長安ちょうあん遷都せんとを強行した董卓とうたくは、従来の五銖銭ごしゅせんをつぶして新たに粗悪な小銭を鋳造ちゅうぞうしました。

董卓とうたく五銖銭ごしゅせん改鋳かいちゅうした理由と、粗悪な董卓とうたく五銖ごしゅが引き起こした影響について考えてみます。

スポンサーリンク

董卓が五銖銭を改鋳する

五銖銭を改鋳する

後漢ごかんの国庫にたくわえはなく、反董卓とうたく連合の決起によって地方からの税収も断たれた董卓とうたくは、深刻な財政難におちいってしまいます。

190年6月、董卓とうたくはこれまで流通していた貨幣かへいである五銖銭ごしゅせんをつぶし、洛陽らくよう長安ちょうあんの銅像類をかして、従来の五銖銭ごしゅせんよりも薄く小さく、刻印も輪郭もなく、みがかれてもいない粗悪な貨幣かへい鋳造ちゅうぞうしました。

これを「董卓とうたく五銖ごしゅ」と言います。



五銖銭(ごしゅせん)

五銖銭ごしゅせん

董卓五銖(とうたくごしゅ)

董卓とうたく五銖ごしゅ


この時、銅を多く産出する益州えきしゅう劉焉りゅうえんも独立の動きを見せていたため、貨幣かへいの原材料である銅が手に入りませんでした。

限られた原材料で必要な額を用意するには、従来の五銖銭ごしゅせんよりも薄く小さい粗悪な貨幣かへい鋳造ちゅうぞうするしかすべはなかったのです。

郿県を要塞化する

董卓とうたく連合を恐れた董卓とうたくは、司隷しれい右扶風ゆうふふう郿県びけん郿塢びう)の城壁を高くし、30年分の穀物こくもつと、洛陽らくようの富豪や陵墓りょうぼから没収した金、銀、布帛ふはくを山のように備蓄して、

「事がなればここから天下を支配する!ならざれば、ここを守って一生を終えることができるだろう」

と言いました。

董卓とうたく五銖ごしゅ」はおそらく、この郿塢びうの建設費用にてられたものと思われます。

関連記事

弘農王の殺害と長安遷都。反董卓連合の決起に対する董卓の反応


スポンサーリンク


董卓五銖の影響

後漢末期の通貨

五銖銭ごしゅせんとは、前漢ぜんかん武帝ぶていの時代に採用された通貨で、王莽おうもうによって一時期廃止されましたが、後漢ごかん光武帝こうぶていによって再度通貨として採用されました。

当時通貨としての機能をになっていたものには、・()・布帛ふはくがあり、官僚の年俸である秩石ちっせきも銭と穀物の両方で支給されており、すべての物が銭(五銖銭ごしゅせん)で取引されていたわけではありませんでした。

横行していた私鋳銭

1981年に北京ペキンで発見された後漢ごかん末の窖蔵銭こうぞうせん*1約100kgの内訳は、五銖銭ごしゅせんが20%、剪輪五銖銭せんりんごしゅせんが50%、艇環五銖銭ていかんごしゅせんが30%というものでした。

1枚の五銖銭ごしゅせんを丸く打ち抜いた内側を剪輪五銖銭せんりんごしゅせん、外側を艇環五銖銭ていかんごしゅせんと言い、後漢ごかん末期には董卓とうたくによる改鋳かいちゅう以前にも、このような私鋳銭しちゅうせん(悪銭)が流通していたことを教えてくれます。



剪輪五銖銭(せんりんごしゅせん)

剪輪五銖銭せんりんごしゅせん

艇環五銖銭(ていかんごしゅせん)

艇環五銖銭ていかんごしゅせん


その80%が悪銭であることから、この窖蔵銭こうぞうせん*1は富豪のものではなく、一般庶民のものであることがうかがえます。

この頃からすでに、富豪が良銭をめ込み、一般庶民の間には悪銭が流通するという貨幣かへいの二元化が起こっていたのです。

脚注

*1 土中に人為的に埋められた貨幣のこと。

董卓五銖の影響

粗悪な董卓とうたく五銖ごしゅの流通によって、貨幣かへいの価値は下落し、後漢書ごかんじょ董卓伝とうたくでんでは1こく数万銭、魏書ぎしょ董卓伝とうたくでんでは1こく数十万銭にまで上がり、これ以降、銅銭は流通しなくなったとしるされています。


ですが、この貨幣かへい価値の下落によるダメージを一番強く受けるのは、これまで五銖銭ごしゅせんを資産としてめ込んでいた富裕層であり、元々悪銭しか持たない一般庶民にはそれほど大きな影響とはならなかったのではないでしょうか。

逆に、富裕層から借金をしているような貧困層にとっては、貨幣かへい価値が下落することによって、実質的に借金の額が減るのと同じ効果を得ることができました。

董卓とうたくによる悪行の1つに挙げられることが多い五銖銭ごしゅせんの改鋳ですが、多くの財産を持たない一般庶民にとっては、救いとなった一面もあったと言えるでしょう。


家柄も決して良いとは言えず、貧しい農耕生活を経験したこともある董卓とうたくが標的にしたのは、一貫して富を独占している富豪たちでした。

そして、深刻な財政難にも関わらず、この時董卓とうたくが一般庶民から臨時徴収をしたという記録はありません。

董卓とうたくが行った五銖銭ごしゅせん改鋳かいちゅうによるハイパーインフレーションは、「銭がなければつくれば良いじゃない」という短絡的な政策の結果ではなく、度重なる不正蓄財によって富を得た特権階級の破壊にあったのではないでしょうか。

関連記事

暴君になったのは○○のせい!?朝廷で権力を握った董卓の思惑とは

参考資料

参考文献

後漢・三国時代貨幣史研究 ー古代から中世への展開ー

画像引用元

百度百科 董卓五铢

初心者のための古文銭(古代中国の古銭のページ) 五銖銭(東漢)

http://www5d.biglobe.ne.jp/~kosen/sub/gosyu_3.html

初心者のための古文銭(古代中国の古銭のページ) 五銖銭(東漢末期)

http://www5d.biglobe.ne.jp/~kosen/sub/gosyu_4.html

※ 引用元サイト様が常時SSL化(https化)されていないため直接リンクを張っておりません。ご了承ください。