河北かほくにおいて絶大な影響力を持つ公孫瓚こうそんさんが再度冀州きしゅうに侵攻すると、袁紹えんしょうみずから兵をひきいて出陣し、両雄は清河国せいがこく鉅鹿郡きょろくぐんの境界である界橋かいきょうで激突することになります。

スポンサーリンク

朱儁の敗北

192年1月、董卓とうたく牛輔ぎゅうほ司隷しれい弘農郡こうのうぐん陝県せんけんに駐屯させ、司隷しれい河内尹かなんいん中牟県ちゅうぼうけんで挙兵した朱儁しゅしゅんの攻撃を命じました。

牛輔ぎゅうほ李傕りかく郭汜かくし張済ちょうせいに歩騎数万を与えて攻撃を開始。朱儁しゅしゅんを撃ち破ります。

李傕りかくらはさらに兗州えんしゅう陳留郡ちんりゅうぐん豫州よしゅう潁川郡えいせんぐんの諸県に侵出して略奪暴行を行ったため、多くの民が犠牲になりました。


陝県と中牟県


豆知識

荀彧の先見の明

董卓とうたくが朝廷の実権を握ると、兗州えんしゅう任城国にんじょうこく亢父県こうほけん県令けんれいを務めていた荀彧じゅんいくは、「潁川郡えいせんぐんはきっと大変な戦禍せんかに見舞われるだろう」と思い、官職を捨てて故郷の豫州よしゅう潁川郡えいせんぐん潁陰県えいいんけんに帰って村人たちに避難を呼びかけました。

ちょうどその頃、同じく潁川郡えいせんぐん出身の冀州牧きしゅうぼく韓馥かんふくが騎兵を派遣して村人たちを迎えに来ましたが、多くの村人たちは故郷を離れようとせず、ただ荀彧じゅんいくだけが一族を連れて冀州きしゅうに向かいました。

潁川郡えいせんぐんに残った人々はその後、この時朱儁しゅしゅんを攻撃した李傕りかく郭汜かくし張済ちょうせいらの略奪を受け、犠牲になりました。


スポンサーリンク


界橋の戦い

董卓とうたくによる朱儁しゅしゅん討伐が行われている頃、公孫瓚こうそんさん袁紹えんしょうへの攻撃を再開します。

戦いに至る経緯

191年(8月〜10月頃)、袁紹えんしょう豫州よしゅう袁術えんじゅつ孫堅そんけん)を攻撃した際、公孫瓚こうそんさん袁術えんじゅつの元に派遣していた公孫越こうそんえつが流れ矢に当たって戦死。これをうらみに思った公孫瓚こうそんさん袁紹えんしょうの罪状を上奏して磐河ばんがに出陣します。

すると、豫州よしゅうでの敗北に追い打ちをかけるような公孫瓚こうそんさんの来襲にまともに戦えないと見た袁紹えんしょうは、公孫瓚こうそんさん従弟いとこ公孫範こうそんはん勃海太守ぼっかいたいしゅ印綬いんじゅを送って和睦をはかりました。


そんな時、青州せいしゅうの黄巾賊30万が冀州きしゅう勃海郡ぼっかいぐんに侵攻します。191年11月のことです。

勃海太守ぼっかいたいしゅとなった公孫範こうそんはんの助力を受けた公孫瓚こうそんさんは黄巾賊を散々に撃ち破ると、数万の投降兵と多くの物資を得て益々勢いを増しました。

関連記事

反董卓連合の崩壊。袁紹が孫堅を攻め、公孫瓚は河北に覇を唱える

界橋の戦い

192年1月、青州せいしゅうの黄巾賊をった公孫瓚こうそんさんは、満をして冀州きしゅうへの侵攻を再開します。

すると、公孫瓚こうそんさんが侵攻を開始したことを知った冀州きしゅうの高級官吏たちは、次々に門を開いて公孫瓚こうそんさん軍を受け入れていきます。

そして公孫瓚こうそんさん冀州きしゅう鉅鹿郡きょろくぐん広宗県こうそうけんに駐屯すると、袁紹えんしょうみずから迎撃の兵をひきいて界橋かいきょうの南方20里(約8km)に布陣しました。界橋かいきょうの戦いのはじまりです。


界橋の地図

界橋かいきょう


界橋かいきょうとは、清河国せいがこく鉅鹿郡きょろくぐんの境界を流れる清河せいがけられた橋のことです。

豆知識

朱霊の忠義

公孫瓚こうそんさん軍が清河国せいがこくに侵入すると、清河国せいがこく季雍きよう公孫瓚こうそんさんに降伏して鄃県ゆけんを明け渡しました。この時袁紹えんしょう鄃県ゆけんの奪還を命じられたのが朱霊しゅれいです。

公孫瓚こうそんさんが城中にいた朱霊しゅれいの母と弟を城壁の上に立たせて朱霊しゅれいに投降を誘うと、朱霊しゅれいは城壁を見上げて涙を流しながら言いました。


「男がひとたび主君に仕えたからには、家族をかえりみることはできません…」


その後朱霊しゅれいは奮戦して鄃県ゆけんを攻め落とし、季雍きようを生け捕りにしましたが、朱霊しゅれいの家族は全員殺されてしまいました。


冀州・清河国・鄃県

冀州きしゅう清河国せいがこく鄃県ゆけん


公孫瓚こうそんさんはこの界橋かいきょうの戦いの後、一度幽州ゆうしゅうに撤退し、再度平原国へいげんこくの境まで侵攻します。このエピソードは界橋かいきょうの戦いの後の出来事の可能性もあります。

董昭の知恵

袁紹えんしょう公孫瓚こうそんさん界橋かいきょうに迎え撃った時のこと。鉅鹿太守きょろくたいしゅ季邵りしょうをはじめ郡の役人がみな公孫瓚こうそんさんに従おうとしていることを知った袁紹えんしょうは、董昭とうしょう鉅鹿太守きょろくたいしゅに任命して対応させました。

鉅鹿郡きょろくぐんに赴任した董昭とうしょうは、まず郡の役人の意見に同調して内情を探ります。

そして、郡の豪族である孫伉そんこうら数十人が中心となって官吏・人民を惑わせていることを知った董昭とうしょうは、袁紹えんしょうの命令書を偽造して全員を捕らえて処刑しました。

この機転によって董昭とうしょう鉅鹿郡きょろくぐんの離反を防ぐことに成功し、袁紹えんしょうは彼を称賛しました。

麴義きくぎ白馬義従はくばぎじゅうを破る

界橋かいきょうの戦いの様子は、魏書ぎしょ袁紹伝えんしょうでんの注に引かれている英雄記えいゆうきに詳しく記されています。


公孫瓚こうそんさんが歩兵3万で方陣をき、その左右に白馬義従はくばぎじゅうを主力とする騎兵5千騎ずつを翼のように布陣すると、対する袁紹えんしょうは先鋒として麹義きくぎに800の兵を与え、その両側に1千張の兵を続かせました。袁紹えんしょうはそのさらに後方に数万の兵で陣取ります。


界橋の戦い布陣図1

界橋かいきょうの戦い布陣図

公孫瓚軍
  1. 歩兵3万(厳綱げんこう
  2. 騎兵5千(白馬義従はくばぎじゅう
  3. 公孫瓚こうそんさん本営

公孫瓚こうそんさん軍の両翼をにな白馬義従はくばぎじゅう騎射きしゃに優れた者を選んだ白馬の部隊で、左右から交差するようにる十字砲火を得意とし、蛮族たちに大変恐れられていました。

袁紹軍
  1. 歩兵800(麴義きくぎ
  2. 兵500
  3. 袁紹えんしょう本営数万

袁紹えんしょうの先鋒を務める麹義きくぎは、長らく涼州りょうしゅうにいて羌族きょうぞくの戦法を熟知する勇敢な精鋭部隊です。



敵の先鋒が少ないことを見て取った公孫瓚こうそんさんは、一気に蹴散らしてしまおうと自慢の白馬義従はくばぎじゅうに突撃を命じます。


界橋の戦い布陣図2


ですが、麹義きくぎ隊は全員たての下に身を隠して動こうとしません。

そして敵が数十歩のところまで近づいたその時、一斉に立ち上がって大声をあげながら前進し、強力ないしゆみかけると、白馬義従はくばぎじゅうは次々に撃ち倒されていきます。

麹義きくぎ隊はさらに大混乱におちいった公孫瓚こうそんさん軍に襲いかかり、冀州刺史きしゅうしし厳綱げんこうをはじめ、千人余りを討ち取りました。


界橋の戦い布陣図3


公孫瓚の敗北

麹義きくぎ隊が追撃を開始すると、統制を失った公孫瓚こうそんさん軍は本営と合流すべく界橋かいきょうに殺到。橋の上で公孫瓚こうそんさん軍の殿しんがりが迎え撃ちますが、麹義きくぎ隊はこれも撃破しました。

公孫瓚こうそんさん軍の本営に到達した麹義きくぎ隊はついに牙旗がき(大将旗)の立てられた軍門を突破し、公孫瓚こうそんさん軍はちりじりになって敗走します。


界橋の戦い布陣図4


袁紹えんしょうの危機

この時袁紹えんしょうはほぼ全軍を追撃にあたらせ、自軍の後方、界橋かいきょうから十数里のところで防備も設けず、ただ数十張の隊と大戟おおほこを手にした100人あまりの兵だけが従うのみとなっていました。

そして、勝利を確信した袁紹えんしょうが馬のくらを外してくつろぎ始めたその時、体勢を立て直した公孫瓚こうそんさんの騎兵2千騎余りが突如来襲し、袁紹えんしょうを包囲して矢をかけてきます。


界橋の戦い布陣図5


別駕従事べつがじゅうじ田豊でんほうが急いで避難させようとすると袁紹えんしょうは、


「大丈夫たる者は突き進んで討ち死にするものだ!かきの隙間に逃げ隠れして生き延びることなどできようかっ!」


と言ってかぶとを地面に叩きつけました。

ですが、まさかこんな小隊に袁紹えんしょうがいるとは思っていない公孫瓚こうそんさんの騎兵部隊は、麹義きくぎ隊が救援に駆けつけると戦わずに兵を引いたので、袁紹えんしょうは九死に一生を得ることができました。

一方、界橋かいきょうの戦いに敗れた公孫瓚こうそんさんは、そのまま幽州ゆうしゅう広陽郡こうようぐん薊県けいけんまで撤退しました。

豆知識

程昱の知謀

まだ袁紹えんしょう公孫瓚こうそんさんが友好関係にあった頃のこと。

袁紹えんしょう兗州刺史えんしゅうしし劉岱りゅうたいの元に妻子を預け、公孫瓚こうそんさん従事じゅうじ范方はんほうと騎兵を派遣して劉岱りゅうたいを援助していました。

袁紹えんしょう公孫瓚こうそんさんが仲違いすると、公孫瓚こうそんさん劉岱りゅうたい袁紹えんしょう妻子を引き渡すように要求し、もし断ったならば、范方はんほうと騎兵を帰還させることを通告しました。


劉岱りゅうたいはどのように対応するべきか協議を重ねましたが、決心がつきません。

そこで別駕べつが王彧おういくは、知謀の持ち主として名高い東郡とうぐん程昱ていいくに相談することを提案します。

程昱ていいくは言いました。


公孫瓚こうそんさん袁紹えんしょうの敵ではありません。今、公孫瓚こうそんさん袁紹えんしょう軍を破りましたが、最後は袁紹えんしょうに敗北するでしょう


劉岱りゅうたい程昱ていいくの進言に従い、范方はんほうは騎兵をひきいて公孫瓚こうそんさんの元に帰りましたが、到着する前に公孫瓚こうそんさん袁紹えんしょうに敗れました。

また、劉岱りゅうたい程昱ていいく騎都尉きといに推薦しましたが、程昱ていいくは病気を理由にこれを断りました。

もう一つの界橋の戦い

界橋かいきょうの戦いについては、後漢書ごかんじょ袁紹伝えんしょうでんでも英雄記えいゆうきとほぼ同じ内容になっていますが、魏書ぎしょ公孫瓚伝こうそんさんでんには次のような記述もありますので、ご紹介しておきます。


公孫瓚こうそんさん青州せいしゅう徐州じょしゅうの黄巾を賊を撃ち破り、軍勢はますます強力となって界橋かいきょうまで進軍した。

袁紹えんしょう広川こうせんに陣地を置き、大将の麹義きくぎを先陣として公孫瓚こうそんさんと交戦させ、厳綱げんこうを生け捕りとした。

出典:『正史 三国志2』ちくま学芸文庫 65ページ


冀州・清河国・鄃県


スポンサーリンク


公孫瓚はなぜ敗れたのか

この界橋かいきょうの戦いにおいて不思議に思うのは、公孫瓚こうそんさん自慢の白馬義従はくばぎじゅう・1万が、歩兵・兵合わせてたった1,800の麹義きくぎ隊にいとも簡単に敗れてしまったことです。

敵の5倍という圧倒的な兵力差がありながら、白馬義従はくばぎじゅうはなぜ敗れてしまったのでしょうか。

袁紹が少数の麹義を先鋒にした理由

今回の戦いのように各々おのおの陣を構えて正面から戦う場合、まずお互いに自軍の威容を示して相手の士気をくじくことから始まります。

そのため公孫瓚こうそんさんは、北方異民族の討伐で勇名をせた白馬義従はくばぎじゅうを前面に押し立てて、相手を威圧したのです。


一方袁紹えんしょう韓馥かんふくから冀州きしゅうを奪ったばかりであり、その数万の兵はおそらく、公孫瓚こうそんさんが黄巾賊を討伐している間にかき集めた寄せ集めの兵であったと思われます。

そのような兵を白馬義従はくばぎじゅうの前に立たせれば、兵たちは白馬義従はくばぎじゅうの勇名を恐れて一気に戦意を喪失そうしつしてしまう恐れがあります。

そのため袁紹えんしょうは、敵を恐れない少数の精鋭部隊を先鋒にせざるを得なかったのです。

白馬義従はなぜ敗れたのか

もし公孫瓚こうそんさん白馬義従はくばぎじゅうの機動力と騎射きしゃの能力をかし、袁紹えんしょう軍を包囲しながら矢をかけ、3万の歩兵部隊を押し上げていったならば、いくら麹義きくぎ隊が精鋭と言えどもなすすべがなかったかもしれません。

ですが、敵の先鋒が少数と見た公孫瓚こうそんさん白馬義従はくばぎじゅうに号令し、麹義きくぎ隊を踏みつぶしにかかりました。

確かにここで一気に麹義きくぎ隊を撃ち破れば、数万の袁紹えんしょう軍本隊の動揺を誘い、その後の戦いを有利に進めることができたでしょう。公孫瓚こうそんさんのこの判断により、麹義きくぎに勝機が生まれました。


前述のように、麹義きくぎ隊は全員たての下に身を隠し、敵が数十歩のところまで近づくと、一斉に立ち上がって大声をあげながら前進して強力ないしゆみかけました。

馬は元々とても神経質で臆病な動物です。ただの障害物だと思っていたもの(たての下に身を隠した兵)が、急に立ち上がって大きな声を出したのですから、多くの馬は驚いて制御がかなくなり、いしゆみ恰好かっこうまととなってしまったのです。


そして、主力であり精神的支柱でもあった白馬義従はくばぎじゅうが敗れたことによって、公孫瓚こうそんさん軍は総崩れとなってしまいました。

これは、長らく涼州りょうしゅうにいて羌族きょうぞくの戦法や馬の性質を熟知していた麹義きくぎがいたからこそ得ることができた勝利だと言えます。


巨馬水の戦い

勢いに乗った袁紹えんしょう幽州ゆうしゅう涿郡たくぐんに侵入し、配下の崔巨業さいきょぎょうに数万の兵を与えて故安県こあんけんを包囲させましたが、崔巨業さいきょぎょうは落とすことができず包囲をいて南に撤退しました。


崔巨業さいきょぎょうの軍勢が巨馬水きょばすいに差しかかった時、公孫瓚こうそんさんの歩騎3万の軍勢が襲いかかります。

公孫瓚こうそんさん崔巨業さいきょぎょうを散々に撃ち破り、死者は7〜8千人にのぼりました。


そして公孫瓚こうそんさんは勝利に乗じてそのまま南進を続け、冀州きしゅう平原国へいげんこくまで到達して青州刺史せいしゅうしし田揩でんかい青州せいしゅう斉国せいこくを占拠させました。


巨馬水の戦い

巨馬水きょばすいの戦い


誰もが公孫瓚こうそんさんの勝利を疑っていなかった界橋かいきょうの戦いは、麹義きくぎ隊の大活躍によって袁紹えんしょう軍の大勝利に終わりました。

敗北した公孫瓚こうそんさん冀州きしゅうを放棄して幽州ゆうしゅう広陽郡こうようぐん薊県けいけんまで撤退します。

勢いに乗った袁紹えんしょう軍はそのまま幽州ゆうしゅう涿郡たくぐんに侵入して故安県こあんけんを包囲しますが、落とすことはできず、逆に公孫瓚こうそんさんの追撃にあって敗北しました。

そして、今度は公孫瓚こうそんさんが郡県を攻め落としながら南下。冀州きしゅう平原国へいげんこくまで勢力を広げ、界橋かいきょうの戦い以前の勢力を回復しました。