196年【漢:建安けんあん元年】に起こった主な出来事をまとめ、それをもとに群雄勢力図を作成しました。人員配置は前年から変更が記されていない官職と、新たに確認できた官職のみ記載しています。

スポンサーリンク

196年の主な人員配置

後宮

天子・皇后 人物
天子(皇帝) 劉協りゅうきょう献帝けんてい
皇太后
皇后 伏皇后ふくこうごう伏寿ふくじゅ

朝廷

官職 人物
大司馬だいしば 李傕りかく張楊ちょうよう
太尉たいい 楊彪ようひょう → ー
司徒しと 趙温ちょうおん
司空しくう 張喜ちょうき曹操そうそう
執金吾しつきんご 伏完ふくかん
将作大匠しょうさくたいしょう 孔融こうゆう
大将軍だいしょうぐん 韓暹かんせん曹操そうそう → ー
驃騎将軍ひょうきしょうぐん 張済ちょうせい
車騎将軍しゃきしょうぐん 郭汜かくし楊奉ようほう曹操そうそう
衛将軍えいしょうぐん 董承とうしょう
征東将軍せいとうしょうぐん 胡才こさい
鎮東将軍ちんとうしょうぐん 劉備りゅうび曹操そうそう → ー
前将軍ぜんしょうぐん 趙謙ちょうけん
後将軍こうしょうぐん 楊定ようてい
左将軍さしょうぐん 呂布りょふ
右将軍ゆうしょうぐん 袁紹えんしょう
輔国将軍ほこくしょうぐん 伏完ふくかん
安国将軍あんこくしょうぐん 張楊ちょうよう → ー
安狄将軍あんてきしょうぐん 馬騰ばとう
安降将軍あんこうしょうぐん 韓遂かんすい
奮武将軍ふんぶしょうぐん 公孫瓚こうそんさん
奮威将軍ふんいしょうぐん 呂布りょふ
興義将軍こうぎしょうぐん 楊奉ようほう
寧輯将軍ねいしゅうしょうぐん 段煨だんわい
建徳将軍けんとくしょうぐん 曹操そうそう
行殄寇将軍こうてんこうしょうぐん 孫策そんさく
折衝校尉せっしょうこうい 孫策そんさく

地方官

官職 人物
司隸校尉しれいこうい 韓暹かんせん曹操そうそう
冀州牧きしゅうぼく 袁紹えんしょう
豫州牧よしゅうぼく 劉備りゅうび
兗州牧えんしゅうぼく 曹操そうそう
荊州牧けいしゅうぼく 劉表りゅうひょう
益州牧えきしゅうぼく 劉璋りゅうしょう
徐州牧じょしゅうぼく 呂布りょふ
幽州刺史ゆうしゅうしし 段訓だんくん
豫州刺史よしゅうしし 劉備りゅうび → ー
青州刺史せいしゅうしし 田楷でんかい孔融こうゆう袁譚えんたん
揚州刺史ようしゅうしし 劉繇りゅうよう
交阯刺史こうししし 朱符しゅふ
遼東太守りょうとうたいしゅ 公孫度こうそんど
河内太守かだいたいしゅ 張楊ちょうよう
河東太守かとうたいしゅ 王邑おうゆう
陳湣王ちんびんおう 劉寵りゅうちょう
広陵太守こうりょうたいしゅ 陳登ちんとう
九江太守きゅうこうたいしゅ 陳紀ちんき
丹楊太守たんようたいしゅ 袁胤えんいん
呉郡太守ごぐんたいしゅ 許貢きょこう
豫章太守よしょうたいしゅ 華歆かきん
会稽太守かいけいたいしゅ 王朗おうろう孫策そんさく

スポンサーリンク


196年の主な出来事

出来事
1月
  • 上帝じょうてい司隷しれい河東郡かとうぐん安邑県あんゆうけん郊祀こうしする。
  • 天下に大赦たいしゃする。
  • 建安けんあん」と改元する。
  • 曹操そうそう豫州よしゅう予州よしゅう)・陳国ちんこく武平県ぶへいけんに侵攻し、陳相ちんしょう陳国ちんこく太守たいしゅ)・袁嗣えんし曹操そうそうに降伏する。
2月
  • 韓暹かんせん衛将軍えいしょうぐん董承とうしょうを攻める。
  • 董承とうしょう司隷しれい河内郡かだいぐん野王県やおうけん張楊ちょうようを頼る。
  • 曹操そうそう豫州よしゅう予州よしゅう)・汝南郡じょなんぐん潁川郡えいせんぐんの黄巾、劉辟りゅうへき黄邵こうしょうらを斬る。
  • 何儀かぎ何曼かまん曹操そうそうに降伏する。
  • 曹操そうそう建徳将軍けんとくしょうぐんに任命される。
不明
  • 董承とうしょう洛陽宮らくようきゅう雒陽宮らくようきゅう)を修繕する。
  • 荊州牧けいしゅうぼく劉表りゅうひょう洛陽らくよう雒陽らくよう)に物資を運ぶ。
  • 袁譚えんたん孔融こうゆうを攻める。(共に青州刺史せいしゅうしし
5月
  • 献帝けんてい楊奉ようほう李楽りがく韓暹かんせんと共に洛陽らくよう雒陽らくよう)に出発する。

6月

  • 献帝けんてい司隷しれい河東郡かとうぐん聞喜邑ぶんきゆうに到着する。
  • 軹道しどうを下ったところで張楊ちょうよう献帝けんていを出迎える。
  • 袁術えんじゅつ徐州じょしゅうに侵攻する。
  • 劉備りゅうび鎮東将軍ちんとうしょうぐんに任命される。
  • 呂布りょふ徐州じょしゅう下邳国かひこく下邳県かひけんを奪う。
  • 呂布りょふ配下の郝萌かくほう叛旗はんきひるがえす。
  • 呂布りょふ都督ととく高順こうじゅんの陣営に逃げ込む。
  • 高順こうじゅん下邳県かひけんを攻め、郝萌かくほうを敗走させる。
  • 曹性そうせい郝萌かくほうそむき、高順こうじゅん郝萌かくほうの首を斬る。
  • 呂布りょふ郝萌かくほう反乱の共謀者・陳宮ちんきゅうを不問にす。

  • 袁譚えんたんに敗れた孔融こうゆう曹操そうそうを頼る。
  • 孔融こうゆう将作大匠しょうさくたいしょうに任命される。
7月
  • 献帝けんてい洛陽らくよう雒陽らくよう)に到着し、故中常侍ちゅうじょうじ趙忠ちょうちゅう邸に入る。
  • 麋竺びじくの妹が劉備りゅうびの夫人となる。
  • 劉備りゅうび呂布りょふ和睦わぼくする。
  • 劉備りゅうび豫州刺史よしゅうししに任命される。
  • 劉備りゅうび豫州よしゅう予州よしゅう)・沛国はいこく沛県はいけん小沛しょうはい)に駐屯する。
  • 呂布りょふ徐州牧じょしゅうぼくを自称する。
8月
  • 献帝けんてい南宮なんきゅう楊安殿ようあんでんに移る。
  • 安国将軍あんこくしょうぐん張楊ちょうよう大司馬だいしばに任命される。
  • 楊奉ようほう車騎将軍しゃきしょうぐんに任命される。
  • 韓暹かんせん大将軍だいしょうぐん司隸校尉しれいこういに任命される。
  • 曹操そうそう鎮東将軍ちんとうしょうぐん費亭侯ひていこうに封ぜられる。
  • 曹操そうそう洛陽らくよう雒陽らくよう)に入る。
  • 曹操そうそう司隸校尉しれいこうい録尚書事ろくしょうしょじに任命される。
  • 曹操そうそう尚書しょうしょ馮碩ふうせき議郎ぎろう侯祈こうき侍中じちゅう臺崇たいすう壺崇こすう)らを誅殺ちゅうさつする。
  • 曹操そうそう衛将軍えいしょうぐん董承とうしょう輔国将軍ほこくしょうぐん伏完ふくかんら13人を列侯れっこうに封じる。
  • 曹操そうそう射声校尉せきせいこうい沮儁そしゅん弘農太守こうのうたいしゅの官位を追贈する。
  • 袁術えんじゅつが「みずか天子てんし(皇帝)に即位すること」を配下に相談する。
  • 孫策そんさく袁術えんじゅついさめる。
  • 孫策そんさく袁術えんじゅつとの関係を絶つ。
  • 孫策そんさく揚州ようしゅう会稽郡かいけいぐんに侵攻する。
  • 会稽太守かいけいたいしゅ王朗おうろう孫策そんさくに投降する。
  • 孫策そんさくみずか会稽太守かいけいたいしゅとなる。
9月
  • 豫州よしゅう予州よしゅう)・潁川郡えいせんぐん許県きょけん遷都せんとする。
  • 太尉たいい楊彪ようひょう罷免ひめんされる。
  • 司空しくう張喜ちょうき罷免ひめんされる。
  • 曹操そうそう大将軍だいしょうぐん武平侯ぶへいこうに封ぜられる。
11月
  • 曹操そうそう大将軍だいしょうぐんを辞任する。(袁紹えんしょう大将軍だいしょうぐんの位をゆずるため)
  • 曹操そうそう司空しくう行車騎将軍こうしゃきしょうぐんに任命される。
不明 豫州よしゅう予州よしゅう)方面

  • 曹操そうそう屯田制とんでんせい典農部屯田てんのうぶとんでん)を実施する。

徐州じょしゅう方面

  • 袁術えんじゅつ配下の将軍しょうぐん紀霊きれいら歩兵・騎兵3万が沛県はいけん小沛しょうはい劉備りゅうび)]に侵攻する。
  • 呂布りょふ袁術えんじゅつ劉備りゅうびを仲裁する。
  • 呂布りょふの娘と袁術えんじゅつの息子が婚約する。
  • 陳珪ちんけいの進言により呂布りょふが婚約を破棄し、袁術えんじゅつの使者・韓胤かんいん豫州よしゅう予州よしゅう)・潁川郡えいせんぐん許県きょけんの市場でさらし首にする。
  • 呂布りょふ左将軍さしょうぐんに任命される。
  • 陳登ちんとう曹操そうそう広陵太守こうりょうたいしゅに任命される。
  • 呂布りょふ沛県はいけん小沛しょうはい劉備りゅうび)]を攻める。
  • 劉備りゅうび曹操そうそうを頼る。
  • 劉備りゅうび曹操そうそう豫州牧よしゅうぼく予州牧よしゅうぼく)に任命される。

荊州けいしゅう方面

  • 驃騎将軍ひょうきしょうぐん張済ちょうせい荊州けいしゅう南陽郡なんようぐん穰城じょうじょう穣県じょうけん)を攻撃する。
  • 張済ちょうせいが流れ矢に当たって戦死する。
  • 張済ちょうせい族子おい建忠将軍けんちゅうしょうぐん張繡ちょうしゅうが軍を引き継ぐ。
  • 張繡ちょうしゅう荊州牧けいしゅうぼく劉表りゅうひょうに合流する。

スポンサーリンク


196年の群雄勢力図

1月

196年1月の群雄勢力図

196年1月の凡例

196年1月の群雄勢力図

献帝けんてい洛陽らくよう雒陽らくよう)入り

興平こうへい2年(195年)7月、長安ちょうあんを出て洛陽らくよう雒陽らくよう)を目指した献帝けんていは、司隷しれい河東郡かとうぐん安邑県あんゆうけんに入ると、上帝じょうてい天帝てんてい)をまつ郊祀こうしを行い、大赦たいしゃして建安けんあん元年に改元しました。


献帝の東遷経路

献帝けんてい東遷とうせん経路


ここで、献帝けんてい洛陽らくよう雒陽らくよう)に帰還させようとする董承とうしょう張楊ちょうようと、それを望まない楊奉ようほう李楽りがくの間で意見が対立し、董承とうしょう張楊ちょうようが駐屯する司隷しれい河内郡かだいぐん野王県やおうけんに逃亡します。

そこで張楊ちょうようは、献帝けんていを迎えるために董承とうしょうを向かわせて洛陽宮らくようきゅう雒陽宮らくようきゅう)を修繕させました。


夏5月、献帝けんてい楊奉ようほう李楽りがく韓暹かんせんの陣営に使者を派遣して、洛陽らくよう雒陽らくよう)までともをするようにみことのりを下し、7月、献帝けんていはついに洛陽らくよう雒陽らくよう)にかえることができました。

曹操そうそう豫州よしゅう予州よしゅう)侵攻

建安けんあん元年(196年)春正月、曹操そうそう豫州よしゅう予州よしゅう)・陳国ちんこく武平県ぶへいけんに侵攻し、袁術えんじゅつが任命した陳相ちんしょう陳国ちんこく太守たいしゅ)・袁嗣えんし曹操そうそうに降伏しました。

2月、曹操そうそうはさらに軍を進めて汝南郡じょなんぐん潁川郡えいせんぐんの黄巾・劉辟りゅうへき黄邵こうしょうらを斬り、何儀かぎ何曼かまんとその軍兵すべてを降伏させました。

関連記事

袁術えんじゅつ徐州じょしゅう侵攻

建安けんあん元年(196年)6月、袁術えんじゅつ徐州じょしゅうに侵攻すると、劉備りゅうび司馬しば張飛ちょうひ徐州じょしゅう下邳国かひこく下邳県かひけんを守らせ、みずから兵をひきいて盱眙県くいけん淮陰県わいいんけん袁術えんじゅつの進撃をはばみます。

この時、袁術えんじゅつから「下邳県かひけんを攻撃するならば兵糧を援助する」ことを約束された呂布りょふは、大いに喜んで東方へ下ると、下邳県かひけんを攻撃して張飛ちょうひの軍勢を散々に撃ち破り、劉備りゅうびの妻子や軍需品、配下の将兵や官吏の家族などを捕虜にしました。


袁術の徐州侵攻

袁術えんじゅつ徐州じょしゅう侵攻


本拠地を失い、袁術えんじゅつに敗北を重ねた劉備りゅうびは、呂布りょふ和睦わぼくを求め、豫州刺史よしゅうししに任命されて豫州よしゅう予州よしゅう)・沛国はいこく沛県はいけん小沛しょうはい)に駐屯します。

関連記事

袁譚えんたん青州せいしゅう平定

この年の春、曹操そうそうに任命された青州刺史せいしゅうしし袁譚えんたんが、劉備りゅうびに上奏されて青州刺史せいしゅうししとなった孔融こうゆうを攻め、夏に至りました。

この頃すでに、生き残っている孔融こうゆうの兵はわずか数百人だけとなり、辺りには流れ矢が飛びっていましたが、孔融こうゆう脇息きょうそくひじき)に寄りかかって読書をし、少しもあわてた様子もなく談笑していました。

ですがその夜に城は陥落。孔融こうゆうは(都昌県としょうけんの)東山とうざんに逃亡し、彼の妻子は袁譚えんたんに捕えられてしまいます。

その後、孔融こうゆうと旧知の間柄であった曹操そうそうが、彼をまねいて将作大匠しょうさくたいしょうに任命しました。

関連記事

12月

196年12月の群雄勢力図

196年12月の凡例

196年12月の群雄勢力図

許県きょけん遷都せんと

8月、豫州よしゅう予州よしゅう)・潁川郡えいせんぐん許県きょけんにいた曹操そうそうは、許県きょけん献帝けんていむかえ入れようと考えました。


洛陽(雒陽)と許県

洛陽らくよう雒陽らくよう)と許県きょけん


ちょうど洛陽らくよう雒陽らくよう)では、韓暹かんせんが功績を誇って横暴になっていたため、これをわずらわしく思った董承とうしょうが秘かに曹操そうそうを召し寄せたので、曹操そうそうはこれを受け、兵をひきいて洛陽らくよう雒陽らくよう)に向かいました。


洛陽らくよう雒陽らくよう)に入った曹操そうそうは、賞罰を行うと、董昭とうしょうまねいて今後のことを相談します。

9月、董昭とうしょうの提案を受けた曹操そうそうは、献帝けんてい豫州よしゅう予州よしゅう)・潁川郡えいせんぐん許県きょけんむかえました。

関連記事

孫策そんさく会稽郡かいけいぐん侵攻

8月、孫策そんさく天子てんし(皇帝)の位を望むようになった袁術えんじゅついさめる書簡を送りましたが、受け入れられないことを知ると袁術えんじゅつとの関係を絶ちました。


この月、諸県を安定させた孫策そんさくは、次の目標を揚州ようしゅう会稽郡かいけいぐんに定めます。

孫策そんさくは、固陵こりょう(渡し場の名前)で会稽太守かいけいたいしゅ王朗おうろうの抵抗にって苦戦しますが、孫静そんせいの活躍により勝利を収めることができました。

王朗おうろうは海に出て東冶国とうちこく東部侯国とうぶこうこく)に逃亡しますが、孫策そんさくはこれを追撃して大いに撃ち破り、ついに王朗おうろう孫策そんさくの元をおとずれて投降します。

関連記事

曹操そうそう袁紹えんしょう大将軍だいしょうぐんの位をゆず

豫州よしゅう予州よしゅう)・潁川郡えいせんぐん許県きょけん献帝けんていを迎え入れた曹操そうそうが、袁紹えんしょう太尉たいいに任命し、鄴侯ぎょうこうに封じようとましたが、袁紹えんしょうはその序列が大将軍だいしょうぐんである曹操そうそうの下位にあることを恥じ、激怒してこれを辞退してきました。

これをおそれた曹操そうそうは、朝廷に大将軍だいしょうぐんの位を袁紹えんしょうゆずることをい、改めて司空しくうに任命され、車騎将軍しゃきしょうぐんの職務を代行することになりました。

[実際に袁紹えんしょう大将軍だいしょうぐんに任命されるのは、建安けんあん2年(197年)3月のことになります。]

関連記事

曹操そうそう屯田制とんでんせいの開始

この年、棗祗そうし韓浩かんこうの進言を受けた曹操そうそうが、屯田制とんでんせいを開始しました。

関連記事

徐州じょしゅうめぐる争い

袁術えんじゅつ配下の将軍しょうぐん紀霊きれいらの歩兵・騎兵合わせて3万が、劉備りゅうびが駐屯する沛県はいけん小沛しょうはい)に侵攻を開始すると、劉備りゅうび呂布りょふに救援を求めました。

1度はこれを仲裁した呂布りょふですが、劉備りゅうびが再び1万余人の兵を集めると、これをまわしく思った呂布りょふみずから兵を出して劉備りゅうびを攻め、敗走した劉備りゅうび曹操そうそうの元に身を寄せます。


曹操そうそう劉備りゅうびを受け入れると、彼を豫州牧よしゅうぼく予州牧よしゅうぼく)に任命し、共に沛県はいけん小沛しょうはい)に行き、散り散りになった兵卒を受け入れ、さらに兵員を増加し、兵糧を補給して、東の呂布りょふへのそなえとしました。

関連記事

張繡ちょうしゅう劉表りゅうひょうと手を結ぶ

この年、驃騎将軍ひょうきしょうぐん張済ちょうせい司隷しれい弘農郡こうのうぐん弘農県こうのうけんに駐屯していましたが、士卒の食糧が欠乏したため、荊州けいしゅう南陽郡なんようぐんに南下して穰城じょうじょう穣県じょうけん)を攻撃しますが、流れ矢に当たって討ち死にしてしまいました。


荊州・南陽郡・穣県(穰城)

荊州けいしゅう南陽郡なんようぐん穣県じょうけん穰城じょうじょう


この時、荊州牧けいしゅうぼく劉表りゅうひょうは、


困窮こんきゅうしてやって来た張済ちょうせいが死んだのは、自分が礼を尽くしてむかえなかったためだ」


と言い、張済ちょうせいの軍勢を受け継いだ、張済ちょうせい族子おい建忠将軍けんちゅうしょうぐん張繡ちょうしゅうに使者を送ります。

これにより、張繡ちょうしゅう劉表りゅうひょうと合流し、宛県えんけんに駐屯しました。

関連記事

建安けんあん元年(196年)、中原ちゅうげんでは曹操そうそう献帝けんてい許県きょけんむかえ、袁譚えんたんに敗れた孔融こうゆう呂布りょふに敗れた劉備りゅうび曹操そうそうを頼りました。

一方楊州ようしゅうでは、袁術えんじゅつとの関係を絶った孫策そんさく会稽太守かいけいたいしゅ王朗おうろうくだし、荊州けいしゅうでは張済ちょうせい族子おい張繡ちょうしゅうが、劉表りゅうひょうと合流して宛県えんけんに駐屯しました。

曹操そうそう屯田制とんでんせいを開始したのもこの年です。

他の年を見る場合はこちら

三国志年表