194年【漢:興平こうへい元年】に起こった主な出来事をまとめ、それをもとに群雄勢力図を作成しました。人員配置は前年から変更が記されていない官職と、新たに確認できた官職のみ記載しています。

スポンサーリンク

193年の主な人員配置

後宮

天子・皇后 人物
天子(皇帝) 劉協りゅうきょう献帝けんてい
皇太后
皇后

朝廷

官職 人物
太傅たいふ 馬日磾ばびつてい(〜12月)
太尉たいい 朱儁しゅしゅん楊彪ようひょう
司徒しと 淳于嘉じゅんうか趙温ちょうおん
司空しくう 張喜ちょうき
太常たいじょう 楊彪ようひょう(〜7月)
衛尉えいい 趙温ちょうおん(〜10月)
車騎将軍しゃきしょうぐん 李傕りかく
右車騎将軍ゆうしゃきしょうぐん 朱儁しゅしゅん
前将軍ぜんしょうぐん 趙謙ちょうけん
後将軍こうしょうぐん 郭汜かくし
右将軍ゆうしょうぐん 樊稠はんちゅう
安狄将軍あんてきしょうぐん 馬騰ばとう
鎮東将軍ちんとうしょうぐん 張済ちょうせい
安降将軍あんこうしょうぐん 韓遂かんすい
奮武将軍ふんぶしょうぐん 公孫瓚こうそんさん
奮威将軍ふんいしょうぐん 呂布りょふ

地方官

官職 人物
幽州牧ゆうしゅうぼく 劉虞りゅうぐ
冀州牧きしゅうぼく 袁紹えんしょう
兗州牧えんしゅうぼく 曹操そうそう
荊州牧けいしゅうぼく 劉表りゅうひょう
益州牧えきしゅうぼく 劉焉りゅうえん
徐州牧じょしゅうぼく 陶謙とうけん
豫州刺史よしゅうしし 郭貢かくこう
青州刺史せいしゅうしし 田楷でんかい
揚州刺史ようしゅうしし 劉繇りゅうよう
交阯刺史こうししし 朱符しゅふ
遼東太守りょうとうたいしゅ 公孫度こうそんど
陳留太守ちんりゅうたいしゅ 張邈ちょうばく
陳湣王ちんびんおう 劉寵りゅうちょう
広陵太守こうりょうたいしゅ 趙昱ちょういく
九江太守きゅうこうたいしゅ 陳紀ちんき
丹楊太守たんようたいしゅ 呉景ごけい
廬江太守ろこうたいしゅ 陸康りくこう
豫章太守よしょうたいしゅ 周術しゅうじゅつ
会稽太守かいけいたいしゅ 王朗おうろう

スポンサーリンク


193年の主な出来事

出来事
1月
  • 天下に大赦たいしゃする。
  • 興平こうへい」と改元する。
  • 献帝けんていが元服した。
2月
  • 献帝けんていの母・王氏おうし霊懐皇后れいかいこうごうの尊号を追贈し、改めて文昭陵ぶんしょうりょうに埋葬する。
  • 献帝けんてい藉田儀礼せきでんぎれいを行う。
不明
  • 兗州牧えんしゅうぼく曹操そうそうが再び徐州じょしゅうに侵攻する。
  • 張邈ちょうばく呂布りょふ陳宮ちんきゅうらが兗州えんしゅうで反乱を起こす。
  • 曹操そうそう兗州えんしゅうに撤退する。
3月
  • 韓遂かんすい馬騰ばとう郭汜かくし樊稠はんちゅうらと長平観ちょうへいかんで戦い大敗する。
  • 韓遂かんすい馬騰ばとうに味方した左中郎将さちゅうろうしょう劉範りゅうはんさき益州刺史えきしゅうしし种劭ちゅうしょう侍中じちゅう馬宇ばうらが戦死する。
4月
  • 馬騰ばとう安狄将軍あんてきしょうぐんに任命される。
  • 韓遂かんすい安降将軍あんこうしょうぐんに任命される。
  • 三輔さんぽに大日照りがあり、7月まで続いた。
5月
  • 郭汜かくし後将軍こうしょうぐんに任命される。
  • 樊稠はんちゅう右将軍ゆうしょうぐんに任命される。
6月
  • 涼州りょうしゅうの河西4郡を分割して雍州ようしゅうが設置される。
  • 地震があった。
  • また地震があった。
  • 日食があった。
  • 献帝けんていが政事を行わないこと5日に及んだ。
  • 大いにいなごの害があった。
7月
  • 太尉たいい朱儁しゅしゅん罷免ひめんされた。
  • 太常たいじょう楊彪ようひょう太尉たいい録尚書事ろくしょうしょじに任命される。
  • 献帝けんていが正殿を避けて雨をい、使者を派遣して囚人を調査させ、軽罪の者をゆるした。
  • 4月から続いた日照りで穀物1こくの値段が50万銭に、豆や麦でも20万銭に上がり、人々は互いにらい合い、白骨が野ざらしとなった。
  • 献帝けんていたいそうの米や豆を供出し、飢民きみんえた民)のために糜粥おかゆを作らせた。
8月
  • 司隷しれい左馮翊さひょうよく羌族きょうぞくが反乱を起こし、郭汜かくし樊稠はんちゅうに討伐される。
9月
  • 桑の木が再び実をつけ、人々は食べることができるようになった。
  • 司徒しと淳于嘉じゅんうか罷免ひめんされた。
  • 呂布りょふもる濮陽県ぼくようけんの攻略に失敗した曹操そうそう鄄城県けんじょうけんに帰還した。
10月
  • 長安ちょうあんの市の門が自然に壊れた。
  • 衛尉えいい趙温ちょうおん司徒しと録尚書事ろくしょうしょじに任命される。
  • 曹操そうそう東阿県とうあけんに移った。
12月
  • 安定郡あんていぐん右扶風ゆうふふうが分割されて右扶風ゆうふふうが設置される。
  • 太傅たいふ馬日磾ばびつてい寿春県じゅしゅんけんで亡くなった。
不明
  • 益州牧えきしゅうぼく劉焉りゅうえんが亡くなった。
  • 劉璋りゅうしょう益州刺史えきしゅうししに任命される。
  • 孫策そんさく袁術えんじゅつの下に身を寄せる。
  • 袁術えんじゅつ徐州じょしゅう侵攻をくわだて、廬江太守ろこうたいしゅ陸康りくこうに兵糧の供出を求める。
  • 兵糧の供出をこばんだ陸康りくこうに激怒した袁術えんじゅつが、孫策そんさく廬江県ろこうけんを攻めさせる。
  • 揚州刺史ようしゅうしし劉繇りゅうよう袁術えんじゅつ配下の呉景ごけい孫賁そんふんを追い出す。
  • 徐州牧じょしゅうぼく陶謙とうけんが亡くなった。
  • 劉備りゅうび徐州じょしゅうを領する。

後漢書ごかんじょ献帝紀けんていぎには「この年、揚州刺史ようしゅうしし劉繇りゅうよう袁術えんじゅつの将である孫策そんさく曲阿県きょくあけんに戦い、劉繇りゅうようの軍は大敗し、孫策そんさくはついに江東こうとうを拠点とした」とありますが、当サイトでは翌年以降のこととして扱います。


スポンサーリンク


194年の群雄勢力図

1月

194年1月の群雄勢力図

193年10月の凡例

194年1月の群雄勢力図

長平観ちょうへいかんの戦い

興平こうへい元年(194年)3月、穀物が不足して窮乏きゅうぼうする将兵が多いことから、馬騰ばとうみずから上奏して穀物を得たいと願い出ましたが、李傕りかく馬騰ばとうの要求を拒否したため、馬騰ばとうは激怒しました。

そこで馬騰ばとうは、李傕りかくらが専横を極め、朝政(朝廷の政治)を乱していると、益州牧えきしゅうぼく劉焉りゅうえんに使者を派遣して、共に李傕りかくらを誅殺ちゅうさつすることを提案します。

すると劉焉りゅうえんは、長安ちょうあんにいる息子・左中郎将さちゅうろうしょう劉範りゅうはんに兵をひきいて馬騰ばとうに味方するように伝えました。

かくして、

  • 左中郎将さちゅうろうしょう劉範りゅうはん
  • 侍中じちゅう馬宇ばう
  • 諫議大夫かんぎたいふ*1种劭ちゅうしょう种邵ちゅうしょう

らは「馬騰ばとう長安ちょうあんを攻めたならば、城内から呼応して李傕りかくらを誅殺ちゅうさつする」ことを約束しますが、馬騰ばとう韓遂かんすい長平観ちょうへいかんで敗北して涼州りょうしゅうに撤退。

一方、劉範りゅうはんらの「内応の計画」は露見ろけんして槐里県かいりけんに逃げ込みますが、李傕りかくの兄の子・李利りり樊稠はんちゅうたれ、さらし首にされました。


長平観(ちょうへいかん)と槐里県(かいりけん)

長平観ちょうへいかん槐里県かいりけん

関連記事

馬騰と韓遂が李傕と郭汜に背いた長平観の戦い

脚注

*1 袁宏『後漢紀』献帝紀では元の涼州刺史『後漢書』献帝紀では前の益州刺史

12月

194年12月の群雄勢力図

194年12月の凡例

194年12月の群雄勢力図

曹操そうそうの第2次徐州じょしゅう侵攻

この年、曹操そうそうは本拠地の兗州えんしゅう荀彧じゅんいく程昱ていいく夏侯惇かこうとんらを残し、再び徐州じょしゅうに侵攻を開始します。

琅邪国ろうやこくから徐州じょしゅうに入った曹操そうそう軍は、多数の民衆を虐殺しながら諸県を攻略し、東海郡とうかいぐんに入りましたが、「呂布りょふ陳宮ちんきゅう張邈ちょうばくらが兗州えんしゅう叛旗はんきひるがえした」という報告を受けると、すぐさま兵をまとめて兗州えんしゅうに引き返しました。

関連記事

第二次徐州侵攻と兗州の反乱。陳宮はなぜ反乱を起こしたのか

濮陽ぼくようの戦い

呂布りょふ陳宮ちんきゅうらが反乱を起こすと、兗州えんしゅうの多くの郡県が彼らに従いましたが、兗州えんしゅうに残された荀彧じゅんいく程昱ていいく夏侯惇かこうとんらの機転によって、かろうじて済陰郡せいいんぐん鄄城県けんじょうけん東郡とうぐん范県はんけん東阿県とうあけんの3県を確保することができました。


鄄城県・范県・東阿県

鄄城県けんじょうけん范県はんけん東阿県とうあけん


徐州じょしゅうから兗州えんしゅうに帰還した曹操そうそうは、呂布りょふが駐屯する東郡とうぐん濮陽県ぼくようけんの西にある陣を落とし、濮陽県ぼくようけんを包囲します。

この時、城内から濮陽県ぼくようけんの豪族・田氏でんしが内通したことによって城内になだれ込んだ曹操そうそうは、引き返す意志がないことを示すため入城してきた東門に火を放ちますが、呂布りょふ軍の猛反撃を受け、命からがらもと来た燃えさかる東門から城外に脱出しました。


その後体勢を立て直した曹操そうそうは、100余日の間呂布りょふと対峙しましたが、にわかにいなごき起こり、兵糧が尽きた両軍は共に兵を退き、曹操そうそう済陰郡せいいんぐん鄄城県けんじょうけんに駐屯しました。


この年の6月にいなごの害があったことから逆算すると、曹操そうそう徐州じょしゅうに侵攻したのは、2月頃だと思われます。

関連記事

【濮陽の戦い】呂布 vs 曹操。典韋の武勇と曹操の危機

献帝けんてい飢民きみん対策

献帝けんていは正殿を避けて雨をい、使者を派遣して囚人を調査させ、軽い罪の者をゆるしました。


この年の7月、4月から続いた日照りにより、穀物は1こく・50万銭に、豆や麦でも1こく・20万銭に上がり、人々は互いにらい合うようになり、白骨が野ざらしとなります。


すると献帝けんていは、侍御史じぎょし侯汶こうぶんに命じてたいそうの米や豆を供出し、飢民きみんえた民)のために糜粥おかゆを作らせますが、数日をても使者は減りませんでした。

献帝けんていはこの状況に「賜与しよに不正がある」と疑って、自分の目の前で量をはかってかゆを作らせてみたところ、やはり命令通りに賜与しよが行われていないことが分りました。


これに献帝けんていは、侍中じちゅう劉艾りゅうがいを派遣して担当者らを叱責しっせきさせると、尚書令しょうしょれい以下の者はみな宮門をたずねて謝罪し、侯汶こうぶんを逮捕して実態を調査することを求める上奏をします。

すると献帝けんていは、


侯汶こうぶんを処刑するには忍びない。杖打ち50回とせよ」


みことのりを下しました。


そしてこれ以降、適切な賜与しよが行われるようになり、多くの者が救われました。

益州牧えきしゅうぼく劉焉りゅうえんの死

この年、背中にできた悪性の腫瘍しゅようのため益州牧えきしゅうぼく劉焉りゅうえんが亡くなります。

この時、益州えきしゅう大官たいかん趙韙ちょういらは、劉焉りゅうえんの4男で人柄が温厚な劉璋りゅうしょう益州刺史えきしゅうししとするように朝廷に上書しますが、朝廷はこれを認めず、扈瑁こぼう益州刺史えきしゅうししに任命して益州えきしゅう漢中郡かんちゅうぐんに入らせました。


すると、扈瑁こぼうに呼応して荊州けいしゅう別駕従事べつがじゅうじ劉闔りゅうこう益州えきしゅうに侵攻し、劉璋りゅうしょう将軍しょうぐん沈弥しんび婁発ろうはつ甘寧かんねいらが叛旗はんきひるがえしましたが、撃ち破ることができず、荊州けいしゅうに逃亡します。


これに朝廷は、劉璋りゅうしょうによる益州えきしゅうの統治をくつがえせないと判断し、詔勅しょうちょくを下して劉璋りゅうしょう監軍使者かんぐんししゃとして益州牧えきしゅうぼくを兼務させ、趙韙ちょうい征東中郎将せいとうちゅうろうしょうに任命しました。

関連記事

益州牧・劉焉の死と劉璋への益州牧の継承

徐州牧じょしゅうぼく陶謙とうけんの死

曹操そうそう軍が撤退した後のこと、やまいが悪化して徐州牧じょしゅうぼく陶謙とうけんが亡くなります。

別駕従事べつがじゅうじ麋竺びじくは「劉備りゅうびでなければ、この州(徐州じょしゅう)を安定させることはできない」という陶謙とうけん遺言ゆいごんに従って劉備りゅうびを迎えに行きますが、劉備りゅうびは遠慮して引き受けようとしません。


そこで、陳登ちんとう北海太守ほっかいたいしゅ孔融こうゆうも加わって劉備りゅうびを説得し、ついに劉備りゅうび徐州じょしゅうを統治することになりました。

関連記事

陶謙の死。劉備への徐州継承と袁術派から袁紹派への転身

袁術えんじゅつ劉繇りゅうようの衝突

袁術が陸康を攻める

この年、孫堅そんけんの長子・孫策そんさく徐州じょしゅう広陵郡こうりょうぐん江都県こうとけんから揚州ようしゅう九江郡きゅうこうぐん寿春県じゅしゅんけんに移り、袁術えんじゅつに仕えました。


孫策関連地図

孫策そんさく関連地図


袁術えんじゅつ徐州じょしゅうを攻めようと考え、廬江太守ろこうたいしゅ陸康りくこうに「米3万石を供出するように」と要求しますが、陸康りくこうがこの要求にこたえなかったため激怒します。

そこで袁術えんじゅつ孫策そんさく揚州ようしゅう廬江郡ろこうぐんの攻撃を命じました。

揚州刺史・劉繇との衝突

朝廷に任命された揚州刺史ようしゅうしし劉繇りゅうようは、揚州刺史ようしゅうししの治所である寿春県じゅしゅんけん袁術えんじゅつが居座っていたことから、袁術えんじゅつとの衝突をけて揚州ようしゅう呉郡ごぐん曲阿県きょくあけんに治所を置いていました。


ですが、袁術えんじゅつが独断で廬江郡ろこうぐんに攻撃を仕掛けたことから、「袁術えんじゅつかん王朝に対して反逆の意思がある」とみて、袁術えんじゅつによって任命された丹楊太守たんようたいしゅ呉景ごけい丹楊都尉たんようとい孫賁そんふん丹楊郡たんようぐん丹陽郡たんようぐん)から強制的に追い出しました。

関連記事

袁術の誤算。孫策に命じた陸康攻撃と揚州刺史・劉繇との衝突


興平こうへい元年(194年)は、

  • 中央での韓遂かんすい馬騰ばとうの反乱
  • 兗州えんしゅうでの呂布りょふ陳宮ちんきゅうらの反乱

に加え、

  • 益州牧えきしゅうぼく劉焉りゅうえんの死
  • 徐州牧じょしゅうぼく陶謙とうけんの死
  • 揚州刺史ようしゅうしし劉繇りゅうようの侵出

などによって、各地で勢力図が大きくり変わりました。

他の年を見る場合はこちら

三国志年表