建安けんあん4年(199年)に献帝けんていが下した「曹操そうそう誅殺ちゅうさつ」の密勅みっちょくと、袁術えんじゅつの最期についてまとめています。

スポンサーリンク

曹操誅殺の密勅

劉備が許県に入る

建安けんあん3年(198年)、呂布りょふは配下の高順こうじゅん張遼ちょうりょうに、劉備りゅうびが駐屯する沛県はいけん小沛しょうはい)の攻撃を命じました。これに対し曹操そうそうは、夏侯惇かこうとんを派遣して劉備りゅうびを救援させます。

ですが、夏侯惇かこうとん高順こうじゅんに撃ち破られ、秋9月、沛県はいけん小沛しょうはい)は陥落し、劉備りゅうびは身ひとつで逃走しました。


冬10月、劉備りゅうびの敗北を知った曹操そうそうは、みずか呂布りょふ討伐に出陣。劉備りゅうびと合流して呂布りょふもる下邳県かひけんを包囲・陥落させ、降伏した呂布りょふを処刑しました。

その後劉備りゅうびは、曹操そうそうに従って豫州よしゅう予州よしゅう)・潁川郡えいせんぐん許県きょけんに帰還します。


関連地図

関連地図

関連記事

曹操誅殺の密勅

許県きょけんみやこうつしてより以降、政治の実権は完全に曹操そうそうに握られていました。

曹操そうそうの専横をみ嫌った献帝けんていは、しゅうと*1に当たる車騎将軍しゃきしょうぐん董承とうしょう密勅みっちょくを下し、天下の義士と協力して曹操そうそう誅殺ちゅうさつさせようとします。

そして、献帝けんていから恩賜おんしされた御衣ぎょいおびの中に『曹公そうこう誅殺ちゅうさつすべし』という密勅みっちょくが入れられていることに気づいた董承とうしょうは、劉備りゅうびと共に「曹操そうそう誅殺ちゅうさつ」の計画をりました。

脚注

*1実際、董承とうしょうは「献帝けんていの祖母・董太后とうたいこうおい」に当たる。

酒を煮て英雄を論ず

曹操そうそう劉備りゅうびに対する扱いを丁重にし、外出する時には同じ輿こしに乗り、座る時には席を同じくしていました。

曹操そうそう劉備りゅうびが酒を飲みながらくつろいでいた時のこと。

曹操そうそうが、


「今、天下に英雄と言えば、御身おんみ(あなた)と私だけだな。本初ほんしょ袁紹えんしょうあざな)のような連中は、物の数にも入らぬ」


と言いました。

この言葉に驚いた劉備りゅうびは、はしを口に運んでいるところでしたが、手にしたはしを取り落としてしまいます。

そしてこの時、ちょうど雷がとどろき渡ったので、劉備りゅうびはそれにかこつけて、


「聖人が『突然の雷、激しい風に対しては必ず居住まいを正す』(論語ろんご郷党篇きょうとうへん)と言っておりますが、なるほどもっともなことです。それにしても、雷鳴の凄さがこれほどまでとは…」


と言い、その場を取りつくろいました。


三国志演義さんごくしえんぎの名場面の1つであるこの「酒を煮て英雄を論じる」場面は、一見創作のように思えますが、蜀書しょくしょ先主伝せんしゅでんの本文にしっかりとしるされています。

劉備りゅうびが雷鳴に驚いたのだと誤魔化す部分は華陽国志かようこくしより)


スポンサーリンク


袁術の栄華と没落

袁術の栄華

袁術えんじゅつ天子てんし皇帝こうてい)を僭称せんしょうして以降、彼の荒淫こういん奢侈しゃし(身分を越えた贅沢ぜいたく)は ますますひどくなり、後宮には数百人の女たちがあでやかな薄絹うすぎぬを身にまとい、宮殿には上質の米と肉が有り余っていました。

ですがその一方で、士卒たちはみなこごえ、長江ちょうこう淮河わいがはさまれた地帯(袁術えんじゅつの領内)には何一つなくなり、人々は互いに食い合いをする有り様でした。

豆知識

この頃、国中で第1等の美女とうわさ司隷しれい馮方ふうほうの娘(馮氏ふうし)は、戦乱を避けて揚州ようしゅうに避難していました。

城壁の上から彼女を見かけて大変気に入った袁術えんじゅつは、後宮に入れてたいそう寵愛ちょうあいしていましたが、これをねたんだ他の女たちは、


将軍しょうぐん袁術えんじゅつ)はみさおの固い方を大切になされます。いつも涙を流して物思いにふけってみせられれば、きっといつまでも大切にされるでしょう」


馮氏ふうしに言って聞かせます。馮氏ふうしももっともだと思い、それ以降、袁術えんじゅつに会うたびに涙を流して見せたところ、袁術えんじゅつは「心に何か思うことがあるのだ」と思い、一層彼女をいとおしみました。


そこで女たちは共謀して馮氏ふうしを絞殺すると、彼女の遺体をかわやはりにぶら下げておきました。

すると袁術えんじゅつは、本当に「彼女が思いをげられなかったために自殺したのだ」と受け取り、馮氏ふうしを手厚くほうむりました。

袁術の没落

その後呂布りょふに撃ち破られ、さらに曹操そうそうに撃破された袁術えんじゅつは、ついに宮殿を焼きはらい、揚州ようしゅう廬江郡ろこうぐん潜県せんけん灊山せんざんにいた配下の雷薄らいはく陳蘭ちんらんの元に逃げ込みますが、2人に受け入れを拒否されてしまいます。

雷薄らいはく陳蘭ちんらんに拒否され、心配と恐怖にどうしたら良いか分からなくなった袁術えんじゅつは、使者を送って皇帝の称号を袁紹えんしょうゆずり、青州せいしゅう袁譚えんたんの元に身を寄せることにしました。

袁紹への手紙全文
タップ(クリック)すると開きます。

袁術えんじゅつは皇帝の称号を袁紹えんしょうに送って述べました。


かん王朝が天下を失ってから随分ずいぶんになります。天子てんし(皇帝)は人から支えられている状態で、実権は重臣の手にあり、豪族は互いに争い、領土を分け取りにしております。

これはしゅうの末期、7国が割拠したのと何の違いもなく、結局は強者が彼らを統合するはずです。

さらに、袁氏えんしが天命を受けて当然王者となるべきことは、瑞兆ずいちょう燦然さんぜんと示されています。

今、あなた(袁紹えんしょう)は4州[青州せいしゅう冀州きしゅう幽州ゆうしゅう幷州へいしゅう并州へいしゅう)]を支配して、そのようする戸数は百万にのぼり、強さの点から言っても比類なく、徳義の面からいっても他の追随を許しません。

曹操そうそうが衰弱したかん王朝を助け起こそうとしても、どうして天命の絶えたものを継続し、すでに滅亡したものを救うことができましょうか」


袁紹えんしょうは心の内でこの言葉をもっともだと考えた。

関連記事

劉備の出陣

袁紹えんしょうの子・袁譚えんたん青州せいしゅうから袁術えんじゅつを迎えに出たので、袁術えんじゅつ徐州じょしゅうを通過して北に向かおうとします。

そしてこれを知った曹操そうそうが、劉備りゅうび朱霊しゅれい路招ろしょうひきいさせて袁術えんじゅつを迎え撃たせると、劉備りゅうびの軍に道をはばまれた袁術えんじゅつは、再び揚州ようしゅう九江郡きゅうこうぐん寿春県じゅしゅんけんに引き返しました。

豆知識

蜀書しょくしょ先主伝せんしゅでんが注に引く胡沖こちゅう呉歴ごれきには、劉備りゅうび曹操そうそうもとを去る際の別のエピソードがせられています。


曹公そうこう曹操そうそう)はたびたび側近を派遣して「諸将の中で賓客ひんかくまねき酒食のもてなしをする者があるかどうか」を探らせ、あれば必ず事にかこつけて殺害した。

ある時、劉備りゅうびが門を閉ざして人と一緒にカブラを植えていると、曹公そうこう曹操そうそう)が人をって門をうかがわせた。

密偵が立ち去った後で、劉備りゅうび関羽かんう張飛ちょうひに向かって言った。

わしは一体、野菜なぞを植える男か。曹公そうこう曹操そうそう)は疑念を持っているに違いないから、これ以上とどまるべきではない」

その夜、裏手のさくを開け張飛ちょうひらと共に軽騎に乗って立ち去った。

曹公そうこう曹操そうそう)からもらった贈り物の衣服はすべて封印をして後に残し、小沛しょうはい豫州よしゅう予州よしゅう)・沛国はいこく沛県はいけん]に行き軍勢をかり集めた。


ですが、このエピソードについて裴松之はいしょうしは、


武帝ぶてい曹操そうそう)が先主せんしゅ劉備りゅうび)を派遣し、諸将を統率させて袁術えんじゅつを迎え撃たせようとしたところ、郭嘉かくからは口をそろえていさめたが、武帝ぶてい曹操そうそう)は聞き入れなかった。

その事実は明白であって、野菜を植えてごまかし、逃亡したのではない。胡沖こちゅうの言っていることは、なんとはなはだしく事実と食い違っていることか」


と言っています。

計画の漏洩

董承とうしょうらは劉備りゅうびと「曹操そうそう誅殺ちゅうさつ」の計画をっていましたが、まだ行動を起こさないうちに、劉備りゅうびみやこ許県きょけん)を離れて袁術えんじゅつ討伐に出陣してしまいました。

そこで董承とうしょうは改めて、

  • 偏将軍へんしょうぐん王子服おうしふく王服おうふく
  • 長水校尉ちょうすいこうい种輯ちゅうしゅう
  • 議郎ぎろう呉碩ごせき

らと謀議ぼうぎしますが、建安けんあん5年(200年)春正月、その計画が漏洩ろうえいし、曹操そうそう董承とうしょうらを殺害して三族を皆殺しにしました。

豆知識

献帝起居注けんていききょちゅうには、この時のことが次のようにしるされています。


董承とうしょうらは劉備りゅうびと計画をったが、まだ行動を起こさないうちに劉備りゅうびは出陣した。

董承とうしょう王子服おうしふく王服おうふく)に向かって言った。


郭多かくた郭汜かくし)は数百人の兵をもって李傕りかくの数万人を壊滅させた。しかし、あなたと私ではそうはいかない。

昔、呂不韋りょふいの門は子楚しそしん荘襄王そうじょうおう始皇帝しこうていの父)]によって初めて立派になったとか。今、私はあなたと共にこのやり方をとろう」


王子服おうしふく王服おうふく)は、


「恐れ多くて私には引き受けられません。その上、兵士もまた少ししかおりません」


と言った。董承とうしょうが、


「行動を起こした後で、曹公そうこう曹操そうそう)の正規兵を手に入れたとしても、それでも不十分かな?」


と言った。王子服おうしふく王服おうふく)は、


「今、みやこ許県きょけん)で信用のできる者がおりますか?」


たずねると、董承とうしょうは、


長水校尉ちょうすいこうい种輯ちゅうしゅう議郎ぎろう呉碩ごせきわしの腹心で、仕事のできる者たちだ」


と言った。かくて計画をさだめたのである。


スポンサーリンク


袁術の死

袁術の死

建安けんあん4年(199年)6月、袁術えんじゅつ寿春県じゅしゅんけんから80里(約34.4km)離れた江亭こうていまで引き返して来ましたが、その頃にはすでに麦のクズが30こくばかりが残っているだけで、ちょうど夏の暑い盛り、袁術えんじゅつが蜂蜜入りの飲み物が欲しいと思っても、その蜂蜜すらありませんでした。


袁術えんじゅつひさぎの木の寝台に腰を下ろしてしばらくため息をついていましたが、やがて大声で、


袁術えんじゅつともあろうものが、こんなざまになってしまったかっ!!」


と叫ぶと、突然寝台の下にうつ伏せになり、1斗(2ℓ)あまりの血をいて死んでしまいました。


徐州じょしゅう呂布りょふ)を平定した曹操そうそうは、建安けんあん4年(199年)2月に兗州えんしゅう山陽郡さんようぐん昌邑県しょうゆうけんに入り、夏4月、そのまま司隷しれい河内郡かだいぐん眭固すいこの討伐に向かいました。

袁術えんじゅつが死んだのが6月ですので、劉備りゅうび曹操そうそうと共に許県きょけんに帰還したのだとすると、その後の劉備りゅうびの行動がかなりせわしなくなります。

おそらく劉備りゅうびは、昌邑県しょうゆうけん曹操そうそうと別れて先に許県きょけんに帰還し、曹操そうそう不在の間に董承とうしょうらと「曹操そうそう誅殺ちゅうさつ」の密談を行っていたものと思われます。

関連記事

曹操の河内郡平定。曹操が袁紹についた眭固を討つ

袁術の一族

袁術えんじゅつ死後の彼の一族の動向については、史料によって内容が異なります。

呉書ごしょ孫策伝そんさくでん

後に袁術えんじゅつが死ぬと、その長史ちょうしであった楊弘ようこうや大将の張勲ちょうくんたちは、その部下を引き連れて孫策そんさくもとに身を寄せようとしたが、廬江太守ろこうたいしゅ劉勲りゅうくんが待ち伏せをして攻撃をかけ、みなこれを捕虜とし、珍宝を奪い取って引きげた。

孫策そんさくはこのことを聞くと、本心を隠して劉勲りゅうくんと同盟関係を結んだ。

劉勲りゅうくんは新たに元の袁術えんじゅつの配下を手に入れて意気が上がっており、ちょうどその頃、揚州ようしゅう豫章郡よしょうぐん予章郡よしょうぐん)・上繚じょうりょう*2一帯の宗民そうみん*3たち1万余戸が江東こうとうの地にいたことから、孫策そんさく劉勲りゅうくんにそれらの者も武力によって手に入れてしまうように勧めた。

劉勲りゅうくん宗民そうみん*3の攻撃に出発した後、孫策そんさくは軽装備の兵士たちをひきい昼夜兼行で軍を進めて廬江郡ろこうぐんを攻め落とした。

劉勲りゅうくんの配下はみな降伏し、張勲ちょうくん麾下きかの数百人だけを引き連れて曹公そうこう曹操そうそう)のもとに身を寄せた。

脚注

*2建昌県けんしょうけんから海昬国かいこんこくにかけて僚水りょうすいが流れる地域。

*3宗教的な結社だとも異民族と関係を持つ者たちともされるが、詳細は不明。

江表伝こうひょうでん』(要約)

孫策そんさく詔勅しょうちょくを受けると、司空しくう曹公そうこう曹操そうそう)、衛将軍えいしょうぐん董承とうしょう益州牧えきしゅうぼく劉璋りゅうしょうらと共に共同して袁術えんじゅつ劉表りゅうひょうの討伐に当たることになったが、ちょうど軍勢を整えて出発しようとしている時に、袁術えんじゅつが死んだ。

袁術えんじゅつの従弟・袁胤えんいん女婿むすめむこ黄猗こういらは、曹公そうこう曹操そうそう)をおそれて寿春県じゅしゅんけんを守り通そうとはせず、袁術えんじゅつひつぎをかつぎ、その妻子や配下の男女を引き連れて皖城かんじょう劉勲りゅうくんの元に身を寄せた。

この時、孫策そんさくは西方の黄祖こうその討伐に向かっていたのであるが、石城せきじょうまで来たところで、劉勲りゅうくんが少人数の軍勢でみずか海昏かいこんに向かったと聞くと、皖城かんじょうを襲って即座に降伏させ、袁術えんじゅつ配下の工芸者や楽隊など3万余人、それに袁術えんじゅつ劉勲りゅうくんの妻子を手に入れ、揚州ようしゅう呉郡ごぐん呉県ごけんまで護送した。


袁術えんじゅつの一族のその後について、

  • 劉勲りゅうくんが捕虜にした後、劉勲りゅうくんを攻撃した孫策そんさくの捕虜となった
  • 劉勲りゅうくんを頼ったが、劉勲りゅうくんを攻撃した孫策そんさくの捕虜となった

と、劉勲りゅうくんとの関係に相違がありますが、どちらも最終的に孫策そんさくによって呉県ごけんに送られています。

また、袁術えんじゅつの従弟・袁胤えんいんのその後についての記述はありませんが、袁術えんじゅつの子・袁燿えんよう孫策そんさくの世話を受けて郎中ろうちゅうとなり、袁術えんじゅつの娘・袁夫人えんふじん孫権そんけん夫人ふじんとなりました。

徐璆が伝国璽を返還する

兗州えんしゅう任城国にんじょうこく豫州よしゅう予州よしゅう)・汝南郡じょなんぐん東海とうかい3郡の太守たいしゅを歴任し、中央に召し返された徐璆じょきゅうは、その帰還の途上、袁術えんじゅつに無理矢理引きめられました。

そして、その後帝号を僭称せんしょうした袁術えんじゅつは、彼に上公じょうこうの位をさずけようとしましたが、徐璆じょきゅうはあくまでも屈服しませんでした。


袁術えんじゅつの死後、袁術えんじゅつ孫策そんさくから奪った印璽いんじ伝国璽でんこくじ)を手に入れた徐璆じょきゅうは、それらを朝廷に届け、衛尉えいい太常たいじょうを拝命しました。


建安けんあん4年(199年)、曹操そうそうの専横をみ嫌った献帝けんていは、車騎将軍しゃきしょうぐん董承とうしょうに「曹操そうそう誅殺ちゅうさつ」の密勅みっちょくを下し、董承とうしょう劉備りゅうびらと計画をりました。

ちょうどその頃、勢力を維持できなくなった袁術えんじゅつ袁紹えんしょうを頼って北上を開始。曹操そうそう劉備りゅうびにその討伐を命じます。これを受け、袁術えんじゅつ寿春県じゅしゅんけんに引き返しますが、その途上、血をいて死んでしまいました。

一方董承とうしょうは、王子服おうしふく王服おうふく)らと「曹操そうそう誅殺ちゅうさつ」の計画をっていましたが、まだ行動を起こさないうちに計画が漏洩ろうえいし、彼らは全員曹操そうそうに殺害されてしまうことになります。

この時劉備りゅうびは、袁術えんじゅつ討伐のために許県きょけんを出たことで、難を逃れることができたと言えるでしょう。