献帝けんてい擁立ようりつして新体制を築きつつある董卓とうたくに対し、董卓とうたくが任命した諸侯の多くが反旗をひるがえしました。この予想外の事態に、董卓とうたくはどのように対応したのでしょうか?

スポンサーリンク

董卓の報復

弘農王を殺害する

190年1月、朝廷で権力を握った董卓とうたくに反発する山東さんとうの諸侯が、反董卓とうたく連合を結成して蜂起しました。この事態に、董卓とうたくは真っ先に幽閉していた弘農王こうのうおう少帝しょうてい)を殺害します。

これは反董卓とうたく連合の大義名分が、董卓とうたく擁立ようりつした献帝けんていを認めず、少帝しょうていを再び即位させることにあったため、少帝しょうていを殺害することでその大義名分を失わせる意味がありました。

鄭泰の機転

また一方で董卓とうたくは、反董卓とうたく連合に対し大軍をもって討伐しようとします。

これに尚書しょうしょ鄭泰ていたいが、「政治で大切なのは徳であり、兵の数ではありません」と、異議を申し立てました。

不機嫌になる董卓とうたくに続けて言うには、

「若い頃から戦いの経験を積んできた明公めいこう董卓とうたく)と違い、袁紹えんしょう張邈ちょうばく孔伷こうちゅうなどは兵をひきいて戦った経験すらありません。山東さんとうの諸侯など恐るるに足らず、大軍を動かす必要などありません。

ですがもし、徳による解決をはからずに大軍を動員したとするならば、逆に明公めいこうの威信をそこなうことになるでしょう」

これを聞いた董卓とうたくは、機嫌を直して鄭泰ていたいの進言に従うことにしました。


この鄭泰ていたいは、大将軍だいしょうぐん何進かしん董卓とうたく洛陽らくように招くことに反対し、洛陽らくようから逃亡した袁紹えんしょうを許して渤海太守ぼっかいたいしゅに任命するように進言した人物です。

鄭泰ていたい董卓とうたくをおだてることで、反董卓とうたく連合に大軍が向けられることを回避したのでした。


スポンサーリンク


長安遷都を巡る混乱

190年2月、董卓とうたくは反董卓とうたく連合からの攻撃をけるため、洛陽らくようから長安ちょうあんみやこうつすことを決意しました。つまり董卓とうたくは、反董卓とうたく連合と戦火をまじえる前から長安ちょうあんへの遷都せんとを考えていたのです。

このことは、朝廷に大きな波紋を起こすことになります。

朱儁が任官を断る

長安ちょうあんへの遷都せんとを決意した董卓とうたくは、河南尹かなんいん朱儁しゅしゅん太僕たいぼくに任じて自分の補佐をさせようと、朱儁しゅしゅんに使者を送りました。

朱儁しゅしゅんは、太僕たいぼくへの任官を断った上でこう言いました。

「もし長安ちょうあんへの遷都せんとを行ったならば、必ずや天下の失望をまねき、山東さんとうの諸侯を勢いづけることになるでしょう」

これを聞いた董卓とうたくの使者は「任官を断った上に、聞かれてもいないことをろんじるとはどういう了見だっ!」といきどおりました。

朱儁しゅしゅんはこれに平然と答えます。

「自分の身に余る官職を辞退し、緊急を要する問題についてろんじるのは臣下として当然のことです」

これを伝え聞いた董卓とうたくは、朱儁しゅしゅん太僕たいぼくに任命することをあきらめました。

遷都を宣言する

董卓とうたく公卿こうけいたちを集め、ついに洛陽らくようから長安ちょうあんみやこうつすことを宣言します。

すると、ほとんどの公卿こうけいたちが董卓とうたくを恐れて口をつぐむ中、司徒しと楊彪ようひょうが口を開きました。

遷都せんとは天下の大事です。かつて光武帝こうぶていみやこ洛陽らくよううつしてから長い年月がちました。もし今、宗廟そうびょうや歴代皇帝の陵墓りょうぼてて遷都せんとを強行すれば、民衆の心は離れてしまうでしょう」

そして、太尉たいい黄琬こうえん楊彪ようひょうの意見に追従したため、董卓とうたくの機嫌は見る間に悪くなっていきます。


これを見た司空しくう荀爽じゅんそうは、このままでは2人が処刑されてしまうと思い、

相国しょうこく董卓とうたく)は、なにも伊達だて酔狂すいきょう遷都せんとをしようという訳ではないでしょう。

山東さんとうの反乱はすぐに鎮圧できるものではありません。ひとまずみやこうつし、長安ちょうあんの地の利を生かして山東さんとうの兵と対峙するのは、かつてしんかん前漢ぜんかん)が天下を平定した方法と同じです」

と、董卓とうたくの意に沿うように話をまとめました。


これにより董卓とうたくの怒りはおさまりましたが、黄琬こうえんはその後も遷都せんとに反対し続けたため、董卓とうたく黄琬こうえん楊彪ようひょう罷免ひめんして、光禄勲こうろくくん趙謙ちょうけん太尉たいいに、太僕たいぼく王允おういん司徒しとに任命しました。

伍瓊と周毖を処刑する

また、董卓とうたくが信任していた城門校尉じょうもんこうい伍瓊ごけい督軍校尉とくぐんこうい周毖しゅうひ遷都せんとを固くいさめました。

すると董卓とうたくは、

洛陽らくように来たばかりの時、お前たちのすすめに従って人事を行った。それがどうだっ!奴らは官職を得るとすぐに離反し、挙兵したではないか!お前たちはこの董卓とうたくだましたのかっ!」

と言い放つと、伍瓊ごけい周毖しゅうひを捕らえて処刑してしまいました。


その後、これに恐れをなした楊彪ようひょう黄琬こうえんが謝罪に行くと、董卓とうたくもまた伍瓊ごけい周毖しゅうひを処刑したことを後悔していたため、2人を許して光禄大夫こうろくたいふに任命しました。


スポンサーリンク


皇甫嵩と蓋勳

董卓討伐の謀議

この時、左将軍さしょうぐん皇甫嵩こうほすうが3万の兵をひきいて右扶風ゆうふふうに駐屯していたので、京兆尹けいちょういん蓋勲こうくんひそかに皇甫嵩こうほすうと連絡を取り、董卓とうたく)討伐討伐の兵を起こして反董卓とうたく連合とはさみ撃ちにする計画をっていました。

そんな時、董卓とうたくによって蓋勲こうくん議郎ぎろうに、皇甫嵩こうほすう城門校尉じょうもんこういに任命されます。

これを知った皇甫嵩こうほすう長史ちょうし梁衍りょうえんは、この任官に従わず董卓とうたく討伐の兵を起こすように進言しました。ですが皇甫嵩こうほすうはこの進言に耳を貸さず、任官を受けて洛陽らくように向かってしまったのです。

こうなっては蓋勲こうくんも「単独では董卓とうたくに対抗できない」と、董卓とうたく討伐をあきらめて洛陽らくように向かいました。


皇甫嵩こうほすうはこの時、涼州りょうしゅう馬騰ばとう韓遂かんすいらへのおさえとして右扶風ゆうふふうに駐屯していました。

皇甫嵩こうほすう蓋勲こうくん董卓とうたく討伐の兵を起こしたとしても、もし董卓とうたく馬騰ばとう韓遂かんすいが手を結べば、逆に皇甫嵩こうほすう蓋勲こうくん挟撃きょうげきを受けることになります。つまり、董卓とうたく討伐の兵を起こすには、まず馬騰ばとう韓遂かんすいと手を結ぶ必要があったのです。

皇甫嵩こうほすうの判断は弱腰のように思えますが、賢明な判断であったと言えるでしょう。

蓋勳、董卓を諫める

董卓とうたく司徒しと王允おういんに、司隷校尉しれいこういを誰にするべきかを相談しました。

そこで王允おういん蓋勲こうくんすすめると、董卓とうたくは「彼の才知は司隷校尉しれいこういではもったいない」と言い、蓋勲こうくんを、近衛軍このえぐんに属し、騎兵700人を指揮する越騎校尉えっきこういに任命します。

ですが、蓋勲こうくん近衛軍このえぐんを預けることに不安を覚えた董卓とうたくは、彼を潁川太守えいせんたいしゅに任じ、すぐにまた洛陽らくように呼び戻しました。


また、ある時河南尹かなんいん朱儁しゅしゅんが軍事についての進言をしたところ、「ワシは今まで自分の考えで百戦百勝してきた。お前の妄言もうげんなど必要ないっ!」と、董卓とうたく朱儁しゅしゅんに怒鳴りつけました。

すると蓋勲こうくんは「その昔、しょう武丁ぶていほどの名君でさえ諫言かんげんを求めたと言います。それなのにあなたは、他人の口をふさぐというのですか?」と言いました。

董卓とうたくが「あいつを からかった だけだ」と言ってごまかすと、蓋勲こうくんはさらに「怒鳴りながら からかう ということがあるのですかな?」と言い、返す言葉にきゅうした董卓とうたくは、ついに朱儁しゅしゅんに謝罪しました。


長安遷都の強行

長安

洛陽を焦土と化す

190年2月丁亥ていがい(17日)、ついに献帝けんてい長安ちょうあんに移動を開始します。

董卓とうたく放棄ほうきした洛陽らくようが敵の手に渡った時に何も残さぬように、徹底した焦土作戦しょうどさくせんを取りました。


まず、董卓とうたく洛陽らくようの富豪たちに罪を着せて処刑し、その財産を没収します。そして、呂布りょふに命じ歴代皇帝や公卿こうけいたちの墓をあばき、その副葬品の宝物を奪いました。

董卓とうたくによって洛陽らくようの南北の宮殿、政府の蔵、民家はことごとく焼き払われ、周辺200里以内には建物がなくなり、犬や鶏の鳴き声さえも聞こえなくなります。 

そして洛陽らくようの数百万の民衆は、軍隊に追い立てながら長安ちょうあんへの移住を強制されたため、途中で命を落とす者が大勢いました。


この時、董卓とうたく洛陽らくようを完全に破壊しましたが、董卓とうたく自身は長安ちょうあんへは行かず、洛陽らくよう郊外の畢圭苑ひつけいえんに駐屯して、反董卓とうたく連合ににらみをかせていました。

残虐化する董卓

董卓とうたくは捕らえた敵兵に猪の油を塗った布をまとわせ、足から火をつけて焼き殺しました。

また、豫州よしゅう潁川郡えいせんぐん陽城県ようじょうけんでは、2月の春祭りに参加している民衆を襲って、男性は皆殺しにし、女性は兵士に与えて、賊を討ったと宣伝しながら洛陽らくように帰るなど、その残虐性が際立つようになります。

献帝が長安に到着する

3月、献帝けんてい長安ちょうあんに到着し、未央宮びおうきゅうに入ります。そして董卓とうたくは自分が不在の間、信頼する司徒しと王允おういんに朝廷の差配を任せました。

王允おういんは、董卓とうたくにはうまく取りつくろいながら善政をいたので、献帝けんてい公卿こうけいたちはみな王允おういんを頼みにしていました。

袁氏一族を処刑する

3月戊午ぼご(18日)、董卓とうたくは反董卓とうたく連合の盟主となった袁紹えんしょうへの見せしめとして、太傅たいふ袁隗えんかい太僕たいぼく袁基えんきと、幼児を含むその一族50人余りを処刑しました。


190年1月、山東さんとうの諸侯が反董卓とうたく連合を結成すると、董卓とうたくは敵軍のにしき御旗みはたである少帝しょうていを殺害、続いて反董卓とうたく連合の結成を裏で糸を引いていた伍瓊ごけい周毖しゅうひを処刑しました。

また、董卓とうたくは実戦経験も豊富で強兵をようしていましたが、兵力の分散をけ、洛陽らくよう放棄ほうきして守りやすい長安ちょうあんみやこうつすと、袁紹えんしょうへの見せしめとして太傅たいふ袁隗えんかい太僕たいぼく袁基えんきの一族を処刑します。

信頼を寄せていた山東さんとうの諸侯に裏切られた董卓とうたくはむやみに他人を信用しなくなり、この頃からその残虐性があらわになっていきます。