献帝けんてい司隷しれい河東郡かとうぐん安邑県あんゆうけんから洛陽らくよう雒陽らくよう)に入るまでと、曹操そうそう豫州よしゅう予州よしゅう)侵攻についてまとめています。

スポンサーリンク

献帝の洛陽帰還をめぐる争い

安邑県を都に定める

興平こうへい2年(195年)7月、献帝けんてい長安ちょうあんを出て洛陽らくよう雒陽らくよう)に向かいました。

すると再び手を結んだ李傕りかく郭汜かくしは、献帝けんてい長安ちょうあんに戻すべく追撃を開始。3度に渡って献帝けんてい一行を襲撃します。

多大な犠牲を出しながら司隷しれい弘農郡こうのうぐん陝県せんけんにたどり着いた献帝けんてい一行は、そこで黄河こうがを渡り、司隷しれい河東郡かとうぐん安邑県あんゆうけんに到着すると、安邑県あんゆうけんを都に定めて李傕りかく郭汜かくしと和睦しました。


献帝の東遷経路

献帝けんてい東遷とうせん経路

関連記事

李傕と郭汜に追われた献帝が、黄河を渡り安邑県を都に定める

洛陽(雒陽)帰還をめぐる争い

興平こうへい3年(196年)春正月、献帝けんてい司隷しれい河東郡かとうぐん安邑県あんゆうけん上帝じょうてい天帝てんてい)をまつ郊祀こうしを行い、大赦たいしゃして興平こうへい3年から建安けんあん元年に改元します。

この時、献帝けんてい洛陽らくよう雒陽らくよう)に帰還させようとする董承とうしょう張楊ちょうようと、それを望まない楊奉ようほう李楽りがくの間で意見が対立し、お互いに疑いを持つようになりました。


2月、韓暹かんせん衛将軍えいしょうぐん董承とうしょうを攻め、敗れた董承とうしょう張楊ちょうようが駐屯する司隷しれい河内郡かだいぐん野王県やおうけんに逃亡します。

また、韓暹かんせん司隷しれい河東郡かとうぐん聞喜邑ぶんきゆうに駐屯すると、胡才こさい楊奉ようほう塢郷うきょう司隷しれい河南尹かなんいん匽師県えんしけんにある)に行き韓暹かんせんを攻めようとしましたが、献帝けんていが使者を派遣してさとしたため事なきを得ました。


諸将の配置

諸将の配置


この時韓暹かんせんは、献帝けんてい洛陽らくよう雒陽らくよう)に帰還させようとする董承とうしょう派と、それに反対する楊奉ようほう派の両方と対立していたようですが、韓暹かんせんがどのような主張をしていたのかは分かりません。

董承が洛陽宮を修繕する

一方この頃、野王県やおうけん張楊ちょうようは、献帝けんていを迎えるために董承とうしょうを向かわせて洛陽宮らくようきゅう雒陽宮らくようきゅう)を修繕させました。

すると太僕たいぼく趙岐ちょうきは、董承とうしょうのために「洛陽らくよう雒陽らくよう)に兵を派遣して宮室きゅうしつ(宮殿)の修繕を助ける」よう、荊州牧けいしゅうぼく劉表りゅうひょうを説得します。この時劉表りゅうひょうが供出した物資を運ぶ兵は長蛇の列をなしました。


スポンサーリンク


献帝の洛陽入り

献帝の洛陽入り

夏5月、献帝けんてい楊奉ようほう李楽りがく韓暹かんせんの陣営に使者を派遣して、洛陽らくよう雒陽らくよう)までともをするようにみことのりを下します。

楊奉ようほうらはみことのりに従い、献帝けんてい安邑県あんゆうけんを出発して司隷しれい河東郡かとうぐん聞喜邑ぶんきゆうに到着しました。


6月、楊奉ようほう韓暹かんせん(、董承とうしょう)が献帝けんていほうじて東に向かうと、箕関きかんを出て軹道しどうを下ったところで張楊ちょうようが食糧を用意して出迎えます。


献帝の洛陽(雒陽)入り

献帝けんてい洛陽らくよう雒陽らくよう)入り


そして7月、一行はついに洛陽らくよう雒陽らくよう)に到着し、献帝けんていは故中常侍ちゅうじょうじ趙忠ちょうちゅう邸に身を落ち着けました。

そして8月、献帝けんてい南宮なんきゅう楊安殿ようあんでんに移ります。

豆知識

楊安殿ようあんでんの名称について、次の2つの記述があります。

『資治通鑑』

張楊ちょうようは[献帝けんてい洛陽らくよう雒陽らくよう)に帰れたことを]自分の功績と考え、宮殿の名前を楊安殿ようあんでんとした。

『魏書』武帝紀の注『献帝春秋』

張楊ちょうよう宮室きゅうしつ(宮殿)を修理させ、その宮殿を楊安殿ようあんでんと名付けた。

献帝の人事

天子てんしは天下の人々みんなのものであるはずだ。さいわいにして公卿こうけい大臣がおられることだし、わしは外難の防止にあたるべきだ。どうして都の事に専念しておられようぞ」


張楊ちょうようは諸将にこう言うと司隷しれい河内郡かだいぐん野王県やおうけんに帰り、楊奉ようほう洛陽らくよう雒陽らくよう)を出て司隷しれい河南尹かなんいん梁県りょうけんに駐屯。韓暹かんせん董承とうしょう洛陽らくよう雒陽らくよう)にとどまって警備にあたります。


その後献帝けんていは、

  • 安国将軍あんこくしょうぐん張楊ちょうよう大司馬だいしば
  • 楊奉ようほう車騎将軍しゃきしょうぐん
  • 韓暹かんせん大将軍だいしょうぐん司隸校尉しれいこうい

に任命し、それぞれせつ斧鉞ふえつさずけました。


献帝けんてい洛陽らくよう雒陽らくよう)に入った時、宮殿は焼き尽くされ、街路には雑草が生い茂っており、百官は荊棘いばらを切り開いておかがきの間に身を寄せました。

また、州や郡は各々おのおの軍隊をようして自衛するだけで、天子てんし献帝けんてい)のために物資を持ってせ参じる者はなく、飢餓きがの苦しみは益々ますますひどくなり、尚書郎しょうしょろう以下の官吏がみずかたきぎを取りに出掛け、ある者は土塀の間で餓死がしし、兵士に殺害される者もありました。


スポンサーリンク


曹操の豫州侵攻

豫州・陳国の平定

建安けんあん元年(196年)春正月、曹操そうそう豫州よしゅう予州よしゅう)・陳国ちんこく武平県ぶへいけんに侵攻し、袁術えんじゅつが任命した陳相ちんしょう陳国ちんこく太守たいしゅ)・袁嗣えんし曹操そうそうに降伏しました。


豫州(予州)・陳国・武平県

豫州よしゅう予州よしゅう)・陳国ちんこく武平県ぶへいけん

豫州・汝南郡、潁川郡の平定

豫州よしゅう予州よしゅう)の汝南郡じょなんぐん潁川郡えいせんぐんの黄巾、

  • 何儀かぎ
  • 劉辟りゅうへき
  • 黄邵こうしょう
  • 何曼かまん

らは、それぞれ数万の軍勢をようして、これまで袁術えんじゅつ孫堅そんけんに味方していました。

2月、曹操そうそうが軍を進めて彼らを撃破し、劉辟りゅうへき黄邵こうしょうらを斬ると、何儀かぎとその軍兵はすべて降伏しました。


また、この功績により献帝けんていは、曹操そうそう建徳将軍けんとくしょうぐんに任命しました。


豫州(予州)・汝南郡と潁川郡

豫州よしゅう予州よしゅう)・汝南郡じょなんぐん潁川郡えいせんぐん

豆知識

三国志さんごくし武帝紀ぶていぎでは、上記のように劉辟りゅうへきが斬られていますが、劉辟りゅうへきの名前はこの後も出てきます。同姓同名の人物がいた可能性もありますが、恐らく誤記だと思われます。

『資治通鑑』では、


汝南じょなん潁川えいせんの黄巾何儀かぎら、衆をようして袁術えんじゅつく。曹操そうそう撃ちてこれを破る」


とあるだけで、劉辟りゅうへきについては触れていません。


司隷しれい河東郡かとうぐん安邑県あんゆうけんを都と定めて郊祀こうしを行った献帝けんていですが、その臣下の間では「献帝けんてい洛陽らくよう雒陽らくよう)帰還」について意見が分かれ、争いが生じていました。

そこで、洛陽らくよう雒陽らくよう)帰還派の董承とうしょう張楊ちょうようは、先に洛陽宮らくようきゅう雒陽宮らくようきゅう)を修繕して献帝けんていを迎える準備を整えると、献帝けんていは「洛陽らくよう雒陽らくよう)に帰還する」みことのりを下し、反対派の楊奉ようほうらもこれに従います。

一方その頃、兗州えんしゅうを平定した曹操そうそうは、豫州よしゅう予州よしゅう)の汝南郡じょなんぐん潁川郡えいせんぐんの黄巾を討ち、後に献帝けんていを迎えることになる豫州よしゅう予州よしゅう)・潁川郡えいせんぐん許県きょけんを支配下に置きました。