赤壁せきへきの戦いで曹操そうそうを敗走させた建安けんあん13年(208年)冬、劉備りゅうび荊州けいしゅう江南こうなん4郡(武陵郡ぶりょうぐん長沙郡ちょうさぐん桂陽郡けいようぐん零陵郡れいりょうぐん)を平定した経緯についてまとめています。

スポンサーリンク

赤壁の戦いとその後

赤壁の戦い

建安けんあん13年(208年)冬10月*1曹操そうそうの南征軍と周瑜しゅうゆひきいる水軍3万・劉備りゅうび軍2千の連合軍が長江ちょうこう赤壁せきへきで激突。周瑜しゅうゆ麾下きか黄蓋こうがいの献策による「偽投降の計」と「火計」により、曹操そうそう軍は大敗しました。


赤壁の戦い

赤壁せきへきの戦い

脚注

*1後漢書ごかんじょ献帝紀けんていぎより。魏書ぎしょ武帝紀ぶていぎでは12月。

関連記事

江陵の戦い

赤壁せきへきで大敗した曹操そうそうを追った周瑜しゅうゆ劉備りゅうび連合軍は、数万の軍勢をひきいて荊州けいしゅう南郡なんぐんまで軍を進め、甘寧かんねいを西の夷陵県いりょうけんに派遣して奪取すると、長江ちょうこうを渡って曹仁そうじんが守る荊州けいしゅう南郡なんぐん江陵県こうりょうけんを包囲しました。

関連記事

スポンサーリンク


劉備の江南平定

劉琦を荊州刺史に任命する

周瑜しゅうゆと共に長江ちょうこうへだてて荊州けいしゅう南郡なんぐん江陵県こうりょうけんを守る曹仁そうじんと対峙した劉備りゅうびは「張飛ちょうひと千人の兵」と引きえに周瑜しゅうゆから2千人の兵を借り受けます。

劉備りゅうびは、劉表りゅうひょうの長子・劉琦りゅうき荊州刺史けいしゅうししに任命すると、兵をひきいて荊州けいしゅう江南こうなん4郡の征討におもむき、

  • 武陵太守ぶりょうたいしゅ金旋きんせん
  • 長沙太守ちょうさたいしゅ韓玄かんげん
  • 桂陽太守けいようたいしゅ趙範ちょうはん
  • 零陵太守れいりょうたいしゅ劉度りゅうたく劉度りゅうど

らをすべて降伏させました。


荊州の江南4郡

荊州けいしゅう江南こうなん4郡

桂陽太守けいようたいしゅ趙範ちょうはんであったのは劉備りゅうび平定前。平定後の桂陽太守けいようたいしゅ趙雲ちょううん


荊州けいしゅう江南こうなん4郡を平定した劉備りゅうびは、引き返して周瑜しゅうゆと共に曹仁そうじんが守る江陵県こうりょうけんを包囲します。

武陵太守・金旋

蜀書しょくしょ先主伝せんしゅでんには、上記のように「劉備りゅうびに降伏した」とありますが、蜀書しょくしょ先主伝せんしゅでんが注に引く三輔決録さんぽけつろくの注には、次のような記述があります。


金旋きんせんあざな元機げんきと言い、司隷しれい京兆尹けいちょういんの人で、黄門郎こうもんろう漢陽太守かんようたいしゅを歴任し、中央にされて議郎ぎろうに任命され、中郎将ちゅうろうしょうに昇進して武陵太守ぶりょうたいしゅを兼ねたが、劉備りゅうびに攻撃されて死亡した」


金旋きんせんの子・金禕きんい建安けんあん23年(218年)、かん大医令たいいれい吉本きっぽん少府しょうふ耿紀こうき司直しちょく韋晃いこうらと許県きょけんで反乱を起こしていますが、この時の計画は「天子てんし献帝けんてい)をようしてを攻め、南方の劉備りゅうびに援助を求める」というものでした。

金禕きんいらが「劉備りゅうびに援助を求める」ことを前提としていることから、劉備りゅうび武陵郡ぶりょうぐんに侵攻した際、金禕きんいは郷里の京兆尹けいちょういんにいてのち献帝けんていに仕え、父の金旋きんせん蜀書しょくしょ先主伝せんしゅでん本文の通り、劉備りゅうびに降伏していたと考えるのが自然なように思えます。

長沙太守・韓玄

長沙太守ちょうさたいしゅ韓玄かんげんについては、蜀書しょくしょ先主伝せんしゅでんに「降伏した」とある他は、蜀書しょくしょ黄忠伝こうちゅうでんに、


曹公そうこう曹操そうそう)は荊州けいしゅうを撃ち破ると、(黄忠こうちゅうを)仮に裨将軍ひしょうぐんの官につけてそのまま元の任務をり行わせ、長沙太守ちょうさたいしゅ韓玄かんげんの統制下に置いた。先主せんしゅ劉備りゅうび)が南方の諸郡を平定すると、黄忠こうちゅうは臣下の礼をとり、つき従ってしょくに入国した」


とあるのみです。

おそらく黄忠こうちゅうは、韓玄かんげんの降伏と同時に劉備りゅうびに臣下の礼をとったものと思われます。

桂陽太守・趙範

桂陽太守けいようたいしゅ趙範ちょうはんについては、蜀書しょくしょ趙雲伝ちょううんでんが注に引く趙雲別伝ちょううんべつでんに、


「(趙雲ちょううんは、劉備りゅうびの)江南こうなん平定につき従い、偏将軍へんしょうぐんに任命され、桂陽太守けいようたいしゅを兼務することとなり、趙範ちょうはん太守たいしゅを交代した。

趙範ちょうはん寡婦やもめ(未亡人)の兄嫁は樊氏はんしと言い、非常な美人であった。趙範ちょうはんは彼女を趙雲ちょううんに縁づけようとしたが、趙雲ちょううんは辞退して『(趙範ちょうはん殿とは)同姓ですので、あなたの兄上なら私の兄と同じことになります』と言い、固辞して承知しなかった。

この時、趙雲ちょううん樊氏はんしめとるよう勧める者があったが、趙雲ちょううんは『趙範ちょうはん切羽せっぱまって降伏したに過ぎないから、彼の心の底はいまはかりかねる。天下に女は大勢いるのだから』と言い、彼女をめとらなかった。

結局、趙範ちょうはんは逃亡したが、趙雲ちょううんは何の未練も持たなかった」


とあります。

零陵太守・劉度

零陵太守れいりょうたいしゅ劉度りゅうたく劉度りゅうど)については、蜀書しょくしょ先主伝せんしゅでんに「降伏した」とある他は、正史せいし三国志さんごくしに記述はありません。

三国志演義さんごくしえんぎに登場する劉度りゅうたく劉度りゅうど)の子・劉賢りゅうけんや、劉備りゅうび軍を迎え撃った邢道栄けいどうえいは、三国志演義さんごくしえんぎにのみ登場する架空の人物です。


スポンサーリンク


劉備の江南統治

雷緒の帰順

劉備りゅうび江南こうなん4郡を平定すると、揚州ようしゅう廬江郡ろこうぐん雷緒らいしょらが、配下の数万人をひきいて帰順しました。

関連記事

諸葛亮を軍師中郎将に任命する

江南こうなん4郡を平定した劉備りゅうびは、諸葛亮しょかつりょう軍師中郎将ぐんしちゅうろうしょうに任命し、

  • 零陵郡れいりょうぐん
  • 桂陽郡けいようぐん
  • 長沙郡ちょうさぐん

の3郡を治めさせ、その賦税ふぜいを調達して軍事費にてました。

この時諸葛亮しょかつりょうは、荊州けいしゅう長沙郡ちょうさぐん臨烝県りんしょうけんに居住して任務に当たりました。


諸葛亮の統治範囲

諸葛亮しょかつりょうの統治範囲

豆知識

資治通鑑しじつがん胡三省こさんせい注に、軍師中郎将ぐんしちゅうろうしょうについて、


軍師ぐんしいにしえの将軍号である。曹操そうそうが初めに軍師祭酒ぐんしさいしゅを置き[建安けんあん3年(198年)]、劉備りゅうび軍師中郎将ぐんしちゅうろうしょうを置いた。みな一時的に、軍事のために創設された官名なり。

軍師祭酒ぐんしさいしゅは軍のはかりごとを決し、(軍師ぐんし中郎将ちゅうろうしょう兵柄へいへい(兵権)を有す。後に諸葛亮しょかつりょうは、軍師将軍ぐんししょうぐんに位を進めた」


とあります。


赤壁の戦い後の劉備の動き

劉備りゅうび荊州けいしゅう江南こうなん4郡を平定した時期は明記されておらず、資治通鑑しじつがんでは、周瑜しゅうゆ荊州けいしゅう南郡なんぐん江陵県こうりょうけん攻撃、建安けんあん13年(208年)12月の孫権そんけん揚州ようしゅう九江郡きゅうこうぐん合肥国がっぴこく攻撃に続いて、建安けんあん13年(208年)内に劉備りゅうび荊州けいしゅう江南こうなん4郡の平定がしるされています。

ですが、江陵県こうりょうけんが陥落したのは建安けんあん14年(209年)の末頃ですので、江陵県こうりょうけんが陥落してから荊州けいしゅう江南こうなん4郡の平定に向かったのでは、時系列が合いません。

周瑜しゅうゆ荊州けいしゅう南郡なんぐん江陵県こうりょうけん攻撃における劉備りゅうびの記述をもとに、赤壁せきへきの戦い後の劉備りゅうびの動きを整理しておきます。

赤壁の戦い後の情勢

年代 事跡
建安けんあん13年
(208年)

■10月

  • 周瑜しゅうゆ劉備りゅうび連合軍が赤壁せきへき曹操そうそう軍を破る。
  • 周瑜しゅうゆ劉備りゅうび曹操そうそうを追撃する。
  • 周瑜しゅうゆ劉備りゅうび長江ちょうこうの南岸で江陵県こうりょうけん曹仁そうじんと対峙する。
  • 劉備りゅうび周瑜しゅうゆ張飛ちょうひと千人の兵を従わせ、兵2千人を借り受ける。
  • 劉備りゅうび劉表りゅうひょうの長子・劉琦りゅうき荊州刺史けいしゅうししに任命する。
  • 劉備りゅうび江南こうなん4郡の平定に向かう。
  • 甘寧かんねい夷陵県いりょうけんを占拠する。
  • 周瑜しゅうゆ長江ちょうこうを渡り、江陵県こうりょうけんを包囲する。
  • 周瑜しゅうゆが矢傷を負う。

■12月

  • 孫権そんけん揚州ようしゅう九江郡きゅうこうぐん合肥国がっぴこくを包囲する。
  • 劉備りゅうび江南こうなん4郡を平定する。
  • 雷緒らいしょが数万人をひきいて劉備りゅうびに帰順する。
建安けんあん14年
(209年)
  • 劉備りゅうび周瑜しゅうゆ江陵県こうりょうけん包囲に加わる。
  • 劉備りゅうび関羽かんう江陵県こうりょうけん北道ほくどうに派遣する。
  • 孫権そんけん合肥国がっぴこくから撤退する。
  • 曹仁そうじん江陵県こうりょうけん放棄ほうきして逃走する。
  • 関羽かんう徐晃じょこう満寵まんちょう李通りつうらに敗れ、曹仁そうじんが逃げびる。
関連記事

建安けんあん13年(208年)冬10月、赤壁せきへき曹操そうそう軍を破った周瑜しゅうゆ劉備りゅうび連合軍は、逃走する曹操そうそうを追って荊州けいしゅう南郡なんぐんに入ると、そのまま長江ちょうこうへだてて、曹操そうそう江陵県こうりょうけんに残した曹仁そうじんと対峙しました。

この時劉備りゅうびは、「張飛ちょうひと千人の兵」と引きえに周瑜しゅうゆから2千人の兵を借り受け、荊州けいしゅう江南こうなん4郡を平定します。

荊州けいしゅう江南こうなん4郡を平定した劉備りゅうびは、諸葛亮しょかつりょう軍師中郎将ぐんしちゅうろうしょうに任命して零陵郡れいりょうぐん桂陽郡けいようぐん長沙郡ちょうさぐんの3郡の統治を任せ、趙雲ちょううん桂陽太守けいようたいしゅに任命すると、引き返して周瑜しゅうゆ江陵県こうりょうけん包囲に加わりました。

周瑜しゅうゆを相手に善戦していた曹仁そうじんが撤退したのは、荊州けいしゅう江南こうなん4郡を平定し、雷緒らいしょらの数万人の兵を得た劉備りゅうびが包囲に加わったことにより、守りきれなくなったのだと考えられます。