191年【漢:初平しょへい2年】に起こった主な出来事をまとめ、それをもとに群雄勢力図を作成しました。人員配置は前年から変更が記されていない官職と、新たに確認できた官職のみ記載しています。

スポンサーリンク

191年の主な人員配置

後宮

天子・皇后 人物
天子(皇帝) 劉協りゅうきょう献帝けんてい
皇太后
皇后

朝廷

官職 人物
太師たいし 董卓とうたく
太傅たいふ 劉虞りゅうぐ
司徒しと 王允おういん
司空しくう 种拂ちゅうふつ淳于嘉じゅんうか
太尉たいい 趙謙ちょうけん → 馬日磾ばびつてい
右車騎将軍ゆうしゃきしょうぐん 朱儁しゅしゅん
後将軍こうしょうぐん 袁術えんじゅつ
左将軍さしょうぐん 皇甫嵩こうほすう
奮武将軍ふんぶしょうぐん 曹操そうそう
降虜校尉こうりょこうい 公孫瓚こうそんさん

地方官

官職 人物
幽州牧ゆうしゅうぼく 劉虞りゅうぐ
冀州牧きしゅうぼく 韓馥かんふく袁紹えんしょう
益州牧えきしゅうぼく 劉焉りゅうえん
冀州刺史きしゅうしし 厳綱げんこう
兗州刺史えんしゅうしし 劉岱りゅうたい単経ぜんけい
豫州刺史よしゅうしし 孫堅そんけん孫賁そんふん郭貢かくこう
青州刺史せいしゅうしし 田楷でんかい
徐州刺史じょしゅうしし 陶謙とうけん
荊州刺史けいしゅうしし 劉表りゅうひょう
揚州刺史ようしゅうしし 陳温ちんおん
交阯刺史こうししし 朱符しゅふ
遼東太守りょうとうたいしゅ 公孫度こうそんど
勃海太守ぼっかいたいしゅ 袁紹えんしょう公孫範こうそんはん
東郡太守とうぐんたいしゅ 王肱おうこう曹操そうそう
山陽太守さんようたいしゅ 袁遺えんい
陳留太守ちんりゅうたいしゅ 張邈ちょうばく
陳湣王ちんびんおう 劉寵りゅうちょう
潁川太守えいせんたいしゅ 李旻りびん(~2月)
広陵太守こうりょうたいしゅ 張超ちょうちょう
済北相せいほくしょう 鮑信ほうしん
九江太守きゅうこうたいしゅ 劉邈りゅうばく
丹楊太守たんようたいしゅ 周昕しゅうきん
廬江太守ろこうたいしゅ 陸康りくこう
豫章太守よしょうたいしゅ 周術しゅうじゅつ

スポンサーリンク


191年の主な出来事

出来事
1月

・天下に大赦たいしゃする。

韓馥かんふく袁紹えんしょうらが劉虞りゅうぐを天子に立てようとする。

2月

董卓とうたくみずか太師たいしに就任する。

豫州刺史よしゅうしし孫堅そんけん司隷しれい河南尹かなんいん梁県りょうけん董卓とうたく配下の徐栄じょえいに敗れる。

孫堅そんけん梁県りょうけん陽人聚ようじんしゅう董卓とうたく配下の胡軫こしんに勝利する。

董卓とうたく配下の呂布りょふ洛陽らくようの諸皇帝の陵墓を盗掘する。

孫堅そんけん大谷口たいこくこうに進軍し、董卓とうたく澠池県べんちけんに退く。

孫堅そんけん洛陽らくように入り、皇室の宗廟そうびょうを修復して魯陽県ろようけんに戻る。

4月

董卓とうたく長安ちょうあんに入る。

董卓とうたく尚父しょうほを名乗ろうとするがあきらめる。

6月

・地震があった。

7月

司空しくう种拂ちゅうふつ罷免ひめんされ、光禄大夫こうろくたいふ淳于嘉じゅんうか司空しくうに任命される。

太尉たいい趙謙ちょうけんが辞任したため、太常たいじょう馬日磾ばびつてい太尉たいいに任命される。

冀州牧きしゅうぼく韓馥かんふく袁紹えんしょう印綬いんじゅゆずる。

黒山賊こくざんぞく于毒うどく白繞はくじょう眭固すいこらが東郡とうぐんに侵攻する。

曹操そうそう東郡太守とうぐんたきしゅに任命される。

・南匈奴きょうど単于ぜんう於夫羅おふら袁紹えんしょうそむく。

董卓とうたく張楊ちょうよう河内太守かだいたいしゅに任命する。

10月

董卓とうたく衛尉えいい張温ちょうおんを殺害する。

11月

泰山太守たいざんたいしゅ応劭おうしょう泰山郡たいざんぐんに侵攻した青州せいしゅうの黄巾賊を撃破する。

公孫瓚こうそんさん東光県とうこうけんで黄巾賊を撃ち破る。

袁紹えんしょう豫州よしゅうに侵攻し、孫堅そんけん袁術えんじゅつが撃退する。

公孫瓚こうそんさん冀州きしゅうに侵攻する。(磐河ばんがの戦い)

孫堅そんけん劉表りゅうひょうを攻め、敗死する。(襄陽じょうようの戦い)

朱儁しゅしゅんが反董卓とうたくの兵をげる


スポンサーリンク


191年の群雄勢力図

191年1月

190年12月の群雄勢力図

凡例

191年1月の群雄勢力図

191年12月

191年12月の群雄勢力図

凡例

191年12月の群雄勢力図

191年の情勢

荊州けいしゅう南陽郡なんようぐん魯陽県ろようけんに駐屯していた孫堅そんけんが北上を開始して洛陽らくようを落とし、孫堅そんけんに敗れた董卓とうたく長安ちょうあんに撤退しました。


また、河北かほくでは袁紹えんしょう冀州きしゅうを手に入れ、袁術えんじゅつ刺史ししに任命した孫堅そんけんが治める豫州よしゅうに侵攻を開始。同じ汝南じょなん袁氏えんし袁紹えんしょう袁術えんじゅつが初めてほこまじえました。

そして、この戦いで従弟いとこ公孫越こうそんえつを失った公孫瓚こうそんさん袁紹えんしょうに宣戦を布告。冀州きしゅう青州せいしゅう兗州えんしゅうに強い影響力を及ぼすようになります。


その後、荊州刺史けいしゅうしし劉表りゅうひょう袁紹えんしょうと手を結び、徐州刺史じょしゅうしし陶謙とうけんが、袁術えんじゅつが援助して挙兵した朱儁しゅしゅんを援助するようになると、袁紹えんしょうをトップとする陣営と袁術えんじゅつをトップとする陣営の2大陣営の争いに発展していきました。


袁紹陣営と袁術陣営

凡例

袁紹えんしょう陣営と袁術えんじゅつ陣営

特記事項

劉虞りゅうぐを天子に推戴すいたいする

1月、袁紹えんしょう韓馥かんふくが中心となって、反董卓とうたく連合の諸将が幽州牧ゆうしゅうぼく劉虞りゅうぐを天子に推戴すいたいします。

ですが、劉虞りゅうぐはこれをかたくなに拒否したので、ついに袁紹えんしょうたちもあきらめました。

関連記事

反董卓連合が劉虞を天子に推戴する。袁紹と袁術の間に生まれた亀裂

董卓とうたく軍と孫堅そんけん軍が激突する

2月、孫堅そんけん軍が司隷しれい河南尹かなんいん梁県りょうけんに侵出すると、董卓とうたく徐栄じょえいを派遣して孫堅そんけん軍を打ち破りました。

その後孫堅そんけん陽人聚ようじんしゅうに移って体勢を立て直し、迎撃に来た胡軫こしんを敗走させて華雄かゆうを斬ると、大谷関たいこくかん董卓とうたくを、洛陽らくよう呂布りょふを破ってついに洛陽らくように入りました。

関連記事

董卓軍の敗因は呂布の裏切りだった!?陽人の戦いと孫堅の洛陽入り

董卓とうたく長安ちょうあんに入る

190年2月、董卓とうたく遷都せんとを強行し、献帝けんていの居所を洛陽らくようから長安ちょうあんうつしましたが、自身は洛陽らくよう郊外の畢圭苑ひつけいえんに駐屯を続けていました。

大谷関たいこくかん孫堅そんけんに敗北した董卓とうたくはこの年の4月、東中郎将とうちゅうろうしょう董越とうえつ澠池県べんちけんに、中郎将ちゅうろうしょう段煨だんわい華陰県かいんけんに、中郎将ちゅうろうしょう牛輔ぎゅうほ安邑県あんゆうけんに配置して、自身は長安ちょうあんに入りました。


董卓と孫堅の行軍経路

董卓とうたく孫堅そんけんの行軍経路


長安ちょうあんに入った董卓とうたくは、引き続き蔡邕さいようを信任する一方で親族を要職にけ、苛酷かこくな法令と刑罰による統治で人々を従わせるようになります。

関連記事

長安に入った董卓が栄耀栄華を極め、暴虐非道の暴君と化す

韓馥かんふく袁紹えんしょう冀州きしゅうをゆずる

冀州牧きしゅうぼく韓馥かんふくは、袁紹えんしょうたちに物資を補給する後方支援の任務をになっていました。

ですが、袁紹えんしょうの下に続々と人材が集まっていることに嫉妬しっとした韓馥かんふくは、袁紹えんしょう軍に送る兵糧を減らしてしまいます。


確たる地盤を持たず、物資の供給を他人に頼っていることに不安を覚えた袁紹えんしょうは、韓馥かんふくが治める冀州きしゅうを我がものにしようと思い立ちます。

7月、袁紹えんしょう公孫瓚こうそんさんに誘いをかけて冀州きしゅうを攻撃させると、これにおびえた韓馥かんふくを説得して冀州きしゅうゆずり受けました。

関連記事

韓馥が袁紹に冀州をゆずる。公孫瓚と袁紹に怯え続けた韓馥の末路

黒山賊こくざんぞくの侵攻と於夫羅おふらの反乱

曹操が東郡太守に任命される

7月、黒山賊こくざんぞく于毒うどく白繞はくじょう眭固すいこらが兗州えんしゅう東郡とうぐんに侵攻を開始します。

東郡太守とうぐんたいしゅ王肱おうこうはこれを防ぐことができず、司隷しれい河内郡かだいぐんに駐屯していた曹操そうそうがこれを撃ち破りました。

この功により曹操そうそう袁紹えんしょうによって東郡太守とうぐんたいしゅに任命されました。

張楊が河内太守に任命される

7月、南匈奴みなみきょうど単于ぜんう於夫羅おふらが反乱を計画し、同じく司隷しれい河内郡かだいぐんに駐屯していた袁紹えんしょう張楊ちょうように協力を求めます。

ですが、袁紹えんしょう張楊ちょうようはこれを拒絶。

於夫羅おふら張楊ちょうようを捕らえて連れ去ると、袁紹えんしょう麴義きくぎを派遣して於夫羅おふらを撃ち破りました。


その後於夫羅おふら冀州きしゅう魏郡ぎぐん黎陽県れいようけんで勢力を盛り返し、張楊ちょうよう董卓とうたくによって河内太守かだいたいしゅに任命されました。

関連記事

曹操が黒山賊を討って東郡太守となる。黒山賊と於夫羅の反乱

袁紹えんしょう袁術えんじゅつの争い

豫州をめぐる争い

冬、袁術えんじゅつが任命した豫州刺史よしゅうしし孫堅そんけんの留守中を狙って袁紹えんしょう周昂しゅうこう豫州刺史よしゅうししに任命し、豫州よしゅう潁川郡えいせんぐん陽城県ようじょうけんを占領させます。

孫堅そんけん袁術えんじゅつ陽城県ようじょうけんの奪還に成功しましたが、その際、袁術えんじゅつの下にいた公孫瓚こうそんさん従弟いとこ公孫越こうそんえつが討ち死にしてしまいました。

磐河の戦い

これに激怒した公孫瓚こうそんさん磐河ばんがに出陣して冀州きしゅうに侵攻を開始します。

袁紹えんしょう公孫瓚こうそんさん従弟いとこ公孫範こうそんはん勃海太守ぼっかいたいしゅ印綬いんじゅを与えて和解をはかろうとしますが、公孫範こうそんはん勃海郡ぼっかいぐんの兵をひきいて公孫瓚こうそんさんに味方しました。

この戦いの後、公孫瓚こうそんさんは配下の厳綱げんこう冀州刺史きしゅうししに、田楷でんかい青州刺史せいしゅうししに、単経ぜんけい兗州刺史えんしゅうししに任命して、河北かほくに絶大な影響力を持つようになりました。

また、その後劉備りゅうび公孫瓚こうそんさんによって平原県へいげんけん県令けんれいの代行を命じられ、のち平原相へいげんしょう平原国へいげんこく太守たいしゅ)に任命されました。

関連記事

反董卓連合の崩壊。袁紹が孫堅を攻め、公孫瓚は河北に覇を唱える

孫堅そんけんの死と朱儁しゅしゅんの挙兵

襄陽の戦い

公孫瓚こうそんさん袁術えんじゅつと手を結ぶと、荊州刺史けいしゅうしし劉表りゅうひょう袁紹えんしょうと手を結びました。

すると、これに危機感をいだいた袁術えんじゅつは、孫堅そんけん荊州けいしゅう南郡なんぐん襄陽県じょうようけんの攻略を命じます。

怒濤どとうの進撃を見せて襄陽県じょうようけんを包囲した孫堅そんけんですが、黄祖こうその兵が放った矢を受けてあっさりと戦死してしまいました。

朱儁の挙兵

董卓とうたく連合が崩壊し、袁紹えんしょう袁術えんじゅつが互いに争うようになると「董卓とうたく討伐」の大義が忘れ去られてしまいます。

この状況をうれえた河内尹かなんいん朱儁しゅしゅんみずから兵をげ、山東さんとうの諸将にもう一度「董卓とうたく討伐」を呼びかけました。

関連記事

孫堅が劉表に敗れた「襄陽の戦い」と朱儁の挙兵

益州えきしゅうの動乱

漢中郡で張魯が独立する

この年、朝廷からの独立をもくろんでいた益州牧えきしゅうぼく劉焉りゅうえんは、益州えきしゅうで信者を増やしている五斗米道ごとべいどう張魯ちょうろ張脩ちょうしゅうと通じ、漢中太守かんちゅうたいしゅ蘇固そこを殺害して長安ちょうあんに通じる斜谷やこくの道を遮断させます。

これにより劉焉りゅうえんは「米賊が道をふさいでいる」という理由で朝廷との連絡をちました。

劉焉が益州を掌握する

朝廷との連絡をった劉焉りゅうえん益州えきしゅう土着の豪族の粛清に取りかかり、王咸おうかん李権りけんら十数人に罪を着せて殺害します。

そして、これに反発して兵をげた犍為太守けんいたいしゅ任岐じんき校尉こうい賈龍かりょうを撃ち破った劉焉りゅうえんは、益州えきしゅうの支配を完全なものにしました。

関連記事

益州の反乱「馬相の乱」、入蜀した劉焉の野望と五斗米道


孫堅そんけんの活躍によって洛陽らくようを奪還した反董卓とうたく連合ですが、兵糧不足におちいった諸将は、董卓とうたく討伐よりも自身の勢力拡大に重きを置くようになりました。

そんな中、反董卓とうたく連合の盟主である袁紹えんしょうが、味方であるはずの韓馥かんふくから冀州きしゅうをだまし取ってしまいます。

これを皮切りに、山東さんとうの諸将は袁紹えんしょう陣営と袁術えんじゅつ陣営に別れ、互いに争うようになりました。

他の年を見る場合はこちら

三国志年表