揚州ようしゅうの平定を終えた孫策そんさくの北伐と、許貢きょこう食客しょっかくによる孫策そんさく襲撃についてまとめています。

スポンサーリンク

陳登の陰謀

孫策の許都強襲計画

建安けんあん5年(200年)、曹操そうそう袁紹えんしょう官渡かんとで戦いを繰り広げていた時のこと。

ちょうど九江郡きゅうこうぐんを除く揚州ようしゅうの平定を終えた孫策そんさくは、許都きょと豫州よしゅう予州よしゅう)・潁川郡えいせんぐん許県きょけん]を襲って献帝けんていを自分の元に迎えようとくわだて、秘密裏に兵士たちを訓練し、部将たちにもそれぞれの任務を与えていました。

陳登の陰謀

その頃、孫策そんさく江東こうとうを争って敗れた陳瑀ちんうの従兄(陳珪ちんけい)の子・広陵太守こうりょうたいしゅ陳登ちんとうは、徐州じょしゅう広陵郡こうりょうぐん射陽県しゃようけんに役所を置いていました。

呂布りょふ誅殺ちゅうさつされた後、陳登ちんとうは功績によって伏波将軍ふくはしょうぐんの位を与えられ、長江ちょうこう淮水わいすい流域の住民の心をつかんでいたため、江南こうなんを併合しようというこころざしを持つようになります。

前年の建安けんあん4年(199年)、孫策そんさくが西征の軍を進めた時、陳登ちんとうは再び秘かに密使をおくり、厳白虎げんはくこの残党に印綬いんじゅを与えて孫策そんさくの後方攪乱かくらんはかり、陳瑀ちんう孫策そんさくに破られた恥辱に報いようとくわだてました。

関連記事

陳瑀が江東進出を狙う。反故にされた袁術討伐の詔勅

ここで言う「西征」について

1.黄祖討伐①

孫策そんさく厳白虎げんはくこ討伐」の時期は史料によって異なっています。もし厳白虎げんはくこ討伐の後に黄祖こうそ討伐が行われていたとすれば、ここで言う西征は、前年[建安けんあん4年(199年)]12月の黄祖こうそ討伐を指すのではないかと考えることができます。

2.黄祖討伐②

この時の「孫策そんさくの西征」について、資治通鑑しじつがんには「西して黄祖こうそを撃つや」とあり「黄祖こうそ討伐のための西征」であると明記されています。

資治通鑑しじつがんでは、前年[建安けんあん4年(199年)]の黄祖こうそ討伐の後に厳白虎げんはくこ討伐が行われていますので、この年[建安けんあん5年(200年)]にもう一度黄祖こうそ討伐を行ったことになります。

3.許都(許県)襲撃

呉書ごしょ孫策伝そんさくでんが注に引く捜神記そうしんきには、孫策そんさく許都きょと豫州よしゅう予州よしゅう)・潁川郡えいせんぐん許県きょけん]を襲撃しようとし、于吉うきつを連れて軍を進めていたことがしるされています。

ですが魏書ぎしょ武帝紀ぶていぎには、

孫策そんさくこう曹操そうそう)が袁紹えんしょうと対峙していると聞き、許都きょと許県きょけん)を襲撃する計画を立てたが、出発する前に刺客に殺害された」

とあり、孫策そんさく許都きょと許県きょけん)襲撃は実行に移されていないことになります。


孫策そんさくがこの短期間に2度も黄祖こうそを討伐するとは考えられず、許都きょと許県きょけん)襲撃のための出陣が行われなかったとするならば、この「西征」は「1.黄祖討伐①」の「建安けんあん4年(199年)12月の黄祖こうそ討伐」を指すのが妥当だとうではないかと思われます。


スポンサーリンク


孫策の北伐

刺客の襲撃

西征の帰途についた孫策そんさくは、そのまま後方の攪乱かくらんはかった陳登ちんとうの討伐に向かい、揚州ようしゅう呉郡ごぐん丹徒県たんとけんまで進むと、兵糧の到着を待つためそこに軍をとどめます。


揚州・呉郡・丹徒県

揚州ようしゅう呉郡ごぐん丹徒県たんとけん


狩猟好きの孫策そんさくは、この時間を利用して歩兵・騎兵を連れてしばしば狩猟に出掛けましたが、ある日のこと、孫策そんさくが馬をせて鹿を追っていると、従者たちは彼の乗る馬について行くことができず、孫策そんさくは1人従者たちとはぐれてしまいました。

この時、不意に孫策そんさくの前に3人の男たちが現れます。


「お前たちは何者だ?」


孫策そんさくたずねると男たちは、


「私たちは韓当かんとうの部下の兵で、ここで鹿を射ておるのでございます」


と答えました。すると孫策そんさくは、


韓当かんとうの兵はみなよく見識みしっているが、お前たちのような者は見たことがない」


そう言いざまに矢を放ち、その内の1人を射倒します。*1

これに他の2人がおそあわてて急いで弓を取ると、その矢は孫策そんさくほおに当たり、2人の男は間もなくその場に到着した従者に刺し殺されてしまいました。

豆知識

この孫策そんさくを襲った3人の男たちは、以前、孫策そんさくが処刑した元呉郡太守ごぐんたいしゅ許貢きょこう食客しょっかくでした。

呉書ごしょ孫策伝そんさくでんの注で裴松之はいしょうしは、


許貢きょこう食客しょっかくは名もない低い身分の者ではあったが、よく許貢きょこうの厚遇に感じ、義のためには生命もかえりみず、ためらいもなく立派な行動を取ったのは、いにしえの烈士たちにも比べられるものである」


と彼らを称賛し、また、


詩経しきょう小雅しょうが角弓篇かくきゅうへんに『上に立つ者にうるわしい道があれば、いやしい身分の者もそれにあずかり従う』と言う。許貢きょこう食客しょっかくもこれに当てはまるのだ」


と、許貢きょこうのこともまた称賛しています。

脚注

*1異同評いどうひょうにおいて孫盛そんせいは「孫策そんさくは総指揮者という立場にあって、どうしてすべての者をっているなどということがありえよう。自分のらぬ者だからといって、すぐさま射殺したとすれば、それは論外のことである」と言っている。

関連記事

孫策の徐州侵攻について

魏書ぎしょ呂布伝りょふでんが注に引く先賢行状せんけんこうじょうに、「呂布りょふ誅殺ちゅうさつされた後、徐州じょしゅう広陵郡こうりょうぐんに侵攻した孫策そんさく軍を陳登ちんとうが奇策をもって撃退した」ことがしるされています。

孫策の徐州侵攻(全文)
タップ(クリック)すると開きます。

呂布りょふ誅殺ちゅうさつされた後、陳登ちんとうは功績によって伏波将軍ふくはしょうぐんの位を与えられ、長江ちょうこう淮水わいすい流域の住民の心をつかんでいたため、江南こうなんを併合しようというこころざしを持つようになります。

孫策そんさくは軍隊を派遣して匡琦城きょうきじょうにいた陳登ちんとうを攻撃し、孫策そんさく軍の軍旗やよろいで水面がおおい尽くされました。

これに陳登ちんとうの部下たちは、


「今賊軍ぞくぐん孫策そんさく軍)は郡兵の10倍はおり、おそらく抵抗することは不可能でしょう。軍隊を引きげてこれをけ、からになった城を与えてしまいましょう。水にれた者が陸に上がれば、長くとどまっていることはできず、やがて退去するに違いありません」


と主張します。

すると陳登ちんとうは声を荒げて言いました。


わしは国家の命令を受けてこの地のおさえとして来ているのだ。

昔、馬援ばえんはこの地位(伏波将軍ふくはしょうぐん)についていた時、よく南方ではえつの国々を平定し、北方では多くの夷狄いてきを討ち滅ぼしたものだ。

わしは凶悪な者どもを撃退することができない上に、どうして敵の前から逃げ出すことができようか。生命を投げ出して国家にご恩返しをし、正義に従って動乱を静める所存である。天道は正義に味方するものゆえ、必ずや勝利を得られるであろう」


陳登ちんとうは城門を閉ざし守備を固めて戦おうとせず、将兵は声を立てないようにさせ、ひっそりとしてまるで人がいないかのように見せかけると、城壁に上って形勢を観察します。

そして攻撃すべき好機だと判断した時、陳登ちんとうは初めて将兵に命令を下し、夜の間に武器の整備を行わせて夜明けに南門を開き、軍をひきいて敵陣営の背後にまわると、歩兵・騎兵に襲いかからせました。

孫策そんさく軍はあわてふためき、初めて陣形を組み立てる有り様で船に戻ることはできず、陳登ちんとうみずから陣太鼓を打ち鳴らして兵を放つと、孫策そんさく軍は散々に撃ち破られて、みな船を置き去りにして逃走します。陳登ちんとうは勝利に乗じて追撃し、万単位の敵兵を斬り殺しました。


その後、軍勢を失ったことに激怒した孫策そんさく軍が再び大挙して向かって来ると、人数ではとてもかなわないと判断した陳登ちんとうは、功曹こうそう陳矯ちんきょう太祖たいそ曹操そうそう)の元に送って救援を求めます。

また陳登ちんとうは、秘かに城から10里(約4.3km)の地点のあちこちに陣営を作り、2束ごとに山にした柴やたきぎ各々おのおの10歩ずつ離して縦横に列を作ると、夜、一斉に火をかけて篝火かがりびのように見せ、一方、城中では「万歳」をとなえさせて、あたかも大軍が到着したように見せかけました。

火を見た孫策そんさく軍が仰天して壊滅状態となると、陳登ちんとうは兵をひきいてこれを追撃し、首級 1万をげました。


孫策そんさく徐州じょしゅう広陵郡こうりょうぐんに侵攻したのは、

  1. 呂範りょはん徐逸じょいつ広陵郡こうりょうぐん海西県かいせいけん陳瑀ちんうを攻めさせた時
  2. 今回の孫策そんさくが刺客の襲撃を受けた時

の2度あります。

呂範りょはん徐逸じょいつ広陵郡こうりょうぐん海西県かいせいけん陳瑀ちんうを攻めさせた」のは呂布りょふ誅殺ちゅうさつされる前ですので、この記述は「孫策そんさくが刺客の襲撃を受けた」今回の陳登ちんとう討伐のことだと思われます。


ですが、孫策そんさくが刺客に襲われたのは長江ちょうこうを渡る前、揚州ようしゅう呉郡ごぐん丹徒県たんとけんにおいてですので、総大将の孫策そんさくが重症を負ったにもかかわらず、陳登ちんとう討伐を強行したことになります。

また、資治通鑑しじつがんには「孫策そんさくは引き返して陳登ちんとうを撃ち、軍勢は丹徒県たんとけんに至って兵糧の到着を待った」とありますが、刺客の襲撃を「陳登ちんとう討伐」の後のこととした場合でも、大敗北の後に呑気のんきに狩猟をしているのは少し不自然に感じます。

その他の記述

魏書ぎしょ陳矯伝ちんきょうでんには、

「郡(徐州じょしゅう広陵郡こうりょうぐん)が孫権そんけんに攻められ匡琦きょうきで包囲されると、陳登ちんとう陳矯ちんきょうに命じて太祖たいそ曹操そうそう)に救援を要請させた」

とあり、ここでは孫策そんさくではなく孫権そんけんとなっています。

また、呉書ごしょ孫策伝そんさくでんが注に引く九州春秋きゅうしゅうしゅんじゅうには、

孫策そんさくは、曹公そうこう曹操そうそう)が北方に軍を動かして柳城りゅうじょうの討伐に向かったと聞き、江南こうなんの軍勢を総動員し、勝手に大司馬だいしばと号し、北征して許都きょと許県きょけん)を襲おうとした。しかし、みずからの武勇をたのんで外征のための十分な備えをしなかったため、災難にうことになったのである」*2

とあり、孫策そんさくの北征についての記述にはあやまりが多く、先賢行状せんけんこうじょうが正しいとも言い切れません。


思うに、陳登ちんとうが破ったのは孫策そんさく軍の先遣隊せんけんたいであって、2度目の攻撃はなく、孫策そんさくの負傷により孫策そんさく軍の本隊は長江ちょうこうを渡ることなく撤退したのではないでしょうか。

脚注

*2異同評いどうひょうにおいて孫盛そんせいは「孫策そんさくが殺されたのは建安けんあん5年(200年)のことで、(曹操そうそうの)柳城りゅうじょうへの出兵は建安けんあん12年(207年)のことである。九州春秋きゅうしゅうしゅんじゅうの間違いは特にひどい」と言っている。


建安けんあん5年(200年)、九江郡きゅうこうぐんを除く揚州ようしゅう平定を終えた孫策そんさくは、曹操そうそう袁紹えんしょう官渡かんとで戦いを繰り広げている隙を突いて、許都きょと許県きょけん)襲撃を計画していました。

ですが、前年の黄祖こうそ討伐の際に陳登ちんとうから後方攪乱かくらん工作を受けた孫策そんさくは、北伐中の後方安定のため、先に陳登ちんとう討伐に出陣します。

ですがその途上、以前私怨しえんにより処刑した許貢きょこう食客しょっかくの襲撃を受けた孫策そんさくは重傷を負い、孫策そんさく軍は長江ちょうこうを渡ることなく撤退しました。

孫策の北伐年表

以上の仮説を基に作成した「孫策の北伐年表」です。

西暦 出来事
199年

建安けんあん4年

9月

  • 曹操そうそう袁紹えんしょう官渡かんとで対峙する。

12月

  • 孫策そんさく黄祖こうそ討伐に向かう。
  • 陳登ちんとう孫策そんさくの後方を攪乱かくらんする。
200年

建安けんあん5年

3月まで

  • 孫策そんさく許都きょと許県きょけん)襲撃を計画する。
  • 孫策そんさくが後方安定のため陳登ちんとう討伐に向かう。
  • 孫策そんさく許貢きょこう食客しょっかくに襲撃される。
  • 孫策そんさく軍が撤退する。