黄巾の乱に続く各地の反乱が孫堅そんけん劉備りゅうびたちの活躍で平定された頃、朝廷ではある出来事によって大きな混乱が起きようとしていました。

スポンサーリンク

霊帝の死と朝廷の混乱

何進と何皇后


タカオタカオ

前回は、劉備りゅうびが復活したところまででしたよね。

マリコマリコ

罪が許されて良かった…。張飛ちょうひさん、もう暴れちゃダメですよっ!

王先生王先生

そうですね!
今回は、舞台が変わって朝廷でのお話になります。

ご確認

この記事は『三国志演義』に基づいてお話ししています。正史『三国志』における霊帝れいていの崩御と朝廷の混乱については、こちらをご覧ください。

なぜ何進は董卓を洛陽に呼び寄せたのか?霊帝の崩御と朝廷の混乱

霊帝の遺言


マリコマリコ

確か、朝廷で大きな出来事が起こるんでしたよね。

王先生王先生

そうです。189年4月、病気で寝込んでいた霊帝れいていが、とうとう亡くなってしまったんです。34歳でした。

タカオタカオ

まだ若いのにな。宴会ばっかりやってた不摂生が原因だな(笑)

王先生王先生

かもしれませんね(笑)
ところで、霊帝れいていには2人の皇子がいたことを覚えていますか?

マリコマリコ

えっと…。何皇后かこうごうが生んだべんくんと、王美人おうびじんが生んだきょうくんでしたっけ?

王先生王先生

正解です。さすがですね!

タカオタカオ

そぉ?常識やんっ!
王美人おうびじん何皇后かこうごうに毒殺されたから、劉協りゅうきょう董太后とうたいごうが面倒を見てたんだよね。

王先生王先生

はは…。タカオくんも正解ですよ。
その関係を図で表すと、このようになります。

霊帝の血縁関係

霊帝れいていの血縁関係


マリコマリコ

ふむふむ…。
霊帝れいていさんは後継者を決めていなかったんですか?

王先生王先生

そうなんです。ですが、霊帝れいていは亡くなる直前に、劉協りゅうきょうに跡を継がせるように中常侍ちゅうじょうじ蹇碩けんせきに遺言していました。

タカオタカオ

劉辯りゅうべんの方が年長なのにね。何皇后かこうごう王美人おうびじんを毒殺してから、劉協りゅうきょうをかわいがるようになってたんだよね。

王先生王先生

その通りです。
霊帝れいていの母親である董太后とうたいごうも、ずっと劉協りゅうきょうに跡を継がせるように言っていました。

関連記事

十常侍に操られた霊帝の銅臭政治

何進暗殺計画


王先生王先生

霊帝れいていから遺言された蹇碩けんせきは、劉協りゅうきょうを天子にするのに邪魔な何進かしんの暗殺を計画します。

タカオタカオ

何進かしん何皇后かこうごうも、当然劉辯りゅうべんを天子にしようとするだろうからね。


蹇碩けんせき何進かしんを暗殺するために、みことのりを出して何進かしんを宮中に呼び出しました。

ですが、何進かしんが宮門まで来ると司馬しば潘隠はんいんが近づいてきて、何進かしん蹇碩けんせきたくらみを知らせたのです。

何進かしんは急いで屋敷に戻って重臣を集めると「宦官たちを残らず討ち果たしてしまおう」と打ち明けました。

これに対して、

「朝廷中に蔓延はびこる宦官を根絶やしにするのは簡単なことではありません。万一機密がもれれば、こちらが滅ぼされてしまいます。ご再考下さい」

と、忠告する者がいました。典軍校尉てんぐんこうい曹操そうそうです。

ですが何進かしんは、

「お前のような若輩者に朝廷の大事は分からん!」

と、まともに聞こうとしませんでした。



マリコマリコ

お〜っ、曹操そうそう
確か済南国せいなんこくしょうでしたよね。この時は朝廷にいたんだ。

王先生王先生

そうなんですよ。黄巾の乱から少し経ちますので、その間に人事にも変更がありました。

関連記事

正義感に燃える曹操の葛藤と挫折に悩む青年期

少帝の即位


王先生王先生

協議を続けていると、何進かしんに「後継者を決めるために参内せよ」という使者がきます。

マリコマリコ

絶対あやしいよ…。


これに対して曹操そうそうは「新しい天子を即位させる方が先決です」と言い、何進かしんもこれに同意します。

何進かしん司隷校尉しれいこうい袁紹えんしょうに武装させると、何顒かぎょう荀攸じゅんゆう鄭泰ていたいら大臣30人あまりを引き連れて参内し、劉辯りゅうべん少帝しょうてい)を天子に即位させ、同時に何皇后かこうごう皇太后こうたいごうとして幼い少帝しょうていの代わりに政治を行うことになりました。

さらに、即位の儀式が終わると袁紹えんしょうは、何進かしんを暗殺しようとした蹇碩けんせきを捕らえるために宮中に乗り込みます。

必死で逃げる蹇碩けんせきですが、同じ中常侍ちゅうじょうじ郭勝かくしょうによって殺されてしまいました。

勢いを得た袁紹えんしょうは、「これを機に宦官たちを一掃しましょう」と何進かしんに進言します。



タカオタカオ

曹操そうそう袁紹えんしょう、この時の朝廷は豪華メンバーだな。

マリコマリコ

宦官たちの中にも派閥があったんですね。

王先生王先生

そうなんです。そして、これを見た張譲ちょうじょうは、蹇碩けんせきたくらみは自分たちには関係ないと、何太后かたいごうに泣きつきました。

マリコマリコ

張譲ちょうじょうって誰でしたっけ?

王先生王先生

十常侍じゅうじょうじと呼ばれていた有力宦官たちのリーダー格の人物です。

タカオタカオ

霊帝れいてい張譲ちょうじょうを父、趙忠ちょうちゅうを母と呼んで信頼していたんだよ。

マリコマリコ

そうだった…(笑)

王先生王先生

結局何進かしん何太后かたいごう張譲ちょうじょうたちを助けるように言われ、蹇碩けんせきの一族を処刑するだけで良しとしました。

タカオタカオ

せっかくのチャンスだったのに。

マリコマリコ

前にやった、竇武とうぶさんと陳蕃ちんはんさんの時と同じですね。

王先生王先生

何太后かたいごうは特に、宦官の後押しによって皇后こうごうになっていますから、宦官をかばう気持ちは竇太后とうたいごうよりも強いでしょうね。

タカオタカオ

でもさ、霊帝れいてい劉協りゅうきょうに継がせることを遺言してたんだから、宦官の方が正しいことをしてるんだよな。

マリコマリコ

暗殺なんて考えないで、普通に跡を継がせれば良かったのかも。

タカオタカオ

これはもう、どちらが主導権を握るかの戦いだから、どちらにせよ劉辯りゅうべん派と劉協りゅうきょう派の争いは避けられなかっただろうね。

王先生王先生

タカオくんの言うとおりです。
それだけ皇帝の権威が失墜していたということですね。

マリコマリコ

そっか…。

関連記事

霊帝の即位と第二次党錮の禁

何太后と董太后の対立


タカオタカオ

これで、皇位継承問題は一応落ち着いたのかな?

王先生王先生

まだ納得していない人がいますよ。劉協りゅうきょうを養育していた董太后とうたいごうです。

マリコマリコ

霊帝れいていのお母さんね!


董太后とうたいごうは、何太后かたいごうが朝廷でわがもの顔に振る舞っていることが許せません。

張譲ちょうじょうたちを呼びつけて相談すると、劉協りゅうきょう陳留王ちんりゅうおうに封じ、おい董重とうちょう驃騎将軍ひょうきしょうぐんに任命して、張譲ちょうじょうたちに政務を仕切らせ始めました。

これに面白くないのが何太后かたいごうです。

何太后かたいごうは宴会を開いて董太后とうたいごうを招くと、「お互いに引き下がり、政務は大臣たちに任せましょう」と提案しました。

ですが、何太后かたいごうにその気がないことが分かってる董太后とうたいごうは一歩も引き下がりません。

それどころか、何太后かたいごうが頼りにしている何進かしんなど、董重とうちょうに命じていつでも倒せると、何太后かたいごうを挑発しました。 



マリコマリコ

董重とうちょう何進かしんってどっちがエラいの?

タカオタカオ

そりゃ何進かしんでしょ。これはちょっと調子に乗りすぎたね、董太后とうたいごうも。

王先生王先生

そうですね。
何太后かたいごうからこのことを聞いた何進かしんは、さっそく対策に動き出します。


何進かしんは「董太后とうたいごうは地方の官吏から賄賂を受け取っている」と上奏し、洛陽らくようを離れて故郷の河間郡かかんぐん河間国かかんこく)で謹慎させるように命じました。

また一方では、3,000の近衛兵で董重とうちょうの屋敷を包囲して驃騎将軍ひょうきしょうぐんの官印を取り上げると、観念した董重とうちょうみずから命を絶ってしまいます。

そして、何進かしんはひそかに人をやって、河間郡かかんぐんに向かう董太后とうたいごうを毒殺してしまいました。



マリコマリコ

董太后とうたいごうさんまで殺すことないのに。

タカオタカオ

敵対分子は徹底的に除いておかないと、あとあと自分たちが危険になるからね。

マリコマリコ

霊帝れいていさんは劉協りゅうきょうくんに跡を継がせたかったのに、劉協りゅうきょうくんを支える人はいなくなっちゃったのね…。

王先生王先生

黙って劉協りゅうきょうに跡を継がせていたら、何進かしんたちが滅ぼされていましたからね。どちらが良い悪いは言えませんよ。


スポンサーリンク


宦官たちの逆襲と宦官一掃計画

宦官たちの逆襲


王先生王先生

董太后とうたいごう派が没落してしまうと、張譲ちょうじょう段珪だんけいらは何太后かたいごうの兄・何苗かびょうと母・舞陽君ぶようくんに賄賂を贈り、またもや何太后かたいごうに近づきます。

タカオタカオ

宦官は節操がないなぁ、まったく〜。

マリコマリコ

何苗かびょうさんと舞陽君ぶようくんって初めて出てきましたよね。

王先生王先生

何進かしん何苗かびょうは共に何太后かたいごうの兄に当たりますが、何進かしんは先妻の子、何苗かびょう何太后かたいごうと同じく舞陽君ぶようくんの子になります。


何氏の家系図

何氏かしの家系図


マリコマリコ

ふむふむ。
何太后かたいごうさんと何苗かびょうさんは舞陽君ぶようくんさんを通して血のつながりがあるけど、何進かしんさんとは血のつながりがないのかぁ。

タカオタカオ

この場合、同じ兄弟でも親密度が全然違うね。こりゃ何進かしんは孤立したな…。

マリコマリコ

でもこれで霊帝れいていさんが亡くなる前の状態に近くなったのかな。もともと宦官もいたんだし。

王先生王先生

ところがそうはいかなかったんです。
何太后かたいごうに取り入った張譲ちょうじょう段珪だんけいらは「何進かしん董太后とうたいごうを毒殺をした」と言いふらし、何進かしんに敵対する態度を取ったんです。

タカオタカオ

宦官たちも1回、何進かしんに殺されかけてるからな。

宦官一掃計画


王先生王先生

そのことを知った袁紹えんしょうは「今宦官たちをことごとく除かなければ、後日きっと後悔します」と、再び宦官を一掃することを提案します。


ですが、この袁紹えんしょうの提案は、密告によって張譲ちょうじょうたちの知るところとなってしまいました。

そして、張譲ちょうじょうはまたも何苗かびょうに賄賂を贈って何太后かたいごうに働きかけます。

大将軍だいしょうぐん何進かしん)は残忍なことばかり考えております。理由もなく十常侍じゅうじょうじを殺そうとするのは、乱の始まりとなりましょう」

何苗かびょうがこう言うと、何太后かたいごうも同意しました。


ほどなくして参内した何進かしんは、何太后かたいごうに宦官一掃の計画を打ち明けますが、何苗かびょうに言い含められている何太后かたいごうはこの申し出を認めません。

何進かしんは返す言葉もなく退出し、「どうしたものか?」と袁紹えんしょうに相談します。

すると袁紹えんしょうは、「地方の豪族を呼び集め、その兵をもって宦官たちを討ち果たしましょう」と提案し、何進かしんも同意して諸豪族を呼び寄せることに決めました。


これを聞いた主簿しゅぼ陳琳ちんりんは、

「宦官を滅ぼすのなら、速やかに兵を発して討つべきです。地方の豪傑たちが集まれば、それこそ大きな災いとなります」

諫言かんげんしましたが、何進かしんは相手にしません。



タカオタカオ

オレも陳琳ちんりんに賛成だな。一気に滅ぼしてしまえば、あとで何太后かたいごうには何とでも言えるでしょ。

マリコマリコ

でも、竇武とうぶさんと陳蕃ちんはんさんの時のこともあるし…。

王先生王先生

何太后かたいごう何苗かびょうも宦官擁護ですから、何苗かびょう大将軍だいしょうぐんにして何進かしんが逆賊にされる可能性だってありますよ。

タカオタカオ

むむ…。
袁紹えんしょうの策はあながち的外れでもないのか。

王先生王先生

どうでしょうねぇ。
そこへ、大声で笑いながら進み出る1人の男がいます。曹操そうそうです。

マリコマリコ

曹操そうそうさん、なにか名案があるのかな?

王先生王先生

残念っ!
曹操そうそうははたして何を言い出すのでしょうか?」というところで、『三国志演義』の第2回が終わります。

タカオタカオ

くぅ〜、いつも良いところで終わるなぁ。

王先生王先生

次回も楽しみにしていてくださいね。

スポンサーリンク


マリコちゃんのメモ帳


マリコマリコ

今回は少しややこしいので、もう一度おさらいしておきましょう!

  1. 霊帝が亡くなる

    霊帝れいていが「劉協りゅうきょうを帝位につける」ように蹇碩けんせきに遺言する。

    蹇碩けんせき何進かしんの暗殺に失敗する。(蹇碩けんせきが犯人だとバレる)

  2. 少帝(劉辯)が即位する

    何進かしんが強引に劉辯りゅうべんを即位させる。
    袁紹えんしょう蹇碩けんせきを追い詰めて、蹇碩けんせきは仲間の郭勝かくしょうに殺される。

  3. 宦官一掃計画(1回目)

    袁紹えんしょうの進言によって、何進かしんが宦官を皆殺しにしようとする。
    何太后かたいごう張譲ちょうじょうたちをかばったため、何進かしんは宦官一掃をあきらめる。

  4. 何太后と董太后の対立

    張譲ちょうじょうたちが董太后とうたいごうの味方をして、董太后とうたいごうの力が強くなる。
    何進かしん董重とうちょうを自殺に追い込み、董太后とうたいごうを毒殺する。

  5. 張譲たちが何太后に取り入る

    張譲ちょうじょうたちが舞陽君ぶようくん何苗かびょうに賄賂を贈って、再度何太后かたいごうに取り入る。
    張譲ちょうじょうたちが「何進かしん董太后とうたいごうを毒殺した」と言いふらす。

  6. 宦官一掃計画(2回目)

    袁紹えんしょうがもう一度宦官の一掃を提案する。
    何進かしん何太后かたいごうに許可を求めるが、許されず。

  7. 諸豪族を招く

    袁紹えんしょうが諸豪族の兵で宦官を討つことを提案し、何進かしんが了承する。
    陳琳ちんりんが反対する。
    曹操そうそうが進み出る。


十常侍じゅうじょうじをはじめとする宦官たちの行いによって、政治は腐敗し、民は困窮して「黄巾の乱」が引き起こされました。

宦官たちの存在が諸悪の根源であることは、誰の目にも明らかだったのです。

何進かしん霊帝れいていの死の混乱に乗じて宦官の一掃を計画し、諸豪族を洛陽らくように呼び寄せてしまいます。

ですがこのことは、さらに大きな混乱を招くことになりました。

次回

十常侍たちの謀略にハマった何進と決行された宦官一掃計画

三国志演義の解説を順番に読もう!

 三国志演義教室【目次】