198年【漢:建安けんあん3年】に起こった主な出来事をまとめ、それをもとに群雄勢力図を作成しました。人員配置は前年から変更が記されていない官職と、新たに確認できた官職のみ記載しています。

スポンサーリンク

198年の主な人員配置

後宮

天子・皇后 人物
天子(皇帝) 劉協りゅうきょう献帝けんてい
皇太后
皇后 伏皇后ふくこうごう伏寿ふくじゅ

朝廷

官職 人物
大司馬だいしば 張楊ちょうよう → ー
太尉たいい
司徒しと 趙温ちょうおん
司空しくう 曹操そうそう
執金吾しつきんご 伏完ふくかん
将作大匠しょうさくたいしょう 孔融こうゆう
大将軍だいしょうぐん 袁紹えんしょう
車騎将軍しゃきしょうぐん 曹操そうそう
衛将軍えいしょうぐん 董承とうしょう
前将軍ぜんしょうぐん 趙謙ちょうけん
後将軍こうしょうぐん 楊定ようてい
左将軍さしょうぐん 呂布りょふ劉備りゅうび
右将軍ゆうしょうぐん 袁紹えんしょう
輔国将軍ほこくしょうぐん 伏完ふくかん
安狄将軍あんてきしょうぐん 馬騰ばとう
安降将軍あんこうしょうぐん 韓遂かんすい
奮武将軍ふんぶしょうぐん 公孫瓚こうそんさん
建徳将軍けんとくしょうぐん 曹操そうそう
討逆将軍とうぎゃくしょうぐん 孫策そんさく
伏波将軍ふくはしょうぐん 陳登ちんとう

地方官

官職 人物
司隸校尉しれいこうい 鍾繇しょうよう
冀州牧きしゅうぼく 袁紹えんしょう
豫州牧よしゅうぼく 劉備りゅうび
兗州牧えんしゅうぼく 曹操そうそう
荊州牧けいしゅうぼく 劉表りゅうひょう
益州牧えきしゅうぼく 劉璋りゅうしょう
徐州牧じょしゅうぼく 呂布りょふ → ー
幽州刺史ゆうしゅうしし 段訓だんくん
青州刺史せいしゅうしし 袁譚えんたん
揚州刺史ようしゅうしし 劉繇りゅうよう
交阯刺史こうししし 朱符しゅふ
遼東太守りょうとうたいしゅ 公孫度こうそんど
河内太守かだいたいしゅ 張楊ちょうよう → ー
河東太守かとうたいしゅ 王邑おうゆう
広陵太守こうりょうたいしゅ 陳登ちんとう
九江太守きゅうこうたいしゅ 陳紀ちんき
丹楊太守たんようたいしゅ 呉景ごけい
豫章太守よしょうたいしゅ 華歆かきん
会稽太守かいけいたいしゅ 孫策そんさく

スポンサーリンク


198年の主な出来事

出来事
1月
  • 曹操そうそう南陽郡なんようぐん征伐から許県きょけんに帰還する。
  • 曹操そうそうが初めて軍師祭酒ぐんしさいしゅを設置する。
3月
  • 曹操そうそうが再び穣県じょうけん張繡ちょうしゅうを包囲する。
4月
  • 謁者僕射えっしゃぼくや裴茂はいぼう中郎将ちゅうろうしょう段煨だんわい李傕りかくを討伐し、三族を皆殺しにする。
5月
  • 袁紹えんしょうを警戒した曹操そうそうが退却を開始する。
  • 張繡ちょうしゅう劉表りゅうひょう曹操そうそうの退路を断つ。
  • 曹操そうそう奇策きさくもちいて張繡ちょうしゅうを破る。
  • 賈詡かくの進言を受けた張繡ちょうしゅう曹操そうそうを破る。

7月

  • 曹操そうそう許県きょけんに帰還する。

不明

  • 呂布りょふ沛県はいけん小沛しょうはい)の劉備りゅうびを攻撃する。
9月
  • 沛県はいけん小沛しょうはい)が陥落し、劉備りゅうびが逃走する。
10月
  • 曹操そうそう呂布りょふ討伐の軍を起こし、劉備りゅうびと合流する。
  • 臧覇ぞうは徐州じょしゅうの独立勢力が呂布りょふに味方する。
  • 曹操そうそう下邳県かひけん呂布りょふを包囲する。
  • 呂布りょふ袁術えんじゅつに救援を求める。
11月
  • 張楊ちょうようの将・楊醜ようしゅうが、河内太守かだいたいしゅ張楊ちょうようを殺害して曹操そうそうに味方する。
  • 曹操そうそう下邳県かひけんを水攻めにする。
12月
  • 呂布りょふ曹操そうそうに降伏する。
  • 曹操そうそう呂布りょふを斬る。
不明
  • 孫策そんさくが朝貢する。
  • 孫策そんさく討逆将軍とうぎゃくしょうぐん呉侯ごこうに封ぜられる。
  • 周瑜しゅうゆ魯粛ろしゅく孫策そんさくに従う。
  • 王朗おうろう諫議大夫かんぎたいふに任命され、朝廷に入る。
  • 袁術えんじゅつ丹楊郡たんようぐん丹陽郡たんようぐん)を煽動せんどうする。
  • 孫策そんさく祖郎そろう太史慈たいしじを帰順させる。

スポンサーリンク


198年の群雄勢力図

1月

198年1月の群雄勢力図

198年1月の凡例

198年1月の群雄勢力図

3度目の張繡ちょうしゅう征伐

3月、曹操そうそう荀攸じゅんゆうが止めるのも聞かず3度目の張繡ちょうしゅう征伐の軍を起こし、穣県じょうけんまで進軍して張繡ちょうしゅうを包囲しました。


穣県(じょうけん)

荊州けいしゅう南陽郡なんようぐん穣県じょうけん


ですがこの時、冀州きしゅう袁紹えんしょうのところから逃亡して来た兵が、「田豊でんほう袁紹えんしょう許県きょけん攻撃を進言した」ことを伝えたので、曹操そうそう穣県じょうけんの包囲を解いて許県きょけんに撤退します。

李傕りかくの死

4月、朝廷は謁者僕射えっしゃぼくや裴茂はいぼうを派遣して、中郎将ちゅうろうしょう段煨だんわいひきいて李傕りかくを討伐させ、その三族を皆殺しにしました。

関連記事

曹操そうそう呂布りょふ討伐

下邳県を包囲する

9月、呂布りょふの将・高順こうじゅん張遼ちょうりょう豫州よしゅう予州よしゅう)・沛国はいこく沛県はいけん小沛しょうはい)を攻め落とし、劉備りゅうびは身1つで逃走します。


豫州・沛国・沛県(小沛)

豫州よしゅう予州よしゅう)・沛国はいこく沛県はいけん小沛しょうはい


10月、劉備りゅうびを保護していた曹操そうそうは、劉備りゅうびの敗北を聞くとみずか呂布りょふ討伐の軍を起こし、逃走した劉備りゅうびと合流して、呂布りょふの本拠地である徐州じょしゅう下邳国かひこく下邳県かひけんに向かいました。

これに呂布りょふみずから兵をひきいて迎え撃ちますが、曹操そうそう軍は大いにこれを撃ち破り、敗戦にりた呂布りょふは、以降、城にもってえて出撃しなくなります。


陳宮ちんきゅうは、呂布りょふが城外に出て陣をき、城を守る陳宮ちんきゅう高順こうじゅんと連携して曹操そうそう軍の兵糧が尽きるのを待つ作戦を立てますが、呂布りょふは「陳宮ちんきゅうらは信用出来ない」と言う妻の言葉にまどわされ、行動を起こすことはありませんでした。

下邳県を水攻めにする

一方、曹操そうそうの方でも、城を陥落させることができず、士卒たちが疲弊していたため、撤退を考えるようになっていました。

ですが、荀攸じゅんゆう郭嘉かくかが包囲の続行を強く主張したので、曹操そうそうは包囲の続行を決め、沂水きすい泗水しすいを決壊させてその水を下邳県かひけんの城内にそそぎ込みました。

関連記事

呂布りょふの降伏

呂布が降伏する

12月、水攻めを受けた城内では、呂布りょふ将軍しょうぐん侯成こうせい宋憲そうけん魏続ぎぞくらが陳宮ちんきゅう高順こうじゅんを縛り上げ、配下の兵を引き連れて曹操そうそうに降伏してしまいます。

すると、事ここにいたって観念した呂布りょふは、みずからも城を出て曹操そうそうに降伏しました。

呂布の死

降伏した呂布りょふは「曹操そうそうに仕えること」を申し出ますが、「呂布りょふ丁原ていげん董卓とうたくを裏切ったことをお忘れか?」という劉備りゅうびの言葉を聞いた曹操そうそうは、呂布りょふを処刑しました。

劉備りゅうび呂布りょふに捕らえられていた妻子を取り戻し、曹操そうそうに従って豫州よしゅう予州よしゅう)・潁川郡えいせんぐん許県きょけんに帰還します。

関連記事

12月

198年12月の群雄勢力図

198年12月の凡例

198年12月の群雄勢力図

孫策そんさく丹楊郡たんようぐん丹陽郡たんようぐん)平定

孫策の朝廷工作

揚州ようしゅう会稽郡かいけいぐんを平定した孫策そんさくが、再び朝廷に地方の産物を献上します。

これに、孫策そんさく懐柔かいじゅうしておきたいと思った曹操そうそうは、孫策そんさく討逆将軍とうぎゃくしょうぐんに任命して呉侯ごこうに封じ、また一方で、孫策そんさくに降伏した元会稽太守かいけいたいしゅ王朗おうろうを朝廷にまねきました。

孫策の丹楊郡(丹陽郡)平定

この頃、袁術えんじゅつに仕えていた周瑜しゅうゆ魯粛ろしゅくは、「袁術えんじゅつには将来性がない」と見て孫策そんさくもとに身を寄せました。

関連記事

孫策そんさくは、いまだに反乱分子が残る丹楊郡たんようぐん丹陽郡たんようぐん)に侵攻し、祖郎そろう太史慈たいしじを帰順させました。

そしてこの頃、孫策そんさくの攻撃を受けて揚州ようしゅう豫章郡よしょうぐん予章郡よしょうぐん)に拠点を移していた揚州刺史ようしゅうししし劉繇りゅうようが亡くなってしまいます。

そこで孫策そんさくは、帰順したばかりの太史慈たいしじを信頼して豫章郡よしょうぐん予章郡よしょうぐん)の様子を探らせると、豫章郡よしょうぐん予章郡よしょうぐん)を併合する野心をいだきました。

関連記事

張羨ちょうせん荊州けいしゅう南部)の反乱

この年、長沙太守ちょうさたいしゅ張羨ちょうせんが、

  • 長沙郡ちょうさぐん
  • 零陵郡れいりょうぐん
  • 桂陽郡けいようぐん

の3郡をげて劉表りゅうひょうに反乱を起こしました。劉表りゅうひょうはこれを包囲しましたが、陥落させることができませんでした。


建安けんあん3年(198年)、李傕りかくが討たれ、董卓とうたくの残党がついに姿を消します。

曹操そうそうは、張繡ちょうしゅうを討つことはできなかったものの、袁紹えんしょうとの決戦を前にかねてからの計画通り呂布りょふを討伐しました。

また周瑜しゅうゆ魯粛ろしゅくを得て丹楊郡たんようぐん丹陽郡たんようぐん)を平定し、猛将・太史慈たいしじを帰順させた孫策そんさくは、次の目標を豫章郡よしょうぐん予章郡よしょうぐん)に定めます。

ここに至って次第に小さな勢力は淘汰とうたされ、袁紹えんしょう曹操そうそうの間の緊張感がより一層高まっていきました。

他の年を見る場合はこちら

三国志年表