袁術えんじゅつ公孫瓚こうそんさんが手を組んで袁紹えんしょうと争うようになると、袁術えんじゅつを敵視していた劉表りゅうひょうは共通の敵を持つ袁紹えんしょうと手を組みました。

袁術えんじゅつ後顧こうこうれいを取り除くため、ついに劉表りゅうひょう討伐に乗り出します。

スポンサーリンク

襄陽の戦い

劉表が袁紹と手を結ぶ

荊州刺史けいしゅうししに任命された劉表りゅうひょうは、荊州けいしゅう7郡のうち南郡なんぐん江夏郡こうかぐん長沙郡ちょうさぐん武陵郡ぶりょうぐん零陵郡れいりょうぐん桂陽郡けいようぐんの6郡をまたたく間に平定します。

ですが、いまだに南陽郡なんようぐんだけは袁術えんじゅつに支配されたままであり、劉表りゅうひょう荊州けいしゅうから袁術えんじゅつの勢力を追い出したいと思っていました。


191年の荊州

191年の荊州けいしゅうの情勢


そんな中、袁術えんじゅつ公孫瓚こうそんさんと手を結んで袁紹えんしょうと争い出すと、劉表りゅうひょうは共通の敵を持つ袁紹えんしょうと手を結びました。

袁紹えんしょう陣営と袁術えんじゅつ陣営

袁術えんじゅつ公孫瓚こうそんさんと、袁紹えんしょう劉表りゅうひょうと手を結んだことによって、袁術えんじゅつ公孫瓚こうそんさんを中心とする袁術えんじゅつ陣営と、袁紹えんしょう劉表りゅうひょうを中心とする袁紹えんしょう陣営の対立という図式ができ上がりました。


袁紹陣営と袁術陣営

凡例

袁紹えんしょう陣営と袁術えんじゅつ陣営


この時、これより前に起こった「磐河ばんがの戦い」で公孫瓚こうそんさん袁紹えんしょうに勝利したことによって、公孫瓚こうそんさん冀州きしゅう青州せいしゅう兗州えんしゅうの3州に刺史ししを送り込んでいました。

また一方で、袁紹えんしょう青州せいしゅう臧洪ぞうこうを送り込んでいた上、兗州えんしゅう各郡の太守たいしゅの多くは袁紹えんしょうに味方していました。

そのため、青州せいしゅう兗州えんしゅうは両陣営が混在していることになりますが、ここではより影響力が強いと思われる陣営に色分けしています。

関連記事

磐河ばんがの戦い

反董卓連合の崩壊。袁紹が孫堅を攻め、公孫瓚は河北に覇を唱える


臧洪ぞうこう青州せいしゅう入り

反董卓連合が劉虞を天子に推戴する。袁紹と袁術の間に生まれた亀裂

孫堅が黄祖を破る

191年冬*1袁術えんじゅつ後顧こうこうれいを取り除くため、孫堅そんけん劉表りゅうひょうの本拠地である荊州けいしゅう南郡なんぐん襄陽県じょうようけんの攻略を命じます。


孫堅そんけんは全軍で荊州けいしゅうに侵攻すると、樊城はんじょう鄧城とうじょうあたりまで迎撃に出た劉表りゅうひょうの部将・黄祖こうそを敗走させて襄陽県じょうようけんを包囲しました。


襄陽の戦い

樊城はんじょう鄧城とうじょう

脚注

*1 『呉書(ごしょ)』孫堅伝(そんけんでん)『後漢書(ごかんじょ)』献帝紀(けんていき)では192年のこととされていますが、ここでは『資治通鑑(しじつがん)』に従って191年冬の出来事としています。

スポンサーリンク


孫堅の敗北

孫堅の死

孫堅の死

劉表りゅうひょうは城門を閉じて守りにてっすると、夜陰にまぎれて黄祖こうそを城外に出して徴兵をさせました。ですが、このことは孫堅そんけんの知るところとなってしまいます。

孫堅そんけんは徴兵を終えた黄祖こうそ襄陽県じょうようけんに戻ろうとしたところに襲いかかり、またもや大敗した黄祖こうそ襄陽県じょうようけんの南10里にある峴山けんざんへと兵を引きました。


勝ちに乗じて黄祖こうそを追った孫堅そんけんは、黄祖こうそを探しているうちに味方とはぐれてしまいます。そしてこの時、しげみに隠れていた黄祖こうその兵が放った矢を受けて、孫堅そんけんは討ち死にしてしまいました。

豆知識

呉書ごしょ孫堅伝そんけんでんの注に引かれている英雄記えうゆうきには、孫堅そんけんの死にざまについて別の記述があり、『三国志演義』ではこちらの説を採用しています。


劉表りゅうひょうの部将・呂公りょこうを追った孫堅そんけんは、軽装のまま騎馬で呂公りょこうを探していました。

これに気づいた呂公りょこうはひそかに孫堅そんけんを見下ろす位置に近づくと、孫堅そんけんに向けて石を落とします。運悪く落石が頭に当たった孫堅そんけんは、即死してしまいました。


孫堅そんけんの没年については、191年〜193年まで史料によって諸説あります。

孫堅の遺体のゆくえ

父のに服して官職を退しりぞいていた桓階かんかいは、かつて孫堅そんけんに仕えていた恩に報いるため、劉表りゅうひょうたずねて「孫堅そんけんの遺体を引き取りたい」と申し出ました。

桓階かんかいの「義」の心に感動した劉表りゅうひょうは、桓階かんかいの希望通り孫堅そんけんの遺体を引き渡します。


その後、孫堅そんけんの遺体は桓階かんかいから孫堅そんけんの兄(孫羌そんきょう)の子・孫賁そんふんに引き渡され、孫策そんさくによって揚州ようしゅう呉郡ごぐん曲阿県きょくあけん埋葬まいそうされました。

孫賁と豫州刺史

孫堅そんけん死後の孫堅そんけん軍の動向については、次の2つの記録があります。

呉書ごしょ孫堅伝そんけんでん

孫堅そんけんが戦死すると、孫賁そんふんは兵をまとめて袁術えんじゅつを頼り、袁術えんじゅつは改めて孫賁そんふん豫州刺史よしゅうししに任命しました。

呉書ごしょ孫賁伝そんふんでん

孫堅そんけんの死後、孫賁そんふんは残された軍勢をひきい、孫堅そんけんひつぎを守って故郷に帰りました。そして、袁術えんじゅつ寿春じゅしゅんに本拠地を移すと孫賁そんふんもその配下に入ります。

その後、袁紹えんしょう周昂しゅうこう九江太守きゅうこうたいしゅに任命すると、袁術えんじゅつの命を受けた孫賁そんふんがこれを撃ち破ります。この功により孫賁そんふんは、袁術えんじゅつによって豫州刺史よしゅうししに任命されました。


この2つを読み比べると、孫賁そんふんは「孫堅そんけんの死後」と「周昂しゅうこうを撃ち破った後」の、どちらのタイミングで豫州刺史よしゅうししに任命されたのかが気になりますよね。

これは、孫賁そんふんが「孫堅そんけんの死後に任命された豫州刺史よしゅうししを断って故郷に帰った」と考えると筋が通ります。

孫賁そんふん豫州刺史よしゅうししを断った後は、おそらく郭貢かくこう豫州刺史よしゅうししを務めたものと思われます。


スポンサーリンク


朱儁の挙兵

朱儁の挙兵

河内尹かなんいん朱儁しゅしゅんは、反董卓とうたく連合に呼応するべく山東さんとうの諸侯と連絡を取り合っていましたが、董卓とうたくの攻撃を恐れた朱儁しゅしゅんは官職を棄てて荊州けいしゅうに逃亡します。

ですが、董卓とうたくが新たに楊懿ようい河内尹かなんいんに任命すると、朱儁しゅしゅんは再び洛陽らくように攻め上がって楊懿よういを敗走させました。


その後、荒廃した洛陽らくようから司隷しれい河内尹かなんいん中牟県ちゅうぼうけんに移った朱儁しゅしゅんが「董卓とうたく討伐」を呼びかけると、周辺の州郡も物資を提供し、徐州刺史じょしゅうしし陶謙とうけんは精兵3,000を派遣して朱儁しゅしゅん車騎将軍しゃきしょうぐんに推挙する上奏をしました。

朱儁と孫堅

朱儁しゅしゅんは、盧植ろしょく皇甫嵩こうほすうとともに「黄巾の乱」の討伐で大きな功績をあげた人物で、孫堅そんけん抜擢ばってきしたのもこの朱儁しゅしゅんです。

その後、幷州へいしゅう冀州きしゅうに勢力を拡大した黒山賊こくざんぞくに警戒するため、朱儁しゅしゅん河内尹かなんいんに任命されました。

関連記事

やっぱり無鉄砲!?戦いに明け暮れた孫堅の青年期



191年2月、孫堅そんけん荊州けいしゅう南陽郡なんようぐん魯陽県ろようけんから北上を開始。胡軫こしん董卓とうたく呂布りょふを次々に撃破して洛陽らくように入りました。

この時河内尹かなんいん朱儁しゅしゅん洛陽らくようにいた可能性が高く、朱儁しゅしゅん荊州けいしゅうに逃亡したのは、孫堅そんけんの手引きによって袁術えんじゅつ孫堅そんけんと共闘するためだったと思われます。


ですがその後反董卓とうたく連合は崩壊し、袁紹えんしょう袁術えんじゅつが互いに争うようになり「董卓とうたく討伐」の大義が忘れ去られてしまいました。

そのため朱儁しゅしゅんみずから兵をげ、諸侯にもう一度「董卓とうたく討伐」を呼びかけたのです。

関連記事

董卓軍の敗因は呂布の裏切りだった!?陽人の戦いと孫堅の洛陽入り

徐州刺史・陶謙

袁紹えんしょうが盟主となって決起した反董卓とうたく連合は、そのじつ袁紹えんしょうの派閥によって結成されたものでした。


董卓とうたく連合に加わらず事態を静観していた徐州刺史じょしゅうしし陶謙とうけんは、ここに来て朱儁しゅしゅんの呼びかけに応じ、朱儁しゅしゅん車騎将軍しゃきしょうぐんに推挙する上奏をします。

車騎将軍しゃきしょうぐんは反董卓とうたく連合の盟主となった袁紹えんしょうも自称しており、陶謙とうけん朱儁しゅしゅん車騎将軍しゃきしょうぐんに推挙することによって袁紹えんしょうを否定し、朱儁しゅしゅんこそが反董卓とうたくの盟主であると天下に知らしめたのです。


また、孫堅そんけん陶謙とうけんは共に「辺章へんしょう韓遂かんすいの乱」の討伐戦に参加しており、朱儁しゅしゅん陶謙とうけんを結びつけたのも孫堅そんけんだったのかもしれません。

関連記事

袁紹えんしょうと反董卓とうたく連合

袁紹はなぜ盟主になれたのか?名門袁氏の影響力と反董卓連合の正体

辺章へんしょう韓遂かんすいの乱

黄巾の乱の影に隠れて目立たない涼州の反乱「辺章・韓遂の乱」とは


劉表りゅうひょう袁紹えんしょうと手を結ぶと、袁術えんじゅつ孫堅そんけん荊州けいしゅう南郡なんぐん襄陽県じょうようけんの攻略を命じました。

ですが、怒濤どとうの進撃を見せた孫堅そんけんは、黄祖こうその兵が放った矢を受けてあっさりと戦死してしまいます。

これまでも軍の先頭に立って幾多の戦功をあげてきた孫堅そんけんですが、今回ばかりは「当たらなければどうということはない」というわけにはいきませんでした。

その後、その孫堅そんけんの働きもあってか、黄巾の乱討伐の英雄・朱儁しゅしゅんが反董卓とうたく狼煙のろしを上げ、反董卓とうたくの動きは新たな展開を見せ始めます。