劉岱りゅうたい王忠おうちゅうの敗北後、袁紹えんしょうと対峙していた曹操そうそうみずから出陣した「徐州じょしゅう奪還戦」についてまとめています。

スポンサーリンク

劉備が謀叛し袁紹と結ぶ

劉備が徐州を奪う

建安けんあん4年(199年)、勢力を維持できなくなった袁術えんじゅつは、袁紹えんしょうと合流するべく北上を開始します。

これに曹操そうそうは、劉備りゅうびを「袁術えんじゅつ討伐」に向かわせますが、揚州ようしゅう九江郡きゅうこうぐん寿春県じゅしゅんけんに引き返した袁術えんじゅつは、その途上で病死してしまいました。


ですが、その後劉備りゅうび許県きょけんには帰らず、豫州よしゅう予州よしゅう)・沛国はいこく沛県はいけん小沛しょうはい)に入ると、徐州じょしゅうに侵攻して曹操そうそうが任命した徐州刺史じょしゅうしし車冑しゃちゅうを殺害し、関羽かんう下邳県かひけんを守備させて自分は沛県はいけん小沛しょうはい)に戻ります。

すると、徐州じょしゅう東海郡とうかいぐんの独立勢力・昌豨しょうき(別名:昌狶しょうき昌務しょうぶ昌覇しょうは)がこれに呼応して反乱を起こし、郡県の多数が曹操そうそうそむいて劉備りゅうびに味方しました。

そして数万の軍勢をようするようになった劉備りゅうびは、孫乾そんけんを派遣して袁紹えんしょうと連合します。


劉備りゅうびそむき、車冑しゃちゅうを殺害して徐州じょしゅうを乗っ取ったことを知った曹操そうそうは、

  • 司空しくう長史ちょうし劉岱りゅうたい
  • 中郎将ちゅうろうしょう王忠おうちゅう

を派遣して劉備りゅうびを攻撃させますが、徐州じょしゅうを奪い返すことはできませんでした。


199年12月の群雄勢力図

199年12月の凡例

199年12月の群雄勢力図

関連記事

曹操誅殺計画の漏洩

建安けんあん5年(200年)春正月、董承とうしょうらの「曹操そうそう誅殺ちゅうさつ」計画が漏洩ろうえいし、この計画に参画した、

  • 車騎将軍しゃきしょうぐん董承とうしょう
  • 偏将軍へんしょうぐん王子服おうしふく王服おうふく
  • 長水校尉ちょうすいこうい种輯ちゅうしゅう
  • 議郎ぎろう呉碩ごせき

らは曹操そうそうにことごとく誅殺ちゅうさつされ、三族を皆殺しにされました。

元々劉備りゅうびもこの計画に参加していましたが、袁術えんじゅつ討伐のため許県きょけんを出ていたことから誅殺ちゅうさつまぬかれることができました。

関連記事

酒を煮て英雄を論ず。曹操誅殺の密勅と袁術の最期


スポンサーリンク


曹操の出陣と袁紹の反応

曹操の出陣

徐州じょしゅうに派遣した劉岱りゅうたい王忠おうちゅうが敗れると、曹操そうそうみずか劉備りゅうびを征討しようとします。

すると諸将は、


こう曹操そうそう)と天下を争っているのは袁紹えんしょうです。今にも袁紹えんしょうが攻め寄せて来ようとしているのに、それを放置して東(徐州じょしゅう)に向かわれるとは。袁紹えんしょうがこの出陣につけ込んで背後から攻撃を仕掛けて来たら、一体どうなさるおつもりですか」


とこの出陣に反対します。すると曹操そうそうは、


「そもそも劉備りゅうび人傑じんけつだ。今攻撃しなければ、のちわざわいとなるに違いない。袁紹えんしょうは大きな志を持ってはいるが、機を見るにびんではない。きっと行動は起こさないだろう」


と言いました。

豆知識

魏書ぎしょ郭嘉伝かくかでんが注に引く傅子ふしには、この時曹操そうそうが「劉備りゅうび征討」について郭嘉かくかに相談していたことがしるされています。


太祖たいそ曹操そうそう)は早いうちに劉備りゅうびを征伐したいと考えた。論議に参加した者たちは、出陣の後に袁紹えんしょうがその背後を攻撃すれば、進んでは戦うことができず、退いては根拠地を失う結果をまねくと心配した。太祖たいそ曹操そうそう)はためらい、そのことを郭嘉かくかに相談した。

郭嘉かくか太祖たいそ曹操そうそう)に勧めて言った。

袁紹えんしょうの性格はグズで ためらい が多い男です。(攻めて)来るのは決して早くはないでしょう。劉備りゅうびは兵を起こしたばかりで、人々の心をまだ心服させておりません。急遽きゅうきょやつ劉備りゅうび)を攻撃すれば、必ず(劉備りゅうびは)敗れます。これは存亡の好機です。のがしてはなりません』

太祖たいそ曹操そうそう)は『もっともだ』と答え、東方に劉備りゅうびを征伐した」

袁紹の反応

曹操そうそうみずか劉備りゅうび征討に出陣すると、冀州きしゅう別駕べつが田豊でんほうが「曹操そうそうの背後を襲うように」と袁紹えんしょうに進言しましたが、袁紹えんしょうは「息子の病気」を理由にこれを拒絶し、出陣を許可しませんでした。


袁紹えんしょうに進言を拒絶された田豊でんほうは、杖を振り上げ地面を叩いて、


「またとない機会に遭遇しながら、赤子あかごの病気でその機会をのがすとは。なんと残念なことよっ!」


くやしがりました。


スポンサーリンク


劉備の敗走と関羽の降伏

沛県(小沛)の陥落

東に向かった曹操そうそうは、劉備りゅうびを攻撃してこれを破り、その将・夏侯博かこうはくを生けりにします。その後劉備りゅうび袁紹えんしょうもとに逃亡し、劉備りゅうびの妻子は曹操そうそうに捕らえられました。

豆知識

以上は魏書ぎしょ武帝紀ぶていぎを基にしていますが、蜀書しょくしょ先主伝せんしゅでんが注に引く魏書ぎしょに、この戦いについて詳しくしるされています。


曹公そうこう曹操そうそう)は官渡かんとにいて(袁紹えんしょうと対峙しているため)手を離せない状態だったが、諸将を官渡かんとの各陣営にとどめ置き、自分は精鋭をひきいて劉備りゅうび征伐におもむいた。

当初劉備りゅうびは『曹公そうこう曹操そうそう)は大敵(袁紹えんしょう)と対峙しているのだから東征できるはずがない』と思っていた。

ところが、突然斥候せっこう(偵察隊)の騎兵がやって来て『曹公そうこう曹操そうそう)がみずから来る』と報告した。

これに大いに驚いた劉備りゅうびはどうしても信じられず、数十騎を従えて陣の外に出るとみずか曹操そうそうの軍勢を偵察した。

軍勢の中に『曹操そうそう本人がいることを示す旗』を確認した劉備りゅうびは、たちまち兵士をてて青州せいしゅうに逃走した」


ですが、この記述について資治通鑑しじつがん胡三省こさんせい注は、


「思うに劉備りゅうびがこのようなことをするはずがない。(王沈おうしんの)魏書ぎしょには嘘偽うそいつわりが多い」


と言っています。

前に曹操そうそうが派遣した劉岱りゅうたい王忠おうちゅうの軍を撃退した際、劉備りゅうびは彼らに向かって、


「お前たちが百人来たとしてもわしをどうすることもできぬ。曹公そうこう曹操そうそう)が自身で来るなら、どうなるか分からぬがなっ!」


と言い放っており、これは劉備りゅうびが「曹操そうそうみずから攻めて来ることはない」とたかくくっていたことの表れであると言えます。

曹操そうそうみずから攻めて来たことが、劉備りゅうびにとって大誤算であったことは間違いありませんが、それでも劉備りゅうびが「一戦もまじえずに自分だけ逃走した」ということはないでしょう。

劉備が袁紹を頼る

青州刺史せいしゅうしし袁譚えんたんは、劉備りゅうびによって茂才もさい秀才しゅうさい)に推薦された恩があるので、歩兵・騎兵をひきいて劉備りゅうびを出迎えて青州せいしゅう平原国へいげんこく平原国へいげんこくに迎え入れます。

その後袁譚えんたんの報告を受けた袁紹えんしょうは、先に将軍しょうぐんを派遣して護衛につけ、自身は冀州きしゅう魏郡ぎぐん鄴県ぎょうけんから200里(約86km)の地点まで出迎えると、袁紹えんしょう父子は劉備りゅうびを心からうやまい重んじました。

関羽の降伏

豫州よしゅう予州よしゅう)・沛国はいこく沛県はいけん小沛しょうはい)を陥落させた曹操そうそうは、さらに徐州じょしゅう下邳国かひこく下邳県かひけんに軍を進めて関羽かんうを降伏させると、劉備りゅうびに味方した昌豨しょうき(別名:昌狶しょうき昌務しょうぶ昌覇しょうは)を攻撃してこれを撃ち破り、またたく間に徐州じょしゅうを奪還します。

その後曹操そうそう官渡かんとに帰還しましたが、その間袁紹えんしょうが出撃してくることはありませんでした。


また、劉備りゅうび袁紹えんしょうもとに身を寄せて1ヶ月余り、元劉備りゅうび軍として戦った逃亡兵たちが、次第に劉備りゅうびもとに集まって来ました。


徐州奪還戦関連地図

徐州じょしゅう奪還戦関連地図

豆知識

関羽かんう曹操そうそうに降伏する際、「張遼ちょうりょうの説得を受けて3つの条件を出した」というのは三国志演義さんごくしえんぎの創作で、各種史料には、

  • 関羽かんうは(曹操そうそうに)降伏した
  • 曹操そうそうが)関羽かんうを捕虜にした

とあるのみで、降伏する際の詳細はしるされていません。

またこの時三国志演義さんごくしえんぎでは、張飛ちょうひ劉備りゅうびと離れ離れとなってしまいますが、こちらも史料に記述はなく、おそらく劉備りゅうびと共に袁紹えんしょうもとに身を寄せていたものと思われます。


建安けんあん5年(200年)春、「袁紹えんしょうは動かない」と判断した曹操そうそうは、諸将を官渡かんとの各陣営にとどめ置き、自分は精鋭をひきいて劉備りゅうび征伐におもむきます。

この動きを察知した田豊でんほうは「曹操そうそうの背後を襲うように」と袁紹えんしょうに進言しましたが、袁紹えんしょうは「息子の病気」を理由にこれを拒絶。絶好の機会をのがしてしまいました。

そして、袁紹えんしょうの救援も受けられず曹操そうそうに敗れた劉備りゅうび袁紹えんしょうもとに身を寄せ、曹操そうそう劉備りゅうびに奪われた徐州じょしゅうを奪還し、関羽かんうを捕虜にします。

これにより曹操そうそうは、後顧こうこうれいをなくし、全身全霊をげて袁紹えんしょうと対峙することができるようになりました。