209年【漢:建安けんあん14年】に起こった主な出来事をまとめ、それをもとに群雄勢力図を作成しました。人員配置は前年から変更が記されていない官職と、新たに確認できた官職のみ記載しています。

スポンサーリンク

209年の主な人員配置

後宮

天子・皇后 人物
天子(皇帝) 劉協りゅうきょう献帝けんてい
皇太后
皇后 伏皇后ふくこうごう伏寿ふくじゅ

朝廷

官職 人物
丞相じょうしょう 曹操そうそう
御史大夫ぎょしたいふ 郗慮ちりょ
執金吾しつきんご 伏完ふくかん
車騎将軍しゃきしょうぐん 孫権そんけん
前将軍ぜんしょうぐん 馬騰ばとう
左将軍さしょうぐん 劉備りゅうび
安降将軍あんこうしょうぐん 韓遂かんすい
建徳将軍けんとくしょうぐん 曹操そうそう
伏波将軍ふくはしょうぐん 陳登ちんとう
偏将軍へんしょうぐん 馬超ばちょう

地方官

官職 人物
司隸校尉しれいこうい 鍾繇しょうよう
冀州牧きしゅうぼく 曹操そうそう
豫州牧よしゅうぼく 劉備りゅうび
徐州牧じょしゅうぼく 孫権そんけん
荊州牧けいしゅうぼく 劉備りゅうび
益州牧えきしゅうぼく 劉璋りゅうしょう
徐州刺史じょしゅうしし 臧覇ぞうは
遼東太守りょうとうたいしゅ 公孫康こうそんこう
河内太守かだいたいしゅ 魏种ぎちゅう
河東太守かとうたいしゅ 杜畿とき
広陵太守こうりょうたいしゅ 陳登ちんとう
会稽太守かいけいたいしゅ 孫権そんけん

スポンサーリンク


209年の主な出来事

出来事
3月
  • 曹操そうそう豫州よしゅう予州よしゅう)・沛国はいこく譙県しょうけんで水軍の訓練をする。
  • 曹操そうそう孫権そんけんが包囲する揚州ようしゅう九江郡きゅうこうぐん合肥国がっぴこくに援軍として将軍しょうぐん張喜ちょうきを派遣する。
不明
  • 揚州別駕ようしゅうべつが蔣済しょうせい蒋済しょうせい)が一計を案じる。
  • 孫権そんけん蔣済しょうせい蒋済しょうせい)のいつわりの手紙を信じて合肥国がっぴこくの包囲をいて撤退する。
7月
  • 曹操そうそうが水軍をひきいて揚州ようしゅう九江郡きゅうこうぐん合肥国がっぴこくに陣を取る。
  • 曹操そうそうが布令を出す。
  • 曹操そうそう揚州ようしゅうの郡県に長吏ちょうりを置き、芍陂しゃくひから水を引いて屯田とんでんを始める。
不明

曹操そうそう孫権そんけん

  • 廬江郡ろこうぐん陳蘭ちんらん梅成ばいせい曹操そうそう叛逆はんぎゃくする。
  • 孫権そんけん揚州ようしゅう廬江郡ろこうぐん居巣国きょそうこくに入って陳蘭ちんらん梅成ばいせいを援助する。
  • 臧覇ぞうは居巣国きょそうこくを攻撃して撃ち破る。
  • 梅成ばいせい于禁うきん臧覇ぞうはに降伏する。
  • 臧覇ぞうは逢龍ほうりゅう夾石きょうせき韓当かんとうと戦い撃ち破る。
  • 臧覇ぞうは揚州ようしゅう廬江郡ろこうぐん舒県じょけんに駐屯する。
  • 臧覇ぞうは舒口じょこうに駐屯する孫権そんけんを撃ち破る。
  • 梅成ばいせいが再びそむいて陳蘭ちんらんと合流し、天柱山てんちゅうざんとりでを築く。
  • 張遼ちょうりょう陳蘭ちんらん梅成ばいせいらを攻撃してその首を斬る。

孫権そんけん劉備りゅうび

  • 荊州けいしゅう南郡なんぐん江陵県こうりょうけんを守る曹仁そうじんが城を放棄して撤退する。
  • 劉備りゅうびの上表により孫権そんけん車騎将軍しゃきしょうぐん代行の任が与えられ、徐州牧じょしゅうぼくを兼任する。
  • 荊州刺史けいしゅうしし劉琦りゅうきが亡くなる。
  • 劉備りゅうび荊州牧けいしゅうぼくとなる。
  • 劉備りゅうび荊州けいしゅう南郡なんぐん公安県こうあんけんに陣営を構える。
  • 孫権そんけんが妹を劉備りゅうび夫人ふじんとしてとつがせる。
  • 曹操そうそうの命令により蔣幹しょうかん蒋幹しょうかん)が周瑜しゅうゆを訪問する。
12月
  • 曹操そうそうが軍をひきいて豫州よしゅう予州よしゅう)・沛国はいこく譙県しょうけんに帰還する。
  • 曹操そうそう張遼ちょうりょう楽進がくしん李典りてん合肥城がっぴじょうに駐屯させる。

スポンサーリンク


209年の群雄勢力図

1月

209年1月の群雄勢力図

209年1月の群雄勢力図

209年1月の群雄勢力図

第1次合肥がっぴの戦い

前年の建安けんあん13年(208年)、赤壁せきへきの戦いの勝利を受けて攻勢に転じた孫権そんけん軍は、周瑜しゅうゆらが荊州けいしゅう南郡なんぐん江陵県こうりょうけんを包囲し、12月には孫権そんけんみずから10万の軍勢をひきいて揚州ようしゅう九江郡きゅうこうぐん合肥国がっぴこくを包囲しました。


第1次合肥の戦い

第1次合肥がっぴの戦い


これに曹操そうそうは、赤壁せきへきの敗戦から間もないため大軍を動かすことができず、将軍しょうぐん張喜ちょうきに単身・千騎をひきいさせ、汝南郡じょなんぐんを通過する際にその兵を配下におさめて、その兵によって敵の包囲をかせることにしましたが、やはりかなりの兵が疫病えきびょうにかかってしまいます。

揚州別駕ようしゅうべつが蔣済しょうせい蒋済しょうせい)は、そこで一計を案じ、孫権そんけんに「援軍が到着した」というにせの情報を流し、孫権そんけん軍を撤退させました。

関連記事

廬江郡ろこうぐん陳蘭ちんらん梅成ばいせいの反乱

建安けんあん14年(209年)、揚州ようしゅう九江郡きゅうこうぐん合肥国がっぴこくを包囲していた孫権そんけんが撤退すると、豫州よしゅう予州よしゅう)・沛国はいこく譙県しょうけんにいた曹操そうそうは水軍をひきいて南下し、合肥城がっぴじょうに陣を取りました。

その後、廬江郡ろこうぐん陳蘭ちんらん梅成ばいせい曹操そうそうに対して反乱を起こすと、孫権そんけん居巣国きょそうこくに入って陳蘭ちんらん梅成ばいせいを援助しようとしますが、曹操そうそうが派遣した臧覇ぞうははばまれてしまいます。

陳蘭ちんらん梅成ばいせい天柱山てんちゅうざんの山頂にとりでを築いて抵抗を続けますが、張遼ちょうりょう張郃ちょうこう于禁うきんらに敗れて首を斬られました。


天柱山の戦い

天柱山てんちゅうざんの戦い


12月、曹操そうそう譙県しょうけんに軍をかえし、張遼ちょうりょうに命じて楽進がくしん李典りてんらと共に7千余人をひきいて合肥城がっぴじょうに駐屯させました。

関連記事

12月

209年12月の群雄勢力図

208年12月の群雄勢力図

209年12月の群雄勢力図

赤壁せきへきの戦い後の論功行賞

孫権そんけんは「赤壁せきへきの戦い」と「江陵こうりょうの戦い」における諸将の功績にむくい、周瑜しゅうゆ南郡太守なんぐんたいしゅに、程普ていふ江夏太守こうかたいしゅに任命しました。孫権そんけん劉備りゅうびの上表により車騎将軍しゃきしょうぐん代行と徐州牧じょしゅうぼくを兼任し、劉備りゅうび荊州牧けいしゅうぼくとなることを認めて、長江ちょうこうの南岸の地を与えました。劉備りゅうび油江口ゆこうこう公安こうあんと改め、そこに陣営を構えます。


荊州の配置

荊州けいしゅうの配置

劉備りゅうび孫権そんけんの妹の結婚

孫権そんけんは、劉備りゅうびが元劉表りゅうひょう吏卒りそつを取り込んだことで、次第に劉備りゅうびおそれるようになり、妹を劉備りゅうび夫人ふじんとしてとつがせて友好関係を固めました。

蔣幹しょうかん蒋幹しょうかん)の訪問

この頃、周瑜しゅうゆの評判を聞きつけた曹操そうそうが、揚州ようしゅう九江郡きゅうこうぐん出身の弁士・蔣幹しょうかん蒋幹しょうかん)を派遣して彼を配下に加えようとしましたが、失敗に終わりました。

関連記事

前年の12月から揚州ようしゅう九江郡きゅうこうぐん合肥国がっぴこくを包囲していた孫権そんけんは、百余日がっても落とすことができず、包囲をいて撤退しました。

その後、廬江郡ろこうぐん陳蘭ちんらん梅成ばいせい曹操そうそうに対して反乱を起こすと、孫権そんけん居巣国きょそうこくに入って陳蘭ちんらん梅成ばいせいを援助しようとしますが、曹操そうそうが派遣した臧覇ぞうははばまれ、陳蘭ちんらん梅成ばいせいは、張遼ちょうりょう張郃ちょうこう于禁うきんらに敗れて首を斬られました。

一方、荊州けいしゅう南郡なんぐんでは周瑜しゅうゆ江陵県こうりょうけんを陥落させ、孫権そんけん劉備りゅうびに、南郡なんぐん長江ちょうこうより南の地を与えますが、次第に警戒感を増し、自分の妹をとつがせて友好関係を固めました。

またこの頃、曹操そうそうの命令を受けた蔣幹しょうかん蒋幹しょうかん)が周瑜しゅうゆたずねますが、周瑜しゅうゆ孫権そんけんを裏切らせることはできませんでした。

他の年を見る場合はこちら

三国志年表