青州せいしゅうの黄巾賊を吸収した曹操そうそう兗州えんしゅうに地盤を築いた後のこと。徐州じょしゅうでは後に悲劇を引き起こす大事件が起こってしまいます。

スポンサーリンク

曹嵩の死

曹嵩の死

画像出典:ChinaStyle.jp


マリコマリコ

前回は、曹操そうそう兗州えんしゅうに侵攻した青州せいしゅうの黄巾賊を討伐したところまででしたよね。

タカオタカオ

うん。その後荀彧じゅんいくとか典韋てんいとか、優秀な人材がたくさん集まったんだよね。

王先生王先生

そうですね。曹操そうそうは「青州兵せいしゅうへい」も手に入れました。

ご確認

この記事は三国志演義さんごくしえんぎに基づいてお話ししています。正史せいし三国志さんごくしにおける曹操そうそう徐州じょしゅう侵攻については、こちらをご覧ください。

関連記事

陶謙が曹嵩をもてなす


王先生王先生

では、今回のお話を始めましょう。


配下に謀臣・勇将がそろい、確固たる地盤を築いた曹操そうそうは、戦乱を避けて徐州じょしゅう琅邪郡ろうやぐん琅邪国ろうやこく)に非難していた父・曹嵩そうすう兗州えんしゅうに迎え入れることにし、泰山太守たいざんたいしゅ応劭おうしょうを派遣します。

すると曹嵩そうすうは、ただちに曹操そうそうの弟・曹徳そうとくをはじめ、一家40人余りに従者100人余りを従えて、車100両余りにロバ・ラバなど多くの馬をそろえ、兗州えんしゅうへと出発しました。


曹嵩そうすう徐州じょしゅう郯県たんけん?)を通った時のこと、温厚な徐州太守じょしゅうたいしゅ陶謙とうけんは、曹操そうそうよしみを結びたいと思っていたので、曹嵩そうすうを州の境まで出迎えて、2日間 もてなします。

そして陶謙とうけんは、わざわざ城外まで見送りに出て、都尉とい張闓ちょうがいに命じて500の兵をひきいて護衛させました。



タカオタカオ

すごい行列だな。

マリコマリコ

陶謙とうけんさん良い人ですね。

王先生王先生

ちなみに実際には徐州太守じょしゅうたいしゅという官職はなく、陶謙とうけん徐州牧じょしゅうぼくでした。

タカオタカオ

三国志演義さんごくしえんぎは、地名とか官職とか適当なところがあるから、深く考えない方が良いね。

曹嵩が殺害される


王先生王先生

そして曹嵩そうすうの一行はついに兗州えんしゅうに入ります。


曹嵩そうすうの一行が華県かけん費県ひけんの間に差し掛かった時、突然の大雨に降られた一行は、とある古寺に一夜の宿を借ります。

この時、外の廊下で寝ることになった張闓ちょうがいは、小頭こがしら(部下)を人気のない所に呼んで言いました。


「元々我らは黄巾の残党で しかたなく陶謙とうけんに従って来たが、これまで何一つ良いことはなかった。

今夜みんなで斬り込んで曹嵩そうすうの一家を皆殺しにし、財物を奪ってどこかで山賊にでもなろうと思うが、どうだ?」


この夜は風雨が激しく、曹嵩そうすうたちは寝つけずに起きていたのですが、突然四方からときの声があがりました。

何事かと剣を抜いて外に出た曹徳そうとくは本堂で突き殺され、曹徳そうとくの悲鳴を聞いた曹嵩そうすうは、めかけと一緒に土塀を乗り越えて逃げようとします。

ですが、めかけが太っていたために塀に上がることができず、結局2人してかわや(トイレ)に逃げ込み、そこで殺されてしまいました。


曹操そうそうが派遣した応劭おうしょうは、危うく命を助かって袁紹えんしょうの元に身を寄せ、張闓ちょうがいらは曹嵩そうすうの財物を奪うと寺に火をかけて、500人の手下と共に淮南わいなんに逃亡しました。



マリコマリコ

ひどい…。

タカオタカオ

陶謙とうけんは護衛につける人選をあやまったな。

マリコマリコ

でも曹嵩そうすうさん、奥さんを置いて逃げなかったなんて素敵!

タカオタカオ

応劭おうしょうは何してたんだよ(笑)

王先生王先生

応劭おうしょうは、曹操そうそうに罪を問われるのを恐れて袁紹えんしょうの元に身を寄せたということですね。


スポンサーリンク


曹操の徐州侵攻

曹操の徐州侵攻

画像出典:ChinaStyle.jp

徐州侵攻


王先生王先生

生き残った応劭おうしょうの部下から、このことが曹操そうそうに伝えられます。


生き残った応劭おうしょうの部下から報告を受けた曹操そうそうは、声を上げて泣き崩れました。

そして、しばらくして助け起こされた曹操そうそうは、


陶謙とうけんの奴めっ!

兵隊の取り締まりができていないから父上を死なせてしまったのだ。このかたきを取らぬうちは、共に天をいただかぬっ!

大軍を起こして徐州じょしゅうの者どもを根絶やしにせねば、このうらみは晴れぬぞっ!」


と言い、荀彧じゅんいく程昱ていいくを後に残して、3万の軍で徐州じょしゅうに向けて進軍を開始します。



マリコマリコ

ちょっと待ってっ!陶謙とうけんさんは悪くないよっ!

タカオタカオ

曹操そうそう陶謙とうけんがしっかり兵を監督できなかったからだと言ってるよ。

マリコマリコ

まずは話し合わないとっ!悪いのは張闓ちょうがいさんなのに…。

王先生王先生

確かに曹操そうそうの怒りは、張闓ちょうがいに向けられるべきですね。

辺譲を殺害する


王先生王先生

では、お話を続けますね。


曹操そうそう夏侯惇かこうとん于禁うきん典韋てんいを先手の大将に、


「占領した城という城はすべて、城内の民衆を残らず虐殺して父のかたきすすぐのだっ!」


と言って軍を進めました。


陶謙とうけんと交わりが深かった九江太守きゅうこうたいしゅ辺譲へんじょうはこれを知り、みずから五千の兵をひきいて応援に来ます。

これを聞いて大いに怒った曹操そうそうは、夏侯惇かこうとんに命じて辺譲へんじょうを待ち伏せし、殺害させました。



タカオタカオ

辺譲へんじょう、見せ場ないんかい(笑)

マリコマリコ

曹操そうそうさん、本当に民衆に手をかけるつもりなのかな?

王先生王先生

どうでしょうねぇ?

陳宮の諫言

この時陳宮ちんきゅう兗州えんしゅう東郡とうぐん従事じゅうじになっていましたが、やはり陶謙とうけんと交わりが深く、曹操そうそうが父のかたき徐州じょしゅうの民衆を皆殺しにしようとしていることを知ると、すぐに駆けつけて曹操そうそうに面会を求めます。

陳宮ちんきゅうは言いました。


閣下かっかは父君のかたきを討たんとして大軍をもって徐州じょしゅうに向かい、途中の民衆を皆殺しにしようとのお考えと聞き、進言に参りました。

陶謙とうけんこそはまことに情深き君子で、利益に目がくらんで義を忘れるやからではありません。父君が殺害されたのは まったく張闓ちょうがい 1人の仕業しわざで、決して陶謙とうけんの罪ではないのです。

そればかりではなく、州県の民衆に何のかたきがあるのでしょうか? 彼らを殺してはなりません。どうかよくお考えください」


ですがこれを聞いた曹操そうそうは、


「お主は昔、わしを見捨てたのではないか。今さらどのつらさげてここへ来た?

陶謙とうけんわしの一家を殺したのだ。きもと心臓をえぐり出して、うらみを晴らそうと誓いを立てた。

お主は陶謙とうけんの弁護に来たのであろうが、わしは何と言われても聞かぬぞっ!」


と取り付く島もありません。

仕方なく陳宮ちんきゅうは「陶謙とうけんに会わせる顔がない」と、陳留太守ちんりゅうたいしゅ張邈ちょうばくの元に行ってしまいました。



マリコマリコ

陳宮ちんきゅうさんっ!…忘れてた(笑)

タカオタカオ

なんか陳宮ちんきゅうに言われても、逆に意地になるよな。

マリコマリコ

確かに…。過去にケンカ別れした人ですもんね。

王先生王先生

そうですねぇ。

関連記事

【017】「我人に背くとも人我に背かせじ」呂伯奢を殺害した曹操に戸惑う陳宮


スポンサーリンク


曹操が徐州の民を虐殺する

曹操が徐州の民を虐殺する

画像出典:ChinaStyle.jp

陶謙の出陣


王先生王先生

さて、曹操そうそう軍の来襲を知った陶謙とうけんは、配下を集めて対応を話し合います。


曹操そうそう軍が通ったあとは、山の木々までも切り払われ、人だけでなく、鶏や犬さえも殺されてしまいました。

その様子を聞いた陶謙とうけんは、


「天は、わしに何の罪があって徐州じょしゅうの民にこのような大難を与えなさるのか…」


と、天をあおいで大声で泣いていましたが、配下の曹豹そうひょうが進み出て、


曹操そうそうの軍が寄せて来た上は、手をつかねて死を待つ法はありますまい。それがし、使君しくん陶謙とうけん)を助けて敵を破りたく存じます」


と言うので、陶謙とうけんみずから兵をひきいて出陣することにします。


遠くに見える曹操そうそう軍は、白装束に「報仇雪恨ほうきゅうせっこんかたきむくうらみをすすがん)」と書かれた白旗を立てていました。

両軍陣形を整え、曹操そうそうが陣頭に進み出ると、陶謙とうけんは身をかがめて あいさつ をし、


「私は貴殿によしみを結ぼうと思えばこそ、張闓ちょうがいを護衛につけたのです。それなのに、奴めがあなたのお父上を害そうとは…。まことに私の本心ではございません。どうかご推察願いたい」


と弁解をします。

ですが曹操そうそうは聞く耳をもたず、


「老いぼれの畜生めっ!父上を殺しておきながら まだ戯言たわごとを申すかっ!誰かあるっ!あの老いぼれめを生け捕れっ!」


と命じました。

これに応じて夏侯惇かこうとんせ出ると、陶謙とうけんあわてて城内に逃げ込み、曹豹そうひょうがこれを迎え撃ちます。

ですが、突然強風が起こって両軍共に混乱したので、それぞれ引きげました。



タカオタカオ

夏侯惇かこうとんが相手じゃ、強風が吹かなきゃ曹豹そうひょうは死んでたな(笑)

マリコマリコ

曹操そうそうさん、本当に関係のない民衆まで殺しちゃったんだ…。

タカオタカオ

三国志演義さんごくしえんぎでは、曹操そうそうは悪役だからね〜っ!

王先生王先生

実はこのことは、正史せいし三国志さんごくしにも記述があるんですよ。

タカオタカオ

マジか…。

陶謙の覚悟


王先生王先生

城内に逃げ帰った陶謙とうけんは、また配下を集めて話し合います。


曹操そうそうの大軍の勢いには、とてもこうしがたい。

もはやわしは自分で縄目にかかって曹操そうそうの陣に行き、彼の思い通りに身をさいなませ、その代わりに徐州じょしゅうの民の命を救う他はない」


陶謙とうけんがそうなげくと、1人の者が進み出て言いました。


「我が君は久しく徐州じょしゅうを治め、民は恩に感じていますので、いかに曹操そうそうの兵が多いと言っても 容易に城を落とすことはできませぬ。

不才ながら いささか計略をほどこして、曹操そうそうが身をほうむる土地さえないようにいたしてみせましょう」



王先生王先生

「はたしてこの人物は誰でしょうか?」というところで、三国志演義さんごくしえんぎの第10回が終わりますが、もう少しお話を続けますね。

マリコマリコ

はいっ!気になります。

タカオタカオ

徐州じょしゅうにそんな策士がいたかなぁ?

糜竺の計略


王先生王先生

陶謙とうけんに進言した人物は、徐州じょしゅう東海郡とうかいぐん朐県くけんの人、糜竺びじくでした。

タカオタカオ

糜竺びじくか…。

王先生王先生

ではここで少し、糜竺びじくについてご紹介しておきます。

糜竺びじくの特長と略歴

あざな小仲しょうちゅう。彼の家は、代々1万人余りの下男を使う富豪の家柄でした。

ある時、糜竺びじく洛陽らくよう雒陽らくよう)に商売に出掛けて、車(馬車)で帰って来る途中、1人の美しい女性に「馬車に乗せて欲しい」と頼まれます。

すると糜竺びじくはその女性に座席をゆずり、車から降りて自分は歩いて行こうとしました。

女性は一緒に乗るように頼み、糜竺びじくは女性の隣に座りましたが、じっと脇目わきめも振らずに座っています。

数里行ったところで馬車を降りた女性は、別れ際に言いました。


「私は天の使いで、上帝じょうていおおせによってあなたの家を焼きに行くところです。あなたが礼儀正しく扱ってくださることに感心しましたので、このことをお知らせします」


糜竺びじくが女性の名前をたずねると、女性は「私は南方火徳星君なんぽうかとくせいくんです」と答えたので、驚いた糜竺びじくはその場にひれ伏して祈ります。

南方火徳星君なんぽうかとくせいくんは、


「これは天命ゆえ焼かないわけにはいきません。私は今晩行きますから、早く帰って家財を運び出しなさい」


と言い残すと、その姿はすっと消え失せてしまいました。


はたしてその夜、糜竺びじくの家の台所から火が起こり、家は残らず焼けてしまいましたが、彼女の言葉に従って家中いえじゅうのものを運び出していたので、糜竺びじくは財産を守ることができたのでした。


糜竺びじくはこれ以降、財産を惜しまずほどこして、貧しい人や悩める人を救済するようになりました。



マリコマリコ

糜竺びじくさん、良い人ですね。

タカオタカオ

代々金持ちだと紳士になるのかな?女好きは成金だけか?(笑)

王先生王先生

それは人によるでしょう(笑)

糜竺びじくの計略


王先生王先生

では、本題に入りますね。


糜竺びじくは言いました。


「私は青州せいしゅう北海郡ほっかいぐん北海国ほっかいこく)に参り、孔融こうゆうに援軍を頼みましょう。そして他に誰か1人、青州せいしゅう田楷でんかいの元へつかいを出して下さい。

もしこの2つの軍がそろって来たら、曹操そうそうはきっと兵を退くに違いありません」


糜竺びじくの提案に同意した陶謙とうけんは、すぐに2通の書面をしたため、「誰か青州せいしゅうに援軍を求めに行く者はいないか」と問いかけると、(徐州じょしゅう・)広陵こうりょうの人・陳登ちんとうあざな元龍げんりゅう)が名乗りをげます。

陶謙とうけんは喜んで、まず陳登ちんとう青州せいしゅうに行かせた後で、糜竺びじくにも書面を持たせて北海郡ほっかいぐん北海国ほっかいこく)に行かせ、自分は人々を連れて城を守って、敵の攻撃に備えました。



タカオタカオ

なんだ、計略って言っても援軍要請か。大したことないな(笑)

マリコマリコ

なんだか急に新しい人が増えて、こんがらがりそう…。

タカオタカオ

う〜ん、陳登ちんとうは覚えておいた方が良いかもね。

王先生王先生

そうですね。
ちなみに曹操そうそうは無理に攻めようとせず、四方に砦を築いて徐州じょしゅうを孤立させる作戦を取りました。


温厚な徐州太守じょしゅうたいしゅ陶謙とうけん曹操そうそうよしみを結びたいと思い、兗州えんしゅうに向かう曹操そうそうの父・曹嵩そうすうを丁重にもてなしただけでなく、都尉とい張闓ちょうがいを護衛つけて兗州えんしゅうまで送らせましたが、その張闓ちょうがい曹嵩そうすう一家を殺害し、財物を奪って逃亡してしまいます。

激怒した曹操そうそうはこれを陶謙とうけんの責任とし、徐州じょしゅうに侵攻を開始。途中、罪のない民衆をも殺害しながら進軍を続けました。

そして城内に逃げ込んだ陶謙とうけんは、青州せいしゅう孔融こうゆう田楷でんかいに援軍を要請します。



王先生王先生

次回は、糜竺びじくが向かった北海郡ほっかいぐん北海国ほっかいこく)で事件が起こります。

次回

 【037】曹操の父・曹嵩の死と曹操の徐州侵攻

三国志演義の解説を順番に読もう!

 三国志演義教室【目次】