210年【漢:建安けんあん15年】に起こった主な出来事をまとめ、それをもとに群雄勢力図を作成しました。人員配置は前年から変更が記されていない官職と、新たに確認できた官職のみ記載しています。

スポンサーリンク

210年の主な人員配置

後宮

天子・皇后 人物
天子(皇帝) 劉協りゅうきょう献帝けんてい
皇太后
皇后 伏皇后ふくこうごう伏寿ふくじゅ

朝廷

官職 人物
丞相じょうしょう 曹操そうそう
御史大夫ぎょしたいふ 郗慮ちりょ
執金吾しつきんご 伏完ふくかん
車騎将軍しゃきしょうぐん 孫権そんけん
前将軍ぜんしょうぐん 馬騰ばとう
左将軍さしょうぐん 劉備りゅうび
安降将軍あんこうしょうぐん 韓遂かんすい
建徳将軍けんとくしょうぐん 曹操そうそう
伏波将軍ふくはしょうぐん 陳登ちんとう
偏将軍へんしょうぐん 馬超ばちょう

地方官

官職 人物
司隸校尉しれいこうい 鍾繇しょうよう
冀州牧きしゅうぼく 曹操そうそう
豫州牧よしゅうぼく 劉備りゅうび
徐州牧じょしゅうぼく 孫権そんけん
荊州牧けいしゅうぼく 劉備りゅうび
益州牧えきしゅうぼく 劉璋りゅうしょう
徐州刺史じょしゅうしし 臧覇ぞうは
遼東太守りょうとうたいしゅ 公孫康こうそんこう
河内太守かだいたいしゅ 魏种ぎちゅう
河東太守かとうたいしゅ 杜畿とき
広陵太守こうりょうたいしゅ 陳登ちんとう
会稽太守かいけいたいしゅ 孫権そんけん

スポンサーリンク


210年の主な出来事

出来事
  • 曹操そうそう求賢令きゅうけんれいを出す。
2月
  • 日食があった。
  • 曹操そうそう冀州きしゅう魏郡ぎぐん鄴県ぎょうけん銅爵台どうじゃくだい銅雀台どうじゃくだい)を築く。
12月
  • 曹操そうそう述志令じゅつしれいを出す。
不明
  • 劉備りゅうび京城けいじょう京口けいこう)におもむいて孫権そんけんと会見する。
  • 孫権そんけん劉備りゅうび武陵郡ぶりょうぐん長沙郡ちょうさぐん零陵郡れいりょうぐん桂陽郡けいようぐん江南こうなん4郡を貸す。
  • 周瑜しゅうゆしょく益州えきしゅう)侵攻を進言する。
  • 劉備りゅうびが「共同してしょく益州えきしゅう)を攻める」という孫権そんけんの申し出を断る。
  • 周瑜しゅうゆが病死する。
  • 孫権そんけん劉備りゅうび南郡なんぐんを貸す。
  • 孫権そんけん揚州ようしゅう豫章郡よしょうぐんを分割して鄱陽郡はようぐんを立てる。
  • 孫権そんけん歩騭ほしつ鄱陽太守はようたいしゅに任命する。
  • 孫権そんけん荊州けいしゅう長沙郡ちょうさぐんの北部を分割して漢昌郡かんしょうぐんを立てる。
  • 周瑜しゅうゆの後任として魯粛ろしゅく陸口りくこうに駐屯する。
  • 孫権そんけんしょく益州えきしゅう)侵攻のため、孫瑜そんゆ夏口かこうに駐屯させる。
  • 劉備りゅうび孫権そんけんしょく益州えきしゅう)侵攻をはばむ。
  • 劉備りゅうび龐統ほうとう治中従事ちちゅうじゅうじに任命する。
  • 劉備りゅうび龐統ほうとう治中従事ちちゅうじゅうじに任命する。
  • 劉備りゅうび龐統ほうとう軍師中郎将ぐんしちゅうろうしょうに任命する。(時期不明)
  • 孫権そんけん歩騭ほしつ交州刺史こうしゅうししとして交州こうしゅうに送り込む。

スポンサーリンク


210年の群雄勢力図

1月

210年1月の群雄勢力図

210年1月の群雄勢力図

210年1月の群雄勢力図

求賢令きゅうけんれい』と『述志令じゅつしれい

春、曹操そうそうは「家柄や行いの善悪にらわれず、ただ才能のみを基準として推挙せよ」という、いわゆる求賢令きゅうけんれいを布告しました。

また、冀州きしゅう魏郡ぎぐん鄴県ぎょうけん銅爵台どうじゃくだい銅雀台どうじゃくだい)を築いてその威勢を示す一方で、反対派に配慮して述志令じゅつしれいじょうけんめいほんれい)を布告し、天下に「これからも臣下としてかん王室を助ける」という態度を示しました。

関連記事

京城けいじょう会見

この年、荊州けいしゅう南郡なんぐん公安県こうあんけんに陣営を構えた劉備りゅうびもとに「元劉表りゅうひょう吏卒りそつたち」が投降して来ると、周瑜しゅうゆにあてがわれた土地だけでは住民を落ち着かせるには不充分となった劉備りゅうびは、みずか京城けいじょう京口けいこう*1おもむいて、孫権そんけんに「荊州けいしゅう都督ととくとならせて欲しい」と求めました。

この時、魯粛ろしゅくだけが「荊州けいしゅうの土地を劉備りゅうびに貸し与え、共同して曹操そうそうしりぞけるのが良い」と孫権そんけんに勧め、孫権そんけんは即座にこの意見に従って劉備りゅうび荊州けいしゅう武陵郡ぶりょうぐん長沙郡ちょうさぐん零陵郡れいりょうぐん桂陽郡けいようぐん江南こうなん4郡を貸し与えました。

関連記事

12月

210年12月の群雄勢力図

210年12月の凡例

210年12月の群雄勢力図

周瑜しゅうゆの死と孫権そんけんしょく益州えきしゅう)侵攻

周瑜の死

この年、孫権そんけんからしょく益州えきしゅう)侵攻の許しを得た周瑜しゅうゆは、遠征の準備に取りかかろうと荊州けいしゅう南郡なんぐん江陵県こうりょうけんに向かいました。

ですが、巴丘県はきゅうけん巴陵県はりょうけん)まで来たところで、周瑜しゅうゆは病気を発症して亡くなってしまいます。

孫権そんけんは、周瑜しゅうゆ遺言ゆいごんに従って魯粛ろしゅく周瑜しゅうゆの後継者とし、また魯粛ろしゅくの進言に従って劉備りゅうび荊州けいしゅう南郡なんぐんを貸し与えました。


周瑜死後の配置

周瑜しゅうゆ死後の配置

孫権の蜀(益州)侵攻

周瑜しゅうゆからしょく益州えきしゅう)侵攻の進言を受けた孫権そんけんは、荊州けいしゅう劉備りゅうびに「協力してしょく益州えきしゅう)を取ろう」と持ちかけましたが、「自分がしょく益州えきしゅう)を取るつもり」であった劉備りゅうびは、


「今、同盟国(益州えきしゅう)をわけもなく攻撃するのは、曹操そうそう中枢ちゅうすうを貸すようなものでしょう。敵にそのかんげきにつけ込ませるようなことは、すぐれた計略ではありません」


と丁重に断りました。

すると孫権そんけんは、独力でしょく益州えきしゅう)に侵攻しようと孫瑜そんゆに水軍をひきいさせ、夏口かこうに駐屯させますが、劉備りゅうび長江ちょうこうの北岸に関羽かんう張飛ちょうひ諸葛亮しょかつりょうを駐屯させ、みずからは南岸の荊州けいしゅう武陵郡ぶりょうぐん孱陵県せんりょうけんに駐屯し、


「お前がしょく益州えきしゅう)を取るつもりならば、私は髪を振り乱して山に入り、隠遁いんとんして、天下に対して信義を失わないようにするだろう」


と言って、孫権そんけんしょく益州えきしゅう)侵攻をはばみました。


孫権の蜀(益州)侵攻

孫権そんけんしょく益州えきしゅう)侵攻

関連記事

呉下の阿蒙あもうにあらず

周瑜しゅうゆの後任に任命された魯粛ろしゅくは、任地の荊州けいしゅう漢昌郡かんしょうぐん陸口りくこうに向かう途上、呂蒙りょもうの軍営の近くを通りかかりました。

魯粛ろしゅく呂蒙りょもうのことを軽く見いていましたが、人に勧められるまま挨拶あいさつのために立ち寄ると、呂蒙りょもうは「(劉備りゅうび配下の)関羽かんうと領地を接することになった対処法」を問い、魯粛ろしゅくに「5つの策略」を献言しました。

これまで武勇一辺倒だった呂蒙りょもうの成長振りに驚いた魯粛ろしゅくが、


「私は大弟あなたが武勇一辺倒だとばかり思っていたのだが、今では学識もすぐれてひろく、の町(呉下ごか)にいた頃の阿蒙あもうもうくん)とは見違えてしまった」


と言うと呂蒙りょもうは、


たるもの、3日会わずにおれば、(その間にどんな成長をするやも知れず、)まったく新しい目で彼を迎えねばならぬのです」


と言いました。

魯粛ろしゅくは、呂蒙りょもうの母親に目通りをし、友となることを約束して呂蒙りょもうと別れました。

関連記事

龐統ほうとう抜擢ばってき

建安けんあん15年(210年)、荊州けいしゅうの治政をにぎるようになった劉備りゅうびは、周瑜しゅうゆ功曹こうそうであった龐統ほうとう治中従事ちちゅうじゅうじ*1抜擢ばってきし、後に諸葛亮しょかつりょうと並んで軍師中郎将ぐんしちゅうろうしょうに任命しました。

脚注

*1刺史ししぼくの属官。州の官吏の選任、その他の事柄を取り仕切る。

関連記事

孫権そんけん交州こうしゅう進出

この年、孫権そんけんは新設した揚州ようしゅう鄱陽郡はようぐん太守たいしゅ歩騭ほしつを任命しましたが、その年のうちに歩騭ほしつ交州刺史こうしゅうししとして、交州こうしゅうに派遣しました。

関連記事

この年、曹操そうそう冀州きしゅう魏郡ぎぐん鄴県ぎょうけん銅爵台どうじゃくだい銅雀台どうじゃくだい)を築きました。

一方劉備りゅうびは、みずか京城けいじょう京口けいこう)におもむいて孫権そんけんから荊州けいしゅう江南こうなん4郡を貸し与えられ、荊州けいしゅうに地盤を得ることができました。その後周瑜しゅうゆが病死すると、さらに荊州けいしゅう南郡なんぐんを貸し与えられ、劉備りゅうび曹操そうそうと領地を接することになります。

また孫権そんけんは、歩騭ほしつ交州刺史こうしゅうししに任命すると、交州牧こうしゅうぼく張津ちょうしんの死後、政情不安定であった交州こうしゅうに送り込みました。

他の年を見る場合はこちら

三国志年表