孫堅そんけんに敗れた董卓とうたく長安ちょうあんに入った頃、反董卓とうたく連合の袁紹えんしょう韓馥かんふくの関係に変化が現れました。

確たる地盤を持たない袁紹えんしょうが、韓馥かんふくの治める冀州きしゅうを狙います。

スポンサーリンク

袁紹と韓馥の間に生まれた確執

袁紹が人望を集める

190年1月、山東さんとうの諸侯が決起して反董卓とうたく連合が結成されると、その盟主に就任した袁紹えんしょう司隷しれい河内郡かだいぐんに駐屯します。


反董卓連合の駐屯地

董卓とうたく連合の駐屯地


かつて何進かしん幷州へいしゅう張楊ちょうようを派遣して兵を集めさせましたが、その後何進かしん張譲ちょうじょうらに殺害されたため、張楊ちょうようは数千人の兵をひきいたまま幷州へいしゅう上党郡じょうとうぐんとどまっていました。

そして、董卓とうたく討伐をかかげる袁紹えんしょう河内郡かだいぐんに入ると、張楊ちょうよう南匈奴みなみきょうど単于ぜんう於夫羅おふらと共に袁紹えんしょうの下にせ参じて漳水しょうすいに駐屯します。

関連記事

正史『三国志』における反董卓連合の結成

韓馥の嫉妬

この時兵糧の管理を任されていた冀州牧きしゅうぼく韓馥かんふくは、袁紹えんしょうの下に人材が集まっていることをうとましく思っていました。

そこで韓馥かんふくは、袁紹えんしょうの軍勢を離散させようと、袁紹えんしょう軍に供給する兵糧を減らしてしまったのです。

袁紹が麴義と結ぶ

翌年の191年、韓馥かんふく配下の麴義きくぎ謀反むほんを起こしました。

韓馥かんふくはすぐに軍を派遣したものの麴義きくぎを討伐することができず、さらに、韓馥かんふくに不信感をいだいていた袁紹えんしょうは、麴義きくぎと手を結びました。


スポンサーリンク


袁紹が冀州を狙う

逢紀が策を献じる

袁紹えんしょう軍の兵糧が枯渇こかつしてくると、袁紹えんしょう配下の逢紀ほうきが進言しました。


「将軍(袁紹えんしょう)は董卓とうたく討伐という大事をなそうとしていらっしゃるのに、物資の供給を他人に頼っておられます。韓馥かんふくが兵糧を減らすというのなら、いっそ冀州きしゅうを奪って拠点とすべきです」


これに袁紹えんしょうが、


冀州きしゅうの兵は強兵で、我が軍はえている。もし失敗すればすべてを失うことになるだろう」


と難色を示すと、逢紀ほうきは続けて言いました。


韓馥かんふくは臆病者です。公孫瓚こうそんさんに誘いをかけて冀州きしゅうを攻撃させれば、韓馥かんふくはきっとあわてふためくはずです。頃合いを見て韓馥かんふくを説得すれば、きっと韓馥かんふくは将軍に冀州きしゅうゆずることでしょう」


袁紹えんしょうは大変喜んで、さっそく公孫瓚こうそんさんに使者を送りました。

韓馥が公孫瓚に敗れる

袁紹えんしょうから誘いを受けた公孫瓚こうそんさんは「董卓とうたく討伐」をかかげて冀州きしゅうに侵攻を開始。冀州きしゅう安平国あんぺいこく安平県あんぺいけんに迎撃に出た韓馥かんふく軍を撃ち破りました。


冀州・安平国・安平県

公孫瓚こうそんさん韓馥かんふくの戦い

韓馥に圧力をかける

ちょうどこの頃、孫堅そんけんに敗れた董卓とうたく長安ちょうあんに入りました。これを機に袁紹えんしょうは軍を引き、河内郡かだいぐんから兗州えんしゅう陳留郡ちんりゅうぐん延津えんしんに拠点を移します。

袁紹えんしょうのこの動きは、公孫瓚こうそんさんに敗れて弱気になった韓馥かんふくの不安をさらに駆り立てました。

荀諶らが韓馥を説得する

そしてついに袁紹えんしょうは、外甥がいせい*1高幹こうかん韓馥かんふくと同郷の辛評しんぴょう荀諶じゅんしん郭図かくとらを韓馥かんふくの元に送り込み、袁紹えんしょう冀州きしゅうを譲るように説得させました。


まず、荀諶じゅんしん韓馥かんふくの不安をあおります。


公孫瓚こうそんさんは勝ちいくさに乗じて南下を続け、諸郡もこれに呼応しています。また、袁車騎えんしゃき袁紹えんしょう)も軍勢を東に進めておりますが、何をたくらんでいるのか分かりません。将軍(韓馥かんふく)に危機がせまっています」


韓馥かんふくが「どうしたら良いだろうか?」と問うと、荀諶じゅんしんはこう答えました。


「もし公孫瓚こうそんさん袁氏えんしが力を合わせれば、冀州きしゅうはひとたまりもありません。さいわいなことに将軍と袁氏えんしは昔なじみの上、同盟を結んだ間柄です。

将軍のために考えますに、もし冀州きしゅう袁氏えんしゆずり渡されたならば、公孫瓚こうそんさんも手を出すことができず、袁氏えんしも必ず将軍を厚くぐうするでしょう。

将軍は優れた人物に国をゆずった名声を得て、生涯安泰を保つことができるでしょう」


韓馥かんふくはこれぞ名案だと思い、荀諶じゅんしんの進言に賛成しました。

脚注

*1 妻の兄弟姉妹の男子。


この時荀諶じゅんしんは、袁紹えんしょうが東の延津えんしんに拠点を移したことを他人事のように語っていました。

このことから、荀諶じゅんしんたちは袁紹えんしょうの使者として韓馥かんふくのもとをおとずれたのではなく、助言するていよそおって韓馥かんふくに近づいていたことが分かります。

袁紹えんしょう韓馥かんふくおどすのではなく、あくまでも自発的に冀州きしゅうゆずらせるように仕向けたのです。



スポンサーリンク


韓馥が袁紹に冀州をゆずる

耿武、閔純、李歴の反対

荀諶じゅんしんの説得を受けてすっかりその気になっている韓馥かんふくに、長史ちょうし耿武こうぶ別駕従事べつがじゅうじ閔純びんじゅん治中従事ちちゅうじゅうじ李歴りれきが猛反対します。


冀州きしゅうは100万の兵をようし、食糧も10年分のたくわえがあります。対する袁紹えんしょうは確たる地盤も持たず、我々が兵糧の供給をてば、たちどころに餓死がししてしまうでしょう。なぜ袁紹えんしょうなんぞに冀州きしゅうをくれてやるのですかっ!」


ですが、すっかりその気になっている韓馥かんふくは、


「もともと私は袁氏えんし故吏こり*1であり、その才能も本初ほんしょ*2どのにはおよばない。おのれの力量を知り賢人に地位をゆずることは賢明なことだ」


と言って取り合いませんでした。

脚注

*1 辟召(へきしょう)によって取り立てられた者のこと。関連記事参照。

*2 袁紹(えんしょう)の字(あざな)。

関連記事

袁紹はなぜ盟主になれたのか?名門袁氏の影響力と反董卓連合の正体

趙浮、程奐の反対

この時都督従事ととくじゅうじ趙浮ちょうふ程奐ていかんは、弩兵どへい1万をひきいて司隷しれい河内郡かだいぐん河陽県かようけんに駐屯していました。

韓馥かんふく冀州きしゅう袁紹えんしょうゆずろうとしていることを伝え聞いた2人は、これをやめさせようと孟津もうしんから数百そうの船で東へ下ります。そして、袁紹えんしょうが駐屯している朝歌県ちょうかけんを通る時には、夜間にも関わらず軍鼓を打ち鳴らして袁紹えんしょう軍を牽制けんせいしました。


韓馥かんふくに謁見した2人は言いました。



「袁紹えんしょうの陣営はすでに兵糧が尽きており、兵が離散しています。また、張楊ちょうよう於夫羅おふらが味方についたとはいえ、いまだ連携が取れておらず、恐るるに足りません。

我々に戦う許可を頂ければ、10日のうちに袁紹えんしょう軍を撃ち破ってみせます!」


ですが韓馥かんふくはこの2人の言葉にも耳を貸さず、ついに息子に冀州牧きしゅうぼくの印綬を持たせ、冀州きしゅう魏郡ぎぐん黎陽県れいようけんに駐屯していた袁紹えんしょうに届けさせました。

袁紹、冀州牧となる

191年7月、印綬を受け取った袁紹えんしょう冀州牧きしゅうぼくとなり、ついに冀州きしゅうを手に入れました。


袁紹えんしょうは人事を刷新さっしんし、信頼する沮授そじゅ監軍かんぐん奮武将軍ふんぶしょうぐんに任命して諸将を監督させると、才がありながら重用されていなかった審配しんぱい治中従事ちちゅうじゅうじに、田豊でんほう別駕従事べつがじゅうじ抜擢ばってきし、許攸きょゆう逢紀ほうき荀諶じゅんしんを参謀に取り立てました。


一方、韓馥かんふくに仕えていた10人の従事じゅうじたちはみな袁紹えんしょうに従いましたが、ただ耿武こうぶ閔純びんじゅんだけは武器を取って抵抗したため処刑されました。

また、袁紹えんしょう韓馥かんふく奮威将軍ふんいしょうぐんに任命しましたが、従う将兵もおらず、ただ肩書きだけが与えられただけでした。

韓馥の末路

朱漢しゅかんの暴走

冀州牧きしゅうぼくの官職を袁紹えんしょうゆずった韓馥かんふくは、今は亡き宦官・趙忠ちょうちゅうの屋敷で暮らしていました。


袁紹えんしょう都官従事とかんじゅうじに任命された朱漢しゅかんはかつて韓馥かんふくに冷遇されていたため、韓馥かんふくへのうらみと袁紹えんしょうに気に入られたいという思いから、勝手に城兵を動員して韓馥かんふくの屋敷を包囲します。

そして、韓馥かんふくはなんとか逃げのびたものの、韓馥かんふくの息子は捕らえられ、両足を打ち砕かれてしまいました。


このことを知った袁紹えんしょうはすぐさま朱漢しゅかんを捕らえて処刑しましたが、韓馥かんふく袁紹えんしょうに対する恐怖はおさまらず、袁紹えんしょうに手紙を送って冀州きしゅうから逃げ出しました。

韓馥かんふくの最期

冀州きしゅうから逃げ出した韓馥かんふくは、陳留太守ちんりゅうたいしゅ張邈ちょうばくの元に身を寄せます。

ですがある時、袁紹えんしょうからの使者が張邈ちょうばくに耳打ちするのを見た韓馥かんふくは、袁紹えんしょうが自分を殺そうとしているのだと思い込み、しばらくして席を立つと、かわや(トイレ)の中で持っていた書刀しょとう*1を使って自害してしまいました。

脚注

*1 竹簡の誤記を削るために用いた小刀。


確たる地盤を持たなかった袁紹えんしょうは、逢紀ほうきの策略によって韓馥かんふくが治める冀州きしゅうを手に入れました。

そして袁紹えんしょうは、この冀州きしゅうを地盤として青州せいしゅう幽州ゆうしゅう幷州へいしゅうの3しゅうを併合し、天下に号令する野望をいだくようになります。