北海相ほっかいしょうであった孔融こうゆう将作大匠しょうさくたいしょうとして朝廷に入ってから、曹操そうそうに処刑されるまでをまとめています。

スポンサーリンク

孔融が曹操を頼る

孔融の北海相時代

孔融こうゆう青州せいしゅう北海国ほっかいこくしょう太守たいしゅ)であった時、青州せいしゅうの周辺では袁紹えんしょう曹操そうそうの勢いがさかんでしたが、孔融こうゆうはそのどちらにもくみしようとしませんでした。

当時孔融こうゆうは、数百に満たない兵士と1万石にらない穀物しか所有していなかったので、顧問こもん左丞祖さじょうそ孔融こうゆうに、「袁紹えんしょう曹操そうそうのどちらかを後ろだてとするよう働きかける」ことを勧めました。

ですが孔融こうゆうは、袁紹えんしょう曹操そうそうが「最終的にはかん室を滅ぼすことをたくらんでいる」と考えていたことから、どちらにもくみしたくないと思い、怒って左丞祖さじょうそを殺害してしまいました。

袁譚に敗れる

建安けんあん元年(196年)春、袁譚えんたん孔融こうゆうを攻めました。

この時孔融こうゆうは、劉備りゅうびの上奏により青州刺史せいしゅうししとなっていましたが、当時の青州せいしゅうは、

  • 公孫瓚こうそんさんが任命した田楷でんかい
  • 曹操そうそうが任命した袁譚えんたん

青州刺史せいしゅうししを名乗るという、混沌とした状態でした。

夏に至って城は陥落し、孔融こうゆう東山とうざんに逃れ、孔融こうゆうの妻子は袁譚えんたんの捕虜となりました。


そしてこの頃、豫州よしゅう予州よしゅう)・潁川郡えいせんぐん許県きょけん献帝けんていを迎えた曹操そうそうは、孔融こうゆう徴召まねいて将作大匠しょうさくたいしょうとします。

関連記事

スポンサーリンク


曹操の反感を買う

孔融の独壇場

献帝けんていが初めて許県きょけんに都をうつした時、孔融こうゆうは高官たちを引き連れて、


「古代の制度にのっとって王城の地をさだめ、司隷校尉しれいこうい管轄かんかつする地域を是正ぜせいして、千里(約430km)四方の境界内には諸侯を封建しないようにすべきです」


と上書しました。

ですがこの時、天下は新しく建て直されたばかりで、曹氏そうし袁氏えんしのどちらが権力をにぎるのかすらまだはっきりしておらず、孔融こうゆうの意見は「時世にそくした対策」を理解していないものでした。


また、後に少府しょうふに転任した孔融こうゆうは、朝会ちょうかい献帝けんていから意見を求められるたびに、正論をかざして議場の主導権を握ったので、他の公卿こうけい大夫たいふたちはただそこにいるだけで、いつも孔融こうゆう独壇場どくだんじょうとなっていました。

馬日磾ばびつてい亡骸なきがら

袁術えんじゅつに捕らえられた太傅たいふ馬日磾ばびつてい亡骸なきがら京師けいし許県きょけん)に戻って来ると、朝廷では「馬日磾ばびつてい亡骸なきがらを特別な礼をもってほうむる」ことが議論されました。

ですが孔融こうゆうは、「馬日磾ばびつてい太傅たいふというとうとい地位にありながら、姦臣(袁術えんじゅつ)にびへつらった」として特別な礼を加えないように主張し、朝廷はこれに従いました。

関連記事

肉刑の復活に反対

また孔融こうゆうは、「入れずみや鼻ぎ、足切り、宮刑きゅうけいなどの肉系を復活させること」が議論された時にも、建議してこれを阻止そししました。

劉表りゅうひょう弾劾だんがいに反対

また、荊州牧けいしゅうぼく劉表りゅうひょうさだめられたみつぎ物をおさめず、多くの僭越せんえつな振る舞いをして、ついには郊外で天地を祭り、みずからを天子てんしなぞらえるに至ると、献帝けんてい詔書しょうしょによりその悪事を天下に知らしめようとしましたが、孔融こうゆうはこれを不問にすように上疏じょうそしました。

特別な祭祀さいしを行うことに反対

建安けんあん5年(200年)、南陽王なんようおう劉馮りゅうひょう東海王とうかいおう劉祗りゅうしが亡くなると、献帝けんていはその早世そうせいいたみ、2人のために四季の祭祀さいしを行おうと思って孔融こうゆうに下問しましたが、孔融こうゆうは「『礼』の規定に合致せず、先帝がおさだめになられた法に違反する」として反対しました。

曹丕の嫁取りを揶揄

建安けんあん9年(204年)8月、曹操そうそう冀州きしゅう魏郡ぎぐん鄴県ぎょうけんを陥落させた時のこと。

曹操そうそうの子・曹丕そうひ袁紹えんしょうの邸宅に入っていくと、袁紹えんしょうの妻・劉氏りゅうしそばに仕える幽州刺史ゆうしゅうしし袁煕えんきの妻・甄氏しんしの姿が目に止まりました。甄氏しんし劉氏りゅうしひざの上に顔を伏せておびえていましたが、曹丕そうひがその顔を上げさせたところ、その容姿が非凡なのを見て大変気に入ります。

曹操そうそう曹丕そうひの希望を聞いて彼のために甄氏しんしを迎え、曹丕そうひ甄氏しんしめとらせました。


このことを知った孔融こうゆうは、曹操そうそうに次のような書簡を送りました。


しゅう武王ぶおういん紂王ちゅうおうを討伐し、稀代きだいの悪女と名高い妲己だっき周公しゅうこう下賜かししました」


この言葉の意味が分からない曹操そうそうが「その話は何のどの経典を典拠としているのか?」とたずねると孔融こうゆうは、


「今回の出来事(曹操そうそう甄氏しんしを息子の妻として与えたこと)から推測してみますに、きっと武王ぶおう周公しゅうこう妲己だっきを与えたのだろうと思っただけです」


と答えました。

つまり、「あなた程の人物が行ったことなら、きっといにしえの聖人も同じことを行っていたことでしょう」と、曹操そうそうを皮肉ったのです*1

関連記事
脚注

*1実際は、いんに勝利した武王ぶおうは、妲己だっきの首を斬って小白旗にけ、紂王ちゅうおうが滅んだのはこの女が原因であるとした。

烏丸征伐を批判する

建安けんあん12年(207年)に曹操そうそう烏丸うがんを征伐すると、孔融こうゆうはまたこれを嘲笑ちょうしょうして、


大将軍だいしょうぐん*2曹操そうそう)は遠征して異民族を殺害し尽くし、辺境の地を人気ひとけなくさびしくさせましたようで。袁氏えんしかくまった烏丸うがんの罪を問うのであれば、昔、肅愼氏しゅくしんし(イバラの一種)の矢の貢ぎ物をおこたり、丁零ていれい蘇武そぶの牛や羊を盗んだことも、合わせてお取り調べになれば良い」


と言いました。

脚注

*2当時の曹操そうそう大将軍だいしょうぐんではなく司空しくう。ここで言う「大将軍だいしょうぐん」は官職を指しているものではないと思われる。

禁酒令に反対する

ある時飢饉ききんの年があり、戦争もあったので、曹操そうそうは上表して禁酒令を布告しました。

孔融こうゆうは何度も書簡でこれに反対します。


「天には酒旗しゅきの星があり、地には酒泉しゅせんの郡がつらなり、人には美酒の徳があります。だから、ぎょうは千杯の酒を飲まなかったなら、その聖徳を完成できなかったでしょう。それにけつちゅうは女色によって国を滅ぼしたのに、今、命令を出して婚姻を禁止しないのですか」


この時、すでに曹操そうそうかん簒奪さんだつする大それた野心と、それを粉飾ふんしょくするいつわりが明らかになってきたと感じていたので、孔融こうゆうは辛抱することができず、その内容には曹操そうそう侮辱ぶじょくし、慢心まんしんした言葉が多く含まれていました。


スポンサーリンク


孔融の死

孔融を罷免する

曹操そうそう孔融こうゆうの議論する範囲が次第に広くなってきたことを嫌っていました。ですが、孔融こうゆうの名声が天下に重きをなしていたので、曹操そうそうは外見上は寛大かんだいな態度を見せてはいたものの、内心おだやかではいられませんでした。


この曹操そうそうの気持ちをみ取った御史大夫ぎょしたいふ郗慮ちりょは、些細ささいな違法行為を理由に孔融こうゆうを免官にしました。

太中大夫に任命される

それから1年余りして、孔融こうゆう太中大夫たいちゅうたいふを拝命します。


孔融こうゆうは性格が寛容かんようで人をにくむことが少なく、士を好み、進んで後進の人々をみちびき助けたので、太中大夫たいちゅうたいふという閑職かんしょく退しりぞいたとは言え、彼の家の門は毎日訪問客であふれていました。

孔融こうゆうみずからの才能をで、酒を楽しみ、常に嘆息しながら、


「座席はいつも客でまっており、たるの中の酒はからにならない。わしには心配することはない」


と言っていました。


また孔融こうゆう蔡邕さいようと親しかったので、彼が亡くなってからというもの、酒宴がたけなわとなるたびに、蔡邕さいように似た虎賁こほんの士(近衛兵このえへい)をまねいて同席させ、


「(詩経しきょう大雅たいが蕩之什とうのじゅうに)『老練ろうれん成徳せいとくの人はいないと言っても、(先王以来の)典刑は残っている』とある。蔡邕さいようどのはもうおられぬが、その形、すなわち容貌ようぼうは残っている」


と言っていました。


孔融こうゆうは、人のい点を聞けば、それを自分のことのように喜び、人の言葉に採用すべき点があれば、必ず敷衍ふえん*2してこれを実行し、また、本人に面と向かってその短所を指摘することはあっても、その人がいないところでは長所を称賛しました。

彼が推薦した者には昇進した者が多く、すぐれた人物の存在や他人の善行を「知っていながら言わない」のは、自分のあやまちであると考えていたので、天下の英傑・俊才たちはみな孔融こうゆうに信服していました。

脚注

*2意味の分かりにくい所を、やさしく言いえたり詳しくべたりして説明すること。

孔融の死

その後も曹操そうそうは、孔融こうゆうに対する憎悪をつのらせていました。

建安けんあん13年(208年)8月、郗慮ちりょ孔融こうゆうの罪を捏造ねつぞうし、ついに丞相じょうしょう軍謀祭酒ぐんぼうさいしゅ路粹ろすいに、状況を曲げて孔融こうゆう弾劾だんがいする上奏をさせました。

路粹の上奏・全文
タップ(クリック)すると開きます。

孔融こうゆう北海相ほっかいしょうであった時、かん王室が平穏ではないことを見て、人々をまねき集めて反乱を起こそうと考え、『私は大聖(孔子こうし)の後裔こうえいであるが、そうに滅ぼされたのであり、天下を有する者は、どうして必ずしもぼうきんとう劉氏りゅうし)*3だけであろうか』と申し、また、孫権そんけんの使者と語るに及んでは、朝廷を誹謗中傷ひぼうちゅうしょういたしました。

また孔融こうゆうは、九卿きゅうけいである少府しょうふとなりながら朝廷の儀礼に従わず、頭巾をかぶらずにこっそりと外出し、皇宮を冒涜ぼうとくしております。

また以前には無官の禰衡でいこうと不作法な振る舞いと好き勝手な発言をして、『父は子に対して、一体何の親愛があろうか。その本音を論ずれば、実際のところは情欲の発したものであるにすぎない。子にとって母とは、また何であろうか。例えるならば物をびんの中に入れておくようなものであり、出てしまえば離れるものである』と申しました。さらには禰衡でいこうとお互いに称賛し合いました。禰衡でいこう孔融こうゆうに、『仲尼ちゅうじ孔子こうし)は死んでいない』と言いました。

このような親子の情愛を踏みにじり、聖人を冒涜ぼうとくする言動は大逆不動であり、なにとぞ極刑に処すべきでございます。


この上奏は受理され、孔融こうゆうは獄に下されて棄死きしさらし首)となりました。享年きょうねん56歳。その妻子もみな殺されました。

脚注

*3りゅう」の字を分解したもの。

豆知識

孔融の子

初め、孔融こうゆうの娘は7歳、息子は9歳と幼かったので、助けられて他人の家にあずけられていました。

孔融こうゆうが捕らえられた時、2人の子はちょうど双六すごろくをしていましたが、あわてる素振りを見せませんでした。周りの者が、


「父が捕らえられたというのに、あわてる素振りを見せないのは、どういうわけだね?」


と聞くと、子供たちは、


「巣が壊されて、どうして卵が割れないということがありましょうか」


と言いました。


また、主人が子供たちに肉汁を送った時のこと。

息子はのどかわいていたのでその肉汁を飲もうとしましたが、娘の方は、


「今日、父上が殺されるというわざわいがあったというのに、どうして私たちも長く生きていられましょう。兄上は、どうして肉の味が分かるのですか?」


と言って飲もうとしませんでした。この言葉を聞いた兄は、慟哭どうこくして飲むのをやめました。


ある人がこのことを曹操そうそうげると、曹操そうそうは(孔融こうゆうの子らがすぐれていることを恐れて)ついにその子供たちを殺すことにします。

り手がやってくると、妹は兄に、


「もし死者に知覚があるのなら、あの世の父上と母上にお会いすることができるのです。それこそ切なる願いではありませんか」


と言い、顔色一つ変えず、自分から首を伸ばして処刑されました。

孔融と脂習

司隷しれい京兆尹けいちょういん出身の脂習ししゅうは、少府しょうふ孔融こうゆうと親交がありました。

曹操そうそう司空しくうとなり、その威光・温徳が日増しに盛大となっていく中にあって、孔融こうゆうは以前、曹操そうそうと同等であった時の感情を持ち続けていました。

そんな孔融こうゆうが書く曹操そうそうへの書簡は、高慢こうまんそのものだったので、脂習ししゅうはいつも孔融こうゆうとがめて態度を改めさせようとしましたが、孔融こうゆうは従いませんでした。


孔融こうゆうが処刑されると、当時許県きょけんの街にいた官吏たちの中には、以前から孔融こうゆうと親交のあった者もいましたが、誰もその遺体を引き取ってとむらおうとしませんでした。

そんな中、脂習ししゅうは1人出かけて行き、遺体をさすりながら言いました。


文挙ぶんきょ孔融こうゆうあざな)よ、あなたわしを捨てて死んでしまった。わしはこれから誰と語り合えば良いのだ」


このことを聞いた曹操そうそうは、脂習ししゅうを逮捕して裁判にかけようとしましたが、やがてその行為の素直さを認めて許すことにしました。


袁譚えんたんに敗れ、曹操そうそうひろわれて朝廷に入った孔融こうゆうは、その名声を頼りに、いつも正論をかざして議場の主導権を握っていました。

その態度は曹操そうそうに対しても例外ではなかったので、曹操そうそう孔融こうゆうの議論をみ嫌うようになり、建安けんあん13年(208年)8月、ついに曹操そうそう孔融こうゆうの罪を捏造ねつぞうして処刑してしまいました。