195年【漢:興平こうへい2年】に起こった主な出来事をまとめ、それをもとに群雄勢力図を作成しました。人員配置は前年から変更が記されていない官職と、新たに確認できた官職のみ記載しています。

スポンサーリンク

195年の主な人員配置

後宮

天子・皇后 人物
天子(皇帝) 劉協りゅうきょう献帝けんてい
皇太后
皇后 伏皇后ふくこうごう伏寿ふくじゅ

朝廷

官職 人物
太尉たいい 楊彪ようひょう
司徒しと 趙温ちょうおん
司空しくう 張喜ちょうき
執金吾しつきんご 伏完ふくかん
大司馬だいしば 李傕りかく
驃騎将軍ひょうきしょうぐん 張済ちょうせい
車騎将軍しゃきしょうぐん 李傕りかく郭汜かくし
前将軍ぜんしょうぐん 趙謙ちょうけん
後将軍こうしょうぐん 郭汜かくし楊定ようてい
右将軍ゆうしょうぐん 袁紹えんしょう
征東将軍せいとうしょうぐん 胡才こさい
安国将軍あんこくしょうぐん 張楊ちょうよう
安狄将軍あんてきしょうぐん 馬騰ばとう
安降将軍あんこうしょうぐん 韓遂かんすい
奮武将軍ふんぶしょうぐん 公孫瓚こうそんさん
奮威将軍ふんいしょうぐん 呂布りょふ
興義将軍こうぎしょうぐん 楊奉ようほう
安集将軍あんしゅうしょうぐん 董承とうしょう
寧輯将軍ねいしゅうしょうぐん 段煨だんわい
行殄寇将軍こうてんこうしょうぐん 孫策そんさく
折衝校尉せっしょうこうい 孫策そんさく

地方官

官職 人物
冀州牧きしゅうぼく 袁紹えんしょう
兗州牧えんしゅうぼく 曹操そうそう
荊州牧けいしゅうぼく 劉表りゅうひょう
益州牧えきしゅうぼく 劉璋りゅうしょう
徐州牧じょしゅうぼく 陶謙とうけん
幽州刺史ゆうしゅうしし 段訓だんくん
豫州刺史よしゅうしし 郭貢かくこう劉備りゅうび
青州刺史せいしゅうしし 田楷でんかい
揚州刺史ようしゅうしし 劉繇りゅうよう
交阯刺史こうししし 朱符しゅふ
遼東太守りょうとうたいしゅ 公孫度こうそんど
河内太守かだいたいしゅ 張楊ちょうよう
河東太守かとうたいしゅ 王邑おうゆう
陳湣王ちんびんおう 劉寵りゅうちょう
九江太守きゅうこうたいしゅ 陳紀ちんき
丹楊太守たんようたいしゅ 呉景ごけい周尚しゅうしょう袁胤えんいん
呉郡太守ごぐんたいしゅ 許貢きょこう
豫章太守よしょうたいしゅ 周術しゅうじゅつ諸葛玄しょかつげん朱皓しゅこう華歆かきん
会稽太守かいけいたいしゅ 王朗おうろう

スポンサーリンク


195年の主な出来事

出来事
1月
  • 天下に大赦たいしゃする。
  • 曹操そうそう兗州えんしゅう済陰郡せいいんぐん定陶県ていとうけんを襲撃し、救援に来た呂布りょふを撃ち破る。
  • 袁紹えんしょう右将軍ゆうしょうぐんに任命される。
2月
  • 李傕りかく樊稠はんちゅうを殺害し、郭汜かくしと争いを始める。
  • 献帝けんてい李傕りかく郭汜かくしを和解させようとする。
  • 郭汜かくし献帝けんていを自分の陣営に行幸ぎょうこう(外出)させようとするが、李傕りかくれる。
3月
  • 李傕りかく献帝けんていおどして自分の陣営に行幸ぎょうこう(外出)させ、皇宮を焼く。
  • 献帝けんてい公卿こうけいを派遣して李傕りかく郭汜かくしを和解させようとする。
  • 郭汜かくし公卿こうけいを人質に取る。
  • 朱儁しゅしゅん憤死ふんしする。
4月
  • 貴人きじん伏氏ふくし皇后こうごうに立てられる。
  • 伏皇后ふくこうごうの父・伏完ふくかん執金吾しつきんごに任命される。
  • 李傕りかくきょう数千人をまねいて味方につける。
  • 郭汜かくし李傕りかくを攻め、李傕りかく献帝けんてい北塢ほくうに移す。
  • 大日照りがあった。

閏月

5月

  • 献帝けんてい李傕りかく郭汜かくしを和解させようとする。
  • 献帝けんていの使者・皇甫酈こうほり李傕りかくを叱責する。
  • 献帝けんてい皇甫酈こうほりを逃亡させる。
  • 李傕りかく大司馬だいしばに任命される。
  • 曹操そうそう呂布りょふの将・薛蘭せつらん李封りほうが駐屯する兗州えんしゅう山陽郡さんようぐん鉅野県きょやけんを攻撃する。
  • 曹操そうそう呂布りょふの救援軍を破り薛蘭せつらんらを斬る。
  • 曹操そうそう兗州えんしゅう済陰郡せいいんぐん乗氏国じょうしこくに駐屯する。
  • 陶謙とうけんが亡くなったため曹操そうそうが再び徐州じょしゅうを攻めようとするが、荀彧じゅんいくの進言に従って中止する。
  • 呂布りょふ陳宮ちんきゅうが(乗氏国じょうしこくに)攻撃を仕掛ける。
  • 曹操そうそう呂布りょふらを撃ち破り、呂布りょふの陣営まで追撃する。
  • 呂布りょふ劉備りゅうびを頼って徐州じょしゅうに逃亡する。
  • 曹操そうそうが諸県を平定する。
  • 劉備りゅうび呂布りょふを受け入れる。
6月
  • 李傕りかく配下の楊奉ようほう李傕りかくの暗殺をはかり、事がれて謀反むほんを起こす。
  • 司隷しれい弘農郡こうのうぐん陝県せんけんに駐屯していた張済ちょうせい長安ちょうあんに到着し、李傕りかく郭汜かくし和睦わぼくさせる。
7月
  • 献帝けんてい長安ちょうあんを出て洛陽らくよう雒陽らくよう)に向かう。
  • 献帝けんてい司隷しれい京兆尹けいちょういん霸陵県はりょうけんに到着する。
  • 李傕りかく司隷しれい左馮翊さひょうよく池陽県ちようけんに駐屯する。
  • 郭汜かくし献帝けんていの行き先をめぐって諸将とめる。
  • 郭汜かくし車騎将軍しゃきしょうぐんに任命される。
  • 楊定ようてい後将軍こうしょうぐんに任命される。
  • 楊奉ようほう興義将軍こうぎしょうぐんに任命される。
  • 董承とうしょう安集将軍あんしゅうしょうぐんに任命される。
  • 張済ちょうせい驃騎将軍ひょうきしょうぐんに任命される。
8月
  • 献帝けんてい司隷しれい京兆尹けいちょういん新豊県しんほうけんに到着する。
  • 曹操そうそう兗州えんしゅう陳留郡ちんりゅうぐん雍丘県ようきゅうけん張超ちょうちょうを包囲する。
不明
  • 張超ちょうちょう功曹こうそう臧洪ぞうこう張超ちょうちょう救援の許可を求めるが、袁紹えんしょうは許可せず。
10月
  • 郭汜かくし献帝けんていを自分の陣営に来るように脅迫する。
  • 楊定ようてい楊奉ようほう郭汜かくしと戦いこれを破る。
  • 献帝けんてい司隷しれい弘農郡こうのうぐん華陰県かいんけんに到着する。
  • 寧輯将軍ねいしゅうしょうぐん段煨だんわい献帝けんていを出迎える。
  • 赤気せっき(赤い色の雲気または彗星すいせい)が紫微宮しびきゅう(星の名:天子てんしの居場所)をつらぬいた。
  • 楊奉ようほうらが段煨だんわいを攻める。
  • 献帝けんてい楊奉ようほうらと段煨だんわいを和解させる。
  • 李傕りかく郭汜かくしが再び手を組む。
  • 楊定ようてい荊州けいしゅうに逃亡する。
  • 張済ちょうせい李傕りかく郭汜かくしと合流する。
  • 曹操そうそうが正式に兗州牧えんしゅうぼくに任命される。
11月
  • 献帝けんてい司隷しれい弘農郡こうのうぐん弘農県こうのうけんに到着する。
  • 李傕りかく郭汜かくしらが献帝けんていを追撃し、弘農県こうのうけん東澗とうかん渓谷けいこく)で撃ち破る。
  • 献帝けんてい弘農県こうのうけん曹陽澗そうようかん渓谷けいこく)で野営する。
  • 楊奉ようほう董承とうしょうの要請により、元白波賊はくはぞくすい李楽りがく胡才こさいらが救援に現れて李傕りかくらを破る。
12月
  • 献帝けんてい一行が李傕りかくらに大敗し、司隷しれい弘農郡こうのうぐん陝県せんけんに逃走する。
  • 献帝けんてい一行が夜のうちに黄河こうがを渡り、司隷しれい河東郡かとうぐん大陽県たいようけんに到着する。
  • 河内太守かだいたいしゅ張楊ちょうようが米を献上する。
  • 献帝けんてい司隷しれい河東郡かとうぐん安邑県あんゆうけんに到着する。
  • 河東太守かとうたいしゅ王邑おうゆう綿帛めんはくを献上する。
  • 胡才こさい征東将軍せいとうしょうぐんに任命される。
  • 張楊ちょうよう安国将軍あんこくしょうぐんに任命される。
  • 献帝けんてい李傕りかく郭汜かくし和睦わぼくする。
  • 張楊ちょうよう献帝けんてい洛陽らくよう雒陽らくよう)にうつすことを提案するが、諸将に却下される。
  • 袁紹けんてい献帝けんていに使者を送る。
  • 雍丘県ようきゅうけんが陥落し、張超ちょうちょうは自害。三族を皆殺しとなる。
  • 臧洪ぞうこうが、張超ちょうちょう救援を許可しなかった袁紹えんしょうと断交する。
  • 袁紹えんしょう東武陽県とうぶようけん臧洪ぞうこう)を包囲、(翌年以降に)陥落させ、臧洪ぞうこうを処刑する。
不明

楊州ようしゅう方面

  • 孫策そんさく袁術えんじゅつ江東こうとう平定の許可を得る。
  • 袁術えんじゅつ孫策そんさく折衝校尉せっしょうこういに任命する。
  • 孫策そんさく江東こうとう平定のため揚州ようしゅう九江郡きゅうこうぐん歴陽県れきようけんに駐屯する。
  • 孫策そんさく周瑜しゅうゆと再会する。
  • 孫策そんさく横江津おうこうしん当利口とうりこうを攻め、劉繇りゅうよう配下を敗走させる。
  • 孫策そんさく揚州ようしゅう丹楊郡たんようぐん秣陵県ばつりょうけん薛礼せつれいを敗走させる。
  • 孫策そんさく劉繇りゅうようを破り、揚州ようしゅう呉郡ごぐん曲阿県きょくあけんに入る。
  • 袁術えんじゅつ孫策そんさく行殄寇将軍こうてんこうしょうぐんに任命する。
  • 袁術えんじゅつ従弟いとこ袁胤えんいん丹陽太守たんようたいしゅに任命する。
  • 周瑜しゅうゆ揚州ようしゅう九江郡きゅうこうぐん寿春県じゅしゅんけんに呼び戻される。
  • 周瑜しゅうゆ揚州ようしゅう廬江郡ろこうぐん居巣県きょそうけん居巣国きょそうこく)の県長けんちょう侯国相こうこくしょう)に任命される。
  • 劉繇りゅうよう揚州ようしゅう豫章郡よしょうぐん予章郡よしょうぐん)に逃亡する。
  • 劉繇りゅうようの将・太史慈たいしじ丹楊郡たんようぐんで独立する。
  • 劉繇りゅうよう笮融さくゆう劉表りゅうひょう(または袁術えんじゅつ)に任命された豫章太守よしょうたいしゅ諸葛玄しょかつげんを攻撃させる。
  • 笮融さくゆうが謀反を起こし、朝廷が任命した豫章太守よしょうたいしゅ朱皓しゅこうを謀殺する。
  • 劉繇りゅうよう笮融さくゆうを討伐する。
  • 劉繇りゅうようが病死する。
  • 華歆かきん豫章太守よしょうたいしゅに任命される。
  • 孫策そんさく配下の朱治しゅち呉郡太守ごぐんたいしゅ許貢きょこうを敗走させる。
  • 許貢きょこう山越さんけつの不服従民・厳白虎げんはくこ厳虎げんこ)を頼る。

幽州ゆうしゅう方面

  • 公孫瓚こうそんさん易京えききょうに拠点を移す。
  • 劉虞りゅうぐ従事じゅうじ鮮于輔せんうほらが幽州ゆうしゅう漁陽郡ぎょようぐん潞県ろけんの北で漁陽太守ぎょようたいしゅ鄒丹すうたんを破る。
  • 鮮于輔せんうほらが袁紹えんしょうの元にいる劉虞りゅうぐの子・劉和りゅうかを迎える。
  • 鮮于輔せんうほ劉和りゅうか袁紹えんしょうの将・麴義きくぎらが鮑丘ほうきゅう公孫瓚こうそんさんを破る。
  • 幽州ゆうしゅうの4郡が公孫瓚こうそんさんに反する。
  • 公孫瓚こうそんさん易京えききょうの防備を固めて立てもる。

スポンサーリンク


195年の群雄勢力図

1月

194年12月の群雄勢力図

194年12月の凡例

195年1月の群雄勢力図

献帝けんてい東遷とうせん

興平こうへい2年(195年)3月、朝廷の実権をにぎった李傕りかく郭汜かくしらの権力争いが激化し、互いに献帝けんてい公卿こうけいを人質に取って軍事行動に出るようになります。

そして、司隷しれい弘農郡こうのうぐん陝県せんけんに駐屯していた張済ちょうせいが、長安ちょうあんおもむいて李傕りかく郭汜かくし和睦わぼくさせると、献帝けんてい長安ちょうあんを出て東の洛陽らくよう雒陽らくよう)に向かいました。


ですが、再び手を組んだ李傕りかく郭汜かくしは、献帝けんてい長安ちょうあんに連れ戻そうと追撃を開始。3度に渡って献帝けんてい一行を襲撃します。

献帝けんてい一行は多くの犠牲を出しながら黄河こうがを渡り、司隷しれい河東郡かとうぐん安邑県あんゆうけんに入ってそこを仮の都に定めました。


献帝の東遷経路

献帝けんてい東遷とうせん経路

関連記事

曹操そうそう兗州えんしゅう平定

前年の興平こうへい元年(194年)、徐州じょしゅうに侵攻した曹操そうそうすきを突き呂布りょふ陳宮ちんきゅう張邈ちょうばくらが兗州えんしゅうで反乱。兗州えんしゅう奪還のため軍を返した曹操そうそうですが、呂布りょふの武勇の前に苦戦をいられ、蝗害こうがいいなごの大量発生)により兵糧不足となった両軍は、お互いに兵を退きました。

この年の春、兗州えんしゅう奪還を再開した曹操そうそうは徐々に奪われた城を攻略します。

そして呂布りょふの攻撃を撃退した曹操そうそう呂布りょふの陣まで追撃し、ついに呂布りょふ劉備りゅうびを頼って徐州じょしゅうに逃亡しました。

袁紹えんしょう臧洪ぞうこう

8月、曹操そうそう張邈ちょうばくの弟・張超ちょうちょうが立てもる兗州えんしゅう陳留郡ちんりゅうぐん雍丘県ようきゅうけんを包囲します。

この時、張超ちょうちょうが(徐州じょしゅうの)広陵太守こうりょうたいしゅだった時に功曹こうそうに取り立てられ、全幅ぜんぷくの信頼を受けていた臧洪ぞうこうは、袁紹えんしょうによって東郡太守とうぐんたいしゅに任命されて東武陽県とうぶようけん赴任ふにんしていました。


雍丘県ようきゅうけんが包囲されると、臧洪ぞうこう袁紹えんしょうに「張超ちょうちょうを救援すること」の許可を求めますが、袁紹えんしょうはこれを認めませんでした。

そのため、その後雍丘県ようきゅうけんが陥落すると臧洪ぞうこう袁紹えんしょうと断交。袁紹えんしょうに包囲され、捕らえられた臧洪ぞうこう袁紹えんしょうに処刑されました。

関連記事

【027】逆襲の孫堅!袁術の陰謀と劉表を攻めた孫堅の怒濤の快進撃

12月

195年12月の群雄勢力図

195年12月の凡例

195年12月の群雄勢力図

孫策そんさく江東こうとう進出

興平こうへい元年(194年)、揚州ようしゅう九江郡きゅうこうぐん寿春県じゅしゅんけんを本拠地とする袁術えんじゅつが、孫策そんさくに命じて廬江太守ろこうたいしゅ陸康りくこうを攻撃させると、朝廷に任命された揚州刺史ようしゅうしし劉繇りゅうようは、これを「かん王朝に対して反逆の意思がある」とみて、袁術えんじゅつによって任命された呉景ごけい孫賁そんふん揚州ようしゅう丹楊郡たんようぐん丹陽郡たんようぐん)から強制的に追い出しました。


この年、袁術えんじゅつに「おじ呉景ごけいらを助けて江東こうとうを平定する」許可を得た孫策そんさくは、揚州ようしゅう丹楊郡たんようぐん丹陽郡たんようぐん)に侵攻を開始。

揚州刺史ようしゅうしし劉繇りゅうようが駐屯する揚州ようしゅう呉郡ごぐん曲阿県きょくあけんせまった孫策そんさくは、劉繇りゅうよう呉郡ごぐん丹徒県たんとけんに敗走させました。


劉繇の逃亡経路1

劉繇りゅうようの逃亡経路1


一方、丹徒県たんとけんに逃走した劉繇りゅうようは、新たな拠点とするべく長江ちょうこうさかのぼって揚州ようしゅう豫章郡よしょうぐん予章郡よしょうぐん)に向かいますが、その途中で配下の太史慈たいしじ丹楊郡たんようぐん丹陽郡たんようぐん)で独立してしまいます。


この時、揚州ようしゅう豫章郡よしょうぐん予章郡よしょうぐん)は、劉表りゅうひょう(または袁術えんじゅつ)に任命された諸葛玄しょかつげん諸葛亮しょかつりょう従父おじ)が治めていましたが、朝廷が任命した豫章太守よしょうたいしゅ朱皓しゅこうと争っていました。

豫章郡よしょうぐん予章郡よしょうぐん)・彭澤県ほうたくけんに軍営を置いた劉繇りゅうようは、朱皓しゅこうを助けて豫章郡よしょうぐん予章郡よしょうぐん)を新たな拠点とするべく、笮融さくゆう朱皓しゅこうへの加勢を命じます。

ですが、諸葛玄しょかつげんを敗走させた笮融さくゆう朱皓しゅこうを謀殺し、みずか豫章郡よしょうぐん予章郡よしょうぐん)を支配しようとしたので、劉繇りゅうようはこれを討ちましたが、まもなく病死してしまいました。朝廷は、新たな豫章太守よしょうたいしゅ華歆かきんを任命します。


また、孫策そんさく配下の朱治しゅちに敗れた呉郡太守ごぐんたいしゅ許貢きょこうは、山越さんけつの不服従民・厳白虎げんはくこ厳虎げんこ)を頼りました。

関連記事

孫策の江東進出。袁術の下を離れた孫策が劉繇を破って呉郡に入る

鮑丘ほうきゅうの戦い

初平しょへい4年(193年)冬、対立していた幽州牧ゆうしゅうぼく劉虞りゅうぐを処刑した公孫瓚こうそんさんは、事実上幽州ゆうしゅうを領有し、その勢いは益々盛んになっていました。


ですがこの年、元劉虞りゅうぐ従事じゅうじ鮮于輔せんうほらが閻柔えんじゅう烏桓司馬うがんしば烏丸司馬うがんしば)にし立てて、幽州ゆうしゅうの軍勢をひきいて公孫瓚こうそんさんへの復讐に出ます。

そして、幽州ゆうしゅう漁陽郡ぎょようぐん潞県ろけんの北で漁陽太守ぎょようたいしゅ鄒丹すうたんを撃ち破った鮮于輔せんうほらは、冀州きしゅうにいる劉虞りゅうぐの子・劉和りゅうかを迎え、袁紹えんしょうの将・麴義きくぎと共に公孫瓚こうそんさんを攻めて、鮑丘ほうきゅうで撃ち破りました。


その後、

  • 代郡だいぐん
  • 広陽郡こうようぐん
  • 上谷郡じょうこくぐん
  • 右北平郡ゆうほくへいぐん

の4郡が公孫瓚こうそんさんに離反。公孫瓚こうそんさん易京えききょうの防備を強化して立てもり、えて動こうとはしませんでした。


公孫瓚に反した諸郡

公孫瓚こうそんさんに反した諸郡

関連記事

益州牧・劉焉の死と劉璋への益州牧の継承


興平こうへい2年(195年)、中原ちゅうげんでは献帝けんてい長安ちょうあんを出て司隷しれい河東郡かとうぐん安邑県あんゆうけんを仮の都と定め、曹操そうそう兗州えんしゅうを平定し、曹操そうそうに敗れた呂布りょふ劉備りゅうびを頼って徐州じょしゅうに落ちのびます。

一方楊州ようしゅうでは、孫堅そんけんの子・孫策そんさくがついに江東こうとうの平定に動き出し、幽州ゆうしゅうでは公孫瓚こうそんさんがその権勢を失いました。

他の年を見る場合はこちら

三国志年表