才もさいに推挙していました。

劉備りゅうびが敗走すると、袁渙えんかん呂布りょふとどめられ、劉備りゅうび罵辱ばじょくののしはずかしめること)する文書を書かせようとしましたが、袁渙えんかんはこれを拒否し、呂布りょふが再三に渡って強制しても従いませんでした。

激怒した呂布りょふは、


わしに従うならば良し。従わぬのなら、死ぬことになるぞっ!」


と、兵をもって袁渙えんかんおどします。

ですが袁渙えんかんは、少しも顔色を変えることなく、笑いながら言いました。


わたくし袁渙えんかん)は『ただ徳のみが人をはずかしめることができる』と聞いております。ののしりをもって人をはずかしめることができるなど、聞いたことがありません。

もしも彼(劉備りゅうび)がまことの君子ならば、将軍しょうぐん呂布りょふ)の言葉を恥とすることはありません。逆にもし彼(劉備りゅうび)が小人ならば、将軍しょうぐん呂布りょふ)の真似をしてののしり返してくるでしょう。

はじ』はこちらにあるのであって、あちらにあるのではありません。

わたくし袁渙えんかん)が過日、劉将軍りゅうしょうぐん劉備りゅうび)に仕えていたのは、今日、将軍しょうぐん呂布りょふ)に仕えているのと同じことです。

もしわたくし袁渙えんかん)が一旦ここを去り、将軍しょうぐん呂布りょふ)をののしったならば、将軍しょうぐん呂布りょふ)はそれを許されますか?」


これを聞いた呂布りょふは、みずからを恥じて劉備りゅうび罵辱ばじょくののしはずかしめること)する文書を書かせることをやめました。


建安けんあん元年(196年)6月、袁術えんじゅつ徐州じょしゅう侵攻の際に劉備りゅうびから徐州じょしゅう下邳国かひこく下邳県かひけんを奪った呂布りょふは、和睦わぼくを求めてきた劉備りゅうびを受け入れ、豫州よしゅう予州よしゅう)・沛国はいこく沛県はいけん小沛しょうはい)に駐屯させました。

また、劉備りゅうびの次は自分が狙われることを恐れた呂布りょふは、なおも劉備りゅうびを攻めようとする袁術えんじゅつ劉備りゅうびの間に立って仲裁しますが、結局劉備りゅうびを信頼することができず、みずか劉備りゅうびを攻めて敗走させてしまいます。

これにより劉備りゅうび曹操そうそうの元に身を寄せ、呂布りょふ曹操そうそうという強大な敵を呼び込むことになってしまいました。