181年【漢:光和こうわ4年】に起こった主な出来事をまとめ、それをもとに群雄勢力図を作成しました。人員配置は前年から変更が記されていない官職と、新たに確認できた官職のみ記載しています。

スポンサーリンク

181年の主な人員配置

後宮

天子・皇后 人物
天子(皇帝) 劉宏りゅうこう霊帝れいてい
皇太后 董太后とうたいごう孝仁董皇后こうじんとうこうごう
皇后 何皇后かこうごう霊思何皇后れいしかこうごう

朝廷

官職 人物
司徒しと 楊賜ようし陳耽ちんたん
司空しくう 張済ちょうせい
太尉たいい 劉寬りゅうかん許彧きょいく
太常たいじょう 劉寬りゅうかん陳耽ちんたん(〜10月)
諫議大夫かんぎたいふ 劉猛りゅうもう朱儁しゅしゅん
五官中郎将ごかんちゅうろうしょう 董重とうちょう
議郎ぎろう 曹操そうそう

地方官

官職 人物
玄菟太守げんとたいしゅ 公孫琙こうそんよく
丹陽太守たんようたいしゅ 陳夤ちんいん
益州太守えきしゅうたいしゅ 李顒りぎょう
鬱林太守うつりんたいしゅ 谷永こくえい

スポンサーリンク


181年の主な出来事

出来事
1月

・初めて騄驥厩丞ろくききゅうじょうを設置する。

4月

・天下に大赦たいしゃする。

交阯郡こうしぐん梁龍りょうりょうらが反乱を起こし、交阯刺史こうししし朱儁しゅしゅんがこれを平定する。

6月

・大粒のひょうが降った。

9月

・日食があった。

太尉たいい劉寬りゅうかん罷免ひめんされ、衛尉えいい許彧きょいく太尉たいいに任命される。

閏月

・北宮の東にある掖庭えきてい永巷署えいこうしょで火災があった。

司徒しと楊賜ようし罷免ひめんされる。

10月

太常たいじょう陳耽ちんたん司徒しとに任命される。

鮮卑せんぴ幽州ゆうしゅう幷州へいしゅうに侵攻する。

鮮卑せんぴ大人たいじん壇石槐だんじゃくえが亡くなり、子の和連かれんが跡を継ぐ。

不明

霊帝れいていが商人のマネをする。

何皇后かこうごう王美人おうびじんを毒殺する。

大長秋だいちょうしゅう曹節そうせつが亡くなり、中常侍ちゅうじょうじ趙忠ちょうちゅう大長秋だいちょうしゅうに任命される。


スポンサーリンク


181年の群雄勢力図

181年の群雄勢力図

凡例

181年の群雄勢力図

181年の情勢

181年の時点では、漢の領内にまだ独立勢力はありません。

特記事項

騄驥厩丞ろくききゅうじょうの設置

当時、豪族たちが馬を独占して利益を得ていたため、1頭の値段が200万銭にもなっていました。

1月、朝廷は郡国から馬を徴発して管理をする騄驥厩丞ろくききゅうじょうを設置して、馬の価格の安定化を図りました。

交阯郡こうしぐんの反乱

178年に合浦郡がっぽぐん交址郡こうしぐんで起こった烏滸蛮おこばんの反乱は、いまだ鎮圧に至ってはいませんでした。

4月、交阯郡こうしぐんの賊・梁龍りょうりょうが、南海太守なんかいたいしゅ孔芝こうしと共に蜂起ほうきして郡県の攻撃を開始します。

徐州じょしゅう東海郡とうかいぐん蘭陵県らんりょうけん県令けんれいに就いていた朱儁しゅしゅんは、中央に推挙されて交阯刺史こうしししに任命されると、5,000の兵を2つに分けて交阯郡こうしぐんに進軍を開始しました。

州境に到着した朱儁しゅしゅんは、兵に漢の威光を叫ばせて敵兵の士気をくじくと、1ヶ月も経たないうちに梁龍りょうりょうを斬り、数万の賊をくだして反乱を鎮圧しました。

この功績によって朱儁しゅしゅん都亭侯とていこうに封じられ、諫議大夫かんぎたいふに任じられます。

関連記事

【三国志年表詳細】178年の主な出来事と群雄勢力図


後漢書ごかんじょ孝霊帝紀こうれいていぎでは、181年に「交阯刺史こうしししに任命される」となっていますが、後漢書ごかんじょ朱雋伝しゅしゅんでん朱儁伝しゅしゅんでん)では、178年のこととされています。

これについて、交阯こうし研究者の後藤均平ごとうきんぺい氏は後漢書ごかんじょ朱雋伝しゅしゅんでん光和こうわ元年(178年)の記載は光和こうわ4年(181年)のあやまりであろうと指摘されています。

反乱の討伐に当たる前、朱儁しゅしゅん徐州じょしゅう東海郡とうかいぐん蘭陵県らんりょうけん県令けんれいにすぎませんでした。

鮮卑せんぴ大人たいじん壇石槐だんじゃくえが亡くなる

10月、鮮卑せんぴ幽州ゆうしゅう幷州へいしゅうに侵攻し、鮮卑せんぴ大人たいじん壇石槐だんじゃくえが亡くなり、子の和連かれんが跡を継ぎました。

その後、時期は特定できませんが、和連かれん北地郡ほくちぐんを攻撃している最中に討ち死にしてしまい、和連かれんの子・騫曼けんまんがまだ幼かったため、和連かれんの兄の子・魁頭かいずが跡を継ぎます。

ですが、成長した騫曼けんまん魁頭かいずと対立したため、魁頭かいずの弟・歩度根ぶどこんが跡を継ぐ頃には、人心は離れ、鮮卑せんぴの国力は衰えていくことになります。

関連記事

【三国志年表詳細】177年の主な出来事と群雄勢力図

霊帝れいていの道楽

商人のマネをする

この年、霊帝れいてい采女さいじょを店頭に立たせて後宮に商店街をつくりました。

霊帝れいてい自身も商人の恰好かっこうをして、宦官や妃嬪ひひんを引き連れて練り歩いてうたげを楽しみましたが、肝心の商店のほうは、采女さいじょたちが互いに商品を奪い合うようなあり様でした。

西園での悪ふざけ

霊帝れいてい西園さいえんで犬を飼い、進賢冠しんけんかん(主に儒者が身につけるかんむり)をかぶせ、首に印綬いんじゅをかけました。

また、霊帝れいていが4頭のロバに引かせた車をみずから操って西園さいえんを走り回ると、洛陽らくようで真似する者が続出したため、馬と等価になるほどロバの値段が高騰しました。

珍宝を集める

霊帝れいていは私財を蓄えることを好み、各地の珍宝を集めさせたので、霊帝れいていに献上する珍宝を手に入れるための費用を、民衆から搾取さくしゅする者が増えました。


中常侍ちゅうじょうじ呂強ろきょうはこれらの行いをいさめましたが、霊帝れいていは聞き入れませんでした。

何皇后かこうごう王美人おうびじんを毒殺する

霊帝れいてい妃嬪ひひんの1人である王美人おうびじんが皇子・劉協りゅうきょうを生んだため、これに嫉妬した何皇后かこうごう王美人おうびじんを毒殺してしまいます。

このことはすぐに発覚し、激怒した霊帝れいてい何皇后かこうごうを廃位しようとしますが、中常侍ちゅうじょうじたちが必死に嘆願たんがんしたため思いとどまりました。

関連記事

何氏(霊思何皇后)。卑賤の身から皇太后にまで昇りつめた霊帝の皇后


この年、宦官の最高位である大長秋だいちょうしゅう曹節そうせつが亡くなりました。

以降、中常侍ちゅうじょうじ趙忠ちょうちゅう大長秋だいちょうしゅうに就任し、いよいよ十常侍じゅうじょうじと呼ばれた宦官たちの時代に入って行くことになります。

他の年を見る場合はこちら

三国志年表