袁術えんじゅつにそそのかされて荊州けいしゅうに攻め込んだ孫堅そんけんは、迎え撃つ敵将を次々に敗走させました。ついに襄陽じょうようを包囲した孫堅そんけんは…。

スポンサーリンク

襄陽城の包囲戦

襄陽城の包囲

画像出典元:珍蔵懐旧版四大名著連環画「三国演義」


タカオタカオ

前回は、袁術えんじゅつに乗せられて荊州けいしゅうに攻め込んだ孫堅そんけん軍が、劉表りゅうひょう軍の黄祖こうそ蔡瑁さいぼう相手に無双したところまででしたよね。

マリコマリコ

うんうん、それに孫策そんさくさんの初陣ういじんもあったねっ!

王先生王先生

そうですね。
今回は、ついに孫堅そんけん軍が劉表りゅうひょうの本拠地・襄陽じょうようせまりますよっ!

ご確認

この記事は『三国志演義』に基づいてお話ししています。正史『三国志』における孫堅そんけん劉表りゅうひょうの戦いについては、こちらをご覧ください。

孫堅が劉表に敗れた「襄陽の戦い」と朱儁の挙兵

不吉な兆し


王先生王先生

さて、ついに孫堅そんけん軍は、劉表りゅうひょうもる襄陽城じょうようじょうに到達します。


孫堅そんけん軍が襄陽城じょうようじょうを包囲して攻撃を加えていると、にわかに突風が吹き起こり、孫堅そんけん軍本陣の「すい」の字が書かれた大将旗が折れてしまいました。

これを見た韓当かんとうは「これは不吉のきざしです」と、孫堅そんけんに一時兵を引くことを提案します。

ですが孫堅そんけんは、


襄陽城じょうようじょうが落ちるのも時間の問題だ。風で旗竿はたざおが折れたぐらいで何だと言うのだ!」


と、韓当かんとうの言葉に聞く耳を持たず、さらに攻撃を命じました。



タカオタカオ

フラグだね(笑)

マリコマリコ

孫堅そんけんさんって、ちょっと無理するところがあるから…。

王先生王先生

確かに。それで何度も危険な目にっているのに、学ばないですね(笑)

蒯良、秘策を授ける


王先生王先生

さて、ちょうどこの頃、襄陽城じょうようじょうの城内でも動きがありました。


「昨夜天文を見ましたところ、孫堅そんけんの将星がちようとしています。ここは急ぎ袁紹えんしょうに援軍を求めなされませ」


この蒯良かいりょうの進言を受けた劉表りゅうひょうは、早速袁紹えんしょうてた書面をしたためて、


孫堅そんけん軍の包囲を破って使者となる者はおらぬか!」


と呼ばわりました。

すると、我こそは!と勇将・呂公りょこうが進み出ます。

蒯良かいりょうは「おぬしが行ってくれるならば…」と、呂公りょこうに何やら計略をさずけました。


呂公りょこうはすぐに人馬を整えると、日が暮れるのを待ってひそかに東門から城を出ます。



マリコマリコ

劉表りゅうひょうさんは素直ですねっ!

タカオタカオ

孫堅そんけんには軍師ぐんしがいないんだよなぁ…。


スポンサーリンク


江東の虎・孫堅墜つ!

江東の虎・孫堅墜つ!

画像出典元:珍蔵懐旧版四大名著連環画「三国演義」

孫堅の死


王先生王先生

さて、城を包囲していた孫堅そんけんは、どこかでときの声が上がったのを耳にしました。


孫堅そんけんはすぐさま馬に乗って本陣を出ます。すると、「1隊の人馬が城を出て峴山けんざんに向かっています」と知らせる者がありました。

これを聞いた孫堅そんけんは、そのまま峴山けんざんに向けて馬を走らせます。この時孫堅そんけんにつき従った兵は、わずか30騎でした。



マリコマリコ

もうっ!なんでみんなを待てないの、孫堅そんけんさんはっ!

タカオタカオ

「兵は神速しんそくたっとぶ」と言うけど、さすがにこれはないわ(笑)

王先生王先生

それは郭嘉かくかの言葉ですねっ!

タカオタカオ

そうなんですか!?知らなかった(笑)

王先生王先生

まだ先のお話ですが、曹操そうそう烏丸うがん征伐の時の言葉です。では、お話しに戻りますね。


呂公りょこうを見つけた孫堅そんけんは一層馬を速め、突出して追っていきますが、そのまま分け入った山道で呂公りょこうの姿を見失ってしまいます。

そして、孫堅そんけんがさらに進もうとしたその時、突然銅鑼どらの音が鳴り響いたかと思うと、山の上から大きな石のかたまりが大量に落ちかかり、左右の林からは孫堅そんけんめがけて雨のように矢が降りそそがれました。



タカオタカオ

チ〜ン…。

マリコマリコ

えぇっ!!孫堅そんけんさん、死んじゃったのっ!?

王先生王先生

はい。享年きょうねん37歳。さすがの孫堅そんけんも、今回ばかりは助かりませんでした。

マリコマリコ

孫堅そんけんさん…。蒯良かいりょうさんの言った通りになっちゃった…。

タカオタカオ

やっぱり大将には慎重さも必要だよ。

王先生王先生

タカオくんの言うとおりですねっ!

劉表の逆襲


王先生王先生

さて、後から追いついてきた30騎もち取った呂公りょこうは、襄陽城じょうようじょうに合図を送りました。


呂公りょこうの合図を受け、城内から黄祖こうそ蒯越かいえつ蔡瑁さいぼうらが一斉に打って出ます。すると、突然敵の襲撃を受けた大将不在の孫堅そんけん軍は、一気に混乱におちいりました。



タカオタカオ

蒯良かいりょうの計略は、呂公りょこうに包囲を突破させるだけじゃなかったのかっ!

マリコマリコ

孫堅そんけんさんいなくて大丈夫なの…?


水軍を任されていた黄蓋こうがいはすぐにこの異変に気づき、急いで救援に向かいます。

そして、前方に黄祖こうその部隊を見つけた黄蓋こうがいは、打ち合うこと2合で黄祖こうそを生け捕りにしました。


また、孫策そんさくを守りながら奮戦していた程普ていふは、敵の中に呂公りょこうを見つけると馬を蹴立てていどみかかり、ほこの一突きで呂公りょこうを馬から突き落とします。

両軍はしばらく乱戦を続けていましたが、夜が明けるころには劉表りゅうひょう軍は城に引きげました。



マリコマリコ

さすが孫堅そんけんさんの配下ですねっ!

タカオタカオ

これから孫策そんさく孫権そんけんに仕えて大活躍する猛将たちだからねっ!


スポンサーリンク


劉表との和睦

孫策の決意


王先生王先生

劉表りゅうひょう軍が引くと、孫堅そんけん軍も包囲をいて漢水かんすいまで兵を引きます。


孫策そんさくはそこで初めて、父・孫堅そんけんたれ、その遺体も襄陽城じょうようじょうに運び込まれてしまったことを知り、孫策そんさくをはじめ兵たちは声を上げて泣き叫びました。

そして、しばらく泣き続けていた孫策そんさくは、


「父上の亡骸なきがらを取り戻すまで、死んでも国には帰らぬっ!」


と、黄蓋こうがい程普ていふ韓当かんとうを振り返ります。

すると黄蓋こうがいは、


「我らは黄祖こうそを生け捕っていますから、劉表りゅうひょうと和睦し、黄祖こうそとご主君の亡骸なきがらを引き換えにいたしましょう」


と言いました。

すると、劉表りゅうひょうとは顔なじみの桓階かんかいがその使者に名乗り出たので、孫策そんさくもはやる気持ちをおさえ、これを許しました。



タカオタカオ

無理な力攻めは損害が大きくなるし、今の孫策そんさくが勝てるとも限らない。それが賢明だねっ!

マリコマリコ

黄蓋こうがいさんが黄祖こうそさんを生け捕りにしてて良かったぁ!

王先生王先生

本当にそうですねっ!

孫策、江東に帰る


王先生王先生

襄陽城じょうようじょうに向かった桓階かんかいは、無事劉表りゅうひょうに会うことができました。


桓階かんかいから話を聞いた劉表りゅうひょうは、孫策そんさくの申し出を快諾かいだくします。

ですが、桓階かんかいが立ち去ろうとしたその時、「ならぬ、なりませぬぞっ!」と引きめる者がいました。劉表りゅうひょう軍師ぐんし蒯良かいりょうです。

蒯良かいりょうは、


孫堅そんけんを失った今の江東こうとうなら、このまま一押しに平定することができます。ですがもしっ!今いくさをやめてしまえば、いずれ力をたくわえて、必ずやこの荊州けいしゅうわざわいとなりましょうぞっ!」


と、桓階かんかいり、孫策そんさくとの徹底交戦を主張しました。



マリコマリコ

えぇ〜っ!蒯良かいりょうさんっ!そんなぁ…。

タカオタカオ

さすが蒯良かいりょうだねっ!よく分かってる(笑)

王先生王先生

はたして桓階かんかいの運命は…。というところで『三国志演義』の第7回が終わりますが、もう少しお話を続けますね。

マリコマリコ

はいっ!


劉表りゅうひょうが、「黄祖こうそを見殺しにせよというのか?」と問うと、蒯良かいりょうは続けて言いました。


「知謀つたない黄祖こうそ1人を見捨てれば、江東こうとうを手に入れることができるのです。何を迷うことがありましょう」


劉表りゅうひょうはしばらく考え込んでいましたが「やはり黄祖こうそを見捨てることは義理に欠ける」と、孫策そんさくの申し出を承知して、無事桓階かんかいを送り返しました。



王先生王先生

孫策そんさくは父のひつぎむかえると停戦して江東こうとうに帰り、揚州ようしゅう呉郡ごぐん曲阿県きょくあけん埋葬まいそうしました。


黄祖こうそ蔡瑁さいぼうを破り、劉表りゅうひょうの本拠地・襄陽城じょうようじょうを包囲するに至った孫堅そんけんですが、血気にはやる気持ちをおさえきれず、蒯良かいりょうの計略にはまってついに命を落としてしまいました。

残された孫策そんさく劉表りゅうひょう和睦わぼくを結び、捕虜にした黄祖こうそを返して孫堅そんけん亡骸なきがらを取り戻します。

その後、孫堅そんけん葬礼そうれいを済ませた孫策そんさくは、軍をひきいて徐州じょしゅう広陵郡こうりょうぐん江都県こうとけんに移り、賢士をまねいて厚く取り立てたので、孫策そんさくの下には四方から豪傑ごうけつが集まりました。



王先生王先生

次回は、長安ちょうあん遷都せんとした董卓とうたくのお話になります。

三国志演義の解説を順番に読もう!

 三国志演義教室【目次】