荊州牧けいしゅうぼく劉表りゅうひょうの後継者争いと建安けんあん13年(208年)7月の曹操そうそう荊州けいしゅう侵攻、劉表りゅうひょうの死とその後を継いだ劉琮りゅうそう曹操そうそうに降伏するまでの経緯をまとめています。

スポンサーリンク

蔡氏の陰謀

劉表の2子

荊州牧けいしゅうぼく劉表りゅうひょうには2人の息子がいて、長子は劉琦りゅうき、少子を劉琮りゅうそうと言いました。

劉表りゅうひょう新興は初め、劉琦りゅうき容貌ようぼうが自分に似ていたことから、大変彼を愛しました。ですが、後に劉琮りゅうそうが「劉表りゅうひょうの後妻・蔡氏さいしめい」をめとると、蔡氏さいし劉琮りゅうそうを愛して劉琦りゅうきを憎むようになります。

劉表りゅうひょうは後妻の蔡氏さいし溺愛できあいしていたので、いつも彼女の言うことを疑うことなく信じており、また、劉表りゅうひょうは、

  • 蔡氏さいしの弟・蔡瑁さいぼう
  • 外甥がいせい(姉妹の子)・張允ちょういん

寵愛ちょうあいしていましたが、どちらも劉琦りゅうき誹謗ひぼうし、劉琮りゅうそうめそやしていました。

諸葛亮の助言

劉表りゅうひょうが後妻の蔡氏さいし蔡瑁さいぼう張允ちょういんらの言葉を信じて少子の劉琮りゅうそうを愛し、日に日に長子の劉琦りゅうきへの愛情を失っていくと、劉琦りゅうきは自分の身に不安をいだくようになります。

劉琦りゅうきは、劉備りゅうびもとにいる諸葛亮しょかつりょうの才能を極めて高く評価しており、何度も諸葛亮しょかつりょうに自分の身の安全を守る方法を相談しようとしましたが、そのたび諸葛亮しょかつりょうに断られていました。


そこで劉琦りゅうきは、諸葛亮しょかつりょうを連れて後園こうえん(裏庭)を散策し、共に高殿に登ってうたげを開きます。そして、その間に梯子はしごを外させて、諸葛亮しょかつりょうに言いました。


「今は、上は天に届かず、下は地面につきません。言葉はあなたの口から出て私の耳に入るだけです。どうか話していただけないでしょうか」


すると諸葛亮しょかつりょうは、ついに劉琦りゅうきの身の上について口を開きます。


「あなたは申生しんせいが国内に留まったために危険にさらされ、重耳ちょうじが国外に出たために身の安全を得たことをご存知ではありませんか*1


心の内でこの言葉の意味をさとった劉琦りゅうきは、秘かにみやこ劉表りゅうひょうの治所:荊州けいしゅう南郡なんぐん襄陽県じょうようけん)の外に出る計略をめぐらせ、ちょうどこの頃、江夏太守こうかたいしゅ黄祖こうそが死亡したことから、劉琦りゅうきは希望して江夏太守こうかたいしゅとなりました。


劉琦の逃亡

劉琦りゅうきの逃亡

関連記事
脚注

*1申生しんせい重耳ちょうじ春秋しゅんじゅう時代のしん献公けんこうの子。申生しんせい太子たいし重耳ちょうじ公子こうし
晩年の献公けんこうは、驪姫りきという美女を寵愛ちょうあいした。驪姫りきは自分の子・奚斉けいせいを後継ぎにしようとたくらみ、太子たいし・諸公子こうし讒言ざんげんして申生しんせいを自殺に追い込み、諸公子こうしは国外に逃亡した。後に重耳ちょうじは国に帰り、春秋しゅんじゅう時代の覇者・しん文公ぶんこうとなった。


スポンサーリンク


劉表の死

劉表の死

蔡瑁さいぼう張允ちょういんらの妨害

建安けんあん13年(208年)7月、曹操そうそうみずから南征して劉表りゅうひょう討伐に出陣しました。

8月、曹操そうそう軍がまだ到来しないうちに、劉表りゅうひょうは背中にしょ(悪性のできもの)を発症して重体におちいってしまいます。

劉表りゅうひょうの容態が悪化したことを聞いた劉琦りゅうきは、赴任ふにんした江夏郡こうかぐんから父の元に戻ってやまいを見舞いに行きました。


蔡瑁さいぼう張允ちょういんらは、劉琦りゅうき慈悲じひ深く孝行者なので「ここで劉表りゅうひょう劉琦りゅうきと会うと、父子間に感じるものがあり、改めて劉琦りゅうきに後事をたくそうという気持ちを起こすのではないか」と恐れ、そこで劉琦りゅうきを室外にさえぎって、


将軍しょうぐん劉表りゅうひょう)はあなたに江夏郡こうかぐん鎮撫ちんぶをご命令なさり、国の東の固めになされたのです。その任務はきわめて重要です。
今あなたが、その軍勢を放り出しておいででになったのですから、きっとご立腹なさるでしょう。親の機嫌をそこない病気を悪化させるのは、親孝行ではありません」


と言い、劉琦りゅうきを戸外に押しとどめ、劉表りゅうひょうに会わせないようにします。劉琦りゅうきは涙を流して去り、人々はこれを聞いて心を痛めました。

劉表りゅうひょうの死

劉表りゅうひょうが亡くなると、蔡瑁さいぼう張允ちょういんらは劉琮りゅうそうを後継者とし、劉琮りゅうそう劉琦りゅうきこう印綬いんじゅさずけました。*2

この仕打ちに大いに怒った劉琦りゅうきは、印綬いんじゅを地面に投げつけて、に駆けつける機会を利用して劉琮りゅうそうと事を構えようと考えますが、ちょうど曹操そうそう軍が荊州けいしゅう南陽郡なんようぐん新野県しんやけんに到着したため、江南こうなん夏口かこう)に逃れました。


今回、劉琮りゅうそうが後を継いだ州牧しゅうぼく荊州牧けいしゅうぼく)は、本来世襲せしゅうするものではなく、前任者が死亡した場合、朝廷から新たに任命されるべき官職です。

これより以前[興平こうへい元年(194年)]、益州牧えきしゅうぼく劉焉りゅうえんの死後、子の劉璋りゅうしょうがその後を継いでいますが、これは劉璋りゅうしょうが、朝廷が任命した益州刺史えきしゅうしし扈瑁こぼうを追い出したことで、仕方なく朝廷が追認した形になります。

関連記事
脚注

*2劉琮りゅうそう荊州牧けいしゅうぼくを継ぎ、劉表りゅうひょうの爵位である成武侯せいぶこう劉琦りゅうきに継がせたものと思われる。

劉表は劉備に荊州を託したのか

蜀書しょくしょ先主伝せんしゅでんが注に引く英雄記えいゆうき魏書ぎしょに、三国志演義さんごくしえんぎで有名な「劉表りゅうひょう劉備りゅうび荊州けいしゅうたくそうとする」エピソードがせられています。

英雄記えいゆうき

劉表りゅうひょうは病気になると「劉備りゅうび荊州刺史けいしゅうししを担当させたい」と上奏した。

魏書ぎしょ

劉表りゅうひょうは病気が重くなったので、劉備りゅうびに国を任せようとし、病床で彼の方を向いて、


「私の子供は才能がない上、頼りとする諸将もみな死んでしまった。私の死んだ後は、どうか君が荊州けいしゅうを統治してくれ」


と言ったが、劉備りゅうびは、


「ご子息たちはそれぞれ賢明な方々です。あなたは病気のことだけ考えてください」


と、これを断った。

ある人が劉備りゅうびに「劉表りゅうひょうの言葉通りにした方が良い」と勧めると、劉備りゅうびは、


「この方は、私を手厚くぐうしてくださいました。今その言葉に従うならば、人々はきっと、私を薄情だと思うでしょう。私にとってそれはがたいことなのです」


と言った。


この英雄記えいゆうき魏書ぎしょの記述について裴松之はいしょうしは、

劉表りゅうひょう夫妻は平素より劉琮りゅうそうをかわいがっており、嫡男ちゃくなん劉琦りゅうき)を差し置いて庶子しょし劉琮りゅうそう)を立てるという気持ちも計画も、はるか以前から決まっていたはずである。劉表りゅうひょう臨終りんじゅうにあたって、荊州けいしゅうげて劉備りゅうびに与える理由がない。これもまたあり得ない話である」

と言っています。

豆知識

蜀書しょくしょ先主伝せんしゅでんが注に引く孔衍こうえん漢魏春秋かんぎしゅんじゅうには、


劉備りゅうびは「劉荊州りゅうけいしゅう劉表りゅうひょう)殿は臨終に際して、私に孤児みなしごたくされた。その信義にそむいて我が身の安全をはかるなど、私にはできないことだ。死後、どのつら下げて劉荊州りゅうけいしゅう劉表りゅうひょう)殿に会うのか」と言った。


とあり、劉表りゅうひょう劉備りゅうび荊州けいしゅうたくそうとしたことはなかったとしても、息子・劉琮りゅうそうの後見人として補佐することを要望したであろうことは考えられます。


スポンサーリンク


劉琮の降伏

蒯越と傅巽の進言

章陵太守しょうりょうたいしゅ蒯越かいえつ東曹掾とうそうえん傅巽ふそんは「曹操そうそうに帰順するように」と劉琮りゅうそうに進言しました。

これに劉琮りゅうそうが、


「今、諸君とともに荊州けいしゅう)全土を押さえ、先君(劉表りゅうひょう)の事業を守って天下の状勢を観望(ながめ見渡すこと)しようと思う」


と言うと、傅巽ふそんは次のように言いました。


「ものの逆順には基本的な道理が存在し、強弱には決まった状勢が存在します。

臣下でありながら君主に刃向かうのは、道理に逆らうことであり、新興の国をもって国家(天子てんし)に抵抗するのは、状勢からいって対抗できません。

劉備りゅうびをもって曹公そうこう曹操そうそう)に敵対させるのは、やはり対抗できることではありません。

この3点すべてが劣りながら、天子てんし鋭鋒えいほうするどい勢い)に反抗しようとするのは、必然的に滅亡への道につながります。

将軍しょうぐん劉琮りゅうそう)はご自身と劉備りゅうびを比べてどう思われますか」


劉琮りゅうそうが「私の方が及ばない」と答えると、傅巽ふそんはまた言いました。


「実際に劉備りゅうび曹公そうこう曹操そうそう)に対抗できないのならば、たとえ荊州けいしゅう)の地を保持されていたとしても、自力で存立することはできないでしょう。

逆に劉備りゅうび曹公そうこう曹操そうそう)に対抗できるとするならば、劉備りゅうび将軍しょうぐん劉琮りゅうそう)の下位に居続けるはずがありません。どうか将軍しょうぐん劉琮りゅうそう)には、お迷いなさらないように」


魏書ぎしょ劉表伝りゅうひょうでん後漢書ごかんじょ劉表伝りゅうひょうでんでは、劉琮りゅうそうに「曹操そうそうに帰順すること」を勧めた人物の中に韓嵩かんすうの名前もありますが、この時韓嵩かんすうは獄につながれているはずですので、除外しています。

関連記事

王粲の進言

また王粲おうさんが、劉琮りゅうそうに次のように進言します。


「天下は大いに乱れ、豪傑が並び起こっておりますが、変転きわまりない時代のこと、その強弱はまだはっきりしません。そのため人はそれぞれ違った思惑をいだいているのです。このような時節においては、家々はみな帝王になろうと望み、人々はみな公侯こうこうとなろうと望むものです。
古今の成功・失敗の例を観察いたしますと、あらかじめ事の変化を見通すことのできた者は、常にその幸運を受けました。今、将軍しょうぐん劉琮りゅうそう)はご自身で曹公そうこう曹操そうそう)と比べてみて、どうでしょうか」


劉琮りゅうそうが答えられずにいると、王粲おうさんは続けて言いました。


「私が聞いた通りならば、曹公そうこう曹操そうそう)は元々人傑じんけつ(知識・才能が目立ってすぐれた人物)です。
その雄略は時代の第一人者であり、智謀は世に抜きん出ておりまして、袁氏えんし袁紹えんしょう)を官渡かんとに打ち砕き、孫権そんけん長江ちょうこうの向こうに駆逐し、劉備りゅうび隴右ろうゆうに追いやり、烏丸うがん白登はくとに撃破しました。その他、掃滅・平定した相手は、数えきれぬ程であり、しばしば神のごとき能力を発揮しております。
したがって、今日の事態において誰につけば良いか判断できるでしょう。将軍しょうぐん劉琮りゅうそう)がもし、私のはかりごとをお聞き入れくださいますならば、鎧をしまい、ほこを逆さにして、天命に順応して曹公そうこう曹操そうそう)に帰服なさいませ。曹公そうこう曹操そうそう)は必ずや将軍しょうぐん劉琮りゅうそう)を重んじ、徳といたしましょう。
我が身をたもち一族をまっとうし、長く幸福を享受きょうじゅし、それを後継者たちに受け継がせますことは、それこそ万全の策でございます。私は動乱に遭遇して流浪し、この州に生命をたくし、将軍しょうぐん劉琮りゅうそう)父子の重い恩顧をこうむっておりますからには、思い切って言葉を尽くして申し上げずにおられましょうか」


劉琮りゅうそうはこれらの意見に従って、曹操そうそうに降伏することにしました。

劉琮の降伏

9月、曹操そうそう軍が荊州けいしゅう南陽郡なんようぐん新野県しんやけんに至りました。

その後、曹操そうそう軍が荊州けいしゅう南郡なんぐん襄陽県じょうようけんに到着すると、劉琮りゅうそう曹操そうそうに降伏し、荊州刺史けいしゅうしし割符わりふを持って曹操そうそうを出迎えます。

曹操そうそう将軍しょうぐんたちはみな、この降伏をいつわりではないかと疑っていたので、曹操そうそう婁圭ろうけいに意見を求めると、婁圭ろうけいは答えて言いました。


「天下は乱れさわぎ、各人は天子てんしの命令をむさぼり取って高官に任命されております。今、劉琮りゅうそうは官位を返上するため割符わりふを持ってまいりました。これはまことに真心からです」


曹操そうそうは「大いによろしい」と言い、軍隊を進発させました。


建安けんあん13年(208年)、荊州けいしゅうでは荊州牧けいしゅうぼく劉表りゅうひょうの後妻・蔡氏さいし蔡瑁さいぼう張允ちょういんらが少子・劉琮りゅうそうを後継者とするように画策し、劉表りゅうひょうも長子・劉琦りゅうきを遠ざけるようになっていました。身の危険を感じた劉琦りゅうき諸葛亮しょかつりょうに助言をい、孫権そんけんとの戦いで戦死した黄祖こうその後任として江夏太守こうかたいしゅとなることで中央から離れ、身の安全をはかります。

7月、曹操そうそうみずから南征して荊州けいしゅう劉表りゅうひょう討伐に出陣。その翌月に劉表りゅうひょうが亡くなると、蔡瑁さいぼうらは劉琮りゅうそう荊州牧けいしゅうぼくを継がせ、その後曹操そうそう軍が荊州けいしゅう南郡なんぐん襄陽県じょうようけんに到着すると、戦わずに降伏してしまいました。