169年【漢:建寧けんねい2年】に起こった主な出来事をまとめ、それをもとに群雄勢力図を作成しました。人員配置は前年から変更が記されていない官職と、新たに確認できた官職のみ記載しています。

スポンサーリンク

169年の主な人員配置

後宮

天子・皇后 人物
天子(皇帝) 劉宏りゅうこう霊帝れいてい
皇太后 竇太后とうたいごう桓思竇皇后かんしとうこうごう
皇后

朝廷

官職 人物
太傅たいふ 胡広ここう
司徒しと 劉寵りゅうちょう許訓きょくん
司空しくう 許栩きょく劉囂りゅうごう
太尉たいい 聞人襲ぶんじんしゅう → 劉寵りゅうちょう郭禧かくき
太常たいじょう 許訓きょくん(〜6月)
太僕たいぼく 劉囂りゅうごう(〜6月)
執金吾しつきんご 董寵とうちょう(3月〜)
五官中郎将ごかんちゅうろうしょう 董重とうちょう(3月〜)
使匈奴中郎将しきょうどちゅうろうしょう 張奐ちょうかん
度遼将軍とりょうしょうぐん 皇甫規こうほき
破羌将軍はきょうしょうぐん 段熲だんけい

地方官

官職 人物
玄菟太守げんとたいしゅ 公孫琙こうそんよく
丹陽太守たんようたいしゅ 陳夤ちんいん


スポンサーリンク


169年の主な出来事

出来事
1月

・天下に大赦たいしゃする。

3月

慎園貴人しんえんきじん霊帝れいていの母)に尊号を送って孝仁皇后こうじんこうごうとし、永楽宮えいらくきゅうに住まわせる。

孝仁皇后こうじんこうごうの兄・董寵とうちょう執金吾しつきんごに、兄の子・董重とうちょう五官中郎将ごかんちゅうろうしょうに任じる。

4月

・天子の御坐に青蛇があらわれ、大風が吹きひょうが降る。

霊帝れいてい公卿こうけいたちに意見を求め、張奐ちょうかん劉猛りゅうもう謝弼しゃひつ楊賜ようしらが上書する。

5月

太尉たいい聞人襲ぶんじんしゅう司空しくう許栩きょく罷免ひめんされる。

6月

司徒しと劉寵りゅうちょう太尉たいいに、太常たいじょう許訓きょくん司徒しとに、太僕たいぼく劉囂りゅうごう司空しくうに任命される。

7月

破羌将軍はきょうしょうぐん段熲だんけい射虎塞しゃこさい先零羌せんれいきょうを大破し、東羌とうきょうを平定する。

9月

江夏蛮こうかばんが反乱を起こし、平定される。

山越さんえつ丹陽太守たんようたいしゅ陳夤ちんいんを包囲するが撃破される。

10月

中常侍ちゅうじょうじ侯覧こうらんが謀って党人とうじんを弾劾し、党人とうじん600人〜700人が処罰され、100人あまりが刑死する。(第二次党錮とうこの禁)

・日食が起こる。

11月

太尉たいい劉寵りゅうちょう罷免ひめんされ、太僕たいぼく郭禧かくき太尉たいいに任命される。

鮮卑せんぴ幷州へいしゅうに侵攻する。



スポンサーリンク


169年の群雄勢力図

169年の群雄勢力図

凡例

169年の群雄勢力図

169年の情勢

169年の時点では、漢の領内にまだ独立勢力はありません。

特記事項

張奐ちょうかんらが党人とうじん擁護ようごする

4月、天子の御坐に青蛇があらわれ、大風が吹きひょうが降るなど怪異なことが起こったため、霊帝れいていみことのりを出して公卿こうけいたちに意見を求めました。

これに対し、張奐ちょうかん劉猛りゅうもう謝弼しゃひつ楊賜ようしらが上書します。

張奐と劉猛(りゅうもう)

大司農だいしのう張奐ちょうかんは、忠貞の臣であった竇武とうぶ陳蕃ちんはんが誅殺され、その罪が許されていないことを原因に挙げ、


  • 竇武とうぶ陳蕃ちんはんの葬儀を行うこと
  • 流刑された一族を呼び戻すこと
  • 関係者の禁錮とうこを解くこと
  • 南宮に幽閉された竇太后とうこうごうの恩に報いること

を提案します。

霊帝れいていは賛同しましたが、中常侍ちゅうじょうじたちの反対によって実現できませんでした。


また、張奐ちょうかん尚書しょうしょ劉猛りゅうもうらが「王暢おうちょう李膺りようには三公さんこうの能力がある」と上書すると、大長秋だいちょうしゅう曹節そうせつは「張奐ちょうかんらは党人とうじんをかばった」と2人を弾劾しました。

2人はみずから出頭しましたが、数日で釈放され、3ヶ月分の俸禄を支払うことで許されました。

謝弼(しゃひつ)

郎中ろうちゅう謝弼しゃひつは、青蛇があらわれたことについて、毒蛇は女性の象徴であり、竇太后とうこうごうの恩に報いるべきであると上書します。

また、太尉たいい聞人襲ぶんじんしゅう太傅たいふ胡広ここう司徒しと劉寵りゅうちょう司空しくう許栩きょく四公よんこうの中で、善政を行っているのは司徒しと劉寵りゅうちょうだけであるとして、元司空しくう王暢おうちょう長楽少府ちょうらくしょうふ李膺りようらを重職に就けるように進言しました。

これを聞いた宦官たちは、謝弼しゃひつ広陵府丞こうりょうふじょうに左遷して朝廷から追いだすと、謝弼しゃひつは官職を辞して故郷の東郡とうぐんに帰ります。

ですが、東郡太守とうぐんたいしゅ曹紹そうしょう曹節そうせつの親族だったため謝弼しゃひつに罪を着せて獄中で殺してしまいました。

楊賜(ようし)

霊帝れいていはまた、光禄勲こうろくくん楊賜ようしにも青蛇について意見を求めます。

楊賜ようしは、

「吉兆や災害は、理由もなく訪れることはありません。毒蛇は女性の象徴とされることから、皇后一族の権力を抑え、美しい女性への寵愛を断つべきです」

と進言しました。

楊賜ようしの進言は宦官たちに都合の良い内容だったので、罰せられませんでした。

第二次党錮とうこの禁

10月、中常侍ちゅうじょうじ侯覧こうらんが官吏を誘って、次のように上奏させます。

鉤党くとうの者、前司空しくう虞放ぐほう太僕たいぼく杜密とみつ長楽少府ちょうらくしょうふ李膺りよう司隷校尉しれいこうい朱㝢しゅう潁川太守えいせんたいしゅ巴粛はしゅく沛国相はいこくしょう荀昱じゅんいく河内太守かだいたいしゅ魏朗ぎろう山陽太守さんようたいしゅ翟超たくちょうらを捕らえよ」

ですが、14歳の霊帝れいていには意味が分かりません。

霊帝れいてい曹節そうせつに問います。

鉤党くとうとは何か?」

鉤党くとうとは党人とうじんのことです」と曹節そうせつが答えると、霊帝れいていはさらに問います。

党人とうじんはどんな悪事を働いたのか?」

曹節そうせつが「党人とうじんは徒党を組んで朝廷を倒そうとしています」と答えると、霊帝れいてい党人とうじんの逮捕を認めてしまいました。


これによって、党人とうじん100人あまりが命を奪われ、その妻子は辺境に流刑となりました。

また、名声がある者や優秀な儒学者、宦官と対立した者もすべて党人とみなされて逮捕されました。これを「第二次党錮とうこの禁」と言います。


「第二次党錮とうこの禁」によって清流派の党人たちの多くは殺され、死をまぬかれた者も故郷で終身禁固しゅうしんきんこに処せられました。

以降、宦官の権力がますます増大し、政治の腐敗が進むことになります。

霊帝れいていの死後、地方豪族が優秀な人材を集めることができたのも、この「第二次党錮とうこの禁」のお陰と言えるかもしれません。

他の年を見る場合はこちら

三国志年表