186年【漢:中平ちゅうへい3年】に起こった主な出来事をまとめ、それをもとに群雄勢力図を作成しました。人員配置は前年から変更が記されていない官職と、新たに確認できた官職のみ記載しています。

スポンサーリンク

186年の主な人員配置

後宮

天子・皇后 人物
天子(皇帝) 劉宏りゅうこう霊帝れいてい
皇太后 董太后とうたいごう孝仁董皇后こうじんとうこうごう
皇后 何皇后かこうごう霊思何皇后れいしかこうごう

朝廷

官職 人物
司徒しと 崔烈さいれつ
司空しくう 許相きょしょう
太尉たいい 張延ちょうえん張温ちょうおん
侍御史じぎょし 桓典かんてん
議郎ぎろう 曹操そうそう
尚書しょうしょ 盧植ろしょく
大将軍だいしょうぐん 何進かしん
車騎将軍しゃきしょうぐん 趙忠ちょうちゅう(〜6月)
右車騎将軍ゆうしゃきしょうぐん 朱儁しゅしゅん
東中郎将とうちゅうろうしょう 董卓とうたく
五官中郎将ごかんちゅうろうしょう 董重とうちょう

地方官

官職 人物
交阯刺史こうししし 賈琮かそう
荊州刺史けいしゅうしし 王敏おうびん
玄菟太守げんとたいしゅ 公孫琙こうそんよく
南陽太守なんようたいしゅ 秦頡しんけつ(〜2月)
汝南太守じょなんたいしゅ 趙謙ちょうけん
丹陽太守たんようたいしゅ 陳夤ちんいん
巴郡太守えきしゅうたいしゅ 曹謙そうけん
益州太守えきしゅうたいしゅ 李顒りぎょう
漢陽太守かんようたいしゅ 傅燮ふしょう
鬱林太守うつりんたいしゅ 谷永こくえい

スポンサーリンク


186年の主な出来事

出来事
2月

江夏こうかの兵・趙慈ちょうじが反乱を起こし、南陽太守なんようたいしゅ秦頡しんけつを殺害する。

・天下に大赦たいしゃする。

太尉たいい張延ちょうえん罷免ひめんされ、張温ちょうおん太尉たいいに任命される。

中常侍ちゅうじょうじ趙忠ちょうちゅう車騎将軍しゃきしょうぐんに任命される。

霊帝れいていが黄巾賊討伐に功績のあった者を確認する。

・南宮の玉堂殿ぎょくどうでんを修復し、4体の銅像と4こうの大鐘を鋳造ちゅうぞうする。

5月

・日食があった。

6月

荊州刺史けいしゅうしし王敏おうびん趙慈ちょうじを斬って反乱を鎮圧する。

趙忠ちょうちゅう車騎将軍しゃきしょうぐん罷免ひめんされる。

10月

武陵蛮ぶりょうばんが反乱を起こす。

・前太尉たいい張延ちょうえんが宦官に讒言ざんげんされて獄死する。

12月

鮮卑せんぴ幽州ゆうしゅう幷州へいしゅうに侵攻する。

太尉たいい張温ちょうおん洛陽らくように呼び戻される。


スポンサーリンク


186年の群雄勢力図

186年の群雄勢力図

凡例

186年の群雄勢力図

186年の情勢

186年の時点では、漢の領内にまだ独立勢力はありません。

特記事項

江夏こうかの兵・趙慈ちょうじが反乱

2月、江夏こうかの兵・趙慈ちょうじが反乱を起こし、南陽太守なんようたいしゅ秦頡しんけつを殺害します。

秦頡しんけつ趙慈ちょうじの討伐に向かう途中宜城県ぎじょうけんに差しかかると、1軒の家の前で車を止め、「この場所は墓を作るのに良さそうだ」と言いました。

秦頡しんけつ趙慈ちょうじたれ、その遺体を故郷へ運んでいると、なんと例の場所で車が動かなくなってしまったのです。

これは秦頡しんけつの願いであると感じた役人は、その家を買い取って、そこに彼をほうむりました。

張温ちょうおん太尉たいいに任命される

2月、北宮伯玉ほっきゅうはくぎょくらの討伐のために長安ちょうあん駐屯ちゅうとんしている張温ちょうおん太尉たいいに任命されました。洛陽らくよう(首都)の外にいる者が三公さんこうに任命されたのは、これが初めてとされています。

黄巾賊討伐の論功行賞

2月、霊帝れいてい趙忠ちょうちゅうに命じて、黄巾賊討伐の功績に報われていない者を調べさせました。

趙忠ちょうちゅうが周囲に意見を求めると、執金吾しつきんご甄挙しんきょは「傅燮ふしょうは東方で功を立てたのに封侯されていないため、民衆は失望しています」と報告しました。

これを受けて、趙忠ちょうちゅうは弟の城門校尉じょうもんこうい趙延ちょうえん傅燮ふしょうのもとに派遣します。

趙延ちょうえんは「傅燮ふしょうは答礼が少ないから侯に封じられないのだ」と、(趙忠ちょうちゅうに)賄賂をおくれば万戸侯ばんここうに封じられることをにおわせました。

これに傅燮ふしょうは、「私に功があってもそれが論じられないのは、天命だと思っています。みずから褒賞を求める気はありません」と答えて、趙延ちょうえんの賄賂の要求を断りました。

これを聞いた趙忠ちょうちゅう傅燮ふしょうに憎みを抱きましたが、名声が高い傅燮ふしょうを害することはできず、漢陽太守かんようたいしゅに任命して朝廷から追い出してしまいました。

玉堂殿ぎょくどうでんを修復する

2月、霊帝れいていはが鉤盾令こうじゅんれい宋典そうてんに南宮の玉堂殿ぎょくどうでんを修築させ、掖庭令えきていれい畢嵐ひつらんには4体の銅像と、4こうの大鐘を鋳造ちゅうぞうさせます。

大鐘は南宮の雲台と玉堂殿ぎょくどうでんの前にかけられ、銅像は蒼龍闕そうりゅうけつ玄武闕げんぶけつの外に置かれました。

天禄てんろく(鹿または牛に似た角を持った霊獣)と蝦蟆がまがえるをかたどった銅像の口から水をかせて宮殿に水を引き、翻車ほんしゃ渇烏かつうといった装置を使って南北の道に水をまいたので、民衆が水をまく労力を節約することができました。

南陽郡なんようぐんの反乱が鎮圧される

6月、荊州刺史けいしゅうしし王敏おうびん趙慈ちょうじを斬って反乱を鎮圧します。

趙忠ちょうちゅうは、反乱が起こった2月に車騎将軍しゃきしょうぐんに任命され、反乱が鎮圧された6月に罷免ひめんされていることから、この南陽郡なんようぐんの反乱鎮圧のために臨時に任命されたものだと思われます。

張温ちょうおん洛陽らくように呼び戻される

昨年、皇甫嵩こうほすうに代わって北宮伯玉ほっきゅうはくぎょくの討伐に当たった張温ちょうおんは、司隷しれい右扶風ゆうふふう美陽県びようけんでの緒戦に敗北しますが、その後反乱軍が金城郡きんじょうぐんまで撤退したため三輔さんぽ地方を回復することができました。

12月、張温ちょうおん洛陽らくように呼び戻されますが、涼州りょうしゅうの反乱が鎮圧されたわけではありませんでした。

関連記事

黄巾の乱の影に隠れて目立たない涼州の反乱「辺章・韓遂の乱」とは


この年、新たに趙慈ちょうじ武陵蛮ぶりょうばんが反乱を起こしたほか、北宮伯玉ほっきゅうはくぎょく三輔さんぽ侵攻、江夏蛮こうかばん広漢郡こうかんぐん馬相ばそう巴郡はぐん張脩ちょうしゅうなど、鎮圧できずにいる反乱が多くなっていることが分かります。

他の年を見る場合はこちら

三国志年表