大将軍だいしょうぐん何進かしんの仇討ちとばかりに宮中に突入した袁紹えんしょうたちは悲願の宦官一掃に成功しましたが、後漢の天子・少帝しょうてい陳留王ちんりゅうおうは、十常侍じゅうじょうじ張讓ちょうじょうたちに連れ去られた後でした。
果たして少帝しょうてい陳留王ちんりゅうおうの運命は…。

スポンサーリンク

少帝と陳留王の帰還


タカオタカオ

前回は、袁紹えんしょうたちが宦官たちを皆殺しにしたところまででしたよね。

マリコマリコ

でも少帝しょうてい陳留王ちんりゅうおうが、張讓ちょうじょうたちに連れ去られてしまったんですよね。助けなきゃっ!

王先生王先生

そうですね!
今回はまず、十常侍じゅうじょうじ張讓ちょうじょうたちに連れ去られた少帝しょうてい陳留王ちんりゅうおうのゆくえからお話ししていきましょう。

ご確認

この記事は『三国志演義』に基づいてお話ししています。正史『三国志』における董卓とうたくの入洛については、こちらをご覧ください。

諸豪族の入洛。董卓はどのようにして権力を手中に収めたのか

十常侍たちの死


王先生王先生

少帝しょうてい陳留王ちんりゅうおうが連れ去られた事に気づいた河南中部掾かなんちゅうぶえん閔貢びんこうは、少帝しょうてい陳留王ちんりゅうおうを追いかけます。

マリコマリコ

河南中部掾かなんちゅうぶえんってなんですか?

王先生王先生

河南中部掾かなんちゅうぶえんとは河南尹かなんいんの属官で、各県を巡察する監察官(督郵とくゆう)の1人です。

督郵とくゆう管轄かんかつは東・西・南・北・中の5部に分かれていて、河南中部掾かなんちゅうぶえんは、河南尹かなんいんの中部の県を管轄する督郵とくゆうということになりますね。

マリコマリコ

なるほどっ!劉備りゅうびさんをクビにしようとした人と同じ官職ですね。

タカオタカオ

本筋には関係ないでしょ。

マリコマリコ

でもなんか気になっちゃって…。


張讓ちょうじょうたちを見つけた閔貢びんこうが、「逆賊、逃げるなっ!」と大声でさけぶと、「もはやこれまで」と観念した張讓ちょうじょうたちは、河に身を投げて自殺してしまいます。

ですが、肝心の少帝しょうてい陳留王ちんりゅうおうが見当たらないため、閔貢びんこうたちは四方に分かれて天子を探し始めました。



マリコマリコ

少帝しょうてい陳留王ちんりゅうおうはどこに行ってしまったの?

王先生王先生

実は、少帝しょうてい陳留王ちんりゅうおうもそこにいたのですが、驚いて草むらに身を伏せていたため、閔貢びんこうたちは気づくことができなかったんです。

タカオタカオ

あらら…。

マリコマリコ

子供2人で大丈夫かな…?

王先生王先生

安心して下さい。
2人がトボトボと歩いていると、付近の小さな屋敷の主人が2人を見つけて無事保護されました。


屋敷の主人は司徒しとを務めたこともある崔烈さいれつの弟・崔毅さいきという者で、十常侍じゅうじょうじたちが官職を売り物にして真面目な人物を遠ざけるので、ここに隠棲いんせいしていたのでした。

その後、ちょうどそこへ2人を探す閔貢びんこうが通りかかったので、崔毅さいきせた馬に少帝しょうていが乗り、陳留王ちんりゅうおう閔貢びんこうの馬に同乗して洛陽らくように向かうことになりました。

少し行くと、司徒しと王允おういん太尉たいい楊彪ようひょう左軍校尉さぐんこうい淳于瓊じゅんうけい右軍校尉ゆうぐんこうい趙萌ちょうぼう後軍校尉こうぐんこうい鮑信ほうしん中軍校尉ちゅうぐんこうい袁紹えんしょうらが数百の兵をひきいて合流しました。



マリコマリコ

お〜っ!良かった、もう安心ね。

董卓の入洛


王先生王先生

少帝しょうていの一行が洛陽らくように向けて進んでいると、1隊の人馬が近づいて来るのが見えます。

タカオタカオ

来たな…。


袁紹えんしょうが馬を走らせ前に出て「何者か!」と問うと、隊をひきいる将は「天子はどこにいるっ!」と、ぶっきらぼうに怒鳴どなり返しました。その様子に驚いた少帝しょうていはガクガクと震えています。

すると、陳留王ちんりゅうおうが進み出て「お前は何者だ?」と、もう一度たずねます。

将が「西涼せいりょう刺史しし董卓とうたくだ」と答えると「天子をお守りするために来たのならば、なぜ馬を下りないのだっ!」と、陳留王ちんりゅうおうおくすることなく董卓とうたくを一喝しました。

董卓とうたくあわてて馬を下りて平伏すると、陳留王ちんりゅうおうの見事な対応に感服しました。



マリコマリコ

董卓とうたくっ!

タカオタカオ

そう、董卓とうたく

マリコマリコ

董卓とうたくって、劉備りゅうびさんに助けられたのに無礼な態度をしてた人ですよね。

王先生王先生

そうです。よく覚えていましたね。
少帝しょうてい陳留王ちんりゅうおうは、董卓とうたく袁紹えんしょうたちに守られて、洛陽らくように帰ることができました。


スポンサーリンク


董卓の朝廷支配

失われた「伝国の玉璽」


王先生王先生

少帝しょうてい陳留王ちんりゅうおう洛陽らくように帰ってみると、伝国の玉璽ぎょくじがなくなっていることに気づきます。

マリコマリコ

伝国の玉璽ぎょくじってなんですか?

タカオタカオ

伝国の玉璽ぎょくじは、歴代皇帝に受け継がれてきた皇帝専用のハンコだよ。皇帝のあかしだね。

マリコマリコ

え〜っ!皇帝のあかしがなくなったらどうなっちゃうの?

タカオタカオ

まぁ、伝国の玉璽ぎょくじが紛失したからといって、少帝しょうていの正当性がなくなるわけではないけどね。

王先生王先生

そうですね。
ですが、この時「伝国の玉璽ぎょくじ」を紛失してしまったことは覚えておいてくださいね。

マリコマリコ

はい!メモしておきます。

董卓による軍権の掌握


王先生王先生

そして、洛陽らくように入った董卓とうたくは軍権の掌握に乗り出します。


董卓とうたくは城外に駐屯し、毎日武装した騎兵を入城させて城内を行軍させたので、民衆はみな董卓とうたくを恐れるようになります。

これに危機感を抱いた後軍校尉こうぐんこうい鮑信ほうしんは、「董卓とうたくは野心をいだいているに違いない。今のうちになんとかするべきです」と、中軍校尉ちゅうぐんこうい袁紹えんしょう司徒しと王允おういんうったえました。

ですが、「朝廷の騒動がしずまったばかりだから、軽々しく動くべきではない」と、袁紹えんしょう王允おういん董卓とうたくの行いを傍観ぼうかんするだけでした。

この言葉にあきれた鮑信ほうしんは、部下の軍勢を引き連れて故郷の秦山郡たいざんぐんに帰ってしまいました。



タカオタカオ

袁紹えんしょうの悪いところが出たな…。

マリコマリコ

董卓とうたくって宦官たちを殺すために呼ばれたんだよね。もう宦官はいないんだから、帰れって言えばいいのに。

タカオタカオ

それであの横暴な董卓とうたくが帰ると思う?
董卓とうたくはこれを機に朝廷を支配しようという野心を持ってるんだよ?

マリコマリコ

思わない(笑)

王先生王先生

そうですよね。
そうこうしているうちに、董卓とうたくは殺された何進かしん何苗かびょうの兵を手懐てなずけて、洛陽らくようの軍権を掌握してしまいました。

タカオタカオ

言わんこっちゃない!

十常侍じゅうじょうじ張讓ちょうじょうたちに連れ去られた少帝しょうてい陳留王ちんりゅうおうは、閔貢びんこう袁紹えんしょう、そして董卓とうたくたちのお陰で洛陽らくように帰ることができました。

ですが、これで霊帝れいてい死後の混乱がおさまったわけではなく、涼州りょうしゅうからやってきた董卓とうたくによって、朝廷はますます混乱していくことになります。



王先生王先生

次回は、洛陽らくようの軍権を掌握した董卓とうたくが何をしたのかについてお話しします。

次回

董卓の少帝廃位に反対した丁原と呂布の裏切り

三国志演義の解説を順番に読もう!

 三国志演義教室【目次】