190年2月、董卓とうたく長安ちょうあん遷都せんとを強行しました。その翌月、これを好機と見て取った酸棗さんそうの諸侯が、ついに進軍を開始します。

スポンサーリンク

反董卓連合の動向

董卓による長安遷都

190年2月、董卓とうたくは反董卓とうたく連合の攻撃をけるため、洛陽らくようを焼き払い、長安ちょうあん遷都せんとを強行します。

これは、いくら董卓とうたくの兵が実戦経験豊富な強兵とは言え、兵数で勝る反董卓とうたく連合に洛陽らくよう長安ちょうあんを同時に攻撃された場合、兵力を分散させていては守りきるのが困難だと考えたためです。

そして董卓とうたく自身は、長安ちょうあん遷都せんと後も洛陽らくよう郊外の畢圭苑ひつけいえんに駐屯していました。

関連記事

弘農王の殺害と長安遷都。反董卓連合の決起に対する董卓の反応

なぜ反董卓連合は動かなかったのか

190年1月に決起した反董卓とうたく連合は、董卓とうたくの支配地域を取り囲むように布陣しておきながら、この間一度も董卓とうたくに攻撃を仕掛けていません。

その理由には、異民族の討伐に明け暮れてきた董卓とうたくに比べ、反董卓とうたく連合には盟主である袁紹えんしょうをはじめ、まともに戦闘経験がある諸侯が曹操そうそう孫堅そんけんくらいしかおらず、内心では董卓とうたく軍を恐れていたこと。また、反董卓とうたく連合の諸侯がお互いに牽制けんせいし合い、自軍に損害が出ることを嫌っていたことがげられます。

関連記事

正史『三国志』における反董卓連合の結成


スポンサーリンク


汴水(べんすい)の戦い

汴水(べんすい)の戦い

曹操の出陣

董卓とうたく長安ちょうあん遷都せんとをしても、反董卓とうたく連合の諸侯は一向に攻撃を仕掛ける素振りを見せません。

兗州えんしゅう陳留郡ちんりゅうぐん酸棗県さんそうけんに駐屯していた曹操そうそうは、ごうを煮やして諸侯に言いました。


「我々が義兵を起こしたのは董卓とうたくの暴乱を鎮めるためです。すでに大軍が集結しているのに、諸君らは何をためらっているのかっ!

もし董卓とうたくが朝廷の権威を利用して、洛陽らくよう周辺の要害を守りつつ天下を支配していたら、攻略することは難しかった。

だが今っ!董卓とうたくは宮室を焼き、天子をおどして長安ちょうあん遷都せんとをした。これこそ天が与えた董卓とうたくを滅ぼす絶好の機会だっ!」


この曹操そうそうの大演説を聞いた陳留太守ちんりゅうたいしゅ張邈ちょうばくは、曹操そうそう董卓とうたくへの攻撃を許可すると、配下の衛茲えいじ*1に兵を与えて曹操そうそう寄騎よりきとし、済北相せいほくしょう鮑信ほうしんみずか曹操そうそうの軍に加わりました。

脚注

*1 衛茲は曹操が挙兵する際に援助した人物です。

酸棗県さんそうけんに駐屯していた諸侯

  • 陳留太守ちんりゅうたいしゅ張邈ちょうばく
  • 広陵太守こうりょうたいしゅ張超ちょうちょう
  • 兗州刺史えんしゅうしし劉岱りゅうたい
  • 東郡太守とうぐんたいしゅ橋瑁きょうぼう
  • 山陽太守さんようたいしゅ袁遺えんい
  • 済北相せいほくしょう鮑信ほうしん
  • 奮武将軍ふんぶしょうぐん曹操そうそう

曹操、徐栄に敗れる

曹操そうそうはまず、司隷しれい河南尹かなんいん成皋県せいこうけんの要害の占拠を目標にして進軍を始めますが、滎陽県けいようけん汴水べんすいを渡ったところで、董卓とうたく配下の徐栄じょえいの軍に遭遇そうぐうします。


滎陽(けいよう)の戦い

汴水べんすいの戦い


緒戦しょせん徐栄じょえい軍に敗れた曹操そうそう軍は多数の死傷者を出してしまいました。

そして、徐栄じょえい軍の追撃が始まると曹操そうそう自身も矢傷を受け、馬も傷を負ってしまいます。これを見た曹操そうそう従弟いとこ曹洪そうこうが馬をゆずろうとしますが、曹操そうそうは「先に逃げよ!」とこれを断ります。

「天下に私がいなくても何も変わりません。今、天下はあなたを必要としているのです!」

曹洪そうこうはこう言って曹操そうそうに馬をゆずると自分は徒歩で付き従い、夜陰やいんまぎれて汴水べんすいを渡って2人とも逃げのびることができました。


その後、曹操そうそう軍は少数ながらも奮戦したため、徐栄じょえいは「酸棗県さんそうけんはまだ容易には攻め落とせない」と判断して兵を引きました。

豆知識

武帝紀集解ぶていぎしっかい曹洪伝そうこうでんには、この時曹洪そうこう曹操そうそうゆずった馬は「白鵠はくこく」という名馬で、曹操そうそう曹洪そうこうの2人を乗せて汴水べんすいを渡り、自陣までの数百里の距離を駆け抜けたという話があります。

また、汴水べんすいを渡ったにも関わらず白鵠はくこくの足は湿しめっておらず「空気に乗っておど曹家そうけ白鵠はくこく」とうわさされました。

ちなみに魏書ぎしょ曹洪伝そうこうでんでは「曹洪そうこうが岸辺を探し回って見つけた船で汴水べんすいを渡った」とされています。


曹操そうそう軍のこの敗北の代償は大きく、済北相せいほくしょう鮑信ほうしんも傷を受け、鮑信ほうしんの弟・鮑韜ほうとう陳留太守ちんりゅうたいしゅ張邈ちょうばくの配下・衛茲えいじは討ち死にしてしまいました。


スポンサーリンク


酸棗諸侯の解散

曹操の離脱

徐栄じょえいに敗れた曹操そうそう酸棗県さんそうけんにたどり着いた時、諸侯は十数万の兵をようしていながら、毎日ただ宴会を開いているだけでした。

これを見た曹操そうそうは、諸侯を一喝して次の作戦計画を披露します。

「まず、袁紹えんしょうどのは河内郡かだいぐんの兵で孟津もうしんに進み、我々は成皋県せいこうけんに出て敖倉ごうそう*1を占領し、轘轅関かんえんかん*2太谷関たいこくかん*2の街道を封鎖する。そして、袁術えんじゅつどのが南陽郡なんようぐんの兵をひきいて丹水たんすい析県きけんに陣をき、武関ぶかんから侵入して三輔さんぽ地方をるがせば、たちどころに董卓とうたくを滅ぼすことができるだろう!」


曹操の進軍計画

凡例

曹操そうそうの進軍計画


この曹操そうそうの提案のように、反董卓とうたく連合の諸侯が連携して洛陽らくよう長安ちょうあんを同時に攻撃することは董卓とうたくが最も恐れていたことであり、董卓とうたく軍を壊滅させることができる可能性の高い作戦でした。

ですが、緒戦しょせんの敗北で気後れした諸侯は、この曹操そうそうの作戦を却下してしまいます。

あきれ果てた曹操そうそうは、もうそれ以上何も言いませんでした。

脚注

*1 滎陽県の西北にある食料の貯蔵庫があった場所。

*2 洛陽の南側に設置されていた関所。

曹操、袁紹と合流する

曹操そうそうは失った兵を補充するために、夏侯惇かこうとんらと共に揚州ようしゅうに向かいます。

この時、揚州太守ようしゅうたいしゅ陳温ちんおんと親しかった曹洪そうこうは、揚州ようしゅう廬江郡ろこうぐんの精鋭2,000人を与えられ、丹楊太守たんようたいしゅ周昕しゅうきんからも数千人の兵を得て、豫州よしゅう沛国はいこく龍亢県りょうこうけんで待つ曹操そうそうと合流しました。

ですが、曹洪そうこう龍亢県りょうこうけんに着いた時、募兵した兵が反乱を起こして多数の兵を失ってしまいます。

仕方なく曹操そうそうは、銍県ちつけん建平県けんぺいけんで兵をつのって千人余りの兵を得ると、酸棗県さんそうけんではなく司隷しれい河内郡かだいぐんに駐屯している袁紹えんしょうの元に向かうことにしました。


曹操の募兵経路

曹操そうそうの募兵経路

酸棗諸侯の解散

曹操そうそうが去った後、酸棗県さんそうけんに集まった諸侯たちは、兵糧がとぼしくなったため陣を払ってそれぞれの任地に撤兵を始めます。

そして、兗州刺史えんしゅうしし劉岱りゅうたいは仲が悪かった東郡太守とうぐんたいしゅ橋瑁きょうぼうを殺害し、後任として王肱おうこう太守たいしゅに任命するなど、すでに彼らに連帯意識はなくなっていました。


またこの時、青州刺史せいしゅうしし焦和しょうか董卓とうたく討伐の兵をげ、酸棗さんそう諸侯と合流すべく西に向かっていましたが、青州せいしゅうで黄巾賊が蜂起したために任地に引き返しています。


190年1月に決起した反董卓とうたく連合ですが、いち早く行動を起こした曹操そうそう董卓とうたく配下の徐栄じょえい惨敗ざんぱい。ついには兵糧が底をつき、酸棗県さんそうけんの諸侯は何の成果も上げぬまま、約3ヶ月という短い期間で解散してしまいます。

一方、徐栄じょえい惨敗ざんぱいした曹操そうそう揚州ようしゅうで新たに兵をつのり、河内郡かだいぐん袁紹えんしょうと合流しました。